月刊 遠藤渓太(2021年9月号)~ 1.FCウニオン・ベルリンの1stユニフォームはモルゲンロート(Morgenrot)の赤 ~

Pocket
LINEで送る

2021/10/5 Google画像検索より

(´-`).o0(「モルゲンロート」は、元横浜F・マリノス所属、遠藤渓太選手の出身校である神奈川県立瀬谷高等学校の校歌より。ドイツ語で「朝焼け」 )
 
 

ブンデスリーガ第4節 vs.アウグスブルク(2021/9/11)0△0

(´-`).o0(サブ:出場無し)


 
 

ブンデスリーガ第5節 vs.ドルトムント(2021/9/19)2●4

(´-`).o0(サブ:77分途中出場)


 
 

ブンデスリーガ第6節 vs.ビーレフェルト(2021/9/25)1○0

(´-`).o0(サブ:出場無し)

Webログ


 
 
2021/09/02 原口元気は”レギュラー”、遠藤渓太は”厳しい1年”に? 独紙がウニオンの新戦力を査定 | フットボールゾーン

— 原口には即戦力と高い評価も、遠藤は「チームの輪から外れている」と厳しい言葉

 欧州の夏の移籍市場が8月31日で閉まったことでシーズン前半における各チームの戦力構成が確定し、これを受けてドイツ紙「ビルト」はブンデスリーガに所属するチームに今季加入した選手に関する分析記事を掲載した。ウニオン・ベルリンでは日本代表MF原口元気とMF遠藤渓太も対象となり、原口には“レギュラー当確”との高い評価が出た一方で、遠藤には厳しい言葉が並んだ。

 昨季終了後に移籍金ゼロのフリー移籍で、ドイツ2部ハノーファーからウニオン・ベルリンに加入した原口は、ここまでリーグ戦では開幕戦から3試合連続で先発出場。前節ボルシアMG戦では、前半22分に右サイドからの絶妙なクロスでMFニコ・ギーゼルマンのヘディングシュートによるゴールをお膳立てして今季初アシストを記録していた。

 ハノーファーでの2018-19シーズン以来となるブンデスリーガでの戦いでも、その実力を十分に発揮している原口については「ビルト」紙も、「昨季は2部で34試合出場9ゴール7アシスト。この日本人選手は今季の補強と言える存在の1人であり、チームのクオリティーを上げている」と即戦力として期待通りの活躍をしていると評価。「早い段階で体力が尽きてしまう」というフィジカル面での課題も指摘しているが、今後の展望については「レギュラー選手」と予想している。

 一方、昨季は横浜F・マリノスからレンタル移籍でウニオン・ベルリンに加入し、今年4月に買い取りオプションを行使したことで完全移籍での入団が決まった遠藤だが、ここまでリーグ戦全試合でベンチ外と苦しい状況が続いている。同紙も「ドイツサッカーを以前よりもよく知っていることはポジティブな点だが、今のところチームの輪から外れているように見える」と出場機会に恵まれていない現状を指摘し、同選手の今後の展望については、「厳しい1年になるだろう」と予想している。

 さらなる活躍が期待される原口と浮上のきっかけを掴めずにいる遠藤。それがウニオン・ベルリンにおける日本人選手それぞれの立ち位置のようだ。

 
 
2021/09/08 遠藤渓太、ウニオンのECLに向けた登録メンバーから外れる…完全移籍移行後ベンチ入り1試合のみ | Goal.com

【欧州・海外サッカーニュース】ブンデスリーガ1部ウニオン・ベルリンの遠藤渓太はUEFAヨーロッパカンファレンスリーグの登録メンバーから外れた。
ブンデスリーガ1部ウニオン・ベルリンに所属するMF遠藤渓太が、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)に臨むメンバーから外れたことが明らかになった。

遠藤は2020年夏に横浜F・マリノスからのレンタルでウニオンに加入。昨シーズンは公式戦17試合に出場1ゴールをマークし、クラブが今夏に買い取りオプションを行使していた。だが、新シーズンは出番がなかったDFBポカール1回戦の3部テュルギュチュ・ミュンヘン戦を除く試合は、すべてベンチ外が続いている。

そして、ECL予選プレーオフのクオピオン・パロセウラ(フィンランド)との2試合では登録メンバー入りも、ベンチ外となった遠藤だが、少なくとも決勝トーナメントまでのECL本戦にも出場できないことに。ウニオンがUEFAの公式ウェブサイトに提出した登録メンバーリストに、同選手の名前が含まれていなかった。

一方、今夏にブンデスリーガ2部ハノーファーからフリーでウニオンに渡ったMF原口元気は登録メンバー25名の1人に。同選手は途中出場したポカールのほか、今季これまでの公式戦5試合に先発出場し、早くもレギュラーに定着している。

 
 
2021/09/10 遠藤渓太、ウニオン唯一の左ウィンガーながら起用されない理由…独誌が今季のシステムを分析 | Goal.com

【欧州・海外サッカーニュース】ブンデスリーガ1部ウニオン・ベルリンで今季まだ出場機会を得ていない遠藤渓太らの状況をドイツ誌『キッカー』が分析した。

ブンデスリーガ1部ウニオン・ベルリン率いるウルス・フィッシャー監督は、何故MF遠藤渓太を起用しないのだろうか。ドイツ誌『キッカー』によれば、その理由は監督が今季から採用し続けるシステムにあるという。

現在23歳の遠藤は昨夏に横浜F・マリノスからのレンタルでウニオンに加入し、海外1シーズン目は公式戦17試合に出場(先発は5試合)して1得点を記録。だが、夏には買い取りオプションが行使され完全移籍移行となったものの、今季ベンチ入り果たしたのはDFBポカール1回戦のみで、出場機会は得られていない。さらに同選手は先日、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の登録メンバーから外れたことが明らかになっている。

『キッカー』は同じくECLのメンバーに含まれなかったバスティアン・オチプカ(左SB)やリック・ファン・ドロンゲレン(CB)、アンソニー・ウジャ(センターFW)、現メンバー唯一の左ウィンガーの遠藤と2人の右ウィンガーのうち1人であるパヴェウ・ヴショウェクの状況を分析。後者の2人については、フィッシャー監督が今季使い続ける3-5-2フォーメーションではサイドにウィングバックが置かれ、現時点より攻撃的なウィンガータイプが起用されていないことを指摘した。

さらに記事曰く、同監督は「安定性と継続性にこだわる」とのこと。そのため、遠藤とヴショウェクは「非常に辛抱強くいなければならないだろう」と予想し、出場機会が見込めない時間がしばらく続くとした。

なお新加入の原口元気が主にトップ下でプレーするウニオンは今季これまでの公式戦は3勝3分けと負けなし。指揮官がウィンガーを起用するシステムに切り替えるのは当分先のこととなるかもしれない。

 
 


 
 

こけまりログ

 
[Pinterest]横浜F・マリノス所属(神奈川県立瀬谷高等学校OB) 遠藤渓太選手の写真をただひたすらに拾い集めるボード。

2015/09/02 [ユースからの昇格を発表]遠藤渓太(えんどう けいた)@横浜F・マリノスユース/神奈川県立瀬谷高等学校[2015-2016 移籍/新加入/契約更改]
2021/04/30 [ウニオン・ベルリン(ドイツ1部)への完全移籍を発表]遠藤 渓太(えんどう けいた) @keita_ed [2021 移籍/新加入/契約更改]
 
カテゴリー別アーカイブ: 月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2016年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2017年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2018年まとめ】月刊 遠藤渓太
 【ブログこけまり 2019年まとめ】月刊 遠藤渓太

 
 

SNS、Wikipediaなど

[Twitter]遠藤渓太(@keita_ed)さん

[Instagram]遠藤 渓太さん(@keita_1122)

[Jリーグ]遠藤 渓太:横浜F・マリノス:Jリーグ.jp ※リンク切れ

[Football LAB]遠藤渓太 選手データ | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

[Wikipedia]遠藤渓太

[ゲキサカ]遠藤渓太

[サッカーキング]遠藤 渓太 | サッカーキング
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る