[オファーを提示と報道]ロマリーニョ(José Romário Silva de Souza)/フォルタレーザEC(ブラジル1部)[2021 移籍/新加入/契約更改]

Pocket
LINEで送る

ロマリーニョ(José Romário Silva de Souza)/フォルタレーザEC(ブラジル1部)[2021 移籍/新加入/契約更改]

ダイジェスト

2021/03/24 横浜F・マリノス、移籍市場閉鎖前に新たな動きが。ブラジル人FW獲得へクラブ間交渉開始! | Football Tribe Japan
2021/03/25 横浜F・マリノス、ブラジル人FW獲得へ移籍金1.5億円でオファー!数日後にクラブ間合意も | Football Tribe Japan
2021/03/31 横浜F・マリノス、ブラジル人FWロマリーニョの獲得交渉が停滞。新型コロナ感染拡大で… | Football Tribe Japan
2021/04/11 Jリーグ参入は「史上最高額の移籍となる」 ブラジル人FWの”日本への売却”に海外注目 | フットボールゾーン
 
 

Webニュースログ

2021/03/24 横浜F・マリノス、移籍市場閉鎖前に新たな動きが。ブラジル人FW獲得へクラブ間交渉開始! | Football Tribe Japan

 明治安田生命J1リーグの横浜F・マリノスはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のフォルタレーザECからFWロマリーニョの獲得にむけてすでにクラブ間交渉を開始しているようだ。23日、ブラジルメディア『Futebol Cearense』が伝えている。

 現在27歳のロマリーニョは2013年にプロキャリアをスタートさせると複数のブラジル国内クラブを渡り歩き、2018年8月にフォルタレーザECへ加入。2020シーズンは前線の様々なポジションをこなしながら主力としてリーグ戦で31試合に先発出場していた。

 ロマリーニョとフォルタレーザECの現行契約は2022年6月に満了を迎えるが、同選手の去就を巡っては横浜F・マリノスが獲得に興味を示しており、フォルタレーザEC首脳陣にコンタクトをとっている模様。ただ、日本の移籍ウィンドウが閉鎖まで残り約1週間となる中でもクラブ間合意には達しておらず、現在は合意に至る可能性を探っている段階にあるようだ。また、『Futebol Cearense』はフォルタレーザECが横浜F・マリノスに要求している移籍金が不明であると伝えている。

 なお、横浜F・マリノスは今季のJ1リーグ開幕節で川崎フロンターレに敗れたものの、その後は攻撃陣が本来のパフォーマンスを発揮しており、5試合を終えて10ポイントを獲得している。新戦力のブラジル人FWエウベルがすでに公式戦で出場しているほか、ブラジル人FWレオ・セアラの獲得も決めている横浜F・マリノスだが、前線におけるさらなる選手層強化を図りたいようだ。

 
 
2021/03/25 横浜F・マリノス、ブラジル人FW獲得へ移籍金1.5億円でオファー!数日後にクラブ間合意も | Football Tribe Japan

 明治安田生命J1リーグの横浜F・マリノスはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のフォルタレーザECからFWロマリーニョの獲得にむけたクラブ間交渉を順調に進めているようだ。24日、ブラジルメディア『Diario do Nordeste』が伝えている。

 現在27歳のロマリーニョは2013年にプロキャリアをスタートさせると複数のブラジル国内クラブを渡り歩き、2018年8月にフォルタレーザECへ加入。2020シーズンは前線の様々なポジションをこなしながら主力としてリーグ戦で31試合に先発出場していた。

 ロマリーニョとフォルタレーザECの現行契約は2022年6月に満了を迎えるが、すでに横浜F・マリノスが獲得にむけてフォルタレーザEC首脳陣との交渉を開始。また、横浜F・マリノスは800万レアル(約1億5000万円)で保有権の50%を取得するという条件でオファーを提示している模様。またフォルタレーザECはロマリーニョの保有権を保持したい姿勢を見せているほか、横浜F・マリノスが同選手放出時に伴う移籍金の30%を譲渡するように求めているようだ。

 『Diario do Nordeste』は両クラブによる交渉は前進しており、数日後に合意に達する可能性があると主張している。すでにFWエウベルやFWレオ・セアラなど強力なブラジル人アタッカーを獲得している横浜F・マリノスだが、更なる戦力補強に本腰を入れている。

 
 
2021/03/31 横浜F・マリノス、ブラジル人FWロマリーニョの獲得交渉が停滞。新型コロナ感染拡大で… | Football Tribe Japan

 明治安田生命J1リーグの横浜F・マリノスはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のフォルタレーザECに所属するブラジル人FWロマリーニョの獲得がここにきて厳しい状況となっているようだ。30日、ブラジルメディア『O POVO』が伝えている。

 現在27歳のロマリーニョは2013年にプロキャリアをスタートさせると複数のブラジル国内クラブを渡り歩き、2018年8月にフォルタレーザECへ加入。2020シーズンは前線の様々なポジションをこなしながら主力としてリーグ戦で31試合に先発出場していた。

 ロマリーニョとフォルタレーザECの現行契約は2022年6月に満了を迎えるが、すでに横浜F・マリノスが獲得にむけてフォルタレーザEC首脳陣との交渉を開始。横浜F・マリノスはすでに800万レアル(約1億5000万円)で保有権の50%を取得するという条件でオファーを提示。また、同選手が今月27日に行われたコパ・ド・ノルデスチのグループステージ第6節・4・デ・ジューリョEC戦でメンバー外となったことから、移籍する可能性が高いという見方が広まっていた。

 しかし、フォルタレーザECの幹部はブラジル国内メディアのインタビューにおいて、Jリーグクラブや中国クラブとの移籍交渉では新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて就労ビザが取得できない状況にあることが大きな問題になっており、ロマリーニョに関する交渉も停滞していることを明かしている。

 日本の移籍ウィンドウは間もなく閉鎖を迎える。横浜F・マリノスはブラジル人FWエウベルやFWレオ・セアラにつづく前線の新戦力獲得を狙っていただけに、ロマリーニョを迎え入れることができないことにクラブ強化部は頭を抱えているかもしれない。

 
 
2021/04/11 Jリーグ参入は「史上最高額の移籍となる」 ブラジル人FWの”日本への売却”に海外注目 | フットボールゾーン

— フォルタレザFWロマリーニョ、横浜FM移籍の可能性に現地メディア注目

 Jリーグの2021年シーズンは、2月の開幕から約1カ月半が経った。そんななか、海外メディアは「フォルタレザはロマリーニョを日本サッカーに売却する希望を維持」と見出しを打ち、今夏の移籍市場でフォルタレザに所属するブラジル人FWロマリーニョがJリーグに参入する可能性を取り上げている。

 27歳のロマリーニョは2019年にフォルタレザへ完全移籍し、主力として活躍していたなか、横浜F・マリノスへの移籍の可能性が現地メディアで取り沙汰されていた。J リーグの第1登録期間が4月2日までだったため、今冬の移籍市場での獲得は実現に至らなかった。

 しかし、ブラジルメディア「Diario do Nordeste」は「フォルタレザはロマリーニョを日本サッカーに売却する希望を維持」と見出しを打ち、「クラブは横浜FMと事前交渉を行い、移籍ウインドーが再開するのを待っている」と、横浜FMとの取り引きは依然として継続していると指摘している。

 記事では、7月16日に移籍市場が再開することを説明。「ロマリーニョは過去2シーズンで絶対的な主力であり、海外クラブから絶えず打診を受けている」と強調しつつ、横浜FMのオファー額がクラブを納得させるものであり、「この額の交渉であれば、フォルタレザ史上最高額の移籍となる」と言及していた。ロマリーニョは今夏の移籍市場でJリーグ参入の注目株となるかもしれない。

 
 

webログ

Romarinho(@romariosouzaa11) • Instagram写真と動画
 
 

ROMARINHO HIGHLIGHTS | TV LEÃO/LÍMPIDA | 2020 – YouTube
 
 

こけまりログ


 
 
横浜F・マリノス 加入・移籍情報 2020-2021」カテゴリーアーカイブ
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る