月刊 栗原勇蔵(2019年1月号)

月刊 栗原勇蔵(2019年1月号)

2019/2/9 Google画像検索より

チーム始動日(2019/1/10)

2019/01/10 横浜M、現役引退の“中沢ロス”広がる中でチーム始動 DF栗原「悲しい」 : スポーツ報知

 横浜Mが10日、新シーズンの始動日を迎えた。同クラブに17年間在籍した元日本代表DF中沢佑二(40)の現役引退発表から2日。チームに“ボンバーロス”が広がる中、新たなスタートを切った。

 長年、中沢とセンターバックでコンビを組んだDF栗原勇蔵(35)は「最後の納会で『引退するかもしれない』とは聞かされてたけど、今年も絶対やるだろうなと思ってた。悲しい気持ち、残念な気持ちはある」。中沢不在で迎えたチーム始動に「いなくなってその存在感が分かる。マリノスが失点が少なかったのは絶対的に佑二さんのおかげ。アドバイスを受けたことは一度もないけど、佑二さんの背中を見てやるだけで十分だった。佑二さんが担ってたものを少しでもチームのためにできれば」と話した。

 また、中沢とともに守備を支えてきたGK飯倉大樹(32)も「(中沢が)ロッカールームで若手をいじる茶番がなくなった。うるさいボンバーが1人いなくなって寂しい」。中沢の功績を振り返り「井原(正巳)さんや松さん(松田直樹)、そしてボンバーと、マリノスのディフェンスのDNAを脈々と受け継いで体現してくれた」と感謝していた。

 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2019年1月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2019/2/9 Google画像検索より

石垣島キャンプ(2019/1/18~1/27)


 
 
続きを読む

初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしたら余命を宣告された。

初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしたら余命を宣告された。

 去年(2018年)の秋に桜木町の「CASIO横浜サービスステーション」でG-SHOCKの電池交換をしてきた。で1998年フランスワールドカップ記念モデルのGショックの電池交換を決行。

 その頃から電池がヘタっていた、初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしてきました。
 
 
続きを読む

「F・マリノストレイン(横浜市営地下鉄)」に乗ってきた。

「F・マリノストレイン(横浜市営地下鉄)」に乗ってきた。

2019/01/31 2019シーズンホーム開幕に向けて横浜市交通局と強力タイアップ! | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト※一部抜粋

3月2日の仙台戦、3月10日の川崎戦のホーム開幕2連戦に向けて、横浜市交通局との強力タイアップが実現しました。2019シーズンホーム開幕を盛りあげるべく、2つのタイアップを実施いたします。

1  特別装飾列車「F・マリノストレイン」出発進行!

横浜市営地下鉄グリーンラインおよびブルーラインにて、「F・マリノストレイン」が運行されます。「F・マリノストレイン」は車内のポスター、ビジョン等の装飾が全てF・マリノスで埋め尽くされており、ホーム開幕に向けて気分が一気に高まること間違いなし。ぜひ横浜市営地下鉄「F・マリノストレイン」をご利用の上、日産スタジアムにお越しください。

運行期間
グリーンライン 2月6日(水)~3月5日(火)
ブルーライン 2月9日(土)~3月11日(月)

停車する駅が少ない「グリーンライン」を狙って、「F・マリノストレイン」を探しに行きました。
 
 
続きを読む