アシックス スポーツミュージアムで「ミニチュアシューズ」を作ってきましたー。

Pocket
LINEで送る

アシックス スポーツミュージアムで「ミニチュアシューズ」を作ってきましたー。

アシックスの本社(神戸)にあるアシックス スポーツミュージアム

 先月(2019年7月)のアウェイでのヴィッセル神戸戦への観戦の流れで「ミニチュアシューズ」を作りに行ってきました。

 プロローグ→【ロコさぬレポート】2019/7/20(土)18:00KO J1第20節 ヴィッセル神戸vs.横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸 #神戸対横浜FM
 
 

アシックスの本社は、「中埠頭」駅降りてすぐ

 ロコさぬは、伊丹空港から高速バスで三宮まで移動。三宮駅から「ポートライナー(神戸新交通ポートアイランド線)」にて最寄駅の中埠頭(なかふとう)駅へ目指します。

 ちなみに、ポートライナーは世界初の自動無人運転方式の電車だそうです。

 そんなこんなで、アシックスの本社は、中埠頭駅からすぐです。
 
 

 いざ、アシックス スポーツミュージアムへ。 
 
 

1人vs.18人

 受付にて、予約してきた旨を伝え、10分後の開始時間まで待つことに。

 ミニチュアシューズ教室は、定員20名で通常は毎週土曜日の午後のみの開催。夏休み期間中は午前と午後の2回開催で、この日が今年のその初日にあたるとのこと。

 さぞかし、多くの親子連れが来ているのだろうと思ったのですが、館内の様子ではそれを感じられない。

 「ろこ様 1名」

 ロコさぬ以外には、会社の社員旅行で来ているような18名の大人の団体様。

 みんな仲良く会話しており、めちゃめちゃアウェイ感を感じます(w

 お知り合い同士なので、シューズのうんちくネタを提供してくれる講師へのリアクションも良く、むしろ楽しい空気に混ぜてもらえました。

 そんな中、作業の途中に「このロゴはどこのスポーツメーカーでしょう?」クイズがあり、その団体の皆さんが快調に答えている中、あるロゴで答えが出ませんでした。

 そこで、ロコさぬが「リーボック(ドヤ」と答えられたところが、唯一存在感を出せました(w

 親子グループばかりの中に、おっさん1人という画よりかはよかったかと!
 
 

2次元が3次元になる快感

 基本的にはそれぞれのパーツを糊付けしていくという作業フロー。

 ミニチュアシューズの素材は、実際(商品)のシューズの切れ端などを使っているため、本物と同じだそうです。
 
 

 だんだん3次元になり、シューズに近づいていくと、比例的にテンションも上がっていきます!
 
 

 そして、最後の工程。緊張の一瞬、アッパーとソールを貼り合わせます!
 
 

 紐を通して完成!
 
 

 いつもは「箱」はつかないのですが、アシックス スポーツミュージアムが今年10周年ということで、期間&数量限定でいただきました。
 
 

編集後記

 作業的には1時間ですが、あっと言う間に楽しく終わります。

 途中、糊が乾くまで、スタッフさんから聞けるシューズのうんちく話も勉強になりました。

 ぜひ、土曜日に神戸に行く機会があったら是非!
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る