【スタジアム観戦情報まとめ】2022/7/6(水)19:00KO J1第20節 横浜F・マリノスvs.サンフレッチェ広島F.C@日産スタジアム ※観客上限 収容率50%/全席指定/ビジターあり/声出し応援運営検証試合

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2022/7/6(水)19:00KO J1第20節 横浜F・マリノスvs.サンフレッチェ広島F.C@日産スタジアム ※観客上限 収容率50%/全席指定/ビジターあり/声出し応援運営検証試合 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り(必要無し)※全席指定
 └ 【声出し応援運営検証試合】7/6広島戦チケット販売に関するお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

15:30 キッチンカー オープン
16:00 場外イベント オープン

16:30 開門
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。 ライブ放送はBS-1とDAZN。DAZNをお店で見るなら横浜F・マリノスの試合観戦ができる飲食店・スポーツバー | Fansta(ファンスタ)で)
 
 

天気予報

日産スタジアムの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2022/7/6 12:00発表

2022/7/6(水)19:00の予報
天気:曇り
温度:24℃
風 :北 5m/s

(´-`).o0(台風4号(温帯低気圧)による大きな影響は無くなった模様)
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルホームページ

明治安田J1 第20節 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 | 横浜F・マリノス 公式サイト

【声出し応援運営検証試合】7/6広島戦の観戦ルールに関して | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

観戦マナー | 横浜F・マリノス 公式サイト
 └ ペットボトル:OK

7/6広島戦新商品発売のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
 
 

サポーター情報


 
 

Webログ

出場停止選手のお知らせ(2022/07/04):Jリーグ.jp
(横浜)アンデルソン・ロペス 
(広島)なし

達成間近の記録について【明治安田J1 第19節】:Jリーグ.jp
(横浜)なし
(広島)永井龍:J1通算出場100試合まであと1試合

【公式】横浜FMvs広島の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2022年7月6日):Jリーグ.jp
 └ ユニフォーム情報:1st(青)

— プライドに懸けて、首位追撃へ。高強度の攻防が幕を開ける

5連勝と絶好調の首位・横浜FMが同じく好調をキープする4位・広島を迎える上位対決。前回対戦で完敗を喫した横浜FMは難攻不落のホームでリベンジを果たし、首位を固められるか。それに対し、勝点差7で追う広島にとってはシーズンダブルを達成すれば、優勝に大きな望みがつながるシックスポインター。今後の優勝戦線の行方を左右する注目の一戦だ。

横浜FMは前節、清水の『クラブ創設30周年記念マッチ』として国立競技場で開催されたアウェイゲームで5発大勝を飾り、史上2クラブ目となるJ1通算500勝を達成した。試合展開は二度同点に追いつかれながらも、絶好調のレオ セアラが自身二度目のハットトリックでトリコロールをけん引。父・貴史さんがクラブ1勝目をつかんだ“聖地”で、くしくも水沼 宏太が2アシストと躍動し、話題性十分の運命的な1勝となった。

ただ、内容にフォーカスすれば、この5連勝では最も課題が残ったと言わざるを得ない。先制した直後にミスから同点に追いつかれ、前半アディショナルタイムに勝ち越すも、後半立ち上がりに再び追いつかれるなど、試合運びに改善の余地がある。その後、すぐに勝ち越すなど3ゴールを積み重ね、突き放した地力はさすがだが、ラストワンプレーで放り込まれたクロスに、途中出場の選手がうまく対応できずに3失点目。歴史的な1勝の歓喜に打ち消されたものの、後味が悪かったのも事実である。

「3失点したし、終わり際の失点は反省点。2失点目の時間帯も良くない。1失点目も点を取った直後なので、反省点はたくさんある。(清水戦は)点を取れたから良かったが、先に失点したり、先行されると試合が難しくなるので、気を引き締めていきたい」(永戸 勝也)

ただ、逆説的には勝ちながら課題を修正していくのが強者の条件でもある。4月の前回対戦では、特に前半、広島に強烈なプレスでビルドアップを封じられただけに、前節の3失点をいま一度地に足をつける教訓にしたいところ。何より、シーズンダブルを喫するのはトリコロールのプライドが許さない。昨季から11戦無敗が続くホームの地の利を生かし、返り討ちを果たしたい。

対する広島は明治安田J1第15節・G大阪戦の敗戦で連勝が『4』でストップしたものの、前節・磐田戦を3発快勝し、すぐさま立て直しに成功した。「G大阪戦では良いプレーができなかったが、自分たちは修正し、“できる”ということを証明できた」。磐田戦後、ミヒャエル スキッベ監督もこのように満足感を示した。

今節も今季就任した指揮官の下、築いてきた“縦に大きく速く”というスタイルを継続できれば、シーズンダブルの可能性は十分。一方、延期されていたG大阪戦が先週水曜日に組み込まれたため、今節は公式戦9連戦の6戦目となり、その上、長距離移動を伴うアウェイ戦。夏場の高湿度下で高強度が求められるスタイルを90分間実践できるコンディションを整えられるかが、1つのカギとなりそうだ。

[ 文:大林 洋平 ]

 
 
2022/07/05 西村拓真、3試合連発で絶好調の要因とは? 過去との比較で見えた共通項、横浜F・マリノスで輝けるワケ | フットボールチャンネル

— 西村拓真、横浜F・マリノスで好調の理由とは?

 横浜F・マリノスは6日に明治安田生命J1リーグ第20節でサンフレッチェ広島と対戦する。

 前回対戦時は広島のハイプレスに苦しみ、0-2で結果も内容でも完敗に終わった。5日の練習後にオンラインで取材に応じたマリノスのFW西村拓真は「絶対僕たちのホームで前回の悔しさを晴らせるようにしていきたい」と広島相手のリベンジに強い意欲を示した。

 広島に対して「とてもアグレッシブなチーム」や「守備が堅いチーム」という印象を持っている西村が、前回対戦時に苦しめられたハイプレスに関しては「他の試合を見ているとあまりそういうイメージはない」という。

 今季2度目の対戦で相手が前回と同じ戦い方をしてくるかは不透明。だからこそ「僕らのサッカーをやれれば、間違いなく崩せる。相手はありますけど、自分たちに集中してやっていきたいです」と西村は語る。

 1試合で12キロ近く走りきるタフさだけでなく、抜群の決定力も発揮している背番号30は絶好調だ。今季新加入ながらトップ下で定位置を確保する勢いがあり、リーグ戦では14試合出場7得点と結果も出ている。

 マリノスではチーム内に7得点を挙げている選手が3人いるなど、今季もハイレベルな競争が繰り広げられている。その中で「少しずつ自信が生まれてきている。やるべきことをやれれば結果がついてくる」と手応えをつかみつつある西村は、広島戦でも攻守両面でキーマンになるだろう。

 過去と比較しても、いい流れの中にいるのは間違いない。西村がJ1でキャリアハイの11得点を挙げた2018年は、当時所属していたベガルタ仙台で3-4-2-1のセカンドトップとして活躍していた。一方、ゴール数が伸び悩んだ昨季や一昨季は2トップの一角やウィングとしての起用が多かった。

 今季のマリノスではトップ下が主戦場となり「2列目からの方が僕の特徴を出せている」という実感を得ている。強みでもある「どんどん前向きなアクションを起こすこと」を意識しやすい2列目中央での起用が完全にハマった。

「(最前線と2列目の)両方できるのがベストですけど、今は2列目からの方が相手の脅威になれているのかなと思いますし、チームにとっても少しずつプラスアルファになれているんじゃないか」

 今季、西村はリーグ戦906分間の出場で7得点を奪っている。これは約129分に一度ゴールネットを揺らしている計算になる。一方、キャリアハイの成績を残した2018年はリーグ戦1542分間の出場で11得点。こちらは約140分に1得点を挙げていたことになる。

 こうした単純な数字の比較でも明らかなように、プロ入り後最高のペースでゴールを量産していながら「まだまだ足りないなと思いますし、毎試合成長していくことが大事」と西村の貪欲さは天井知らずだ。

 縦横無尽に動き回りながらゴールに向かっていく特徴にマッチした役割を与えられ、結果を残すことで自信を深めているトリコロールの背番号30の勢いはとどまることを知らない。

(取材・文:舩木渉)

 
 
2022/07/05 宮市亮「それは今言えない(笑)」。思わず口をつぐんだこととは? 横浜F・マリノス、サンフレッチェ広島に雪辱なるか | フットボールチャンネル

— 横浜F・マリノス、前回敗れたサンフレッチェ広島に雪辱なるか

 横浜F・マリノスは6日に明治安田生命J1リーグ第20節でサンフレッチェ広島と対戦する。

 前回対戦時は0-2でマリノスが敗戦。広島の積極果敢なプレスに苦しみ、自慢の攻撃が不発に終わって完敗を喫した。その試合にも先発出場していたマリノスのFW宮市亮は「あの試合を経て自分たちもパワーアップしていると思うので、そういう姿を明日見せられたらいいなと思います」と雪辱を誓った。

 やはりテーマになるのは広島のプレスをいかにかわすか。敗れた前回の試合で得た教訓を生かして戦いたいところだが、プレスのかわし方を問われた宮市は「それは今言えないですね」と笑顔で言及を避けた。

 そして「今日(の練習で)も対策はいろいろしている。明日のお楽しみということで」と続ける。だが、チームとして広島の守備を攻略するイメージはしっかりとできているようだった。

 マリノスは現在リーグ戦で5連勝中。宮市も前節の清水エスパルス戦でゴールを挙げ、勝利に貢献した。こうした事実から外からの目線では絶好調に見えるが、「チーム状態は本当にいいですけど、ただあまり5連勝してきた感覚はない」とトリコロールの快足ウィングは明かす。

 理由は「1試合1試合、みんなが向き合ってやってきているので、次の試合もその中の1つ」だから。その姿勢を今後も貫き通し、「目の前の試合を全力で戦うことを共通認識としてやっていきたいと思います」と宮市は語った。

 勝利を重ねる中でマリノスの前線には激しい競争があり、常に誰が試合に出られるのかわからない状態を維持している。つまり「目の前の試合を全力で戦うこと」ができなければ、次の瞬間には出場機会を失ってしまう可能性が大いにあるのだ。

「この競争率が高いチームの中で勝負できるのは本当に選手冥利に尽きますし、怪我なく戦っていきたいと思います」

 あえて先を見すぎることなく、一戦必勝で戦ってきたからこその5連勝。マリノスは広島にリベンジを果たして6連勝、さらに7連勝、8連勝と勝ち点3を積み重ね続けることができるだろうか。宮市だけでなく、常にハイレベルな競争に身を置く選手たちのモチベーションは最高潮に達している。

(取材・文:舩木渉)

 
 
2022/07/05 首位・横浜FMが6連勝で501勝か? 広島がダブルでトップ3か? | チケットぴあ[スポーツ サッカー]

500勝の次は501勝だ。首位を快走する横浜F・マリノスが『明治安田生命J1リーグ』第20節で4位・サンフレッチェ広島を迎え撃つ。

それにしても、前節は見事だった。清水エスパルスのクラブ創設30周年記念マッチとなった7月2日・国立競技場で横浜FMはJ1通算500勝を飾ったのだ。

10分、CFレオ・セアラのスルーパスにトップ下・西村拓真が反応、西村の3戦連続弾で先制した。3分後に清水に追い付かれるも、前半終了間際には右・水沼宏太の速いクロスにセアラが飛び込んで2点目。後半早々に再び同点弾を献上するが49分、セアラが強烈なミドルシュート一閃。3-2と勝ち越した3分後には水沼が西村とのワンツーでゴール前に侵入しマイナスのラストパスを放ち、最後はセアラがズバリ。第19節・柏レイソル戦で2得点をマークしたブラジル人アタッカーがハットトリック、2試合で5得点3アシストと無双状態に入っている。

終盤には途中出場の仲川輝人の技ありラストパスを同じく後半出場の宮市亮が決めた。終了間際の失点は余分だったが、ド派手な5-3。1993年5月15日の歴史的オープニングゲームで1勝目を挙げた国立競技場で、5発5連勝での500勝を祝ったのだった。

試合後、ケヴィン・マスカット監督が「うれしい気持ちでいっぱい。素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。今日はしっかり喜び、明日失点の要因を分析したい」と勝って兜の緒を締めれば、セアラも「この特別なスタジアムでハットトリックを達成し、チームの勝利に貢献できてうれしく思う。多くのサポーターの前で500勝に貢献し、達成できたことはすごくうれしいが、これで満足せずにもっと勝利を重ねていきたい」と次を睨んだ。

一方の広島は6月29日に組まれた第15節・ガンバ大阪戦で4連勝は止められたが、前節は日程のビハインドを跳ね返した。中6日のジュビロ磐田に対して、広島は中2日の強行軍。それでも前線からの激しいプレスでペースを握った。セットプレーから2点を奪うと、68分には相手の連係ミスを突いてシャドーの森島司が抜け出してとどめの一発。3-0で快勝し、9勝6分4敗・勝点33の4位。3位川崎フロンターレに勝点1差まで迫ってきたのだ。

リーグ戦の通算成績を振り返ってみると、横浜FMが34勝7分20敗と勝ち越し。直近5試合では2勝1分2敗の五分の星となっている。第7節は広島がハイプレスからのショートカウンターで圧倒。10番森島の2ゴールで2-0と完勝した。

果たして、横浜FMが501勝目をマークし首位をキープするのか、広島がダブルで3位に上がってくるのか。『明治安田J1』第20節・横浜FM×広島は7月6日(水)・日産スタジアムにてキックオフ。チケットはチケットF・マリノス(Jリーグチケット)にて発売中。試合の模様はDAZN、NHK BS1にて生中継。

 
 
2022/07/05 横浜FW宮市亮 広島への“リベンジ”誓う 「あの試合を経て、自分たちもパワーアップ」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 J1で首位を走る横浜の元日本代表FW宮市亮(29)が5日、練習後のオンライン取材に応じ、翌6日にホームの日産スタジアムで対戦する広島への“リベンジ”を誓った。
 広島とは今季、4月5日にアウェーで対戦。そのときは相手のハイプレスに苦戦し、結果、0―2で完敗を喫した。先発し、後半23分までプレーした宮市もその一戦を「ピンチも多く招いた試合で、最終的には負けてしまいましたし、難しい試合であったことは間違いない」と振り返る。ただ一方で、「あの試合を経て、自分たちもパワーアップしていると思う」ときっぱり。相手のハイプレスの剥がし方について問われると「いや~それは今言えないですね(笑い)。結構、対策というか、いろいろきょうもしているので。あしたのお楽しみということで!」と笑顔で対応し、自信をのぞかせた。

 クラブはあすの広島戦で、小中学生はワンコインの500円、高校生以上の学生はワンペーパーの1000円でチケットが購入できる「ティーンズデー」を開催。6連勝がかかる一戦へ、宮市は「若い世代の方が安くチケット購入できて、スタジアムに来られる日みたいなので、ぜひ多くの学生さんたちにも自分たちの試合を見に来て欲しいです。広島さんには前半戦負けているので、なんとかあしたは勝ちたいと思います」と強い意気込みを語った。

 
 
2022/07/05 横浜FM、リベンジかけた広島戦で首位キープの6連勝狙う FW宮市亮「目の前の試合を全力で戦う」 : スポーツ報知

 横浜FMのFW宮市亮が5日、練習後のオンライン取材に応じ、6連勝をかけた広島戦(6日、日産ス)へ「広島さんには前半戦で負けているので、なんとか明日は勝ちたい」と意気込んだ。

 宮市は2日の清水戦(5〇3、国立)で途中出場し、試合終盤に今季2ゴール目となるダメ押し点を挙げた。チームはJ1通算500勝目で5連勝を飾り、首位をガッチリとキープ。チーム状態の良さにうなずきながらも宮市は、「あまり5連勝してきたという感覚はないというか、1試合1試合に向き合ってきた。次の試合も、目の前の試合を全力で戦うことを共通認識としてやっていきたい」と数字にとらわれすぎることなく集中を高める。

 3か月前のアウェー・広島戦は0―2と完敗。ハイプレスによりビルドアップの出どころも完全に封じられた。後半23分まで出場した宮市は「ピンチを多く招いた試合で、最終的には負けてしまった」と振り返る。

 しかし、「あの試合を経て、自分たちもパワーアップした」とキッパリ。対策もこの日までの練習でばっちりのようだ。現在J1最少失点数を誇る相手の崩し方へも「明日のお楽しみということで!」と自信。チームは6月25日の柏戦(4〇0)も前半戦で1―3と敗戦した相手に完勝を収め、リベンジを果たしてきた。反省を生かし、上回る力は着実に見せている。

 広島戦は一部観客席で”声出し応援”が認められており、日産スタジアムに、コロナ禍以降初となるチャント(応援歌)が響き渡る。またクラブは、小中学生は500円、高校生以上の学生は1000円でチケットが購入できる「ティーンズデー」を開催。昨季からホームでは11戦無敗ときているだけに、宮市は「ぜひ多くの学生さんたちにも自分たちの試合を見に来てほしい」と呼びかけた。

 今季7ゴールで4戦連発がかかるMF西村拓真も、「今は2列目からのほうが相手の脅威になっていて、チームにとっても少しずつプラスアルファになれている。ゴールもあるし、チームが勝つことが結果として出ているので、少しずつ自信にはなっている」と主戦場となっているトップ下のプレーにも手応え。ゴールだけでなく、自慢の運動量を生かした献身的な守備でも大きく貢献している。「前回完敗したので、アグレッシブなチームだし、ホームで悔しさを晴らせるように。守備がかたいイメージだけど、僕らのサッカーをやれれば間違いなく崩せると思うし、相手もあるけど、自分たちに集中してやっていきたい」と気合を込めた。

  
  


 
 

こけまりログ

▼今季の対戦結果

【試合結果Webニュースまとめ(2●0)】2022/4/6(水)19:00KO J1サンフレッチェ広島F.Cvs.横浜F・マリノス@エディオンスタジアム広島
 
 
▼昨季の対戦結果

【試合結果Webニュースまとめ(3△3)】2021/3/7(日)13:00KO J1第2節 横浜F・マリノスvs.サンフレッチェ広島F.C@日産スタジアム

【試合結果Webニュースまとめ(5○0)】2021/3/27(土)14:00KO JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 横浜F・マリノスvs.サンフレッチェ広島F.C@ニッパツ三ツ沢球技場

【試合結果Webニュースまとめ(1△1)】2021/5/5(水)14:00KO JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 サンフレッチェ広島F.Cvs.横浜F・マリノス@エディオンスタジアム広島

【試合結果Webニュースまとめ(1○3)】2021/9/11(土)19:00KO J1第28節 サンフレッチェ広島F.Cvs.横浜F・マリノス@エディオンスタジアム広島
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る