【スタジアム観戦情報まとめ】2021/6/23(水)19:00KO J1第19節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ツ沢球技場 ※観客上限50%→5,000人

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2021/6/23(水)19:00KO J1第19節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ツ沢球技場 ※観客上限50%→5,000人 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り(必要無し)※全席指定
 └ 【6/18追記】6/23サガン鳥栖戦のチケット販売に関するお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

17:00 開門
17:58 遠藤渓太選手 ご挨拶実施について | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です。)
 
 
▼ライブ配信
DAZN 18:50~
 解説:福田正博 実況:野村明弘 インタビュアー:日々野真理

BS-1 19:00〜
 【解説】福西崇史,【アナウンサー】野地俊二 
 
 

天気予報

ニッパツ三ツ沢球技場の1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2021/6/23 6:00発表

2021/6/23(水)19:00の予報
天気:曇り
温度:21℃
風 :東北東 2m/s
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルホームページ

明治安田J1 第19節 横浜F・マリノス vs サガン鳥栖 | 横浜F・マリノス 公式サイト

ニッパツ三ツ沢球技場 | スタジアム | 横浜F・マリノス 公式サイト

観戦マナー | 横浜F・マリノス 公式サイト
 └ ペットボトル:OK
 
 

Webログ

【公式】横浜FMvs鳥栖の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2021年6月23日):Jリーグ.jp
 └ ユニフォーム情報:1st(青

— 首位追走へ。互いに落とせない上位対決

3位・横浜FMは3週間半ぶりのリーグ戦となる明治安田J1第19節で、4位・鳥栖をホームに迎える。今節から東京五輪による中断まで横浜FMが4試合、鳥栖は3試合組まれている(互いに中断期間中にも1試合組まれている)。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場し、中断前最後の一戦までリーグ戦不在の首位・川崎Fにどれだけ迫れるかが互いに焦点となるだけに、今節は落とせない上位対決となる。

横浜FMは直近の第17節・清水戦で強固なブロックを敷いた相手に苦しんだが、終盤にレオ セアラが決勝点を奪い、三度目の連勝を手にした。5月は第14節・鹿島戦こそショッキングな5失点大敗を喫したが、その後は持ち直し、JリーグYBCルヴァンカップを含めた公式戦で5勝2分1敗と好調を維持して終えた。

しかし、カップ戦が続いた6月に状況は暗転する。札幌と対戦した6日のルヴァンカッププレーオフステージ第1戦を引き分けると、9日の天皇杯2回戦ではアマチュアのHonda FCにPK戦の末に敗れて敗退。その翌日にはアンジェ ポステコグルー監督の退任、およびセルティック(スコットランド)の新指揮官就任を発表。心の拠りどころでもあった名将を失ったチームは、ホームで迎えたルヴァンカッププレーオフステージ第2戦を1-3で落とし、わずか1週間の間で2つのタイトルが消滅した。つまり、横浜FMに今季残されたタイトルはリーグ戦のみ。ACL組と比べて試合消化数が少ないだけに、中断期間までの4試合の重要度は非常に高い。

好材料は日本代表に追加招集されたオナイウ 阿道、U-24日本代表に招集された前田 大然が戻ってくることだろう。特にオナイウは15日のW杯アジア2次予選・キルギス代表戦でハットトリックを達成し、今季クラブで示していた実力をあらためて証明した。不在の間に敗れた2つのカップ戦では、1トップの迫力不足は否めず、かかる期待は大きい。

対する鳥栖は8戦無敗と、いたって順調なシーズンを過ごしている。最近は引き分けが多い印象だが、裏を返せば簡単に負けない印象だ。ここまで一度も複数失点を喫しておらず、守備の堅さが際立っている。

堅守の中心にいるのは、今節が古巣戦となる朴 一圭。ビッグセーブや広範にわたるカバーで最後方からチームを支える。その上、GKではリーグトップクラスの足元の技術でビルドアップの起点にもなり、もはや欠かせない人材である。そして、今節は鳥栖に加入して以来、初の“凱旋試合”。非常に高いモチベーションで、慣れ親しんだニッパツ三ツ沢球技場に乗り込んでくることは想像に難くない。細かくデザインされた攻撃の起点となる背番号40の“一挙手一投足”は要注目だろう。

リーグ1、2の運動量を誇る両者の対決。横浜FMはテンポの速さで鳥栖を凌駕するのか。鳥栖はいかに横浜FMのプレッシングを外すのか。戦術的にも多くの見どころがあるだけに、幅広い層が楽しめる一戦だ。

[ 文:大林 洋平 ]

達成間近の記録について【明治安田J1 第19節】:Jリーグ.jp※一部抜粋

■個人記録■
<J1通算出場>
實藤 友紀(横浜FM)通算100試合まであと1試合

■チーム記録■
<J1ホーム通算得点>
横浜F・マリノス 通算800得点まであと3得点

 
 
2021/06/23 3位横浜FMと4位鳥栖が激突 古巣対戦GK高丘陽平「上位対決ができるのはうれしい」 : スポーツ報知

 横浜FMは23日、ホーム(ニッパツ)で鳥栖と対戦する。横浜市内で練習を行った22日、GK高丘陽平がオンライン取材に応じ、古巣対決へ意気込んだ。なお、23日の鳥栖戦前には4月30日にドイツ・ウニオンベルリンへの完全移籍を発表したMF遠藤渓太が、ファン・サポーターに向けてあいさつを実施する予定。

 チームは9日に天皇杯、13日にルヴァン杯の敗退が決定した。高丘は「悔しい思いはもちろんあるし、タイトルを目指した中で失ってしまったのは事実。残したターゲットはリーグ戦のみ」。ただ一つ残されたタイトルに向けてチーム全体が並々ならぬ覚悟を持っている。暫定3位につけるリーグ戦では五輪中断期間前、4試合に挑む。「非常に大事な4連戦の一発目」と中9日で迎えるリスタートともなる一戦を見据えた。

 高丘にとって、鳥栖戦へのモチベーションは誰にも負けないくらい強いはずだ。自身初のJ1挑戦となった鳥栖には2018年3月から20年10月まで在籍し、通算50試合に出場。今季鳥栖は、昨年10月までマリノスに在籍していたGKパク・イルギュやDF陣を中心にJ1記録に並ぶ開幕6試合無失点も達成しており、ここまで複数失点を喫した試合もない。東京五輪代表バックアップメンバーのFW林大地ら攻撃陣も安定して結果を出しており、18試合を終えて9勝6分け3敗の4位につける。

 上位での生き残りへ、互いに落とすことのできない決戦。自らを成長させてくれた古巣への感謝や、好調を維持するチームへのリスペクトを口にすると同時に「上位対決ができるのはうれしい。だからこそ勝ちきりたい」と闘争心も。今季から背番号1をつける守護神は、「マリノスの選手として目の前の試合に勝つ。ゴールキーパーとして仕事をする」と言い切った。

 攻撃力の物足りなさが否めなかった6月上旬の試合。代表活動で不在だったFWオナイウ阿道、東京五輪代表に選出されたばかりのFW前田大然が戻ってくることもチームにとって追い風となる。堂々のA代表デビューを飾り、15日のセルビア戦ではハットトリックを達成したオナイウは、代表でもクラブでも「変わったことをしたかっていうとそうではない」と実感。日々の積み重ねが何よりも大事であると強調した。ハードワークを一つの武器として持つ鳥栖に対しても、「走り負けないことは個人でも大事にしてる。1対1に執着して、勝つんだって気持ちで。それがチームの勝ちにつながると思う」と言葉に力を込めた。

 
 

こけまりログ

▼今シーズンの対戦結果

初対戦
 
 
▼昨シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(1○3)】2020/9/19(土)16:00KO J1第17節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@駅前不動産スタジアム

【試合結果まとめ(1△1)】2020/9/30(水)19:00KO J1第25節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ツ沢球技場
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る