【オファーを提示/サンパウロへ移籍と報道】ニコン(Nikão / Maycon Vinícius Ferreira da Cruz) @nikao11oficial /アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル1部)[2022 移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]

Pocket
LINEで送る

ニコン(Nikão / Maycon Vinícius Ferreira da Cruz) @nikao11oficial /アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル1部)[2022 移籍/新加入/契約更改の情報まとめ]

ダイジェスト

2021/11/29 柏移籍が噂されたブラジル人MFに横浜FMオファー提示!名古屋などと争奪戦へ | Football Tribe Japan

2021/11/30 横浜FM、名古屋がブラジル人MFニコンの獲得を争う。さらにあと1チーム!?アトレチコPRのエース級アタッカー | サカノワ

2022/01/12 鹿島・横浜FM・名古屋が獲得失敗‥‥ブラジル人注目株の国内移籍が正式決定 | Football Tribe Japan
 
 

Webニュースログ

2021/11/29 柏移籍が噂されたブラジル人MFに横浜FMオファー提示!名古屋などと争奪戦へ | Football Tribe Japan

 柏レイソルが獲得を狙ったと噂されているブラジル人MFニコン(29)には、再びJリーグからの関心が伝えられているが、どうやら横浜F・マリノスがオファーを提示しているようだ。28日、ブラジルメディア『グローボ』が伝えている。

 2015年からアトレチコ・パラナエンセに所属するニコンは、トップ下をはじめ前線の複数ポジションをこなすユーティリティ性を兼ね備える中、昨季はリーグ戦25試合で先発出場。今季もここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)17試合でスタメンに名を連ねているほか、コパ・スダメリカーナ(UEFAヨーロッパリーグの南米版)ではグループステージ1試合を除き全試合でフル出場し、4ゴール6アシストをマーク。今月20日に行われた決勝・レッドブル・ブラガンチーノ戦では決勝ゴールを叩き出し、チームにタイトルをもたらしている。

 そんなニコンの去就を巡っては、今季のJリーグ開幕前にコリンチャンスやサンパウロ、それに柏レイソルが水面下で争奪戦を繰り広げていたが、今年3月に入って柏レイソルが争奪戦から撤退とブラジルメディアが報じていた。

 また、同選手はアトレチコ・パラナエンセとの契約が今年12月までとなっているが、選手サイドは複数年の契約延長オファーを拒否している模様。Jリーグ移籍が噂される中、今月20日にはニコン本人がブラジル国内のメディアインタビューで海外移籍への思いを明かした一方で、アトレチコ・パラナエンセとの契約が満了を迎えるまで、他クラブとの交渉には応じない姿勢を見せていた。

 その中、『グローボ』の報道によると、現時点で年俸や契約期間など具体的な内容については明らかになっていないが、横浜F・マリノスがオファーを提示したとのこと。また、横浜F・マリノスの他にも名古屋グランパスもニコン獲得にむけて調査を行っているほか、もう1つのJリーグクラブも同選手の獲得に興味を示しているという。

 なお、ニコンにはブラジル1部のコリンチャンス、パルメイラス、サンパウロも関心を寄せている。日本とブラジルであわせて6クラブによる争奪戦が展開される中、同選手の動向に注目が集まる。

 
 
2021/11/30 横浜FM、名古屋がブラジル人MFニコンの獲得を争う。さらにあと1チーム!?アトレチコPRのエース級アタッカー | サカノワ

— オミクロン株の影響も心配されるが…。

 ブラジル1部(セリエA)のアトレチコ・パラナエンセに所属しているMFニコン(Nikão)ことマイコン・ヴィニシウス・フェレイラ・ダ・クルスが、Jリーグ移籍に向けて動いている。来季優勝を狙う横浜F・マリノス、名古屋グランパス、さらに日本のもう1クラブが獲得へ名乗りを上げているという。

 ニコンは1992年7月29日生まれ、ブラジル出身の29歳。174センチ・73キロ。アトレチコPRでは背番号「11」をつける攻撃的ミッドフィルダー。トップ下を主戦場に両サイドでもプレーし、2021シーズンはリーグ26試合・3得点・5アシストを記録。今季公式戦通算は46試合・9得点・12アシスト。これまで海外でプレーした経験はない。

『ゴール・ブラジル』が11月29日に報じたレポートによると、ニコンは今季でアトレチコ・パラナエンセとの契約が満了を迎える。そのあとの行き先で最も可能性が高まっているのが「日本」だという。そして、横浜FM、名古屋、さらにもう1チームが獲得を目指していると報じる。

 ただ、日本では新型コロナウイルスのオミクロン株の海外での流行により、11月30日から、新規入国の規制が改めて強化された。今年のようにJリーグ・バブルの活用などにより入国が実現できるのかどうかなど、外国籍選手を迎え入れるには、リーグ・クラブと政府による調整も求められそうだ。

 実績十分なブラジル人アタッカーが海を渡るのか? このオフのマーケットで、注目される一人だ。

 
 
2022/01/12 鹿島・横浜FM・名古屋が獲得失敗‥‥ブラジル人注目株の国内移籍が正式決定 | Football Tribe Japan

 明治安田生命J1リーグの横浜F・マリノスと名古屋グランパス、それに鹿島アントラーズは、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアトレチコ・パラナエンセに在籍していたブラジル人MFニコン(29)を獲得できなかった。

 ニコンはトップ下をはじめ前線の複数ポジションをこなす中、2020シーズンはリーグ戦25試合で先発出場。2021シーズンもリーグ戦22試合でスタメンに名を連ねたほか、コパ・スダメリカーナ(UEFAヨーロッパリーグの南米版)ではグループステージ1試合を除き全試合でフル出場し、4ゴール6アシストをマーク。昨年11月20日に行われた決勝・レッドブル・ブラガンチーノ戦では決勝ゴールを叩き出し、チームにタイトルをもたらしていた。

 そんなニコンは昨年末にアトレチコ・パラナエンセとの契約が満了。本人が以前から今冬移籍の決断を下していたほか、昨年11月末には横浜F・マリノスと名古屋グランパスが同選手にオファーを提示。くわえて、昨年末に鹿島アントラーズからの関心も伝えられていた。

 一方、昨年12月10日になって今季のコパ・リエルタドーレス(南米選手権)優勝クラブであるパルメイラスが2年契約のオファーを提示すると、ブラジルメディア『グローボ』はサンパウロなどブラジル国内の複数クラブがニコンの獲得を狙っていると報道。さらに、UAEのアル・アインも数カ月前から同選手獲得に興味を示すなど、ブラジル国内外の複数クラブが争奪戦を繰り広げていた。

 その中、昨年12月31日にニコンがブラジル1部のSCインテルナシオナルと4年契約を結ぶことが決定的になったと、『グローボ』が報道。しかし、ニコンの代理人に対して支払う手数料を巡って合意に達することなく破談に。その後、今月9日に選手サイドとサンパウロが合意に達したと伝えられると、サンパウロは11日に同選手の獲得を公式発表している。

 昨年2月には柏レイソルも獲得に乗り出すなど、Jリーグクラブが熱視線を送っていたニコン。昨年11月にはブラジルメディアのインタビューで海外移籍へ関心があることを明かしていたが、結局2022年もブラジル国内で過ごすことが決まっている。

 
 

Webログ

nikaoさん (@nikao11oficial) / Twitter

Nikão 1️⃣1️⃣(@nikao11_) • Instagram写真と動画

マイコン・ヴィニシウス・フェレイラ・ダ・クルス – Wikipedia
 
 

Nikão ► Athletico-PR ● Goals and Skills ● 2021 | HD – YouTube
 
 

こけまりログ

 
「横浜F・マリノス 加入・移籍情報 2021-2022」カテゴリーアーカイブ
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる

 

Pocket
LINEで送る