夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2018/10/2) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2018/10/2(火)U-19日本代表に久保選手と山田選手が選出!)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

久保建英選手 山田康太選手 AFC U-19選手権インドネシア2018 メンバー選出のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(10/8から、最長11/6まで)

椿 直起選手、山谷侑士選手 トップチーム昇格決定のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(椿選手はMF、山谷選手はFW)

10/6「京急WING上大岡トークショー」実施のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(抽選に当たると「バックヤード」に!?)

10/5 札幌戦でアンセムジャケットなど新商品発売! | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(タオルマフラーは無し)

まりびと | コラム | 喜田 拓也選手 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter / Instagram

View this post on Instagram

チャンピオン目指して頑張ります🏆

山田 康太 / Kota.Yamadaさん(@y.kota_10)がシェアした投稿 –


 
 

Webニュースログ

2018/10/02 久保、安部、郷家らU19日本代表が発表、4強入りでU20W杯出場権獲得/AFC U-19選手権 | サッカーキング

 日本サッカー協会は2日、AFC U-19選手権インドネシア2018に出場するU-19日本代表23名を発表した。

 この世代を代表する選手である久保建英(横浜F・マリノス)や田川亨介(サガン鳥栖)、今季J1で所属クラブの主力として貢献している安部裕葵(鹿島アントラーズ)、橋岡大樹(浦和レッズ)、郷家友太(ヴィッセル神戸)といった面々が招集。高体連からは唯一、青森山田の三國ケネディエブスが入った。

 大会は18日に開幕。日本はグループBに入り、朝鮮民主主義人民共和国(19日)、タイ(22日)、イラク(25日)と対戦する。グループA~Dでそれぞれ2位以上に入った8チームが決勝トーナメントに進出し、準決勝に進出した4カ国が2019年5月にポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得する。

 U-19日本代表メンバーは以下の通り。(数字は背番号)

▼GK
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
1 若原智哉(京都サンガF.C.)
12 谷晃生(ガンバ大阪)

▼DF
17 石原広教(湘南ベルマーレ)
4 橋岡大樹(浦和レッズ)
21 荻原拓也(浦和レッズ)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)
22 三國ケネディエブス(青森山田高)
5 菅原由勢(名古屋グランパスU-18)
3 小林友希(ヴィッセル神戸U-18)
2 東俊希(サンフレッチェ広島ユース)

▼MF
6 齊藤未月(湘南ベルマーレ)
10 安部裕葵(鹿島アントラーズ)
7 伊藤洋輝(ジュビロ磐田)
14 郷家友太(ヴィッセル神戸)
8 藤本寛也(東京ヴェルディ)
19 山田康太(横浜F・マリノス)
16 滝裕太(清水エスパルス)

▼FW
11 田川亨介(サガン鳥栖)
13 原大智(FC東京)
20 宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
9 久保建英(横浜F・マリノス)
18 斉藤光毅(横浜FCユース)

 U-19日本代表の対戦スケジュールは以下の通り。なおグループステージの3試合はすべて、CSテレ朝チャンネル2で生中継される。

第1節 vs朝鮮民主主義人民共和国(日本時間:19日21時キックオフ)
第2節 vsタイ(日本時間:22日21時キックオフ)
第3節 vsイラク(日本時間:25日18時キックオフ)

2018/10/02 [横浜FM]U-19日本代表に選出された横浜FMの久保建英と山田康太。遠征前最後の試合は金曜の札幌戦 « サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA – Jリーグ練習場レポート毎日更新!

 2日、AFC U-19選手権に臨むU-19日本代表メンバーが発表され、横浜FMからはMF久保建英、MF山田康太が選出された。
 先のメキシコ遠征では3試合中2試合に出場、スタメン出場したU-20クラブ・アメリカ戦ではゲームキャプテンを務めていた山田は「影山(雅永)監督になってからはこのために活動してきたと言ってもいいぐらいだったので、選ばれて素直にうれしい」と喜んだ。また、「選んでもらったことを誇りに思って、しっかり日の丸を背負って戦う覚悟はできている。チームメートとはピッチ内外で信頼関係を築けているし、長い間、選んでもらっていて、監督のこともスタッフのことも信頼している。(U-19代表は)自分にとって居心地のいい場所になっているし、監督、スタッフのためにも戦いたい」と誓った。
 17歳ながらU-19代表のエースとしての活躍が期待されている久保は「選ばれて素直にうれしい。チームが勝つために必要なプレーをしないといけない」と話す一方、「まずは金曜日の試合をチーム一丸となって戦って、その後に気持ちを切り替えられればと思う」とまずは目の前の試合、チームでの札幌戦に照準を合わせていた。
 AFC U-19アジア選手権は来年にポーランドで開催されるU-20W杯の予選も兼ねており、上位4チームが出場権を獲得する。前回王者として臨むU-19日本代表はグループBに入り、19日に北朝鮮、22日にタイ、25日にイラクと対戦。そしてグループ2位以内に入れば28日にU-20W杯出場決定戦となる準々決勝を戦う。

(横浜FM担当 菊地正典)

2018/10/02 横浜山田U20W杯切符獲得へ「覚悟できています」 – 日本代表 : 日刊スポーツ

J1横浜F・マリノスのMF山田康太(19)が2日、来年のU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の出場権をかけた、U-19アジア選手権(18日開幕・インドネシア)への意気込みを語った。

同日に代表メンバーが発表され、横浜市内で行われたクラブの練習後に報道陣に対応した。山田は「選ばれて素直にうれしいし、ドキドキもしていた。選ばれたことに誇りを持って、日の丸を背負って戦う覚悟はできています」と表情を引き締めた。9月に行われた同代表のメキシコ遠征ではキャプテンマークを巻く試合もあるなど影山雅永監督からの信頼も厚い。「ピッチ内外でもチームメートといい関係を築けていると思うし、長い間、選んでもらっていて、監督やスタッフさんのことも信頼している。監督やスタッフのために戦おうという気持ちでいます」と意気込んだ。

横浜のチームメートで、17年のU-20W杯韓国大会の最終予選や本大会にも出場したMF遠藤渓太(20)からアドバイスをもらったと明かし「U-20W杯はすごくいい大会だったと聞いている。そのピッチに立ちたいですし、そのためには(U-19アジア選手権を)勝ち抜かないといけない。そこへのモチベーションは高まっています。結果をしっかり求めて、勝ちにつながるプレーを選択していけたら」と必勝を誓った。

影山雅永監督率いる日本は、2大会連続10回目のU-20W杯出場を目指し、1次リーグB組で北朝鮮、タイ、イラクと対戦する。各組上位2チームが決勝トーナメントに進み、上位4チームにW杯出場権が与えられる。

2018/10/02 横浜FM超攻撃サッカーの体現者・天野純 左足に強い意志を乗せ、難局に立ち向かう – スポーツナビ

二宮寿朗

–堂々としていた代表デビュー

 日本代表を経験して、ひと皮むけたのではない。

 ひと皮むけていたことを、日本代表で確認できた。客観的に己を見つめてきた天野純(横浜F・マリノス)は、そんな感覚を持ったに違いない。

 代表デビュー戦となった9月11日のコスタリカ戦、残り15分のタイミングでピッチに投入された。「(緊張を)隠していました」と言いながらも、堂々としていた。チームの勝利を最優先に置きつつ自分の色を出そうとする。技術と狙いのあるクロス、セットプレーでの正確なキック。そのアイデアとテクニックには、新たなハーモニーを醸し出す雰囲気が漂った。

 試合後の取材エリア。ひとしきり話を聞いた最後に、一番の収穫は何だったのかを尋ねた。彼はすぐさまこう返した。

「(代表に来てみて)今までやっていること、根っこのところを変えなくていいんだと思うことができました。これからもやり続けていけばいい、と」

 きっぱりと、はっきりと。

 天野が代表に追加招集された際、驚きの声はさほど挙がらなかった。

 今季、超攻撃サッカーにモデルチェンジした横浜FMの中核を担ってきた。なかでもクラブの先輩である中村俊輔(現・ジュビロ磐田)を彷彿(ほうふつ)とさせる2発の直接フリーキック(FK)は、強烈なインパクトを残した。代表で堂安律 (フローニンゲン)にFKを譲ったシーンが取り上げられたのも、彼のキックに対する期待の裏返しだと言える。

–中村俊輔を彷彿する相手との駆け引き

 その左足、華麗につき。

 4月28日のホーム、鹿島アントラーズ戦、前半21分。右サイドでやや遠めのFKを得ると、天野はゴール右ポストの内側に当てるスピードボールでゴールに放り込んだ。

 そしてもう1つが、5月12日のホーム、ガンバ大阪戦、後半16分。こちらは左サイド、やや近め。インパクト重視の速くて落ちるボールでゴール左上を射抜いた。まるで糸を引くように。

 2本とも完璧なキックである。

 だが「中村俊輔を彷彿とさせる」のはテクニックのみならず。むしろ相手との駆け引きに、2人が重なって見えた。

 まず鹿島戦は、中に合わせようとしている仕草を見せている。中に指示を出し、体は味方のほうに向けている。と思った瞬間、「く」の字にして思い切りニアにボールを蹴り込んだのだ。相手GKの意識をニアに向けさせないようにしていた。

 そしてG大阪戦は、山中亮輔、ウーゴ・ヴィエイラを付近に立たせ、「俺は蹴らないかも」ムードを出す。さらに自分とGKを結ぶライン上に、長身の中澤佑二を立たせた。これは「ボールを隠したい」ためだという。日本代表GK東口順昭からゴールを奪うには、駆け引きも技術もセットで完璧でなければならなかった。

 天野にこのシーンをあらためて振り返ってもらったことがある。

「東口選手は、とにかく反応が早い。カーブをかけてしまうと、間に合ってしまいます。なるべく速いボールを打たないと難しい、とは思いました。普通に打っても、点を取るというのは難しいです。その意味でも駆け引きが大事だなと考えていますね」

 彼はマリノスでプレーしてきた先輩、中村俊輔のセットプレーをずっと目に焼き付けてきた。キックフォーム、足の角度から、GKとの駆け引きや味方の使い方まで。

–うまくて闘える選手に 天野純の目指す道

 以前、中村から聞いた“フリーキック論”をふと思い出した。

「自分自身、(FKの成功は)メンタルによるところが大きい。外しても惜しければ、GKや相手ディフェンスにその脅威を与えられる。そうなるとマリノスにセットプレーを与えるだけで『何やってんだ』という声も相手に出てくる。逆にそれでこっちはメンタルで優位に立てる。結局そういうのが大事になってくる」

 天野のFKはまさに、そのメンタル勝負、読み合いで相手を上回ってゴールにたどり着いている。マリノスが武器としてきたセットプレーの脅威と伝統は、天野によって引き継がれた。そのことを天下に知らしめた、2つのゴールであった。

 無論、FKのインパクトだけで代表の座を勝ち取ったわけではない。

 超攻撃サッカーを体現すべく、攻守にわたる働きぶりは頼もしさが伴ってきている。オン・ザ・ボールで技力を魅せ、オフ・ザ・ボールで走力、迫力を見せる。彼はとにかくよく動く。攻から守に切り替わるネガティブトランジション時、相手にまとわりつくしつこさも目立つようになってきた。

 うまくて、闘える選手になる――。それが天野純の目指す道。その理想に迷いなく向かおうとしているのが今だ。代表を経て、それは確信になった。

 しかしチームは残留争いに巻き込まれている。モデルチェンジに踏み切った「改革」の痛みに直面する。毎年、失点数の少ない「堅守」がウリだったが、今季の失点数は上から数えたほうが早くなっている。一方、第28節終了時点で総得点50はリーグトップに立つ。ゴールを挙げても、結果につながらない。もどかしさのなか、なかなか浮上できない時期が続いた。

–残留争いを乗り越え一段階上へ

 だが天野は「チームがやっていることは間違いないこと」と言い切る。そしてこう言葉を続けている。

「面白いサッカーをやっていると思うし、実際、やっていても楽しい。これまでは縦パスをもらっても下げるシーンが少なくなかった。でも(今年は)無理してでも前を向いて、そこからチームの攻撃をスピードアップさせるプレー、前向きなプレーが増えています。『前に、前に』と監督は常に言いますし、(この要求によって)個人的にも成長できていると思う。

 ただ、最初からうまくいかないことも覚悟していたし、苦しい時期を迎えてはいるけれど、チームとともに成長しているとは思います。あとは自分の左足で勝負に導くことができたらいい。そうなればチームは上に行くことができるし、自分ももう1つ上のステージに行けるんじゃないかと思っています。だから自分にフォーカスして、もっともっとやっていかなきゃいけない」

 自分たちを信じ、難局を乗り切って成長につなげたいとする意志。揺らぐどころか、より強固なものになっていた。

 J発足時のオリジナル10で降格経験がないのは鹿島と横浜FMのみ。天野はそのことをプレッシャーとせず、方向性の正しさを証明したいその一念でプレーしている。

 9月16日、ホームでの浦和レッズ戦を1−2で落とし、自動降格圏の17位と勝ち点2差に迫られた。だがここからチームは息を吹き返して2連勝。アウェーの磐田戦(22日)では競り勝ち、ホームのベガルタ仙台戦(29日)は5−2と圧勝した。ウーゴ・ヴィエイラに決定的なパスを送り、山中の先制点をお膳立てするなど天野は「超攻撃」を操っていた。

 苦難を乗り越えた先に、必ず一段階上がったチームと自分が待っているはず。

 迷いはない。天野純は左足に、その強い意志を乗せて――。

2018/10/02 イケメンサッカー選手の素顔を丸ハダカ♡【横浜F・マリノス編】 | ar(アール)web

–扇原貴宏選手

八重歯がキュートな扇原選手♡ クラブのマスコットキャラクター「マリノスケ」に顔立ちがそっくりという噂も…!

Q. ニックネーム、ポジションを教えてください。

横浜F・マリノスの扇原貴宏です。チームメイトからはたかと呼ばれています。
ポジションは攻撃と守備の中間の人、よくパスする人です。

Q. チームメイトの中ではどんなキャラクターですか?

チームの中ではいろんなところに顔を出しています。

Q. サッカー以外の趣味や特技は何ですか?

ボウリング。ベストスコアは243です。

Q. 女性のファッションで、どんなタイプが好きですか?

うーん…お姉さん系が好きかな。

Q. これをされたらグッとくる!という女性の仕草や言動はありますか?

髪を結ぶ仕草にはぐっときます。

Q. 最近大笑いしたことと、最近泣いたことを教えてください。

YouTubeで千鳥の映像を見て大笑いしました。

Q8. 朝、どんな風に起こしてもらうのが好き(理想)ですか?

普段は朝早いので自分で起きてますけど、どんなシチュエーションでも起こしてくれるのは理想ですね。

Q. オフの日は何をして過ごすことが多いですか?

その日によるけど家で過ごすのは好き。オフの日はチームメイトと会って遊んだりはそんなに多くないです。

Q. 試合を見に来てくれる女子へ、「僕のココに注目してほしい!」というアピールポイントを教えてください。

背が高くてスタンドから見ていても目立つと思うので、パスやキックに注目して見てください!

–イッペイ シノヅカ選手

キリッとした表情が凛々しいイッペイ シノヅカ選手は、ロシアとのハーフ!

Q. ニックネーム、ポジションを教えてください。

横浜F・マリノスのイッペイ シノヅカです。チームメートからはイッペイと呼ばれています。
攻撃から守備までプレーするMFです。

Q. チームメイトの中ではどんなキャラクターですか?

周りの選手にときどきいじられたりするキャラクターです。

Q. サッカー以外の趣味や特技は何ですか?

ゲームが趣味です。
ウイニングイレブンもやりますし、DOTA2という海外で人気のゲームを特にやります。

Q. ファッションや髪型の、こだわりポイントを教えてください。
髪型にはこだわりがあります。短髪な髪型が好き。
海外系の髪型が好きでラインを入れてみたり。表参道にあるバーバーショップが行きつけです。

Q. 女性のファッションで、どんなタイプが好きですか?

清楚系でその人に似あっているファッションがタイプです。

Q. これをされたらグッとくる!という女性の仕草や言動はありますか?

姿勢よくきれいに歩ける人にとても惹かれます。

Q. 最近大笑いしたことと、最近泣いたことを教えてください。

9月の大阪遠征では、祐樹君(大津祐樹)や健君(松原健)がやっていたチームメートへのいたずらに大笑いしました(笑)。
最近泣いたことはありません。

Q. 朝、どんな風に起こしてもらうのが好き(理想)ですか? 実際はどうですか?

朝は自然と起きちゃいます。起こしてもらうよりも自分のリズムで起きたいタイプです。

Q. オフの日は何をして過ごすことが多いですか?

オフは外出することが多くて、夏だったら海が好きで今年は4回行きました。
散歩するのも好きなので六本木や青山、表参道の裏道を歩いていいなと思った服屋を見たりお店に入って食事したりしています。

Q. 試合を見に来てくれる女子へ、「僕のココに注目してほしい!」というアピールポイントを教えてください。

サイドを走って上下動する運動量や、球際で戦っているアグレッシブなところに注目してください!

 
 

 
 

今日のこけまり


月刊 こけまり(2018年9月)
 
 

[ユースからの昇格を発表]椿直起(つばき なおき)[2018-2019 移籍/新加入/契約更改]
 
 

[ユースからの昇格を発表]山谷侑士(やまや ゆうし)[2018-2019 移籍/新加入/契約更改]
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る