【スタジアム観戦情報まとめ】2018/8/29(水)19:30KO J1第18節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2018/8/29(水)19:30KO J1第18節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール(予定)

17:00 ネンチケ先行開門
17:30 一般開門
19:30 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)

※中止になりました※【スタジアム観戦情報まとめ】2018/7/28(土)18:00KO J1第18節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアムの代替開催。
 
 

天気予報

神奈川県 – 日産スタジアム – Yahoo!天気・災害 ※2018/8/29 10:00発表

2018/8/29(水)18:00の予報
天気:曇り
温度:27℃
風 :南東 2m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2018 明治安田J1 第18節 vs 清水エスパルス ホームゲームイベント | 横浜F・マリノス 公式サイト

発券枚数17,402枚 8/20 10:00現在
発券枚数16,668枚 8/27 10:00現在
発券枚数18,099枚 8/28 19:00現在

(´-`).o0(当初の7/28開催時は「発券枚数25,847枚 7/27 17:00現在」でした)

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間:9:00~17:00)

アクセス 日産スタジアム

2018/08/27 松原健選手 J1通算100試合出場記念セレモニー実施のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(プレセンターの募集は無し)


 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:RYUJI IMAICHI LIVE TOUR 2018″LIGHT>DARKNESS”(開場17:30/開演18:30)
(´-`).o0(「三代目J Soul Brothers」のボーカルさんとのこと)

JRA ウインズ新横浜:レース無し
 
 

こけまりログ

▼今季の対戦結果

2018/04/01 【試合結果まとめ(0◯1)】2018/3/31(土)14:00KO J1第5節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@ IAIスタジアム日本平

▼昨季の対戦結果

2017/07/30 【試合結果まとめ(2△2)】2017/7/29(土)19:00 J1リーグ 第19節 横浜F・マリノスvs.清水エスパルス@日産スタジアム

2017/05/28 【試合結果まとめ(1○3)】2017/5/27(土)14:00 J1リーグ 第13節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@IAIスタジアム日本平
 
 

Weblog


【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvs清水エスパルス 明治安田生命J1リーグ 第18節 2018/8/29 – YouTube

横浜FMvs清水の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2018年8月29日):Jリーグ.jp

–勝点3必須の両者。横浜FMは「大事な7日間」の2戦目

台風12号の影響で中止になっていた明治安田J1第18節の横浜FM対清水が、29日に開催される。

本来の予定であれば7月28日に開催されていたこの試合に、横浜FMはFC東京に2-5で敗れたあとに臨むはずだったが、この試合が延期となると広島に1-4、川崎Fに0-2で敗れて3連敗。その後、湘南にこそ1-0で勝利したものの、名古屋に1-2、鹿島に0-1と再び連敗し、第23節を終えた時点で1試合少ないながらJ1参入プレーオフに参加する16位とは勝点1差、自動降格圏の17位とは勝点2差という苦しい状況になった。

そして26日に敵地で行われた第24節・神戸戦を前に、アンジェ ポステコグルー監督は「この7日間が大事だ」と選手たちに伝えたという。7日間で3試合、ともに中2日で次の試合を迎えるハードスケジュール。ここをうまく乗り切ればチームの状況は好転するはず、そして仮に3連敗ともなれば……という意味が込められていたに違いない。

その神戸戦、横浜FMはJ1リーグ戦初先発となった久保 建英が、J1史上2番目の若さとなる17歳2カ月22日で初ゴール。さらに途中出場の仲川 輝人が追加点を決め、2-0で3試合ぶりに勝利を収めた。得点後には相手に押し込まれる時間も長く、「僕たちが目指しているサッカーとはほど遠いサッカーになっていた」(松原 健)ことは確かだが、「勝点3を取れたことが一番ポジティブ」(松原)だったこともまた確かだ。

そして中2日で迎える清水戦。神戸戦でアンドレス イニエスタと堂々渡り合った喜田 拓也は、「勝つということは本当に大変なこと。神戸戦を成功体験としてみんなが大事にしないといけない」と話すと同時に、「まだ大事な試合が待っている。全員の力が必要になってくるし、全員で乗り越えたい」と気を引き締めた。喜田の言葉どおり、アウェイからの中2日の試合ということでメンバーの入れ替えはあるだろう。どんなメンバーで連勝を目指すのか、久保の2試合連続スタメン出場はあるのか。

一方の清水は中3日でこの一戦を迎える。暫定12位と横浜FMよりも上位に立つ清水だが、8月1日に行われた第19節で鳥栖に1-0で勝利して以降、1分4敗とここ5試合で勝利がない。横浜FMとの勝点差は2ポイントで、敗れれば逆転される。リーグ戦再開後は第20節・鹿島戦を除いて得点できている一方、この5試合で11失点と守備に課題を抱える。攻撃的なサッカーを志向する横浜FMと敵地での戦いになるが、かつて横浜FMでプレーしていたGK六反 勇治を中心に耐えしのぎ、6試合ぶりに勝利して残留争いから頭一つ抜け出したいところだ。

J1第18節は台風12号の影響で3試合が中止になったが、湘南対川崎Fは9月26日に開催予定、名古屋対札幌はまだ代替日が決まっておらず、29日はこのカードのみが開催される。両者ともに負けられない、是が非でも勝点3が欲しいこの試合、日産スタジアムのピッチでは熱い戦いが繰り広げられそうだ。

[ 文:菊地 正典 ]

【横浜FM vs 清水】 ウォーミングアップコラム:ドゥシャンとチアゴ。新戦力DFが攻撃サッカーの下支えに – J’s GOAL

今夏、横浜FMに加入した新外国籍選手が、セルビア人のドゥシャンとブラジル人のチアゴ マルチンスだ。2人は共にセンターバック。来日早々スタメン起用され、天皇杯を含めてドゥシャンは7試合、チアゴは3試合をそれぞれ消化した。その少ない試合を取材した限り、2人の性格は正反対、「静」と「動」であると感じた。

「静」はチアゴ。整えられた髭を蓄え、遠目には強面に見えたが、間近で見ると若干あどけなさが残る23歳だった。試合後は勝ち負け問わず、しゃがれた独特の声で、もの静かに話す。試合中も黙々と任務を遂行し、感情の起伏があまり表には出ないタイプのようだ。

一方、「動」のドゥシャンは29歳の熱血漢。印象深かったのは8月22日の天皇杯・仙台戦(2‐3)での一コマ。後半開始前にピッチ中央で11人が円陣を組んだ際、チームメイトに何やら激しく檄を飛ばした。試合後に確認すると「(1-2の状況で)次の45分でもう一度、強い気持ちで点を取りに行くんだと言った。みんなをプッシュしてやりたかったし、モチベーションを高めるために言ったんだ」と教えてくれた。

前節は、神戸を相手に完封。しかし、ドゥシャンが「運がよかったと思う」と漏らしたようにピンチは多かった。両選手とも対人能力は高いが、周りの選手も含めて、まだ“一枚岩”になっていない印象を受ける。今季から取り組む攻撃サッカーの花を咲かせるためにも、下支えする強固な守備が必要だ。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

【J試合情報】横浜F・マリノス-清水エスパルス 8月29日 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

・今カード通算55試合では、横浜FMが25勝11分19敗と勝ち越している。

・横浜FMは清水戦直近14試合で1敗(9勝4分)。この間、唯一の黒星は2015年7月のホーム戦で喫したもの(1-2)。

・横浜FMは今季3月の清水とのアウェイ戦で1-0の勝利。今節も勝つと、エスパルス相手には2014年シーズン以来のシーズンダブル(2勝)を記録する(当時:共に1-0)。

・横浜FMはホーム戦で現在22試合連続得点中。同地での連続得点記録としてはクラブベスト。しかし、このうち複数得点を記録したのは、わずか7試合だけ。

・横浜FMは直近4試合のうち、2試合で無失点に抑えている(4試合3失点:1試合平均0.8失点)。しかし、ホーム戦に限ると直近14試合でクリーンシートは1回だけ(29失点:1試合平均2.1失点)。

・清水は直近5試合で4敗している(1分)。この間の失点数は11(1試合平均2.2失点)。

・清水はアウェイ戦直近6試合で5敗(1勝)。敵地での直近12試合で無失点に抑えたのはわずか1試合だけ(4月の磐田戦:0-0)。

・清水は今季1試合平均の支配率がリーグで最も低い(41.8%)。対する横浜FMは同項目がリーグでも最も高い(61.7%)。

・ウーゴ・ヴィエイラは清水戦通算3試合で3得点を挙げている。清水との前回対戦でも唯一の得点を記録した。

※ファクト内の数字はJ1での成績

2018/08/28 横浜久保「ワクワクする」移籍後初日産で2戦連発だ – J1 : 日刊スポーツ

横浜F・マリノスは28日、横浜市内で29日のホーム清水エスパルス戦(日産ス)にむけて調整した。

26日の神戸戦に出場した選手らはランニングなどの軽めのメニューでリカバリーに努めた。その神戸戦で移籍後、初ゴールを決めたMF久保建英(17)は周囲から祝福を受けたことを明かしつつ「ずっと試合に出られていなくて、自分にプレッシャーをかけていた部分があった。(得点をとって)よりリラックスできるんじゃないかなと思う」と今後のさらなる活躍を誓った。

22日の天皇杯仙台戦にフル出場し、神戸戦は後半19分までプレー。中2~3日での連戦に「ちょっときついのはありますけど、思っていたよりかは楽なので。今はチームの勝ち点3しか見えていない」と2戦連発も視野に入れている。移籍後、初となる日産スタジアムでのゲームについては「初めてなので楽しみにしている。アウェーや、三ツ沢でもすごい量の声援が聞こえていたので、これが日産スタジアムだったらどんなものなのかワクワクしています」と話した。

ポルトガル人のFWウーゴ・ヴィエイラと、ブラジル人のDFチアゴ・マルチンスとともにグラウンドに姿をみせ、ランニングをしながらスペイン語で会話を交わすなど、すっかり打ち解けた様子もみせている。ポステコグルー監督は神戸戦での久保のプレーについて「入ってほしかったポジションにしっかり入ってボールを受けることができていて、しっかりビルドアップにも関わり、ゴールという形もとれた」と評価。続けて「そこを基盤として、どんどん次も継続していけたら」と期待を込めた。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る