【俺メモ】2013/11/23 J1第32節 ジュビロ磐田vs.横浜F・マリノス@ヤマハスタジアム

Pocket
LINEで送る

【俺メモ】2013/11/23 J1第32節 ジュビロ磐田vs.横浜F・マリノス@ヤマハスタジアム | タイトル

タイムスケジュール

12:15 アウェイ・フリーゾーン(ホーム)開門
14:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]ヤマハスタジアム ※2013/11/23 4:00発表
2013/11/23(土)12:00の予報
天気:晴れ
温度:16度
風 :南西4m

ジュビロ磐田オフィシャルホームページ

11/23(土)横浜FM戦のホームゲームイベント「静岡新聞SBSマッチ」

11/23(土)横浜FM戦「静岡新聞SBSマッチ」のバックスタンドのアウェイ観戦エリアのご案内

観戦マナー
試合運営管理規定
 └ ペットボトル NG

ヤマハスタジアム

ヤマハスタジアム使用案内

サポーター情報


[YouTube]『レ・ミゼラブル』♪民衆の歌 at 日産スタジアム

Weblog

[J’s GOAL]2013 J1 第32節 磐田 vs 横浜FM(ヤマハ)

2013/11/20[ニッカン]ハマのメッシ斎藤が磐田戦から復帰も

 横浜は、9年ぶりのリーグ優勝へ照準を合わせる。今日20日の天皇杯4回戦JFL長野戦後は、中2日でリーグ磐田戦。連戦のため、長野戦はDF中沢を温存。胆のう炎が回復したMF中村についても、樋口靖洋監督(52)は「(天皇杯も)勝たなきゃいけないけど、延長戦になる可能性もある。入れるタイミングを見極めたい」と慎重な姿勢を見せた。また、左足関節炎のFW斎藤学(23)が通常練習に復帰し、磐田戦で出場できるめどが立った。

2013/11/21[スポーツ報知]【磐田】藤田“俊輔封じ”で意地見せる!横浜M戦で2戦ぶり先発

 ジュビロ磐田のDF藤田義明(30)が23日の横浜M戦(ヤマハ)で2試合ぶりに先発することが19日、濃厚となった。頼れるベテランがMF中村封じにひと役買う。

 前節、10日の鳥栖戦(ベアスタ)は出場停止だった藤田。テレビの前でチームのJ2降格を受け入れるしかなかった。「気持ちは切り替えた。残り試合で意地を見せないといけないし、勝ってサポーターに喜んでもらいたい」と、普段は温和な表情を引き締めた。

 横浜Mとは今季公式戦2戦2敗。特に5月のナビスコ杯では大量3失点を食らった。「(中村を)自由にさせないこと。厳しく行くし、どれだけ粘れるかがカギになる」。DF伊野波が日本代表に選出されている関係で、ポジションはセンターバックかボランチで流動的だが、やるべきことは理解している。

 残り試合を単なる“消化試合”にするつもりは毛頭ない。「最後まで集中したい」。俊輔封じで立て直しの一歩を踏み出す。

2013/11/21[BLOGOLA][横浜FM]樋口監督、日本代表の柿谷曜一朗と山口螢の帰国に「二人ともいい気分で帰ってきたでしょうね」と、C大阪の援護射撃に期待

 樋口靖洋監督がリーグ残り3試合に向けて抱負を語った。

 現在、勝ち点59で首位に立っているおり、自力優勝を決められるのは横浜FMのみ。指揮官は開幕前から「シーズン全体の勝ち点の3分の2の『68』を取れれば優勝争いができる」と優勝ラインを想定していた。3連勝すれば、ちょうど勝ち点68に到達することができ、それができるのは横浜FMだけである。

 ただし3連勝できなかった場合、他チームの結果次第で優勝の行方が決まる。そこでカギを握るのが、残り3試合で2位から4位までのチームとの対戦を残す5位・C大阪だ。

 この日、欧州遠征からC大阪の柿谷曜一朗と山口螢が帰国したことを耳にした樋口監督は「二人ともいい気分で帰ってきたでしょうね。セレッソには頑張ってほしいね」と茶目っ気たっぷりに笑い、桜軍団の“援護射撃”を期待していた。

2013/11/22[スポーツ報知]【磐田】MF松浦「スイッチ入れたい」横浜M戦でトップ下濃厚

 ジュビロ磐田のMF松浦拓弥(24)が、23日の横浜M戦(ヤマハ)で8試合ぶりに先発することが21日、濃厚となった。「降格は決まってしまったけれど、首位のチーム相手にどれだけできるかを意識してやりたい」と、表情を引き締めた。

 9月上旬に左膝の故障で離脱後、関塚隆監督(53)は4―4―2を基本布陣としてきたが、今週の練習ではほぼ一貫して4―2―3―1を採用。松浦はトップ下に座ることが濃厚だ。「縦に仕掛ける時のスイッチを入れたい」と、出場停止のMF山田の分まで攻撃をリードしていく構えだ。

 チームの来季J2降格は決まってしまったが、首位相手に簡単に屈するつもりはない。「まだ今年は終わっていないし、(サポーターに)ちゃんとしたプレーを見せないといけない」。マツが久々の先発のピッチで、胸に秘めた思いを体現する。

2013/11/22[スポーツ報知]【横浜M】俊輔、磐田戦で先発復帰へ 欠場の分取り返す

 胆のう炎で離脱していたJ1首位の横浜M・MF中村俊輔(35)が、23日の磐田戦で先発復帰する見通しとなった。22日は横浜市内で最終調整し、居残りでFKの練習もこなした。樋口監督は「体調に不安な感じはない」と前向きな姿勢を見せた。

 10日の名古屋戦を欠場し、20日の天皇杯4回戦の長野パルセイロ戦で後半途中から出場した。2位・浦和と勝ち点差1で残り3試合。優勝に向けて正念場のチームに中村は「俺には欠場した分を取り返さないといけない使命がある」と意欲を示した。

2013/11/23[カナロコ]横浜M:きょう23日磐田戦、俊輔、先発復帰へ 2試合ぶり白星でVを

 横浜Mの9年ぶりのリーグ制覇に欠かせない大黒柱が帰ってくる。第32節の磐田戦(23日午後2時・ヤマハスタジアム)にMF中村が先発復帰する見通しだ。日本代表を左足関節炎で辞退したFW斎藤も戦線に戻り、布陣はほぼベスト。自力優勝を唯一狙える名門は、2試合ぶりの白星で栄冠をさらに近づける。

 暖かな陽光に包まれた22日のマリノスタウン。2日前の天皇杯4回戦で120分間を戦った影響を考慮し、前日に続いてこの日も主力組はボール回しなど軽めのメニューで切り上げた。

 「上位のチームは自分たちのスタイルがある。それを出せるか、どうかだけだから」。選手を見つめながら樋口監督は冷静な口ぶりで語った。

 前節の名古屋戦で7試合ぶりに黒星を喫した。今季は連敗がなかったことが上位に踏みとどまってきた要因なだけに、次節は負けられない。

 幸いにもすでに降格が決まっている磐田とは公式戦2戦2勝と相性は抜群。勝ち点3を積み上げれば、優勝争いで有利な状況に持ち込める。

 天皇杯4回戦で胆のう炎から復帰したばかりの中村は、いつものように居残りでシュート練習をこなした。「1点差ゲームになる。どういう形でも勝ち点3を取れるようにしたい」と静かに闘志を燃やす。

 泣いても笑ってもラスト3試合。自身の体調はまだ万全ではないが、弱音など吐かない。「(名古屋戦の負けを)取り返さないといけない。ビッグプレーだけじゃなく、前に詰める、球際で負けない、泥臭いプレーが大事」と言う。

 もう一人の頼もしき存在はベンチスタートが濃厚だが、こちらも燃えている。斎藤は「『行け』と言われたところで、力を出す。難しいところで点を取りたい」と言い切った。

 引き分け以上で2005年の1ステージ制となってから、クラブ史上初めて勝ち点が60点台に乗る。指揮官はこう力を込めてきた。「マジック3のつもりで3連勝を目標にやっていく」

 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる

Pocket
LINEで送る