【スタジアム観戦情報まとめ】2022/5/14(土)16:00KO J1第13節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@レモンガススタジアム平塚 ※観客収容制限なし

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2022/5/14(土)16:00KO J1第13節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@レモンガススタジアム平塚 ※観客収容制限なし | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り(アウェイサポーター立見席は「LINEで順番待ち」)
 └ 5/14 湘南ベルマーレ戦(アウェイ)での整理券システム実施について | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

11:00 フードパーク オープン
「売り子ール」でのモバイルオーダーは、5/12 16:00まで。

14:00 開門
16:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。 ライブ放送はDAZN、お店で見るなら横浜F・マリノスを観戦できるスポーツバー | Fansta(ファンスタ)で。)
 
  

天気予報

レモンガススタジアム平塚(平塚競技場)の1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2022/5/14 6:00発表

2022/5/14(土)16:00の予報
天気:晴れ
温度:25℃
風 :東 1m

(´-`).o0(雨予報は、朝まで)
 
 

湘南ベルマーレ オフィシャルホームページ

20220514横浜F・マリノス戦ホームゲーム情報 « 湘南ベルマーレ公式サイト

5月ホームゲームの観戦スタイル « 湘南ベルマーレ公式サイト

観戦マナー « 湘南ベルマーレ公式サイト
 └ ペットボトル:OK
 
 

Webログ

出場停止選手のお知らせ(2022/05/09):Jリーグ.jp:瀬川祐輔(湘南)

達成間近の記録について【明治安田J1 第13節】:Jリーグ.jp:アンデルソン・ロペス選手、通算50得点まであと3得点
 
 
【公式】湘南vs横浜FMの見どころ(明治安田生命J1リーグ:2022年5月14日):Jリーグ.jp
 └ ユニフォーム情報:1st(青)

— 気持ちを前面に出して。湘南は粘り強く戦い、横浜FMを抑えられるか

前回のホームゲームでは清水に1-4と大敗。湘南はサポーターにふがいない姿を見せてしまった。その悔しさを晴らすには、勝利以外ない。中3日で迎えた前節の福岡戦では前半アディショナルタイムに瀬川 祐輔が2枚目のイエローカードを受けて退場。後半戦のすべてを1人少ない中で戦うことになったが、数的不利な状況にもかかわらず、スコアレスドローで終えた。

「前節の1ポイントを生かすには次の試合が大事」。米本 拓司がそう話すように、ここで勝てば福岡戦の引き分けが糧になり、勝利に結びついたと捉えることができる。

相手はリーグ屈指の攻撃力を備える横浜FM。山口 智監督は「形がハッキリしているチームですし、ボールを動かすテンポ、流動性というのは気をつけなければいけない」と印象を語る。湘南としては「しっかりとした守備がポイントになる。奪ったあと、ゴールへ向かうところの速さが必要」と指揮官は話していた。

福岡戦では「今までの試合以上に気持ちを持って戦えていた」と谷 晃生は語っていた。逆に大敗した清水戦では1失点目を喫したあとに下を向き、チームとして崩れてしまったことで、7分間で3点も決められてしまった。

「清水戦のあと、サポーターの方々に(戦えていなかったと)言われていたので、なりふり構わない気持ちの部分を出したかった」と米本。普段から口数の多いキャラクターではないが、試合では誰よりも声を発した。それによって中堅選手たちも声を出すようになれば「みんながやりやすい環境になる」(米本)と、福岡戦はいつも以上に精神面を支えるよう鼓舞した。それも、苦しい状況下を無失点で切り抜けられた要因と考えられる。

対する横浜FMは前節、ホームで名古屋と対戦した。ベトナムでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージを戦っていたため、4週間ぶりのリーグ戦になった。24分に先制点を許したが、前半のうちに追いつき、86分にアンデルソン ロペスが決勝弾を決めて逆転勝利。ACL後初の国内戦で勝利し、勢いをつけている。

「難しいゲームになるのはスケジュールを見ても予測できていました。フィジカル的にも難しさを感じていました」とケヴィン マスカット監督が語っていた中でも粘り強さを発揮し、勝ち切る強さを見せつけた。

湘南としては「相手はハイラインですし、奪ったあとのショートカウンターというのが有効になる。1点目を取れれば相手はより前がかりになって、2点目、3点目と取れると思う」(米本)とプランを描くが、果たしてどんなゲームになるだろうか。

理想とする試合展開にはならないかもしれないが、湘南は泥臭く戦う姿勢を示し、今度こそサポーターの心を動かすような試合をしたい。そしてその戦いぶりが、結果に結びつくはずだ。

[ 文:舞野 隼大 ]

 
 
2022/05/13 【湘南vs横浜FMプレビュー】上位撃破で浮上の契機をつかみたい湘南…横浜FMはダービー制して3連勝なるか | サッカーキング

■湘南ベルマーレ

【プラス材料】
 前節のアビスパ福岡戦はスコアレスドローで決し、勝利とはならなかった。だが、序盤から主導権を握り、前半の終わりに10人となってもなおコンパクトかつ攻守に前向きな姿勢を緩めず、そうして3試合ぶりの無失点とともにつかんだ勝ち点1は意義深い。

 立て続けに失点して大敗した第11節の清水エスパルス戦を思えば、自分たちのやるべきことを見つめ直したからこそ得られた結果と言える。

 横浜F・マリノスとは昨季のホーム戦で0-1と敗れたものの、好ゲームを演じている。今節こそは結果を手にしたい。

【マイナス材料】
 リーグ戦初勝利から1分2敗と、再び白星から遠ざかっている。

 最重要課題は得点力に違いない。素早いパスワークで相手のプレスをかわし、ゴール前の勝負に持ち込むシーンは着実に増えているだけに、最後の精度を引き続き突き詰めたいところだ。前節退場したFW瀬川祐輔を出場停止で欠く中、ゴールとともに名乗りを上げるのは誰か。

 横浜FMとの通算対戦成績は10勝4分25敗、ホーム戦でも4勝2分14敗と大きく負け越している。昨季も1分1敗と勝利がない。
 
 
■横浜F・マリノス

【プラス材料】
 湘南ベルマーレとのJ1での対戦成績は22勝3分7敗と大きく勝ち越しており、得意とする相手と言えるだろう。

 今季の成績を見ても、横浜F・マリノスはここまで6勝3分2敗と白星が先行し、暫定ながら3位の好位置につけている。

 リーグ最多の19得点を記録している自慢の攻撃力は健在で、特に新加入のFWアンデルソン・ロペスはここまで5ゴールを挙げて攻撃陣を牽引。リーグ戦3連勝を目指し、この一戦でも攻撃的なスタイルを貫く。

【マイナス材料】
 開幕直後から負傷の連続に頭を悩ませ、ようやく駒が揃ったのが前節の名古屋グランパス戦だった。しかし、その試合でFWエウベルとDF岩田智輝が負傷交代を余儀なくされ、今節の出場は難しいだろう。

 前者はウイングを主戦場とするチャンスメイカーで、後者はボランチとセンターバックをハイレベルでこなす守備のマルチロール。2選手の不在は大きな痛手となるだけに、戦力ダウンは避けられない。再び総合力を問われるゲームになりそうだ。

 
 
2022/05/13 【J1プレビュー】戦力差を埋める「意地」 毎回接戦の神奈川ダービー!【湘南ベルマーレVS横浜F・マリノス】 | 概要 | Jリーグ・国内 | ニュース | サッカー批評Web

 ACLに出場して未消化試合がありながら、横浜F・マリノスは19ゴールと現状でJ1最多得点を誇る。かたや、湘南ベルマーレはJ1ワースト2位の6得点。横浜FMはこのオフに前田大然がクラブを離れながら持ち前の攻撃力を維持しており、両チームの戦力差は大きいと言わざるを得ない。
 だが、単純な戦力の合算で勝敗が決まらないのがサッカーである。ここ3シーズンの対戦で勝ち越しているのは横浜FMだが、その内訳は4勝1分1敗。クラブの体力差を考えれば、湘南が健闘していると言っていい。
 しかも、そのうち5試合が1点差以内の決着である。直近の試合でも、横浜FMは1-0で勝ったもののシュート4本に抑えられた。
 戦力差を埋めるのは、意地に他ならない。選手たちを奮い立たせるものがある。それこそが、「神奈川ダービー」だ。

■湘南ベルマーレ

17位  勝ち点7 1勝4分7敗 6得点16失点 得失点差-10

【出場停止】瀬川

【直近5試合結果】
L△0-0 福岡(A)
L●1-4 清水(H)
L●0-1 札幌(A)
ル●1-2 福岡(A)
L○1-0 G大阪(A)

【通算対戦成績】
H 20試合・ 4勝2分14敗
A 19試合・ 6勝2分11敗
計 39試合・10勝4分25敗

【直近対戦成績】
2021年10月 1日 J1第31節 ●0-1(H)
2021年 4月 3日 J1第 7節 △1-1(A)
2020年11月11日 J1第26節 ○1-0(H)
2020年 7月 8日 J1第 3節 ●2-3(A)
2019年10月19日 J1第29節 ●1-3(A)

【今節のみどころ】
 前節は退場者を出しながら、勝点1を持ち帰ることに成功した。その他にも、得るものはあったようだ。
 1人少なくなった後半には、通常の3バックから4バックに変更。守備的な戦いを強いられたが、慣れない布陣でも守り切ることに成功した。
 後半から入った永木亮太は第5節以来のベンチ入り、そしてリーグ戦出場だった。7年ぶりに帰ってきたベテランの奮闘も、勝点1獲得には大きかったはずだ。
 今節も、独特のボールの動かし方と流動的な選手の動きを見せる横浜FMに押される展開が予想される。そんな相手にこそ、しっかり相手をつかまえ、重圧をかける選手が必要になる。中盤がかみ合う形になることが予想される一戦で、先発であれ交代出場であれ、戦う姿勢でチームを引っ張る永木の戦いぶりを見たい。
 
 
■横浜F・マリノス

3位  勝ち点21 6勝3分2敗 19得点12失点 得失点差7

【出場停止】なし

【直近5試合結果】
L○2-1 名古屋(H)
L○3-2 鹿島(A)
L●0-2 広島(A)
L○2-1 FC東京(H)
L△0-0 鳥栖(H)

【今節のみどころ】
 しばらく戦列を離れていたマルコス・ジュニオールだが、ACLで復帰。リーグ戦に戻った前節には、3月18日以来のJ1先発出場を果たした。
 決定的な仕事をする背番号10の復帰は心強いが、負けない働きぶりを期待したいのが西村拓真だ。本職はストライカーながらトップ下にも入るなどし、ゴールを奪うのみならず、守備面でも大いに貢献してきた。
 大きなケガではなさそうだが、前節では岩田智輝とエウベルが負傷交代を強いられた。だが、今の横浜FMには穴埋めにとどまらない選手たちがそろっている。たとえ本来のポジションではなくとも、ベンチスタートでも、力を出し尽くす。「第2の西村」のような選手が出てくるかもしれない。

 
 

こけまりログ

▼今季の対戦結果

初対戦
 
 
▼昨季の対戦結果

【試合結果Webニュースまとめ(1△1)】2021/4/3(土)13:00KO J1第7節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@日産スタジアム

【試合結果Webニュースまとめ(0○1)】2021/10/1(金)19:00KO J1第31節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@レモンガススタジアム平塚
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る