新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/3/12〜2020/3/20)

Pocket
LINEで送る

新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/3/12〜2020/3/20)

(´-`).o0(今季のJリーグは、各カテゴリーで降格は無しと決定。)
 
 

2020年3月12日(木)WHO:「パンデミック(世界的流行)と見なせる」と表明

2020/03/12 新型コロナ、「パンデミック」 世界で感染12万人以上―WHO、一段の猛威警告:時事ドットコム

 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルスは「パンデミック(世界的流行)と見なせる」と表明した。イタリアなどでの爆発的拡大で、中国外での1日の新規感染者は約4600人と、中国の約300倍に到達。WHOによれば、感染者数は118カ国・地域で12万5000人に迫り、名実ともに世界規模の大流行という状況になっている。
 WHOがパンデミックの呼称を使うのは、2009年の新型インフルエンザ以来11年ぶり。テドロス氏はジュネーブでの記者会見で「今後数日、数週間で、感染者と死者、それに感染者が出た国の数は一段と増えるだろう」と警告した。
 WHOは、ある程度一般化可能なインフルエンザを除き、パンデミックの定義や行動指針を明確に定めていない。このため、実質的な意味は大きくないとして新型コロナのパンデミック認定に慎重だったが、感染拡大に歯止めがかからない中、強いメッセージを出す必要があると判断した。

 
 

2020年3月12日(木)新型コロナウイルス対策連絡会議:第3回会議 専門家チームから「新型コロナウイルス感染症対策」に関する提言

2020/03/12 「新型コロナウイルス感染症対策」に関する提言を公表。第3回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート:Jリーグ.jp※一部抜粋

一般社団法人日本野球機構(NPB)と公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第3回会議が12日に行われ、専門家チームから「新型コロナウイルス感染症対策」に関する提言が公表された。

この提言には、「基本方針」「対策を考える上での重要事項」をはじめ、「選手・関係者への対応」「観客の皆様への対応」「応援団、サポーターとの連携・協力」「観客の入場を前提とした試合開催について」の6つの項目が盛り込まれている。

2020年3月12日(木)Jリーグ:3月中の開催延期を決定

2020/03/12 2020明治安田生命Jリーグ 3月中の開催延期のお知らせ:Jリーグ.jp※一部抜粋

Jリーグは、3月18日(水)~3月29日(日)に開催予定の2020明治安田生命Jリーグのすべての試合について、開催延期を決定しました。

2020/03/12 Jリーグ、3月延期決定で4・3再開による新日程案 最大27連戦の可能性浮上― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦を中断しているJリーグが4月第1週から東京五輪前までにリーグ、ルヴァン杯を含め週2試合で最大27連戦となる日程調整を進めていることが12日、分かった。Jリーグはこの日、臨時理事会で3月いっぱいの延期を正式決定。今後は25日をメドに再開可否を判断する。

 新日程案は4・3に再開し、週2試合の開催が続く。村井チェアマンは「水、土曜という過密日程が続く。この期間にしっかりと調整してほしい。約1500人の選手にはVTRでメッセージを送ります」と話した。五輪期間とは重ならない調整だが、7月上旬の天皇杯を含めば“28連戦”にもなる。

 今後の状況次第では4・3再開も依然として流動的だ。村井チェアマンによれば遅くとも4月中旬までに再開できれば全日程を消化できるプランもあるが、それ以降では無観客も視野に入れた再開か、大幅な再編が必要。過酷な一年。財務基盤のぜい弱なクラブにはJリーグ配分金の前倒しも配慮する方針という。

 
 

2020年3月17日(火)Jリーグ・村井チェアマン:3月25日に4月以降の方針を決める

2020/03/17 2020年度 第1回Jリーグ社員総会後記者チェアマン定例会見発言録:Jリーグ.jp※一部抜粋

Q:
①4月3日の再開に向けて、3月25日ごろをめどに判断をするということについて変わりがないのでしょうか。
②連絡会議後の合同記者会見で観客を動員したうえでの全試合実施ということをめざすとのことですが、4月3日の再開が難しい場合のタイムリミットが想定されるのであれば教えてください。

A:村井チェアマン
①判断の目途について
感染症の拡大は我々自身がコントロールできないので、一定程度感染データの収束がみられるということが仮にあった場合、我々の備え、準備ができているかが問われるので、3月25日をめどに、準備ができているかの確認を行うつもりです。
中間報告として、3月19日に政府専門家会議の見解が出るとされていますので、19日の中間ミーティング、3月25日に3日以降の方針を決めるというタイムラインを決めています。
我々が目指すことはお客様と一緒に試合を運営することでございます。3日再開であれば、予定通り日程が消化できると想定しています。これがギリギリのタイムリミットとは考えていません。
4つのプロジェクトの中に試合日程プロジェクトというのがありまして、3月25日に向けてクラブと協議していきますけれども、場合によっては大会方式の大きな変更なく、日程調整で4月の中旬 可能性を残していますので、4月3日を過ぎたら無観客というぎりぎりのラインではないということです。

 
 

2020年3月17日(火)Jリーグ:各クラブへメディアへの取材対応などの注意喚起

2020/03/19 Jリーグ、練習完全非公開へ メディア取材対応もさらに注意喚起― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 田嶋会長の新型コロナウイルス感染を受け、Jリーグの各クラブも対応に追われた。Jリーグは判明した17日に各クラブに対し、メディアの取材対応に関してさらなる注意を喚起。これまで限定で取材日を設けていたクラブもあったが、これにより今後は各クラブとも練習を連日、完全非公開で行う可能性が高まった。

 田嶋会長とここ数日で濃厚接触した可能性を担当記者にヒアリングしたクラブもあった。

 
 

2020年3月19日(木)Jリーグ:2020シーズンの大会方式変更を発表。J1からJ2への降格は無し

2020/03/19 2020シーズンの大会方式変更について:Jリーグ.jp※一部抜粋

■2020明治安田生命Jリーグの大会方式について
●2020シーズンのJ1、J2、J3全てのカテゴリーにおいて、「昇格あり」・「降格なし」の特例ルールを適用する
・J1には昇格はない
・J2はJ1に2クラブ昇格、J3はJ2に2クラブ昇格(条件を満たさない場合は昇格クラブ数に変動あり)

【村井 満 チェアマンコメント】
「本日の臨時実行委員会だけでなく、これまで数多くの議論を重ねてきました。今後様々な困難が想定されますが、意志をもってサッカーを続けよう、というのが一番の思いです。今後公式試合が再開された場合において、ホームスタジアムの利用頻度や、試合日程の過密状況、アウェイゲームやホームゲームの連戦格差など、競技の不公正が生じた場合でも、降格リスクを回避することでサッカーを継続していくことを実行委員の皆さまと合意いたしました」

 
 

こけまりログ

2020/03/12 新型コロナウイルス感染症による横浜F・マリノス関連の影響まとめ(2020/1/16〜2020/3/11)

2020/03/15 新型コロナウイルスの感染拡大で献血が減っているらしいので、献血おじさん再び。 #Jリーグやってないし献血しようぜー

2020/03/18 【3月19日】次のJリーグ再開の判断は「春の彼岸」を前後する模様【3月25日】
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る