[広島への完全移籍を発表]マルコス・ジュニオール(Marcos Júnior/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35 [2023シーズン 横浜F・マリノスの移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]

Pocket
LINEで送る

マルコス・ジュニオール(Marcos Júnior/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35  [2023シーズン 横浜F・マリノスの移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]

ダイジェスト

2023/07/28 横浜FMマルコスJrがフリー移籍か「契約更新の合意なし」中東からオファーも | Football Tribe Japan

2023/08/11 マルコス ジュニオール選手 サンフレッチェ広島へ完全移籍のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

2023/08/11 マルコス・ジュニオール選手 横浜F・マリノスより完全移籍加入のお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト

2023/08/15 広島との契約期間は?横浜FM退団マルコスJr、中東移籍拒否していた | Football Tribe Japan
 
 

Webニュースログ

2023/07/28 横浜FMマルコスJrがフリー移籍か「契約更新の合意なし」中東からオファーも | Football Tribe Japan

 横浜F・マリノス所属のブラジル人MFマルコス・ジュニオールは以前から中東移籍が噂されているが、海外では今季終了後の横浜FM退団が濃厚だと報じられている。

 マルコスは昨季終了後、契約満了による退団やブラジル1部フルミネンセ復帰の可能性が報じられたものの、横浜FMと契約更新。ただ今季も日本代表FW西村拓真とのポジション争いで後れをとり、ここまでリーグ戦でのスタメン出場は5試合にとどまっている。ただ今月23日に行われた「Jリーグワールドチャレンジ」のマンチェスター・シティ戦では先発出場していた。

 ブラジルメディア『グローボ』は今月27日に「マルコスは日本で5年間過ごした後、来年に日本を離れる。契約更新の合意はなく、契約満了となる来年1月に横浜FMを退団する予定だ」とリポート。

 「すでに事前契約を結ぶことが可能である中、UAE1部アル・バタエフからオファーが届いている。ブラジル国内クラブも獲得調査を行っている」と、日本国外クラブによる動きもあわせて伝えている。

 またアル・バタエフ移籍の可能性については、UAE紙『アル・イテハド』は、同選手が来月はじめまでにアル・バタエフのトレーニングキャンプに合流する可能性を伝えていた。

 なおアル・バタエフは2019/20シーズンからUAE国内のプロリーグに参入。2021/22シーズンの2部リーグを2位で終えて昇格すると、2022/23シーズンは5勝6分15敗で終了。2部降格圏内の13位ディーバ・フジャイラから勝ち点1差の12位で残留を果たした。

 先日、自身のインスタグラムアカウントで横浜FM残留を願うサポーターの投稿に反応していたマルコス。2度のJ1制覇に貢献した功労者であるだけに、今後の動向に注目が集まる。

 
 
2023/08/11 マルコス ジュニオール選手 サンフレッチェ広島へ完全移籍のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト

このたび、マルコス ジュニオール選手がサンフレッチェ広島へ完全移籍することが決定いたしましたので、コメントとあわせてお知らせいたします。
なお、8月12日(土)に行われます2023明治安田生命J1リーグ第23節 ガンバ大阪戦の試合終了後、ピッチ(ホームゴール裏付近)にてファン・サポーターの皆様へご挨拶させていただきます。

— マルコス ジュニオール選手コメント

「まずはじめに、ファン・サポーターの皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいです。本当にありがとうございました。
4年半、このクラブで戦ってきた日々を振り返ると、様々な良い思い出がありますし、どこへ行っても、横浜F・マリノスは僕の心にあります。このクラブでは、仲間であったり、目標の達成であったり、色々なものを得ることができました。そのような達成感があるなかで、僕はこのクラブを去ります。
今シーズンも、必ずこのクラブが、“我々”がリーグ優勝することを僕は信じています。“我々”と表現する理由は、僕はここまで横浜F・マリノスの選手としてリーグ戦に出場してきたからです。今シーズン、優勝した際には、僕も必ずメダルをもらいたいなと思っています。
あらためまして、本当にありがとうございました」

 
 
2023/08/11 マルコス・ジュニオール選手 横浜F・マリノスより完全移籍加入のお知らせ | サンフレッチェ広島 オフィシャルサイト

このたび、横浜F・マリノス所属のマルコス・ジュニオール選手が、サンフレッチェ広島に完全移籍で加入することが決定いたしましたので、お知らせします。

— コメント

はじめまして。
サンフレッチェ広島という伝統あるクラブに加入することができ、嬉しく思います。
僕のポテンシャルを評価してくれて本当に感謝していますし、ここ何年か新たなチャレンジが必要なのではないかと考えていたので、今回移籍を決めました。
新たなチャレンジですし、学ばなければならないことがたくさんあると思いますが、いち早くチームに溶け込んで、サンフレッチェのために戦いたいと思います。

 
 
2023/08/15 広島との契約期間は?横浜FM退団マルコスJr、中東移籍拒否していた | Football Tribe Japan

 横浜F・マリノスでプレーしていたブラジル人MFマルコス・ジュニオールは今月11日、サンフレッチェ広島への完全移籍が正式決定。海外メディアが広島移籍の経緯や契約内容を報じている。

 マルコスは2019シーズンから約4年半にわたり横浜FMに在籍。2度のJ1リーグ優勝に貢献していたが、日本代表FW西村拓真の加入もあり昨季からスタメンでの出場機会が減少。今季も西村とのポジション争いで後れをとり、ここまでリーグ戦で5試合の先発出場にとどまっていた。

 同選手は今月12日の明治安田生命J1リーグ第23節ガンバ大阪戦を最後に横浜FMを離れ、14日に広島の入団会見に出席している。そんな中、ブラジルメディア『グローボ』は広島加入に至るまでの出来事を以下のように綴っている。

 「横浜FMと契約更新で合意に達しなかった後、マルコスは2024シーズン終了後までの契約で広島へ加入した。UAE1部アル・バタエフがオファーを提示し。ブラジル国内クラブも獲得調査を行っていたが、彼は日本に残ることを決断した」

 中東からのオファーを拒否し、日本愛を貫いたマルコス。多くのファン・サポーターが19日に行われるJ1第24節・川崎フロンターレ戦での新天地デビューを期待している。

 
 

Webログ


 
 

マルコス ジュニオール ゴール集|Marcos Junior All Goals – YouTube
 
 

Boa Sorte Marcos Junior – YouTube
 
 
Marcos Junio(@marcosjr35)さん | Twitter

Marcos Jrさん(@marcosjroficial) • Instagram写真と動画

マルコス ジュニオール:Jリーグ.jp

マルコスジュニオール 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

マルコス・ジュニオール・リマ・ドス・サントス – Wikipedia

マルコス・ジュニオール | ゲキサカ

マルコス・ジュニオール | サッカーキング
 
 

こけまりログ

[加入内定を発表]Marcos Júnior(マルコス ジュニオール/Marcos Júnior Lima dos Santos)@フルミネンセFC(ブラジル)[2019 移籍/新加入/契約更改]
[契約更新を発表]Marcos Júnior(マルコス ジュニオール/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35 [2020 移籍/新加入/契約更改]
[契約更新を発表]Marcos Júnior(マルコス ジュニオール/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35 [2021 移籍/新加入/契約更改]
[契約更新を発表]マルコス・ジュニオール(Marcos Júnior/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35 [2022 移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]
[契約更新を発表]マルコス・ジュニオール(Marcos Júnior/Marcos Júnior Lima dos Santos)@marcosjr35 [2023シーズン 横浜F・マリノスの移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]

「横浜F・マリノス 加入・移籍情報 2022-2023」カテゴリーアーカイブ
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、Twitterなどにて。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

Pocket
LINEで送る