遠藤渓太」タグアーカイブ

月刊 遠藤渓太(2022年7月号)~出身地の横浜市旭区とドイツ「ブラウンシュヴァイク」の人口はほぼ同じ(24万人) ~

月刊 遠藤渓太(2022年7月号)~出身地の横浜市旭区とドイツ「ブラウンシュヴァイク」の人口はほぼ同じ(24万人) ~

(´-`).o0(「1.FCウニオン・ベルリン」から「アイントラハト・ブラウンシュヴァイク」へ期限付き移籍中の遠藤渓太選手。出身地の横浜市旭区とドイツ「ブラウンシュヴァイク」の人口はほぼ同じ(24万人) )
 
 

トレーニングマッチvs.マクデブルク(ドイツ2部)(2022/7/2)

2022/07/03 原口元気のアシストから遠藤渓太がゴール! ウニオン・ベルリンはPSMで4発快勝 | ゲキサカ

 ウニオン・ベルリンは2日、プレシーズンマッチでマクデブルク(ドイツ2部)と対戦し、4ー1で勝利を飾った。

 試合は2-1で前半を折り返すと、日本代表MF原口元気とMF遠藤渓太は後半開始から出場。後半9分に原口のアシストで遠藤がチーム3点目を記録している。

 次の親善試合は、7月6日のブラウンシュバイク戦(ドイツ2部)。その3日後にボヘミアンFC(アイルランド1部)と対戦する。

 
 


 
 

アイントラハト・ブラウンシュヴァイク(独2部)への期限付き移籍を発表(2022/07/19)

遠藤渓太選手、1.FCウニオン・ベルリンからアイントラハト・ブラウンシュヴァイク(独2部)への期限付き移籍を発表
遠藤渓太選手、1.FCウニオン・ベルリンからアイントラハト・ブラウンシュヴァイク(独2部)への期限付き移籍を発表
 
 
2022/07/21 移籍の遠藤へメッセージを送った原口に久保が”タメ語”のツッコミ「日本語もつけてよ」【超ワールドサッカー】

ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気へ、レアル・ソシエダの日本代表FW久保建英が一言申した。

19日、ウニオン・ベルリンから2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のブラウンシュヴァイクへの期限付き移籍が発表された遠藤渓太。昨シーズン、ともにウニオンでプレーをした原口は、出場機会を求めたアタッカーにエールを送った。

アルプスの山々を背景に、自身のインスタグラムにて「グッドラック、渓太。君の新たな挑戦に幸あれ!」と、ドイツ語で綴った原口。遠藤も「一緒に戦ってくれてありがとう、新シーズンもいい活躍を!」とドイツ語で返信している。

ただ、久保もこれに反応。ドイツ語でのメッセージに対して「日本語もつけてよ」と、もっともなリアクションを残した。

スペイン語は流ちょうに操る久保だが、さすがにドイツ語は門外だったようだ。原口は久保のコメントに対し、嬉し泣きの絵文字を付けて「けいた頑張れよってことよ。簡単に言うと」と、補足している。


 
 
2022/07/22 元横浜FM遠藤渓太が独2部デビュー?監督は慎重姿勢も「彼はまだ…」 | Football Tribe Japan

 かつて横浜F・マリノスに在籍していたFW遠藤渓太(24)は、ウニオン・ベルリンからドイツ2部昇格組のアイントラハト・ブラウンシュヴァイクへレンタル移籍。今週末のリーグ戦でデビューする可能性があるようだ。21日、ドイツ紙『ディー・ツァイト』が伝えている。

 遠藤渓太は2020年7月に横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンへ移籍。海外挑戦1年目の2020/21シーズンはブンデスリーガで16試合に出場していたが、2021/22シーズンはわずか4試合の出場に。出場時間はわずか51分だったほか、今年3月以降は膝の負傷の影響もありほぼ全試合でベンチ外となっていた。

 同選手は先月20日からウニオン・ベルリンのプレシーズントレーニングに参加していたものの、今月19日にブラウンシュヴァイクへ1年レンタルにより加入することが正式決定。翌日から新天地に合流し、トレーニングでチームメイトとともに汗を流している。

 そんな遠藤渓太について『ディー・ツァイト』は「エンドウは左サイドのギャップを埋める存在だ。彼の加入により、ブラウンシュヴァイクは『4-2-3-1』のシステムに依存するだろう」と、左サイドハーフを担う貴重な戦力と見解を示している。

 またブラウンシュヴァイクのミヒャエル・シーレ監督は「エンドウの能力は見ての通りだ。彼は両足を使える。視野も広いが、彼にはまだ我々の要求に慣れるための時間が必要だ」と遠藤渓太の現状を説明。

 その上で23日のドイツ2部リーグ第2節・ハイデンハイム戦で同選手を起用する可能性については「彼は物静かな男で、攻撃面ではより多才になる。土曜日(のハイデンハイム戦)のオプションだ」と語っている。

 
 
2022/07/23 遠藤渓太に期待のブラウンシュワイク監督、加入4日の次節でスタメン起用も?「オプションには入るが…」 | Goal.com 日本

【欧州・海外サッカーニュース】ブンデスリーガ2部アイントラハト・ブラウンシュワイク率いるミヒャエル・シーンレ監督が、レンタルで加入の遠藤渓太について言及した。

遠藤渓太は先日、ウニオン・ベルリンからレンタルでブンデスリーガ2部アイントラハト・ブラウンシュワイクへの加入が決定。新天地のミヒャエル・シーンレ監督が印象を語っている。

1シーズンで2部復帰を果たしたブラウンシュワイクは開幕節ハンブルガーSV(HSV)戦は数多くの好機をつくり出すも結局0-2で敗れて黒星スタート。シーンレ監督は23日に行われる第2節ハイデンハイム戦(アウェー)に向けた記者会見に臨んだ際、19日に加入が決まった新戦力についても話した。

現地メディアの取材陣に遠藤の印象を問われた同監督は「ケイタはとてもオープンで明るいキャラクター。口数が多くないけど、たくさん理解できている。ゆっくり話せば通じるので、問題ない」とその人柄について言及。このように続けた。

「昨日初めてここの練習に参加したため、もちろん彼の能力を見ることができた。とても安定したパスを出し、両利きで視野も非常に広い。当然、我々が各ポジションで求めるプレーを把握しなければならない。ここに来る前、ベルリンではおそらく何日間か練習から外されていたようで、少しばかり気をつけなければならないだろう」

「ただ、彼がここに来てくれて嬉しく思う。もちろんプレーの選択肢を増やしてくれるというのもあるが、HSV戦で用いたシステムでもプレーできる。土曜日の試合ではオプションに入るが、スタートさせるかについては様子を見たい」

「中央やトップ下、最前列でもプレーできる。これまでウィングで起用されることが多く、良いクロスを持っている。チームとともに攻守の切り替えもできれば、ラインの間でもプレーできる。とにかく、うちのサッカーにバリエーションを加えてくれる選手だ」

遠藤が先発した最後の公式戦は昨年4月にウニオンが0-2で落としたボルシア・ドルトムントとのアウェー戦。シーンレ監督は先発起用の可能性について明言を控えたが、1年3カ月ぶりのスタメンとしての出場もあるのだろうか。

 
 

2022/07/23 ブンデスリーガ2部 vs.ハイデンハイム(3●0)

サブ:66分途中出場
 
 

Webログ

2022/07/06 ブンデス2年目は“4試合0得点”に終わった日本人FW ウニオンで窮地に立つ男は3年目の正直となるか|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

— 横浜FMからウニオン・ベルリンへ加入した遠藤

昨季は原口元気の活躍もあり、5位と躍進したウニオン・ベルリン。UEFAヨーロッパリーグへと挑戦する今季は、さらに厳しいシーズンとなっていく。

そんなチームで加入3年目を迎え、大きなブレイクに期待したいFWが遠藤渓太だ。2016年に横浜F・マリノスのユースからトップチームへ昇格した。ルーキーながら23試合に出場して経験を積むと、3年目には背番号を11番に変更し、ルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞するなど主力に定着。2019年には33試合7ゴールと活躍した。

2020年7月にウニオン・ベルリンへの移籍を発表し、欧州挑戦を決断した。初年度はゴールを決めるなどブンデスリーガ16試合1得点を記録するものの、昨季は出場機会が大幅に減少。わずか4試合で先発出場はゼロと苦しい1年となってしまった。

新シーズンではブンデスとDFBポカールにELも戦うチームで、若きアタッカーは輝きを放つことができるか。自慢のスピードと突破力をドイツの舞台でも発揮したい。またブンデス2部のブラウンシュヴァイクが関心を示す噂も挙がっていた遠藤だが、3年目こそ結果を残してチームに貢献したいところだ。

 
 
2022/07/08 元横浜FM遠藤渓太がウニオン残留か!独2部から関心と報道も… | Football Tribe Japan

 かつて横浜F・マリノスに在籍していたFW遠藤渓太(24)は、ドイツ2部所属クラブへの移籍が噂されている。しかし、ここにきてブンデスリーガのウニオン・ベルリンに残留する可能性があるようだ。7日、ドイツ・ベルリンの地元紙『Berliner Kurier』が伝えている。

 遠藤渓太は2020年7月、横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンへ移籍。海外挑戦1年目の2020/21シーズンはブンデスリーガで16試合に出場していたが、2021/22シーズンは4試合の出場、出場時間わずか51分に終わっていた。

 またドイツ紙『ビルト』は、遠藤渓太がウニオン・ベルリンで出場機会が少ない要因として「エンドウは左ウイングを好んでいが、ウニオンのシステムにはこのポジションが存在しない」と説明。ウニオン・ベルリンのウルス・フィッシャー監督が3バックを基本としたシステムを採用していたことが、同選手のプレースタイルとマッチしなかったと見解を示している。

 そんな遠藤渓太の去就については、ドイツ紙『Braunschweiger Zeitung』が先月15日、ドイツ2部昇格組のアイントラハト・ブラウンシュヴァイクが同選手の獲得にむけて、ウニオン・ベルリンにコンタクトをとったと報道。ただ本人は先月下旬からウニオン・ベルリンのプレシーズントレーニングに参加している。

 『Berliner Kurier』は2022/23シーズンのウニオン・ベルリンの戦力分析に関する特集記事を掲載。その中で遠藤渓太について「3バックシステムでは使えないが、『4-1-4-1』や『4-3-3』では使える」と前置きをした上で「ウニオン・ベルリン加入3年目でようやく主力としてプレーしたいと考えている」と説明。今夏残留の可能性があると主張している。

 また日本代表MF原口元気(31)については、中盤センターのポジション争いの真っ只中にあり、レギュラーではないと見解を示した。

 なお遠藤渓太は、先月29日の練習試合・ヴィクトリア・ベルリン戦では左サイドのポジションで先発出場。ただ今月6日のドイツ2部ブラウンシュヴァイク戦では、3バックシステムで採用されたこともあり出番がなかった。

 また原口元気は、今月はじめにプレシーズントレーニングに合流。ブラウンシュヴァイク戦では中盤センターの一角で先発出場し、60分までプレーしている。

 
 

こけまりログ

 
[Pinterest]横浜F・マリノス所属(神奈川県立瀬谷高等学校OB) 遠藤渓太選手の写真をただひたすらに拾い集めるボード。

2015/09/02 [ユースからの昇格を発表]遠藤渓太(えんどう けいた)@横浜F・マリノスユース/神奈川県立瀬谷高等学校[2015-2016 移籍/新加入/契約更改]
2021/04/30 [ウニオン・ベルリン(ドイツ1部)への完全移籍を発表]遠藤 渓太(えんどう けいた) @keita_ed [2021 移籍/新加入/契約更改]

 
カテゴリー別アーカイブ: 月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2016年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2017年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2018年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2019年まとめ】月刊 遠藤渓太

 
 

SNS、Wikipediaなど

[Twitter]遠藤渓太(@keita_ed)さん

[Instagram]遠藤 渓太さん(@keita_1122)

[Jリーグ]遠藤 渓太:横浜F・マリノス:Jリーグ.jp ※リンク切れ

[Football LAB]遠藤渓太 選手データ | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

[Wikipedia]遠藤渓太

[ゲキサカ]遠藤渓太

[サッカーキング]遠藤 渓太 | サッカーキング
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

遠藤渓太選手、1.FCウニオン・ベルリンからアイントラハト・ブラウンシュヴァイク(独2部)への期限付き移籍を発表

遠藤渓太選手、1.FCウニオン・ベルリンからアイントラハト・ブラウンシュヴァイク(独2部)への期限付き移籍を発表

2022/07/19 Eintracht leiht Keita Endo von Union Berlin aus – Eintracht Braunschweig

Japaner übernimmt die Rückennummer 21

Mit dem Offensivakteur Keita Endo verpflichtet die Eintracht einen weiteren Neuzugang für die Saison 2022/2023. Der gebürtige Japaner wechselt vom Erstligisten 1. FC Union Berlin für ein Jahr auf Leihbasis an die Hamburger Straße und wird zukünftig die Rückennummer 21 tragen.

Seinen ersten Profivertrag unterschrieb der 24-Jährige 2016 in seinem Heimatland beim Erstligisten Yokohama F-Marinos, wo er bis 2020 insgesamt 103 Erstligaspiele absolvierte und im Jahr 2019 japanischer Fußballmeister in der J-League wurde. Anschließend wechselte der Linksaußen zur Saison 2020/2021 in die deutsche Hauptstadt zum Bundesligisten 1. FC Union Berlin. Die Köpenicker zogen nach einer einjährigen Leihe die Kaufoption. Sein Erstliga-Debüt feierte Endo im Oktober 2020 und kam in den vergangenen zwei Spielzeiten auf 20 Bundesliga-Einsätze und einen Treffer für die Berliner.

Peter Vollmann, Geschäftsführer Sport bei Eintracht Braunschweig, erläutert: „Keita bringt die Qualitäten mit, die unserer Mannschaft auf der linken Außenbahn definitiv weiterhelfen werden. Er ist topfit, kann sofort spielen und war direkt von der Aufgabe bei der Eintracht überzeugt.“

„Ich freue mich auf den Traditionsverein Eintracht Braunschweig und bin dankbar für die Chance, die man mir hier in der Löwenstadt gibt. Ich weiß, dass ich als Teil dieser Mannschaft erfolgreich sein werde. Gemeinsam werden wir den Klassenerhalt schaffen“, ergänzt Keita Endo bei seiner Vertragsunterschrift.

続きを読む