【スタジアム観戦情報まとめ】2019/10/19(土)14:00KO J1第29節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@ニッパツ三ツ沢球技場 #横浜FM対湘南

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/10/19(土)14:00KO J1第29節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@ニッパツ三ツ沢球技場 #横浜FM対湘南  | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り
 └ 2019ホームゲーム前日のシート張り行為、試合当日の待機列解消に向けた整理券システム実施について | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト

11:30 ネンチケ先行開門
 └ サポーターズシート:列整理(開門30分前)11:00
12:00 一般開門
 └ サポーターズシート:列整理(開門30分前)11:30
14:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。たぶん)
 
 

天気予報

ニッパツ三ツ沢球技場の1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/10/18 4:00発表

2019/10/19(土)14:00の予報
天気:曇り
温度:24℃
風 :南南西 5m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2019 明治安田J1 第29節 vs湘南ベルマーレ | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

スタジアム | よくあるご質問 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  ニッパツ三ツ沢球技場(三ツ沢公園管理センター) Tel: 045-548-5147
  (営業時間:8:45~17:15)

ニッパツ三ツ沢球技場 | スタジアム | チケット | 横浜F・マリノス 公式サイト

・発券枚数推移
13,364枚(9/21 10:00現在)
14,292枚(10/1 10:00現在)
 └ 【完売御礼】10/19(土) 湘南ベルマーレ戦 チケット完売のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 
 

サポーター情報


 
 

Webログ

横浜FMvs湘南の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2019年10月19日):Jリーグ.jp

–新体制で挑む湘南に、横浜FMがぶつけたい「呑み込むぐらいの勢い」
見どころを要約すると・・・

・パワハラ問題に揺れた湘南は曺貴裁監督が退任し、浮嶋敏氏が新監督に就任した
・横浜FMの喜田拓也は「『ここで勝てば』って考えていると思う」と湘南の意気込みを警戒している
・横浜FMは序盤に先制を許す試合も目につく。立ち上がりから主導権を握りたい

代表ウィークによる中断期間が空け、前節から2週間を経て行われる今節の明治安田J1。ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FMvs湘南の“神奈川ダービー”が行われる。

横浜FMにとっては川崎F戦も含めて今季公式戦五度目、湘南にとっては前節の川崎F戦から2試合連続かつ今季最後の“神奈川ダービー”となる。さらに、昨季のJリーグYBCルヴァンカップ決勝で対戦したことも記憶に新しい両者だが、今季も同大会のグループステージで対戦。今回が四度目の対戦となる。

横浜FMは前節、2試合連続となるアウェイで磐田に勝利。最下位を相手にしながら決してラクな展開ではなかったが、苦しい時間帯で耐えつつ決して多くはなかったチャンスをしっかりモノにして2-0で勝利。2試合ぶりの勝点3を獲得すると同時に、この5試合を4勝1分の負けなしとした。

この2週間も今までと大きな変化はなく、準備を進めた。メンバーも磐田戦から大きな変更はなく、前線も右から仲川 輝人、エリキ、マテウスが並ぶことになりそう。日本代表に招集された畠中 槙之輔は出場機会がなく、タイ代表でプレーしたティーラトンのコンディションによって左SBに変更の可能性があるぐらいだろう。

湘南は8月から続いたいわゆるパワハラ問題にひとまずの決着を見た。その結果、今月8日をもってトップチームを率いて8シーズン目を迎えていた曺 貴裁監督が退任。湘南でトップチームのコーチやアカデミーダイレクターを歴任し、今季からU-18の監督を務めていた浮嶋 敏氏が新監督に就任した。

曺 貴裁前監督が最後に率いた8月11日の第22節・磐田戦を最後に勝利から遠ざかっている湘南。順位は15位まで転落し、勝点はJ1参入プレーオフに回る16位の鳥栖と並んでいる苦しい状況だ。この監督交代は成績によるものではなく、通常の監督交代のように劇薬で流れを変えるという狙いではないが、リスタートとなる今節は何がなんでも勝ちたいと考えているはずだ。

横浜FMも喜田 拓也が「湘南はここに勝って勢いに乗りたいと絶対に思っているはず。ましてや“神奈川ダービー”だし、上位を争う相手だし、『ここで勝てば』って考えていると思う」と言うように湘南を警戒する。また、仲川は「あと6試合はどのチームも勝利のために必死に戦ってくる」としながら、「その勢いに呑まれないようにしないといけない。逆に自分たちが呑み込むぐらいの勢いでいかないと厳しい試合になる」と気を引き締めた。

横浜FMは今季喫した8敗のうち、4試合は立ち上がりの15分以内、そのうち3試合は5分以内に先制点を許した。引き分けた4試合のうち2試合でも10分以内に失点を喫している。「試合の入り方については何試合も学んできた」と話すのは仲川。新チームとなった湘南がどんな戦い方をしてくるかは分からないが、立ち上がりから主導権を握る、立ち上がりこそ集中することが勝利のためにまず重要だ。

先のG大阪戦、広島戦同様、ラグビーW杯開催の影響でこの試合もニッパツ三ツ沢球技場で開催される。チケットは10月1日の時点で完売が発表された。その試合を制するのは自分たちの戦いを貫きながら優勝へ向かう横浜FMか、それとも新体制でスタートを切り残留を目指す湘南か。ピッチとスタンドの距離も近い満員の三ツ沢で熱気に包まれるであろう“神奈川ダービー”。激しい攻防が繰り広げられそうだ。

[ 文:菊地 正典 ]

達成間近の記録について【明治安田J1 第29節】:Jリーグ.jp※一部抜粋

■個人記録■
<J1通算出場>
大津 祐樹(横浜FM) 通算150試合まであと1試合

【横浜FM vs 湘南】絶品ロングスルーパスを携え、松原健が帰還 – J’s GOAL

横浜FMの右サイドのホットラインが復活した。前節・磐田戦(2-0)の30分、右サイドバック松原健の丁寧なタッチから放たれたボールは、4人のDFの間を切り裂き、走り込んだ右ウイング仲川輝人へ。仲川がゴール前に入れたボールが、1点目のオウンゴールを導き出した。

「(仲川)テルとは去年からコンビを組んでいて、ああいうシーンで点を取ったことがある。そのイメージが常に共有されている。コンビネーションが自然に出たのかなと思います」と松原が快活な口調で言う。仲川も「(松原)ケンとのコンビネーションというか、裏に抜ける動きというのは、去年から続けてきていた。それがいい形で表れたのかなと思います。阿吽の呼吸に近い」と平然と話す。

昨季は定番だった右サイドの崩しが、今季は見られなかった。それは、松原が新戦力の台頭により出番に恵まれず、また仲川が前々節までチーム事情によりセンターフォワードの位置に入っていたから。だが、お互い久しぶりに縦関係を組んでも、昨シーズンの感覚が体に染み込んでいたのだろう。彼らの言動に、それが集約されていた。

当コラムで今季、横浜FMの右SBの選手を取り上げるのは、これが3人目。広瀬陸斗、和田拓也をすでに取り上げているが、それだけポジション争いは激しい。「自分はなかなか試合に絡めずに悔しい思いをずっとしてきた」松原が試練を乗り越え、やっと掴んだ定位置。仲川との関係性を保ち、フィナーレまで突っ走る所存だ。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

【J試合情報】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 第29節 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・横浜FM対湘南の通算27試合では、横浜FMが19勝2分6敗と大きく勝ち越している。横浜FMにとって湘南は、現在J1に所属しているチームの中で、札幌に次いで2番目に勝率の高い相手(札幌戦:80%、湘南戦:70.4%)。

 ・横浜FMは湘南戦で現在4試合連続無敗(3勝1分)。また、チーム名が横浜FMとなった1999年シーズン以降、今カード通算13試合ではわずか1敗しかしていない(10勝2分)。

 ・横浜FMは今季、ホーム戦14試合でわずか2敗(9勝3分)。この間、複数失点を喫したのはわずか2試合のみ(1試合平均0.8失点)。

 ・横浜FMがホーム戦で挙げた直近15得点のうち、13点は試合時間後半に記録されている。対する湘南がアウェイ戦で挙げた直近16得点のうち、14点は同時間帯に記録されている。

 ・湘南は現在6試合連続白星なし(2分4敗)。アウェイ戦直近8試合でもわずか2勝(1分5敗)。敵地では、それ以前の4試合で3勝を挙げていた(1敗)。

 ・横浜FMは得点数が今季リーグ最多(51得点)。対する湘南は、失点数が今季リーグワースト2位(54失点)。また、横浜FMはパス成功率が今季リーグベストの87.6%であるのに対し、湘南の同項目は73.5%とリーグワースト2位の記録。

 ・エリキは、パルメイラスから横浜FMにレンタル加入し、6試合に先発出場して、2得点2アシストを記録。また、同期間(8月17日~)ではシュート数(19本)、ラストパス数(16本)ともにチーム最多を記録している。

 ・杉岡大暉はオープンプレーからのクロス数が今季リーグ2位(111本)。また、同選手は1997年1月1日以降(東京五輪サッカー競技の参加資格)に生まれた選手の中では、横浜FMの遠藤渓太(27試合)に次いで今季リーグで2番目に出場試合数が多い(26試合)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

横浜F・マリノス
今季成績(28節終了時):3位 勝点52 16勝4分8敗 51得点・33失点

【最新チーム事情】
●前節の磐田戦でゴールを決めた仲川はこれで今季11得点。自己最多を更新し、リーグ得点王も射程圏に。
●その磐田戦で負傷交代した遠藤は大事には至らず。今週から全体練習に合流しており、コンディション的には試合出場に影響なし。

【担当記者の視点】
 逆転優勝するには、勝ち続けるしかない。失うものはなにもない。これまでと変わらず攻撃的な姿勢を貫き、目の前の一戦一戦を戦うだけだ。

 注目は、右SBの定位置を奪い返した松原。深い位置からの正確な縦パスには定評があり、自らも果敢にシュートを狙うなど、攻撃面での活躍に期待だ。

 アグレッシブに戦ってくるはずの湘南の勢いに尻込みせず、持ち前のポゼッションでゲームを支配して、相手を圧倒して勝点3を手にし、ラストスパートに弾みをつけたい。
 
 
湘南ベルマーレ
今季成績(28節終了時):15位 勝点31 9勝4分15敗 36得点・54失点

【最新チーム事情】
●前節の川崎戦は0-5で敗れ、3連敗。
●10月8日に曺監督の退任が発表され、同10日に浮嶋新監督が就任。
●金子が累積警告で出場停止。

【担当記者の視点】
 10月10日、浮嶋新監督の就任が発表された。前節の川崎戦、前々節の清水戦と、直近2試合で大敗が続いていることも踏まえ、チームは新指揮官の下で改めて攻守の整理を行なっている。

 新体制の初陣となる今節は、アウェーで横浜と対戦する神奈川ダービーだ。横浜には通算9勝3分22敗と大きく負け越し、5月の前回対戦も敗れているが、これまで培ってきたスタイルをベースに、限られた時間のなかで図った意識の共有を攻守に発揮したい。

 なお今節はボランチの金子が累積警告で出場停止となる。新監督の下でどんなメンバーが名を連ねるか、布陣にも注目したい。

こけまりログ

▼今シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(1○2)】2019/5/31(金)19:00KO J1第14節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@ Shonan BMWスタジアム平塚 #湘南対横浜FM

【試合結果まとめ(1○0)】2019/4/24(水)19:30 YBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@ニッパツ三ツ沢球技場

【試合結果まとめ(2●0)】2019/3/13(水)19:00 YBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@ Shonan BMWスタジアム平塚
 
 
▼昨シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(1●0)】2018/10/27(土)13:00 YBCルヴァンカップ 決勝 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@埼玉スタジアム2002

【試合結果まとめ(0◯1)】2018/8/11(土)19:00KO J1第21節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@ Shonan BMWスタジアム平塚

【試合結果まとめ(4△4)】2018/4/21(土)16:00KO J1第9節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@日産スタジアム
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る