【試合結果まとめ(3●0)】2019/4/20(土)13:00KO J1第8節 北海道コンサドーレ札幌vs.横浜F・マリノス@札幌ドーム #札幌対横浜FM

Pocket
LINEで送る


 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2019 明治安田J1 第8節 vs北海道コンサドーレ札幌 | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

監督コメント

アンジェ ポステコグルー

「見てのとおり、残念な結果に終わってしまいました。
特に前半、自分たちのミスから相手にボールを取られてしまい、そこから相手の個の力で得点を入れられてしまいました。
自分たちはチャンスを多くつくった中で決め切れなかったというのが、今日の試合だったと思います」

質問:今日の先発メンバーの意図とその評価を教えてください。
「ケガ人があった関係で、我々はメンバーを動かさざるを得ないという状況でした。
サッカーの内容に関しては、自分たちのやろうとしたことは、いくつかできたと思います。
ただ先ほども言ったのですが、前半、自分たちのミスから失点をしてしまって、自分たちがチャンスをつくった中で決め切れませんでした。
特に後半は、やろうとしているサッカーという部分は出たと思いますが、しかし結果には結びつきませんでした。そして相手のゴール前やバイタルエリアでの質という部分では、少し欠けていたかなというゲームだったと思います」

選手コメント

喜田 拓也

「入り方で決まっちゃったかなというのはあった。どうしても試合運び的には最初から苦しくなるし、試合の入りがすべてだったと思う。
(三好選手がトップに入った影響は?)失点の原因がそこにあったかといったら、そうではない。まだゆっくり分析してないので分からないですけど、やり方どうこうではなくて、気持ちの面だったり、集中力という要素がある。いろんな要素がありながらの、こういう結果だと思う」

飯倉 大樹

「最初の失点が早く、自分たちで状況を難しくしてしまった。チームに力を還元することが出来なくて、本当に申し訳なく思っています」

扇原 貴宏

「前節まではいい流れができていたので、ここで崩れないで前を向いて、またルヴァンカップ、リーグ戦と続くので、しっかり切り替えないともったいないかなと思います。
(ピッチは悪かった?)良くなかったですけど、それうんぬんのミスではなかった。自分たちの単純なパスミスを食われて、カウンターを受けてピンチをつくっていた。本当にそこに尽きると思います。
立ち上がりのそういう入りが良くなかったので、苦しいゲームになったと思うんですけど…」

Jリーグ.jp

札幌vs横浜FMの試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2019年4月20日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 15,674人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

扇原 貴宏

ゲームをコントロールすることができなかった。ああいう相手に先制点を与えると苦しい展開になってしまうというのは分かっていたこと。自分のポジションはしっかりゲームをコントロールしなければいけないので、責任を感じている。自分たちのミスからボールを奪われてカウンターを食らう展開が多くなってしまっていたので。ただし、今日のような試合をしっかり反省して無駄にせず、連戦に向けた準備をしていきたいと思っている。

 
 

Twitter / Istagram


 
 

YouTube


2019明治安田生命J1リーグ第8節vs北海道コンサドーレ札幌ハイライト動画 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

ニッカンスポーツ

札幌3発で連勝、横浜4試合ぶり黒星/札-横8節 – J1 : 日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌が今季2度目の2連勝。

前半だけで3点をリード。開始4分にMFチャナティップが今季初得点を挙げて先制し、9分にDF福森がFKを直接決めて2点目。29分にMFアンデルソン・ロペスがヘディングシュートで今季6点目をマークした。

後半は両チーム無得点だった。

札幌の高卒ルーキーMF檀崎が後半ロスタイムにチャナティップに代わって投入され、リーグ戦デビューを果たした。

横浜F・マリノスは今季最多失点を許し、4試合ぶり黒星を喫した。

横浜三好悔し、古巣札幌「強いチームになっていた」 – J1 : 日刊スポーツ

横浜F・マリノスが今季最多3失点で4試合ぶりの黒星を喫した。

前半立て続けにゴールを許し、前後半4本ずつのシュートを決めきれず、逆転できなかった。昨季札幌に所属していたMF三好康児(22)は「チャンスがあったので悔しい。去年から成熟してハードワークする、強いチームになっていた」と、元チームメートとの対戦を振り返った。

サンケイスポーツ

札幌、前半の3発で今季2度目の連勝!横浜Mは4試合ぶり黒星 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 明治安田生命J1リーグ第8節が20日に行われ、北海道コンサドーレ札幌と横浜F・マリノスが対戦した。

 札幌は現在公式戦2試合無敗中。前節はアウェイでのセレッソ大阪戦に1-0で勝利。スタメンはそのC大阪戦から変更はなし。前線は鈴木武蔵、アンデルソン・ロペス、チャナティップが入った。

 対する横浜FMも1勝3分ながらも公式戦4試合無敗を維持。前節はJ1屈指の攻撃力を誇る名古屋グランパスと1-1で引き分けた。先発は前節から1人変更。扇原貴宏が中盤に入った。

 試合は開始4分にいきなり動く。ボールを奪取したA・ロペスが、前線へスルーパスを供給。抜け出していたチャナティップが冷静にGK飯倉大樹をかわしてゴールへ。札幌が幸先よく先制点を奪った。

 さらに9分、FKのチャンスを得るとキッカーは福森晃斗。左足で鋭いFKを放つと、綺麗な弧を描きながら、ゴール左上に。札幌が早々と追加点を奪った。

 2点ビハインドを負った横浜FMは17分、仲川輝人の折り返しにマルコス・ジュニオールが詰めたが、オフサイドの判定。ゴールは認められなかった。

 勢いづく札幌は29分、右サイドでルーカス・フェルナンデスがドリブルで切れ込んでクロスを送ると、中で待っていたのはA・ロペス。頭で決めて札幌が3点目を獲得した。

 後半に入ると攻め立てる横浜FMに対して、札幌が鋭いカウンターで応酬する形に。札幌は68分に左CKの流れからL・フェルナンデスがクロスを供給。これにキム・ミンテが頭で合わせたが、惜しくもクロスバーのわずかに上へ。さらに74分、A・ロペスのクロスを受けた鈴木が左足で狙うが、これはGK飯倉がファインセーブ。4点目を奪うことはできず。

 それでも横浜FMの反撃をシャットアウトした札幌が、ホーム・札幌ドームで3-0と快勝。今季2度目の連勝を飾るとともに、公式戦3連勝をマークしている。(Goal.com)

早々の失点響いた横浜M 扇原「自分たちのパスミスから。試合展開を苦しくしてしまった」 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 明治安田J1第8節最終日(20日、札幌3-0横浜M、札幌ド)横浜Mは前半に3失点し、持ち前のパス回しを生かして攻める展開に持ち込めなかった。MF扇原が敗因に挙げたのが前半4分の失点。「崩されたのではなく、自分たちのパスミスから。試合展開を苦しくしてしまった」と悔やんだ。

 それでも三好を起点に、相手ゴールに迫る場面も何度かつくった。扇原は「今季はいい感じでシーズンに入れている。ここで崩れないようにしたい」と今後の戦いに目を向けた。

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】札幌3-0横浜|チャナティップだけじゃない! 足技で横浜を翻弄し続けたアタッカーは? | サッカーダイジェストWeb※一部抜粋

【チーム採点・寸評】
札幌 7
守備時には4バックにして相手の3トップを見張る横浜対策を昨季に続いて敢行。先制点を奪ってからは相手に持たせる時間帯も多かったので、4-4-2の布陣で試合を行なったと言ってもいいほど。そのなかでカウンター主体の戦略が見事にハマった。

横浜 4.5
早々の失点で完全に流れを悪くしてしまったが、劣悪な芝生に苦しめられてしまった印象もある。悪い流れを整えようとボールを動かすも、そこでうまくボールコントロールができず、悪循環に陥ってしまった。

【横浜|採点・寸評】
GK 
21 飯倉大樹 5
イージーなシュートはしっかり止める安定感は見せたものの、攻撃面などこの選手の特徴を見せることはできず。

DF
27 松原 健 5.5(HT OUT)
この選手のサイドが悪かったわけではないのだが、結果として前半だけでベンチに退くことになってしまった。

13 チアゴ・マルチンス 5.5
持ち前のスピードも含め、苦しいなかでも武器を発揮していたが、やはり前半立ち上がりの失点が痛すぎた。

44 畠中槙之輔 5
後半は特に芝生の状態が悪いエンドでのプレーとなったため、積極的なビルドアップが最後までできなかった。

18 広瀬陸斗 5 
相手の突破にあまりにも手を焼いてしまい、後半は逆サイドにポジションを移すことに。ただし、パフォーマンスは上がらず。

MF
6 扇原貴宏 5(57分OUT)
この選手のポジションから試合をコントロールしたかったが、そもそもいい形でパスを受けられず。芝生に苦しめられた印象。

8 喜田拓也 5.5
前節までよりも一列前でプレーをしたが、その配置はまったく奏功せず。特徴をまったく出せない展開を強いられた。

10 天野 純 5.5(79分OUT)
ミドルシュートなども含め、この選手のチャンスメイクに期待が集まったのだが、なかなか仕事をさせてもらえなかった。

FW
23 仲川輝人 5
シュートゼロで終わったことからもわかるように、完全に封じられたと言っていい。90分間を通じて消えてしまっていた。

41 三好康児 5.5
ゼロトップのような起用をされ、プレーエリアにも自由度を与えられていたが、逆にどう動くべきか迷っていた様子。

9 マルコス・ジュニオール 5
左サイドを起点に相手ゴール前に入っていく役割だったが、周囲との連係があまりうまくいかず、躍動できなかった。

交代出場
DF
33 和田拓也 5(HT IN)
ルーカスを封じるべく投入されるも、相手の突破力に上回られてしまい、最後まで後手に回り続けてしまった。

MF
7 大津祐樹 5(57分IN)
流れを変えるプレーを求められた様子だが、3点差で相手が守りを固めた状況ではさすがに難しいミッションだった。

38 山谷侑士 -(79分IN)
おおよそ勝負も決し、相手の守備も堅いという難しい状況のなかでシュートを放てたのはポジティブな材料か。

監督
アンジェ・ポステコグルー 5
先発メンバーの選考や後半開始時の選手交代もうまく機能せず、良いところなく黒星を喫してしまった。

ゲキサカ

“攻撃的スタイル対決”は札幌に軍配!福森の芸術的FKなど前半3発で快勝 | ゲキサカ

 20日、J1リーグ第8節が札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌と横浜F・マリノスが対戦。札幌がMFチャナティップの先制点から前半だけで3点を奪い、3-0で勝った。

 前節、C大阪を1-0で下して連敗を止めた札幌。先発は同じ11人を送り出し、今季2度目の2連勝を目指す。対する3試合負けなし(1勝2分)の横浜FMは、前節・名古屋戦(1-1)から2人を変更。右眼窩内側壁骨折のGK朴一圭に代わってGK飯倉大樹がゴールを守り、MF扇原貴宏は今季リーグ初先発となった。

 スコアはあっという間に動いた。札幌は前半4分、自陣の右サイドでボールを奪ったMFアンデルソン・ロペスがボールを運び、鋭いスルーパスを供給。抜け出したMFチャナティップがボールを右に動かしてシュートコースを作り、右足シュートを流し込んだ。さらに9分、敵陣中央の左でFKを獲得すると、DF福森晃斗が左足を一閃。弧を描きながら壁を越えてゴール左上に突き刺さり、2-0とした。

 2点を追う展開となった横浜FMは前半17分、MF喜田拓也のスルーパスに反応したFW仲川輝人がPA右から右足を振り抜くと、FWマルコス・ジュニオールが押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、M・ジュニオールのオフサイドにより得点は認められなかった。
 すると、前半29分に札幌が追加点。サイドチェンジから右サイドでボールを受けたルーカスが緩急あるドリブルで縦に仕掛け、右足でクロスを入れる。これをA・ロペスが強烈なヘディングシュートを叩き込み、3-0で前半を終えた。

 前半3失点の横浜FMは、後半開始からDF松原健に代えて、3月22日に広島から期限付き移籍で加入したDF和田拓也を投入。和田が右SB、DF広瀬陸斗が左SBに入った。さらに12分、扇原に代えてMF大津祐樹を送り込み、15分にはPA右手前でFKを獲得。MF天野純が自ら左足でニアを狙ったが、惜しくもクロスバー上に外れた。

 札幌は後半23分、左CKがファーサイドに流れ、ルーカスが個人技から鋭いクロスを供給。DFキム・ミンテが頭で合わせるが、クロスバー上に外れてしまう。25分には、右サイドのルーカスが巧みなフェイントで相手を翻弄。PA右から強烈なシュートを打ち込むが、惜しくも枠を外れ、ダメ押しとはならなかった。

 最後のところで精度を欠き、なかなか決定的なシーンを作り出せない横浜FMは、後半34分に最後の交代カードを使い、天野に代えてFW山谷侑士を送り込む。だが、43分の山谷のヘディングシュートは枠を捉えきれず、札幌が3枚目の交代カードでMF檀崎竜孔をJリーグデビューさせる余裕をみせ、そのままタイムアップ。3-0で札幌が完封勝利をおさめ、2連勝を飾った。一方。横浜FMは4試合ぶりの黒星を喫した。

Football LAB 〜サッカーをデータで楽しむ〜

横浜F・マリノス 2019マッチレポート | 4月20日 vs 札幌 | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

こけまりログ

2019/04/19 【スタジアム観戦情報まとめ】2019/4/20(土)13:00KO J1第8節 北海道コンサドーレ札幌vs.横浜F・マリノス@札幌ドーム #札幌対横浜FM
 
 

今週の他会場など


 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る