【動画配信観戦まとめ】2020/10/14(水)19:00KO J1第22節 ガンバ大阪vs.横浜F・マリノス@パナソニックスタジアム吹田 ※アウェイサポーターの来場不可

Pocket
LINEで送る

【動画配信観戦まとめ】2020/10/14(水)19:00KO J1第22節 ガンバ大阪vs.横浜F・マリノス@パナソニックスタジアム吹田 ※アウェイサポーターの来場不可

タイムスケジュール(予定)

17:45 デュアルスタジアム
 └ 10/14 ガンバ大阪戦「横浜F・マリノス デュアルスタジアムby LINE LIVE」 | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト

19:00 キックオフ

▼動画配信
DAZN(生中継) 18:50~
 解説:加地亮 / 実況:寺西裕一 / インタビュアー:竹島麻里子
 
 

天気予報

パナソニックスタジアム吹田の1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2020/10/14 4:00発表

2020/10/14(水)19:00の予報
天気:晴れ
温度:19℃
風 :北 3m/s
 
 

ガンバ大阪 オフィシャルホームページ

ホームゲームインフォメーション | ガンバ大阪オフィシャルサイト

明治安田生命J1 チケット発売日のご案内[10/14(水)横浜FM戦] | ガンバ大阪オフィシャルサイト
 └ ビジター席 なし

2020.10.14 19:00 KICK OFF vs 横浜F・マリノス | GAMBA OSAKA MDP online
 
 

Webログ

【公式】G大阪vs横浜FMの見どころ(明治安田生命J1リーグ:2020年10月14日):Jリーグ.jp
 └ ユニフォーム:2nd(白)

— 熱戦必至。絶好調の青黒か、トリコロールのプライドか

例年、秋以降に好調さを見せるG大阪が今季も絶好調だ。クラブの顔であり続けた遠藤 保仁が磐田に期限付き移籍したあとも、鳥栖、FC東京に勝ち切り、連続して積み上げてきた白星の数は今季最多の『6』となった。しかも、前節は“鬼門中の鬼門”だったアウェイのFC東京戦で勝ち切るなど、勝負強さはいよいよ本物である。

「全員がこの試合でやるべきこと、その試合ごとに伝えていることを理解して、全員がそれぞれの役割をこなしている」と宮本 恒靖監督はFC東京戦後に胸を張ったが、6連勝を支えるのは指揮官の巧みなマネジメントを含めたチーム力の底上げである。

フォーメーションも4バックと3バックを併用し、過密日程と見るや明治安田J1第10節・鳥栖戦では昌子 源とキム ヨングォンを温存。前線の組み合わせも対戦相手に応じながら柔軟な起用を見せており、宮本監督の采配も光っている。

3試合消化が多い2位・FC東京との勝点差はわずかに『3』。上位陣に食い込んでいきたいG大阪が横浜FM戦で目指すのは、連勝を『7』に伸ばすことのみだ。首位を独走する川崎Fが圧倒的な破壊力で連勝街道をひた走るのとは対照的に、G大阪が見せているのは僅差をモノにする勝負強さである。

6連勝中で2点差がついたのは第20節・鹿島戦のみで、残る5試合はいずれも1点差でしぶとく競り勝ってきた。

「やれていることは最後のところで体を張っていること」と倉田 秋が話すように、チーム全体のハードワークがもたらしているのは堅い守備力だ。6連勝中、実に3試合でクリーンシートを達成しており、許した失点はわずかに『3』。2失点した試合は一度もないのは好材料となる。横浜FMと対戦した2月の開幕戦では、粘り強い戦いの末に2-1で競り勝っているG大阪だが、再び前年王者から勝点3を手にする上でやはり守備陣の踏ん張りは不可欠になりそうだ。

前節、横浜FMは大分に対して強力アタッカー陣が爆発。4-0で勝利し、公式戦2連敗というイヤな流れにピリオドを打った。

「4つのゴールを奪い、素晴らしいサッカーをしてくれた」とアンジェ ポステコグルー監督も胸を張ったが、ホームで敗れたリベンジを果たす上でも、やはり攻撃陣の機能性がカギになるだろう。

G大阪が警戒すべきアタッカーはマルコス ジュニオールや大分戦でも2得点したエリキなど数多いが、とりわけ注意が必要なのは8月に柏から期限付き移籍で加わったジュニオール サントスだ。14試合で8得点のブラジル国籍アタッカーは一時の爆発力こそ欠いているものの、初対戦する外国籍FWにはめっきり弱いG大阪だけに、注意が必要となる。

「9月半ばぐらいから一戦一戦、目の前の試合を戦おうと選手と話をしてやってきた」と一戦必勝を誓う宮本監督ではあるが、G大阪を勝点差4で追う6位の横浜FMにとっても、上位追走に向けて勝点3が欲しい戦いとなる。

G大阪が連勝をさらに積み上げるのか、前年王者がその意地を見せるのか――。見どころが多い好ゲームになりそうだ。

[ 文:下薗 昌記 ]

 
 
達成間近の記録について【明治安田J1 第22節】:Jリーグ.jp※一部抜粋

■個人記録■
<J1通算出場>
オナイウ 阿道(横浜FM)通算50試合まであと1試合

出場停止選手のお知らせ(2020/10/13):Jリーグ.jp※一部抜粋

喜田 拓也 横浜FM J1(f) 2020明治安田生命J1リーグ第22節第1日(10/14)

(f):警告の累積による1試合停止

 
 
J1第22節optaファクト – サッカーライブ速報 : 日刊スポーツ※一部抜粋

— ガンバ大阪 – 横浜F・マリノス

・G大阪対横浜FMの通算59試合では、G大阪が18勝11分30敗と負け越している。G大阪にとって横浜FMは、勝率が最も低い相手(30.5%:横浜M時代を含み)。

・G大阪対横浜FMの直近12試合では、互いに4勝ずつを挙げて互角(4分)。この間、10試合で両チームが共に得点を記録している(どちらも18得点ずつ)。

・G大阪は現在、2018年11月以来となる6連勝中(当時9連勝)。この間、1度も複数失点を喫していない(計3失点)。

・横浜FMは直近7試合でわずか1敗(5勝1分)。この間、勝利を挙げた5試合ではいずれも3得点以上を挙げている(1試合平均:2.7得点)。

・横浜FMは大阪府のクラブとの直近11試合でわずか2勝(2分7敗)。しかし、この2勝はいずれも昨季のG大阪戦で挙げたもの(H:3-1、A:3-2)。

・G大阪は今季、タックル成功率がリーグベスト(68.4%:190/278)。対する横浜FMは、タックル数が今季リーグ最多(65.2%:229/351)。

・パトリックは前節FC東京戦で、1試合では今季リーグ最多となる30回のデュエルを記録(勝率50%)。同選手にとって横浜FMは、2015年以降で最も多く得点を挙げている相手(6得点)。

・エリキは出場した直近8試合で12点に直接関与している(10得点、2アシスト)。9月以降に3得点以上を記録した選手の中では、決定率がリーグベスト(41.7%:10得点/シュート19本)。

 
 
J1 第22節 G大阪 vs 横浜FMのデータ一覧 | SPORTERIA
 
 
2020/10/13 「天皇杯出場」を懸けた熱き上位対決「J1プレビュー」G大阪―横浜FM | 概要 | Jリーグ・国内 | ニュース | サッカー批評Web

 勝ち点41で4位のG大阪と、勝ち点37で6位の横浜M。今季の天皇杯出場には、2位以内の順位が必要だ。現在2位のFC東京は勝ち点44で、消化試合数が「24」。しかしG大阪は「21」。3試合の差で勝ち点差が「3」ということで、ガンバとしては手を伸ばせば届く位置にある2位の座をつかみとるうえで、勝ち点3を積み上げたい。

 ここまで6連勝。しかも、前節は直接対決となったFC東京を叩いた勢いのままに、今節も勝利を狙う。
一方の横浜Mは、消化試合数が東京と同じ「24」であるため、天皇杯やACLの出場権を得るためには、これ以上負けられない状態だ。ここ数試合、横浜のアタッキングサッカーは再び猛威を振るい始めており、パナスタも飲み込んでくれるはず。あとは、前節の大分戦同様に、得点を決めるだけだ。

■ガンバ大阪

4位  勝ち点41 13勝6敗2分  得点31、失点24、得失点差7
【出場停止】なし
【直近5試合結果】
○AFC東京 1-0
○A鳥栖   2-1
○H鹿島   2-0
○A広島   2-1
○H名古屋 2-1

【通算対戦成績】
通算   76試合・25勝14分37負
ホーム  38試合・14勝 6分18負
アウェイ 38試合・11勝 8分19負

【直近対戦成績】
2020年 2月23日 J1第 1節        A2○1
2019年 8月31日 J1第25節        A1●3
2019年 2月23日 J1第 1節        H2●3
2018年10月20日 J1第30節        H2○1
2018年 9月 9日 ルヴァン準々決勝(2)  A1●3

【今節のみどころ】
ピッチが水面と化した味の素スタジアムでの上位決戦を破ったG大阪は、現在6連勝中。しかも、そのFC東京戦ではピッチ状況を見て割り切ったサッカーに転換するなど、柔軟性も出てきている。
最近は選手同士で要求をしあったり、戦い方で意見をぶつけているということで、チームとしてのまとまりが好調の要因といえそうだ。
開幕戦での横浜M戦では、ハイプレスがハマって勝利を得たが、今節はそれができなくても、次善の策を用意してくる可能性がある。その開幕戦で1G1Aを決めた倉田秋と小野瀬康介にも期待だ。
 
 
■横浜F・マリノス

6位  勝ち点37 11勝9敗4分  得点50、失点38、得失点差12
【出場停止】喜田拓也
【直近5試合結果】
○H大分 4-0
●H柏   0-1
●H神戸 2-3
△H鳥栖 1-1
○A柏   3-1

【今節のみどころ】
「何もなかった」鳥栖戦以降、シュートを20本放ちながら競り負けた神戸戦、同じくシュートを20本放ちながら無得点で敗退したルヴァンカップ準決勝・柏戦、そして、シュート13本ながら4得点と大勝した大分戦と、ピッチをことごとく支配しているトリコロール軍団。上位のG大阪でも関係なく、そして開幕戦の借りを返すためにも、パナスタを支配するはずだ。
MF喜田拓也が出場停止。中盤は、扇原貴宏、和田拓也、渡辺皓太の3人で構成されそうだ。また、扇原はアンカーとリベロを同時にこなし、時間帯や状況によってメリハリをつけると同時に、横浜の陣形をつかみづらいものにする可能性がある。
一方、ここまで11ゴールのFWエリキが前節は途中出場、FWマルコス・ジュニオールは前節が休養だったため、2人は試合開始時点から暴れそうだ。

 
 

こけまりログ

▼今季の対戦結果

【試合結果まとめ(1●2)】2020/2/23(日)14:00KO J1第1節 横浜F・マリノスvs.ガンバ大阪@日産スタジアム
 
 
▼昨季の対戦結果

【試合結果まとめ(2○3)】2019/2/23(土)15:00KO J1第1節 ガンバ大阪vs.横浜F・マリノス@パナソニックスタジアム吹田

【試合結果まとめ(3○1)】2019/8/31(土)19:00KO J1第25節 横浜F・マリノスvs.ガンバ大阪@ニッパツ三ツ沢球技場 #横浜FM対G大阪 
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る