【Weblog】2013/07/10 J1第15節 セレッソ大阪vs.横浜F・マリノス@キンチョウスタジアム

Pocket
LINEで送る

こけまり

【俺メモ】2013/07/10 J1第15節 セレッソ大阪vs.横浜F・マリノス@キンチョウスタジアム
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2013 J1 第15節 横浜F・マリノスvsセレッソ大阪
選手コメント

「大分戦もそうだったけど、自分たちの流れのときに、しっかり点を取れるチームにならないといけないと思う。
 前半、ポストに当ててしまった自分のシュートも、ニアとファーをしっかり狙っていた。“これが実力”ではないけれど、“あとちょっと”というシーンが続いている。
 でも変なケースでボールを失うこともなかったし、ドリブルなど自分の良さは出せていると思います。やられるシーンはあったが、やれているシーンもあった。ネガティブになることはないと思う。
 だからこそ、大宮戦が大事になる。ここで連敗したら、去年と同じ。勝ち切る力を見せつけたい。
 大宮、浦和に連勝できれば、盛り返せる。選手、サポーター含めてネガティブにならず、みんなで乗り切りたいと思います」

ドゥトラ
「試合の内容としては、そんなに悪くなかった。ただ、1点目を早く失い過ぎたかなと思う。後半は、点が欲しいタイミングで2点目を決められてしまった」

中村 俊輔
「暑い日の試合は、それなりの戦い方をしなければいけない。そういう意味でも、先制点はでかいし、結局崩されたのは、前半のあの1点しかなかった。
 1点目を取れるか、取れないかで戦い方は決まってくる。攻撃面では去年より成長していると思うし、試合内容としては五分五分だった。ただ、2点目の失点は切り替えをちゃんとしていれば防げていたはず。相手は攻撃に切り替えたとき、ものすごいパワーを使ってきた。
 J1のチームはどこも変わらないレベルだから、形を持っているチームは強い。ウチは今日、3ボランチ気味にして、学と兵藤を前に置いて相手を食いつかせ、両サイドバックの位置を高くした。距離感は悪くなかった。
 次の試合まで中2日しかないので、下を向いていられない。選手同士の会話が大事になってくると思う」

J’s GOAL ゲームサマリー

2013 J1 第15節 C大阪 vs 横浜FM(金鳥スタ)
選手コメント

●兵藤慎剛選手(横浜FM):
「全部が全部(取りに)いくのは、夏場は厳しいと思うので、取られた瞬間、行けると思った人が、ガッと行かなきゃいけないし、そこが遅いと、ウチらしさは出せないと思う。相手のほうが、省エネで、1点取った後は後ろに全員戻って、逆にスペースがある状態で、カウンター気味にスペースにボールを流し込んで、柿谷(曜一朗)とか、しっかり収まったという部分では、賢いサッカーをしていたかなと思います。僕らはボールを持っていたけど、持たされたという感じなので、もっともっとペナルティーエリアの中にボールを入れて、相手を背負った状態とかでもいいし、ペナルティーエリアの中なら、ファウルも誘える。そういうところのコンビネーションはまだまだかなと。そこはビデオとか見て、みんなで話し合いたい」

Twitter

(´-`).o0(none)

YouTube


2013 J1第15節 セレッソ大阪vs横浜F・マリノス


2013/7/10 J1第15節 セレッソ大阪戦@キンチョウスタジアム

ネットニュース・Weblog

[カナロコ]
横浜M:セットプレー不発/C大阪戦から

 鬼門だった大阪の地で再び苦杯をなめた。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場できる3位以内からも、今季初めて陥落。主将の中村は「どのチームもレベルは変わらない。離されないようにしないと」と頭を振った。

 先制点を許し、流れは決まった。押し込んでいた時間帯の前半12分、FW柿谷にゴールネットを揺らされる。前節の大分戦に続いて踏ん張りきれない。「DFラインを乱され、バランスを崩した。うまくやられた」。DF栗原の表情に悔しさがにじんだ。

 好調を支えていたセットプレーも不発。前半25分には中村のFKでオフサイドトラップも仕掛けられる。CKも9本を数えたが、セットプレーからは無得点。全得点の3割超を占める自慢の武器への他チームの警戒は強まっている。

 昨年8月25日のアウェーのC大阪戦で0-2の完敗を喫してからチームは3連敗。上位争いから離脱した。だが、MF斎藤は「このままだと去年と同じになってしまう。だけど、次にかえせる場がある」と下を向かない。救いは5試合ぶりの敗北にも、打ちのめされている姿がなかったことだ。

 このままでは終わらない。名門のプライドを首位の大宮、2位の浦和との連戦で見せつける。

[スポニチ]
横浜 4位に後退…平均年齢30歳超 夏場の連戦に不安も

 横浜は3敗目を喫して4位に後退した。前半、シュートがクロスバーとポストにそれぞれ直撃した斎藤は「決めるところで決めていれば、こっちのゲームになったのに」と悔やんだ。

 先発メンバーの平均年齢は30歳を超え、C大阪を5歳以上も上回った。厳しい夏場の連戦で息切れが心配されるが、中村は「下を向いている暇はない」と気持ちを切り替えた。

[ニッカン]
【横浜】決定力不足…4位転落/J1

 横浜がC大阪に敗れ、4位に転落した。1点を追う後半、圧倒的にボールを支配し、C大阪ゴールに迫ったが、逆に後半45分にカウンターから2点目を献上。同47分にFWマルキーニョス(37)が1点を返すのが精いっぱいだった。

 樋口靖洋監督(52)は「連戦で暑さもあり非常にタフな試合だった。結果は残念だが、選手たちは強い気持ちを持って戦ってくれた」。MF中村俊輔(35)は「内容は五分五分だったが、暑い日は先制点がより大きい。決めるところで決めきらないと」と、シュート15本を放ちながら1得点に終わったチームの決定力不足を悔やんだ。

[スポーツ報知]

[サンスポ]
横浜Mが4位に後退、斎藤「決めていれば…」

 J1第15節(10日、C大阪2-1横浜M、金鳥スタ)横浜Mは3敗目を喫して4位に後退した。前半、シュートがクロスバーとポストにそれぞれ直撃した斎藤は「決めるところで決めていれば、こっちのゲームになったのに」と悔やんだ。

 先発メンバーの平均年齢は30歳を超え、C大阪を5歳以上も上回った。厳しい夏場の連戦で息切れが心配されるが、中村は「下を向いている暇はない」と気持ちを切り替えた。(共同)

横浜M・樋口監督「この暑さでタフな試合だったが、内容はポジティブに捉えている。ボールを保持して相手を走らせるサッカーはできた」

[ゲキサカ]
C大阪vs横浜FM 試合記録

今週の他会場など

[カルチョまとめブログ]ロアッソ熊本、吉田監督の退任を発表!後任は池谷社長が監督代行を兼務(関連スレまとめ)
(´-`).o0(代表取締役が監督監督に。)
 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る