新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/6/6〜2020/6/12)

Pocket
LINEで送る

新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/6/6〜2020/6/12)

(´-`).o0(プロトコルは「手順・約束事」の意)
 
 

2020年6月8日(月)第9回新型コロナウイルス対策連絡会議:2週間に1回のペースで唾液によるPCR検査を実施。

2020/06/09 第9回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート※一部抜粋

サッカーにおける「濃厚接触者」の定義についても、興味深い見解があった。通常、濃厚接触は「1メートル以内、マスクなしで15分以上接触」とされている。しかし、専門家チームの舘田 一博氏「はたしてサッカーの試合が、濃厚接触に当たるのか。個人的には当たらない」とコメント。「身体の接触は一瞬あるが、1メートル以内で15分間と同じくらいのリスクかどうか」と、持論を述べた。

賀来氏も「そこは今まさにチームドクターとも議論しているところ。再開までにある程度の基準作りが必要」と話した。

 
 

2020年6月9日(火)Jリーグ第6回実行委員会:7月10日前までの試合に関しては、無観客が前提

2020/06/10 第6回実行委員会後メディアブリーフィング発言録:Jリーグ.jp

2020/06/09 Jリーグ 来月10日以降 感染対策し観客入れて試合 | NHKニュース

サッカーJリーグの村井満チェアマンは、今月下旬から段階的に再開する公式戦について、政府の方針に従って来月10日以降、感染対策をとりながら観客を入れることを各クラブと申し合わせたことを明らかにしました。

JリーグはJ1が来月4日に再開し、J2とJ3はその1週間前となる今月27日から試合が行われます。

政府の「基本的対処方針」では無観客で始めるプロスポーツの試合について、来月10日以降、入場者の上限を5000人、または収容人数の半分程度以内の、いずれか少ないほうにまで拡大させるとしています。

9日は各クラブの代表者などが参加する実行委員会が開かれ、村井チェアマンは記者会見で、政府の方針に従って来月10日以降、感染対策をとりながら観客を入れることを、各クラブと申し合わせたことを明らかにしました。

また、Jリーグは選手や審判の健康状態を確認するために、今月20日をめどに2週間に1回、PCR検査を行う方針で、陽性が確認された場合は、保健所の指示に従って隔離などの措置をとるとしています。

こうした中、村井チェアマンは陽性が確認された場合の濃厚接触の扱いについて、行政の指導に従うとしたうえで「サッカーでは、目安となっている1メートルの間隔で、選手どうしが15分間しゃべり続けることはなかなか起きない。試合での選手の動きがわかる映像などを医療現場に提供しながら、よりよい判断ができるよう協力したい」という考えを示しました。

濃厚接触をめぐっては8日、感染防止策を検討するプロ野球との対策連絡会議で、専門家の1人も「サッカーの試合は、個人的に濃厚接触にあたらないと思う」と話し、濃厚接触にあたるかどうかは、スポーツ現場の実情を踏まえながら、独自に判断していく必要があるという見解を示しています。

–専門家「感染状況落ち着き検査条件整う」

Jリーグが選手や審判などを対象に、2週間に1度、PCR検査を行う方針を示していることについて、日本感染症学会の理事長で、対応策の協議にも加わった東邦大学の舘田一博教授は「新型コロナウイルスは感染しても無症状の人が多く、知らぬ間に感染が広がってしまうという特徴がある。安心してスポーツを行ってもらうためには、定期的なPCR検査が必要だと考えて提案した」と話しています。

そのうえで、PCR検査の現状について「当初は検査能力が限られ、重症者やクラスター対策を優先させなければいけなかったが、いまは感染者も減り、キャパシティーが確保できるようになっている。公費を使わずに企業や団体が検査を行うことが可能になってきている」と述べ、感染状況が落ち着きつつある中で、検査できる条件が整ってきているという認識を示しました。

また、舘田教授は、経済活動の再開に伴ってPCR検査を受ける動きが今後広がっていく可能性があるとした一方、検査を受ける対象については「誰もが検査を受けるべきということにはならない。『密閉・密集・密接』の環境になりやすい、スポーツや接待を伴う飲食店など、感染リスクの比較的高い業態がまずは優先されるのではないかと思う」と指摘しました。

2020/06/09 Jリーグ再開後はVAR見送りへ 審判員の3密懸念 – サッカー : 日刊スポーツ

Jリーグが今季からJ1全試合などで導入したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR=ビデオ判定)を再開後は見送る方針を固めたことが8日、分かった。

昨季に誤審が問題となったこともあって今季から導入されたが、開幕節を終えて2月下旬からリーグ戦は中断。J1は7月4日に再開されるが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、12月19日の最終週まで週2試合が基本の過密日程となる。そうなれば、審判員の確保が困難になることが予想されるうえ、移動により感染リスクも高まる。加えて、VARは会場外に改造したトラックを停車させ、その中に集まる映像を審判員2人がチェックするため、3密状態になることも懸念されていた。再開後も実施に向けて方策を検討し続けてきたが、感染拡大の防止と安全を最優先に考慮した模様だ。

2020/06/09 Jリーグ、再開後の無観客試合はスタジアムでサポーターの応援旗掲出を禁止へ : スポーツ報知

 Jリーグの村井満チェアマンは9日、実行委員会後にオンライン会見を行い、J1・J2の再開(J3は開幕)後の無観客試合でサポーターらによるスタジアムでの横断幕や応援旗の掲出を禁止する方針を固めたことを明かした。

 会議では、ファン・サポーターによるスタジアムへの横断幕などの持ち込み、掲出作業について議論。村井チェアマンは、旗を掲出するによって密接・密集な空間ができてしまうこと、旗を受け渡す際にサポーターとクラブスタッフ間で接点を持ってしまうことが新型コロナウイルスの感染拡大のリスクとなると懸念し、「無観客の状況の中ではご遠慮いただこうと。苦しい思いですが、(サポーターの)気持ちを尊重しつつも安全管理の観点から合意した」と話した。

 また、クラブが自己管理の中で掲出する横断幕などは対象外とすることを申し合わせた。

 
 

2020年6月9日(火)J1再開後の対戦カードが報道

2020/06/09 昨季王者の横浜Mは敵地で浦和と対戦!J1再開カード判明 (1/2ページ) – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 2月下旬から中断しているJリーグで、7月4、5日に予定されるJ1再開初戦の対戦カードが8日、関係者への取材で分かり、昨季王者の横浜Mは敵地で浦和と対戦することになった。同2位のFC東京はアウェーで柏と当たる。再開後の日程は15日をめどに発表される。またこの日、プロ野球と合同で設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の9回目が行われた。

 J1の再開カードが判明した。2月の開幕節でG大阪に不覚を取った昨季王者の横浜Mは、敵地で浦和と対戦する。昨季リーグで2連勝と相性はいい。

 昨季MVPと得点王(15点)に輝いたFW仲川輝人(27)は「フィーリングは悪くない。1カ月あるので徐々に上げていければ。自分たちの攻撃的なサッカーで皆さんを楽しませたい」と語っていた。しかし、そのおかげで残留争いに巻き込まれた浦和も雪辱に燃えており、トリコロールと赤い悪魔の激突が注目される。

 53歳のFW三浦知良が所属する横浜FCは当面は関東に拠点を置く札幌をホームに迎える。カズが出場すれば、FW中山雅史(当時札幌)が持つ45歳2カ月1日のJ1最年長出場記録を大幅に更新するだけに、こちらも目が離せない。

 昨季2位のFC東京はアウェーで柏と対戦。G大阪はホームでC大阪との「大阪ダービー」が組まれ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)を擁する神戸は広島を本拠地に迎える。大分は同じ九州勢の鳥栖とのホーム戦。川崎は鹿島、湘南は仙台、清水は名古屋と本拠で戦う。

 感染リスク低減のため再開後1カ月程度は東西2グループに分けて近隣のチーム同士の対戦が組まれ、長距離移動を伴う遠征は8月からとなる見通し。再開後の数節は無観客で実施される。8月は同5日に再開するルヴァン杯も含め、ほぼ中2、3日で8試合が行われる。

 再開に先立ち、20日からは全選手を対象にPCR検査が行われる。この日の「新型コロナウイルス対策連絡会議」では陽性判定が出た場合について、専門家チームの助言を仰いだ。従来のルールでは当事者、濃厚接触者は最低2週間の自宅待機を余儀なくされたが、最近ではプロ野球・巨人の主力選手に無症状の「微陽性」の例が確認されたため、活動停止期間を短縮する案も示された。

★この日の横浜M

 8日に非公開で全体練習を行った。オンライン取材に対応したMF遠藤は「対人(練習)も始まったけど、気にせずにうまく進められている」。飲料水の共有を避けるなどの感染防止対策は変わらないが、6日には紅白戦を行い、徐々に接触を伴うメニューも増えてきた。リーグ再開に向けて「できることは必ずやらないといけない」。普段の生活から気を引き締める。(横浜市)

2020/06/09 J再開カードの“一斉リーク”に琉球前社長らが異議「成熟度が問われている」…原副理事長もライブ配信で言及 | ゲキサカ

 FC琉球の前社長で今年4月からは事業担当を務めている三上昴氏が9日、自身のTwitter(@SubaruMikami)を更新し、Jリーグ再開後の対戦カードが公式発表を待たずに報じられていることに異議を投げかけた。

 琉球が所属するJ2リーグは6月27日に再開予定。同日開幕のJ3リーグ、7月4日に再開するJ1リーグとともに再開初戦の対戦カードが8日夜から、スポーツ紙を中心とする報道機関から次々に報じられていた。Jリーグは今月15日に正式な対戦カードを発表する予定としている。

 三上氏は「Jリーグ再開の日程が公式の発表を待たずにリークされている。この情報の確からしさはわからないけど、公式発表前に世に出ることに対しての深刻さを受け止めたほうがいい」と指摘。「そしてこれまでこういったことは1度や2度のことではない。情報を扱う慎重さと深刻さへの認識で業界のレベルがわかってしまう」と警鐘を鳴らした。

 また自身はゴールドマンサックス証券出身。「金融機関はかつてインサイダー取引などで逮捕者などが出たということもあり、規制が厳しい。メールやチャットだけではなく、電話もすべて録音され、管理されている。その環境でキャリアを過ごすと情報を扱うことの重要性を身をもって学ぶ。そうなると必然的に注意深くなり、自分の仕事の重要度を知る」と述べ、「情報そのものの重要度ではなく、情報を扱うものの成熟度が問われている。それは個人の問題として片付けることができるかもしれないが、根っこは業界自体の成熟度である」とリーグの責任を断じている。

 さらに今季からJ3リーグに参戦中のFC今治で経営企画室長を務める中島啓太氏も同日、自身のTwitter(@keitanakajiman)に「え!Jリーグ再開の対戦カードって発表されたの?!Jリーグクラブの職員ですが、15日に公表と聞いていました。何か真実かは自分自身で見極めてくださいね。僕は15日を待ちます」と投稿。「方向性の共有、決定、公表。これらは似て非なるものです。方向性の共有の段階で『これで決まったらしいよ!』と外部に事前通達することで、後でとんでもない目に合う事もあります。日程調整以外の面でもこの1ヶ月でどれほどその事案が起きたか。その場合自分だけじゃなくて他者にも迷惑がかかる」とリーグへの不信感を述べている。

 この件については同日午後8時にスタートしたリーグ公式Youtubeチャンネル『JリーグTV』のライブ配信で、原博実副理事長も言及。「一部なんか開幕カードが出てるんだけど……」と切り出した上で「日程くん(日程を決めるコンピュータの愛称)を回して組んでいく時にクラブを早めに連絡しないといけない。バスとホテルの手配、テレビ局との交渉、チケットのこともある」と釈明。「それが一部、合っているか分からないけど出てしまった」と経緯を明かした。

 
 

2020年6月12日(金)Jリーグ:新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン 6月12日更新版を公開

2020/06/12 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン_6月12日更新版を公開:Jリーグ.jp
 └ Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(PDF)

2020/0612 Jリーグのコロナ対策ガイドラインが完成!! サポーター関連の“必読部分”をまとめました | ゲキサカ
 
 

2020年6月12日(金)Jリーグ村井チェアマン・黒澤社長ら:神奈川県知事訪問

2020/06/12 Jリーグ公式戦再開前に チェアマンらが神奈川県知事訪問 | NHKニュース

サッカーJリーグの公式戦が今月末から段階的に再開されるのを前に村井満チェアマンが神奈川県にある6つのクラブの代表とともに黒岩知事を訪問し、理解を求めました。

村井チェアマンは12日、神奈川県にあるJ1の横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、横浜FC、J3のSC相模原、YSCC横浜の6つのクラブの代表とともに黒岩知事を訪ねました。

この中で、村井チェアマンは新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していた公式戦について、今月末から段階的に再開することを報告したうえで「県民や医療従事者など皆様の努力のおかげで試合ができる運びになった。Jリーグは万全に準備をする。感染防止のためのガイドラインをつくり、PCR検査の実施を行う。最初は無観客から始まるが十分配慮して進めていきたい」と述べ、理解を求めました。

これに対して黒岩知事は「神奈川県には6つのクラブがあり、サッカー王国だ。一日も早く満員のスタジアムで感動や興奮を共有したいが、まずは一歩一歩進みながらサッカーの喜びを共有し、県内クラブの活躍をみんなで応援していきたい」と話しました。

そのうえで、医療や福祉の従事者に感謝を表明する横断幕を無観客の試合で掲げることを提案すると、村井チェアマンやクラブの代表が賛同していました。

Jリーグは、J1が来月4日から再開し、J2とJ3は今月27日から試合が行われます。


 
 

こけまりログ

2020/03/12 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/1/16〜2020/3/11)
2020/03/21 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/3/12〜2020/3/20)
2020/03/29 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/3/21〜2020/3/28)
2020/04/04 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/3/29〜2020/4/3)
2020/04/11 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/4/4〜2020/4/10)
2020/04/18 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/4/11〜2020/4/17)
2020/04/25 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/4/18〜2020/4/24)
2020/05/02 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/4/25〜2020/5/1)
2020/05/09 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/5/2〜2020/5/8)
2020/05/16 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/5/9〜2020/5/15)
2020/05/23 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/5/16〜2020/5/22)
2020/05/30 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/5/23〜2020/5/29)
2020/06/06 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/5/30〜2020/6/5)

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る