夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2018/1/9) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2018/1/9(火)中島選手は岐阜に完全移籍)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

中島賢星選手 FC岐阜へ完全移籍のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(頑張れー)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Istagram

(´-`).o0(none)
 
 

Webニュースログ

2018/01/09 色鮮やか「緑のじゅうたん」  | 八重山毎日新聞社

▽…横浜F・マリノスのキャンプを前に、サッカーパークあかんまでは、夏芝から生え替わった冬芝の生育管理が順調に進められている。夏芝は横へと広がるのに対し、冬芝は稲のように上へと伸び、管理法も異なるという。定期的に刈ることで、まるで男性のひげのように次第に濃く丈夫になり、色鮮やかな「緑のじゅうたん」に。ピッチ上で躍動する選手たちの姿が楽しみだ。

2018/01/08 <サッカー>U−23アジア選手権、9日に開幕、中国メディアは遠藤渓太に注目|レコードチャイナ

2018年1月7日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日に中国で開幕するサッカー男子のU−23(23歳以下)アジア選手権で活躍が期待される5人のプレーヤーの1人として、横浜F・マリノスのMF遠藤渓太を挙げている。

前回の16年に続く大会連覇が懸かる日本は、東京五輪世代のU−21日本代表で臨む。注目される16歳のFC東京のFW久保建英は「多くの試合に出ているので休養が必要」(森保一監督)との理由でメンバー入りしなかったが、新浪体育は「最も注目すべき5人の新星」として、中国のフル代表でも活躍するFW韋世豪(ウェイ・シーハオ)、カタールのFWアクラム・アフィーフ、タイのMFスパチョク・サラチャット、イラクのMFフセイン アリー “イスコ”と並び遠藤の名前を挙げた。

新浪体育は、遠藤について「20年の東京五輪世代で臨む日本代表の重要なメンバーの1人だ」とし「過去2シーズン、Jリーグの試合に数多く出場している。まだ20歳と若いが、その経験こそ彼の最大の武器だ」と評している。(翻訳・編集/柳川)

2018/01/08 2018年の“新成人”サッカー選手は? 世界では強豪で活躍するスターたちも | Goal.com※一部抜粋

–“成人”を迎えた国内外のサッカー選手たちを紹介する。

2018年1月8日、日本では「成人の日」として祝日が設けられている。今年は1997年度(1997年4月2日~1998年4月1日まで)に生まれた人々が成人となった。

成人を迎えた著名人としては、男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手や女優の杉咲花さん、タレントの藤田ニコルさんら各界で活躍する人々がいる。サッカーにおいては、東京オリンピックを目指す世代にあたるが、海外サッカー選手たちに目を向けると、第一線で活躍する選手が目立つ。マンチェスター・シティ(イングランド)でプレーするブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスやバルセロナ(スペイン)のフランス代表MFウスマヌ・デンベレ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらがその代表格だ。欧州の強豪クラブでプレーしつつ、フル代表入りも果たしている選手が多くいる。

日本人で名前が挙がるのはハンブルガーSV(ドイツ)のFW伊藤達哉。柏レイソルのアカデミーからドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVへ渡り、今シーズン途中からトップチームに昇格。第6節のレヴァークーゼン戦でデビューを飾った。昨年12月にはクラブとの契約を2021年まで延長し、さらなる飛躍が期待される。

国内組の注目はガンバ大阪のDF初瀬亮。G大阪のアカデミー出身で2016年からトップチームでプレーしている。左右両足での正確なキックが持ち味で、両サイドバック、両ウイングバックをこなす。昨年末のEAFF E-1サッカー選手権では出場こそなかったが、若干二十歳にして日本代表メンバー入りを果たした。

その他にも昨年のFIFA U-20 ワールドカップ韓国2017のU-20日本代表メンバーだったDF藤谷壮(ヴィッセル神戸)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、MF市丸瑞希、MF髙木彰人(ともにG大阪)、森島司(サンフレッチェ広島)、FW小川航基(ジュビロ磐田)らが成人を迎えた。

2018/01/10 「ダノンネーションズカップ」日本予選の埼玉大会が開催…横浜FMプライマリーら4クラブが本大会出場を決める | サッカーキング

 8日、埼玉県さいたま市のレッズランドにて、FIFA公認の12歳以下の世界一を決める国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内大会「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」の埼玉会場予選が行われた。

 地方予選第三戦目となる埼玉会場予選では、2014年度の同大会にて世界第1位に輝いた「横河武蔵野フットボールクラブジュニア」や Jリーグ下部組織チームからは「浦和レッドダイヤモンズジュニア」「横浜 F・マリノスプライマリー」「鹿島アントラーズノルテジュニア」をはじめ、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、静岡、新潟、岩手の8県から、全32チームが出場。4月に駒沢オリンピック公園総合運動場にて実施される本大会の出場権をかけて若きプレーヤーが熱戦を繰り広げた。

 A~Hの8グループにそれぞれ4チームずつ分かれて予選リーグを実施した後、各グループ上位1チームが本大会出場決定戦に進出。勝利した4チームが本大会への切符を手にできる今大会では、「横浜F・マリノスプライマリー vs 横河武蔵野フット―ボールクラブジュニア」、「Wings U-12 vs 鹿島アントラーズノルテジュニア」、「バディーSC vs AC等々力」、「浦和レッドダイヤモンズジュニア vs FC多摩ジュニア」の組み合わせで本大会出場をかけた決定戦を行われた。

 本大会出場決定戦第1試合、グループ予選を圧倒的な攻撃力で勝ち上がった「横浜F・マリノスプライマリー」と「横河武蔵野フット―ボールクラブジュニア」の神奈川の名門チームの対決は、「横浜F・マリノスプライマリー」の15番の浅野選手を起点とした多彩な攻撃で先制。その後も、終了間際にカウンターで追加点を挙げ2-0で勝ち切り、本大会進出を決めた。また、「Wings U-12 vs 鹿島アントラーズノルテジュニア」は、PK戦までもつれ込む接戦となりながらも、Wings U-12が本大会への切符を獲得。第2試合の「バディーSC vs AC等々力」は、グループ予選から得点を量産していた「バディーSC」が5-0で勝利、「浦和レッドダイヤモンズジュニア vs FC多摩ジュニア」は、PK戦までもつれ込むも「FC多摩ジュニア」が勝利し、本大会進出を決めた。

 本大会出場決定戦の詳細は以下のとおり。

《本大会出場決定戦 結果》
横浜F・マリノスプライマリー 2-0 横河武蔵野フット―ボールクラブジュニア
Wings U-12 0-0(PK:4-3) 鹿島アントラーズノルテジュニア
バディーSC 5-0 AC等々力
浦和レッドダイヤモンズジュニア 1-1(PK:8-9)FC多摩ジュニア

《選手コメント》
■浅野克己 選手(横浜F・マリノスプライマリー)
「難しい試合が続きましたが、皆で本大会への切符を手に入れることができて良かったです。これで満足することなく、本大会で優勝できるように頑張ります!」

■後藤亘 選手(Wings U-12)
「色々な強いチームと戦うことができて、やりがいがあって楽しかったです。本大会では、しっかりと全力を出して戦いたいと思います!」

■金子俊輔 選手(バディーSC)
「予選から苦戦した試合はありましたが、チーム力をしっかりと出すことができたと思います。本大会は優勝して皆で喜びたいです!」

■造谷和稀 選手(FC多摩ジュニア)
「去年はグループリーグで敗退したので、それよりも上の結果を目指していきます」

「ダノンネーションズカップ 2018 in JAPAN」では今後、1月21日(日)に行われる熊本予選大会にて勝ち抜いた各4チームが本大会へ出場するほか、昨年のベスト8まで勝ち抜いた8チーム、また今年度の予選大会に参加できなかったチームを抽選で8チームを選出し、計32チームが日本代表の座をかけて本大会に出場する。

 
 

今日のこけまり

中島賢星(なかしま けんせい)[2017-2018 移籍/新加入/契約更改]
[契約満了/岐阜への完全移籍を発表]中島賢星(なかしま けんせい)[2017-2018 移籍/新加入/契約更改]Y

【ブログこけまり 2017年まとめ】ロコさぬレポート | プライベート(非マリ)編
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る