【スタジアム観戦情報まとめ】2019/8/3(土)19:00KO J1第21節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム #横浜FM対清水

Pocket
LINEで送る

【【スタジアム観戦情報まとめ】2019/8/3(土)19:00KO J1第21節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム #横浜FM対清水 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り
 └ 2019ホームゲーム前日のシート張り行為、試合当日の待機列解消に向けた整理券システム実施について | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト

16:30 ネンチケ先行開門
 └ 西・北ゲート:列整理(開門30分前) 16:00
17:00 一般開門
 └ 西・北ゲート:列整理(開門30分前) 16:30
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 
 

天気予報

日産スタジアムの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/8/3 4:00発表

2019/8/3(土)19:00の予報
天気:晴れ
温度:28℃
風 :南 4m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2019 明治安田J1 第21節 vs清水エスパルス | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

スタジアム | よくあるご質問 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間 10:00~17:00)

日産スタジアム | スタジアム | チケット | 横浜F・マリノス 公式サイト

・発券枚数推移
 19,647枚(7/17 11:00現在)
 20,638枚(7/19 12:00現在)
 23,348枚(7/24 10:00現在)
 27,364枚(7/29 11:00現在)
 30,524枚(8/2 11:00現在)
 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス(3公演)
 
 

Webログ

横浜FMvs清水の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2019年8月3日):Jリーグ.jp

–横浜FMは主力2人が欠場。チーム力を証明できるか

見どころを要約すると・・・

・前回対戦は清水が劇的な逆転勝ち。畠中槙之輔は「あの悔しさは忘れられない」とリベンジに燃える
・横浜FMはエジガル・ジュニオが負傷離脱でチアゴ・マルチンスが出場停止。主力2人を欠く
・清水は北川航也の海外移籍が決定。連敗脱出のため、代役の活躍がカギに

今節、横浜FMは日産スタジアムに清水を迎える。シーズンを折り返して4試合目となる今節だが、両者はわずか6試合前、時期にして7週間前に対戦したばかり。アイスタでの一戦は横浜FMが先手をとる展開が続く中、清水が89分、90+1分に得点を奪って逆転勝利。清水にとっては歓喜、横浜FMにとっては屈辱と明暗がハッキリ分かれる試合となった。

横浜FMにとっては比較的短い期間で迎える“リベンジマッチ”となる。アイスタでの一戦はアクシデントが積み重なった。チアゴ マルチンスの脳震盪による交代。ベンチにCBがいなかったため和田 拓也が急きょ中央でプレー。同点に追いつかれながら二度目の勝ち越しをした際にマルコス ジュニオールが退場。そして終了間際の連続被弾。何度も清水の攻撃をはね返し続けながら耐え切れなかった畠中 槙之輔は、「まだハッキリと記憶に残っているし、あの悔しさは忘れられない」とまるで試合直後のように唇をかみ、リベンジを強く意識する。前回の清水戦後、チームに迷惑をかけたことを悔やんだマルコス ジュニオールは、「ああいうことは二度としない」とあらためて固く誓った。

そのマルコス ジュニオールはエジガル ジュニオの離脱により、1トップでプレーすることが濃厚。代わってトップ下に入るのはリーグ戦10試合ぶりの先発となる三好 康児になりそうだ。最終ラインもチアゴ マルチンスが出場停止となるが、代わって入るのは昨季のレギュラーで負傷から復帰して間もないドゥシャンか、加入して1カ月余りながら前節・神戸戦やマンチェスター・シティ戦で守備力の高さを見せた伊藤 槙人か。リーグトップスコアラーとリーグ屈指のCB、攻守の要を欠くのは痛手にほかならないが、「誰が出ても同じサッカーができる」と選手たちが口をそろえるチーム力の見せどころだ。

清水は前回の横浜FM戦後、名古屋にも後半アディショナルタイムのゴールで2試合連続の劇的勝利を果たした。篠田 善之監督就任後は3勝2分と負けなしが続いたが、ここ4試合で1勝3敗と勢いにやや陰りが見られている。そんな状況の中、北川 航也がオーストリアのSKラピード・ウィーンへ移籍することが決定。北川に代わってかつて京都や鹿島でも活躍したドゥトラが加入した。京都に所属していた2011年には天皇杯準決勝で横浜FMを相手に直接FKを決めて、決勝進出の立役者になった。加入後即出場となるかは分からないが、横浜FMにとってはイヤな選手と言えるだろう。いずれにしても良い印象が残る横浜FMに勝利し、連敗をストップさせたい。

横浜FMが4連勝で上位争いを続け、さらに言えば頂点を狙う力を証明するのか。清水が連敗を止めて下位から抜け出す足がかりを得るのか。2週間ぶりのリーグ戦はいずれにとっても重要な一戦だ。

[ 文:菊地 正典 ]

2019/08/02 【横浜FM vs 清水】マルコス ジュニオールのリベンジ弾と新必殺技が炸裂!? – J’s GOAL

今節の清水戦では、横浜FMのブラジル人トリオのうち、2人が欠場する。DFチアゴ マルチンスは出場停止、FWエジガル ジュニオは負傷による戦列離脱中のためだ。それでももう一人の頼れるブラジリアン、マルコス ジュニオールがいる。今節はエジガルの代わりに、センターフォワードの位置に入るだろう。

前回の清水戦は、マルコスにとって忘れられない一戦。味方の追加点後に興奮し、ボールをスタンドめがけて蹴ってしまい、2枚目のイエローをもらって退場。それが引き金となり、2-3の逆転負けを食らった。「自分として意識するのはゴールではなくて、チームのためにいいプレーをすること」を第一義とするマルコスにとって、まさに悔恨の極みとなった。

一方で、あの敗戦から得た教訓を体現した試合もある。前節の神戸戦だ。後半に入り、1-0でリードするも59分にチアゴが退場。だが、同じシチュエーションの清水戦とは違った。「清水戦では自分の退場後、いつもどおり前からプレッシャーに行って逆転された。あの経験があったから、一人少なった時点で前から行くプレスはやめて、まずは自分たちのポジションをとって、相手が来たところでしっかり対応しようと切り替えました」(マルコス)

攻勢に出た神戸に対し、ブロックを敷いての守備が奏功。最後はマルコスがPKを沈めて突き放した。得点後に披露したパフォーマンスは、おなじみとなった『ドラゴンボール』クリリンの必殺技「気円斬」。「なるべく毎回違うパフォーマンスをやろうとしているんですけど、難しい試合で余裕がなかったので、新しいものは出せませんでした」と白い歯を見せ笑った。リベンジ戦で自身の屈辱を払拭するための一撃と、その後の“新技”公開に、乞うご期待!

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2019/08/02 【J試合情報】横浜F・マリノスvs清水エスパルス 第21節 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・横浜FM対清水の通算57試合では、横浜FMが25勝11分21敗と勝ち越している。横浜FMにとって清水戦は、アウェイでは勝ち越しているが(17勝5分7敗)、ホームでは負け越している対戦カード(8勝6分14敗)。

 ・横浜FMは清水戦で現在、2006年シーズン以来の2連敗中。今カードでのそれ以前の19試合で喫した敗戦数と等しい(10勝7分2敗)。

 ・横浜FMはホームでの清水戦で現在3試合連続未勝利(1分2敗)。本拠地での今カードでは、それ以前に3連勝を記録していた(2012年~2014年)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在6連勝中であり、今季10試合で無敗(7勝3分)。今節でも勝利を挙げると、本拠地ではクラブ史上ベストの7連勝となる。

 ・清水は現在、2005年7月~11月以来となる12試合連続失点中(1試合平均2.1失点、4勝2分6敗)。今季無失点に抑えたのは、2019年4月20日のC大阪戦だけ(1-0)。

 ・清水はアウェイ戦直近6試合でわずか1勝(2分3敗)。また、敵地では現在、2014年4月~11月以降ではクラブワーストとなる12試合連続失点中(1試合平均2.1失点)。

 ・清水は後半に喫した失点数が今季リーグワースト(25失点)。対する横浜FMは同時間帯に挙げた得点数が、川崎と並んで今季リーグで3番目に多い(19得点)。

 ・怪我での離脱が発表されたエジガル・ジュニオは、横浜FMがホーム戦で挙げた直近7得点のうち、5点を決めていた。対する清水のドウグラスは、清水がアウェイ戦で挙げた直近6得点のうち、4点を決めている。

※ファクト内の数字はJ1での成績

2019/07/30 横浜三好トップ下先発で首位奪取誓う「自信はある」 – J1 : 日刊スポーツ

横浜F・マリノスMF三好康児(22)が、次節清水戦での首位奪取へ必勝を誓った。現在チームは首位東京に勝ち点3差の暫定2位。3日の清水戦に勝てば今季初の首位浮上も狙える位置につけている。

前節の神戸戦でJ1得点ランクトップの11ゴールを挙げるFWエジガル・ジュニオが左足関節骨折で全治3カ月と診断され離脱するアクシデントもあったが、エジガルがいた1トップには同じブラジル人のFWマルコス・ジュニオールを置き、三好がマルコスに代わってトップ下に入ることが濃厚。

この日は軽めの調整で汗を流した三好は、先発すれば約2カ月半ぶりとなるリーグ戦へ向け「常にできるという自信はあるし、準備もしてきました。もちろん結果を残したい」と力を込めた。

2019/08/02 横浜GK朴一圭、ホーム不敗継続へ「結果が大事」 – J1 : 日刊スポーツ

横浜F・マリノスGK朴一圭が、難敵清水エスパルスに立ちはだかる。朴は、昨季まで所属したJ2琉球で17年9月から昨季終了まで、リーグ戦ではホーム21戦無敗を経験。今季も出場したホーム戦も6勝2分けと負けなしで、3日の清水戦に勝てば29戦無敗になる。

同試合から、ペナルティーエリア内で味方がゴールキックを受けられるなどの新ルールが適用。後方からの組み立てでも重要な役割を担う守護神は、「(新ルールは)早くリスタートしたい時には有効。自力で優勝を手にできる位置にいるので結果が大事」と必勝を誓った。

2019/08/03 【横浜M】今季10戦無敗のホームで882日ぶり首位へ : スポーツ報知

 2位の横浜Mは、無敗神話継続で首位浮上を狙う。2日は横浜市内で清水戦(3日・日産ス)に向けた最終調整を行った。今季のホームゲームは10戦無敗(7勝3分け)。横浜Mが勝利し、F東京がC大阪に負けた場合、得失点差で首位に浮上する可能性もある。自身最多の9得点まであと1に迫るMF仲川は、「アウェーの清水戦は(FWマルコスの退場など)いろいろあったし、逆転負けしてしまった。今のチームは誰が出てもチャンスはつくれるし、チーム力が上がっている。何としても勝ちたい」と、リベンジを誓った。

 首位浮上となれば、開幕2連勝した17年3月4日以来882日ぶり。日本代表MF三好は、「最後に一番上にいることが重要なので、順位はあまり意識し過ぎても仕方ない。いつも通りに自分たちのサッカーを貫きたい」と、冷静に勝利を見据えた。(田中 雄己)

2019/08/02 シティ戦で刺激と自信を得た横浜FMが清水を迎え撃つ | チケットぴあ[スポーツ サッカー]

横浜F・マリノスは世界のトップとの明確な差を知るとともに、確かに自信を手にしたことだろう。

横浜FMは7月27日、『ユーロジャパンカップ2019』でマンチェスター・シティFCと対戦した。2年連続『プレミアリーグ』王者が相手でも、横浜FMは引いて守ってカウンターなんて腰の引けたサッカーをしない。シティがボールを握っても、GK以外全員が横浜FM陣内に侵入してきても、最後尾から一気にゴール前に攻め込んで来ても、横浜FMは前線からプレスを掛け、勇気を持ってラインを上げ、人数をかけてアタックし、シュートまで持ち込んだ。

結果は1-3に終わったが、シュートはともに11本。試合後、ジョゼップ・グアルディオラの「両チームともいいパフォーマンスを見せた。マリノスはスピードがあり、いいチームだった」というコメントも決して社交辞令だけではないだろう。

スコア上は完敗となったアンジェ・ポステコグルーも、「相手は世界のトップレベルのチームなので、守り重視とかいつもの自分たちとは違うやり方をする選択肢もあったが、そうはせず、私は“いつも通り、自分たちのサッカーをやろう”と伝えた。選手たちは、しっかりとそれをピッチ上で出せたと思う」と胸を張った。

また、指揮官は「両チームともボックス内でチャンスがあった中、自分たちは決め切れなかったが、相手はしっかり決めていた。フィニッシュの違いがあった」と課題を挙げることも忘れなかった。

世界の強豪からこれ以上ない刺激を受けた横浜FMは再び『明治安田生命J1リーグ』の戦いに身を投じる。次節の相手は清水エスパルスである。横浜FMは3連勝中の12勝3分5敗・勝点39の2位に対し、清水は2連敗中の6勝4分10敗・勝点22の14位だが、決して侮れない相手である。直接対決では清水が2連勝中。6月15日の第15節、終了間際にドウグラス、西澤健太に連続弾を喫した逆転負けも記憶に新しいことだろう。

『明治安田J1』第21節・横浜FM×清水は8月3日(土)・日産スタジアムにてキックオフ。横浜FMはFWエジカル・ジュニオールをケガ、CBチアゴ・マルチンスを出場停止で欠き、清水はFW北川航也が海外へ移籍した。またこの試合では横浜沸騰ユニフォーム付チケットを発売。さらに「夏休み キッズスタジアム宣言!」と題し、「トミカプレイランド」「eスポーツ」も楽しめる。続く8月17日(土)・セレッソ大阪戦では小中学生は全指定席500円の大盤振る舞い。「トミカプレイランド」「eスポーツ」とともに「ミニレゴパーク」が登場。スタジアムを巡ってブロックを完成させる「レゴブロックラリー」も実施。両試合ともチケット発売中。夏休みはいざ日産スタジアムへ。


 
 

こけまりログ

▼今シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(3●2)】2019/6/15(土)18:00KO J1第15節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@ IAIスタジアム日本平 #清水対横浜FM

▼昨シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(1●2)】2018/8/29(水)19:30KO J1第18節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム
 └ 【Twitterまとめ】2018/7/28(土)、中止になった横浜F・マリノスvs.清水エスパルスの現地の様子

【試合結果まとめ(0◯1)】2018/3/31(土)14:00KO J1第5節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@ IAIスタジアム日本平
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る