夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2016/10/3) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2016/10/01 マンチェスターシティへの短期研修のお知らせ
(´-`).o0(ユース所属の山田康太・岩城大助、ユースコーチの小原章吾が参加)

2016/10/01 齋藤学選手 アジア最終予選(Road to Russia)SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー追加召集のお知らせ
(´-`).o0(関連ニュースは「Webニュースログ」に)

2016/10/02 【開催時間決定と事前応募開始!】NISSAN presents 横浜F・マリノストリコロールフェスタ2016 開催時間の決定とアトラクション事前応募のお知らせ
(´-`).o0(9:00開場、10:00~12:00)

2016/10/03 10/5(水) 2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦ガンバ大阪vs横浜F・マリノス 台風18号にともなう試合開催可否に関するお知らせ
(´-`).o0(ガンバ大阪の公式ページへのリンクのみ→10/5(水)YBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦横浜FM戦 台風18号接近に伴う試合開催可否判断について
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(横浜市内非公開)
 
 

Twitter / Istagram


 
 

Webニュースログ

2016/10/01[スポニチ]横浜FWカイケ 複数回の規律違反で練習参加禁止に

 横浜のFWカイケに練習参加を禁止する処分が科された。今季、年俸110万ドル(約1億1000万円)の4年契約で獲得した助っ人だが、理由は複数回の規律違反があったため。

 象徴的だったのは川崎F戦が行われた25日、帯同メンバーから外れたカイケは試合中にもかかわらず自身のSNSにプライベート画像を投稿して、クラブ内外から批判が殺到していた。

2016/10/02[サッカーキング]「国内組の意地とプライド」で奮起する齋藤&槙野 日本代表の停滞感を打破するキーマンとなれるか

 すでに初戦・UAE戦(埼玉)で苦杯を喫している日本にとって、10月のイラク(埼玉)・オーストラリア(メルボルン)2連戦は2018 FIFAワールドカップロシア出場権獲得に向け、絶対に負けられない大一番。とりわけ、最終予選序盤2連敗とB組5位に甘んじているイラク相手の勝ち点3獲得が必須だ。その重要な一戦に向け、日本代表が2日から埼玉県内で強化合宿に入った。

 初日は山口蛍(セレッソ大阪)を除く国内組11人と、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のアラベス戦でベンチ外となり、いち早く帰国した清武弘嗣(セビージャ)の計12人が参加。冒頭のミーティングでは今回から合流した手倉森誠コーチがミーティングで挨拶し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督らメンバー全員に拍手を送られる場面が見られた。

 緊張感と和やかさが同居する中、17時半頃から練習が始まり、ランニング、体幹強化、複数種類のボール回しが約1時間行われた。スペインで凄まじい競争にさらされている清武が高度な技術を見せつける一方、前日のJ1リーグ・ヴァンフォーレ甲府戦で2ゴール2アシストと爆発し追加招集された齋藤学(横浜F・マリノス)もキレのある動きを披露。彼らを中心にチーム全体の士気は明らかに高まっている様子だった。

「1年10カ月くらい前から食生活を変えて、去年はすごく痩せました。そこからいろんなトレーニングをやって体重はブラジル・ワールドカップの頃くらいに戻ってきたけど、90分やってもすごく疲れるとかはないですね。マリノスでは自分が仕掛けることで何か変化を加えられると思って、すごく責任感を持ってプレーできている。ボールを取られることはあるけど、それでも何度も仕掛け続ける姿勢が今のパフォーマンスにつながっていると思うので、変わらずやり続けます」と齋藤は目を輝かせたが、その勝負への姿勢はUAE戦の日本には確かに不足していた部分。それを武藤嘉紀(マインツ)、宇佐美貴史(アウグスブルク)の代役に抜擢された国内組屈指のドリブラーがピッチ上で示してくれれば、チーム全体に活気が生まれるはずだ。

 国内組で燃えているのは攻撃陣だけではない。9月のUAE・タイ(バンコク)2連戦をケガで棒に振った槙野智章(浦和レッズ)も虎視眈々と出場機会を伺っている1人。すでに前回シリーズで吉田麻也(サウサンプトン)と森重真人(FC東京)がイエローカードを1枚ずつもらっていることもあり、両センターバックに頼り続けるわけにはいかないというチーム事情もあるのだ。

「僕は前回の代表でケガをしてピッチを離れて、一回リーグ戦出た時に再発って形になったけど、チームとA代表スタッフとつねに連絡を取りながら昨日の試合(ガンバ大阪戦)に照準を合わせてコンディションを上げてきました。一回代表を離れてみて、自分のプレーだったり、今の代表チームを外から見たうえで何をしないといけないのかを考える時間もあったんで、それを今回ぶつけないといけない。とにかく大事なのはチームとしてまとまること。難しい時間帯もあるだろうけど、まとまることだと思います。僕ら国内組の選手もJリーグを代表して選んでもらってる。『国内組の意地とプライド』ってのを見せないといけないと思ってます」と槙野は自分たちJリーグ所属選手の奮起の重要性を改めて強調していた。

 確かに6日のイラク戦に向けて、欧州組の大半は調整時間を十分には得られない。本田圭佑(ミラン)と長友佑都(インテル)の帰国は4日、他のメンバーが3日に帰国するが、岡崎慎司(レスター)、吉田、酒井宏樹(マルセイユ)の3人は夕方着で同日の練習には参加できない。そういう状況だけに、コンディションを考えれば国内組がより多くピッチに立った方がスムースに戦えるだろう。ハリルホジッチ監督はこれまで本田、香川真司(ドルトムント)、長谷部誠(フランクフルト)、吉田ら軸を担う選手を外さずに戦ってきたが、特にイラク戦は彼らよりいい状態の選手にフォーカスすべきではないか。その筆頭が齋藤であり、槙野だ。ピッチ内外で強烈なアピールを続けている2人が今回、日本代表の停滞感打破のキーマンになるかもしれない。

文=元川悦子

2016/10/02[超ワールドサッカー]日本代表としての出場機会を求めるFW齋藤学「居るだけじゃダメ」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は2日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

▽練習後、FW齋藤学(横浜F・マリノス)がミックスゾーンで取材に応じ、アピールポイントや日本代表への想いを語った。

◆FW齋藤学(横浜F・マリノス)
──チームの雰囲気はいかがですか
「色々な選手が集まっているので、暗いとは思っていません。この2試合は非常に大事になると思います。練習からアピールして、チームの力になれたらと思います」

──齋藤学を呼べとの声も聞こえてきたと思います。海外組の選手が試合に出られていない中、国内組としてはいかがですか
「チームになったら海外組も国内組もないと思います。しっかりと国内海外関係なく、チームとして戦っていかないといけないと思います。そこは別に意識していません。個々の良さが有ると思うので、出し合った結果、良いチームになればと思います。そこを分ける必要はないと思います。自分は自分の良さを出すだけです」

「来年海外に行ったら海外組になるわけでしょ?(笑) だったらそんなことは言ってられないです。来年(日本に)居たら国内組ですし。そこは関係ないと思います。キヨくん(清武弘嗣)は居たけど、チームとしてこの予選を戦っていくのはひとつになることが大事だと思います。自分がプラスになれればと思います。関係なくやっていければと思います」

──このチームで見せていきたいプレーは
「切り替えが早かったり、(ボールを)獲った後の攻撃に行くスピードが凄く早いので、そういった部分では自分の良さも出せると思うので、そこでの違いを出していきたいです。もっと仕掛けるという点ではたくさん良い選手が居ます。自分の良さでもありますけど、もっと違う特徴を持った選手も居るので、切り替えとかの部分で違いを見せていきたいです」

「まずは、日にちがそこまでないですが、練習で3月から変わった部分を感じてやれればと思います。(2014年の)ワールドカップも出られなかったですし、3月も出られなかったので、居るだけじゃダメなので、しっかりとチームの力になれていけば良いなと思います」

──Jリーグでも好調を維持していますが、何か変えた部分はありますか
「ブラジル(ワールドカップ)が終わって悔しい思いをしましたし、あそこまで出られないということはなかなか味わえるものではないです。食事とかトレーニングとかを見直しましたし、勉強もしてメンタル的な部分も学びました。プレーの質も変わっていると思うし、考え方も変わっているので、自信を持ってプレーできるかなと思います」

2016/10/03[フットボールチャンネル]齋藤、直近のJ1で2得点2アシスト。「何度も仕掛け続ける」姿勢を代表でも

 日本代表は2日、ロシアW杯アジア最終予選のイラク代表戦、オーストラリア代表戦に向けて埼玉県内で合宿をスタートさせた。

 宇佐美貴史と武藤嘉紀が負傷により辞退し、齋藤学が追加招集された。横浜F・マリノスでは絶好調。1日のJ1・ヴァンフォーレ甲府戦では2得点2アシストと、チームの全得点に絡む圧巻のパフォーマンスを披露した。

 得意のドリブル突破は常に得点を奪うために活用し、甲府戦で味方のゴールを演出したようにパスでも決定的な仕事ができる。追加招集という立場だが、国内組の中でも状態の良さは突出しているのではないか。

  9月シリーズでは中央に選手が集まり過ぎてしまい、攻撃が停滞したハリルジャパン。独力で進んでいける齋藤の能力は代表に欠けている部分でもあるが、自身は「そんなことないよ」と笑って謙遜する。そして「そんなに簡単にうまくいかないのがこの予選だと思っている」とも話す。横浜FMでは紛れもないエースであり「責任感を持ってプレーできている」中で、代表での活躍が期待される。

「取られることはあるとは思うが、それでも何度も仕掛け続けるという姿勢がこういうものに繋がっていると思うので、変わらずやり続ける」

 決意を示した 齋藤。まずは試合までの練習で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にアピールする。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

2016/10/03[スポニチ]追加招集の斎藤学 結果に自信「ここで力を見せれば何かが変わる」

 追加招集されたFW斎藤が万全の合流だ。武藤、宇佐美が相次いで故障し、3月のW杯2次予選シリア戦以来の代表復帰。食事法では腸内環境にまで気を配るなどアプローチを変え、メンタル面、練習法に至るまで改善に務めた。W杯ブラジル大会後に一時落ちた体重も戻り、切れと力強さは増した。前日の甲府戦で2得点2アシストの結果を叩き出したドリブラーは「ロシアはずっと目標にしていた。ブラジルの時よりプレーの質も考えも変わった」と自信を見せた。

 イラク、オーストラリアに黒星は許されないだけに、ピンチの局面でピッチに立つ可能性も十分ある。「(前回の)最終予選は少しも絡めなかった。ここで力を見せれば何かが変わる」。機は熟した。絶好調の斎藤が、日本をよみがえらせるドリブル突破を見せる。

2016/10/03[サンスポ]斎藤、合宿初日に合流「試合に出てチームの力に」

 サッカー・日本代表合宿(2日、さいたま市内)ロシアW杯アジア最終予選2試合(6日、対イラク=埼玉、11日、対豪州=メルボルン)に向けた合宿を開始。

 FW宇佐美(アウクスブルク)とFW武藤(マインツ)の負傷離脱で追加招集されたFW斎藤(横浜M)が、合宿初日に合流した。前日1日のリーグ甲府戦で2得点2アシストし「Jリーグでやっているのと変わらないプレーができればいい」。3月の2次予選でも追加招集されたが、出場機会なし。「今回はいるだけじゃなく、試合に出てチームの力になりたい」と意気込んだ。

2016/10/04[ゲキサカ]追加招集で代表復帰、齋藤学が“進化”をアピール(4枚)
 
 
2016/10/02[ゲキサカ][MOM1894]横浜FMユースMF山田康太(2年)_トップ帯同で成長遂げた「雰囲気変えられる選手」、劇的V弾!

 逆転劇の中心にいたのは2年生ボランチだった。横浜F・マリノスユースは後半開始直後に追いつかれるとその後、相手のハイプレスの勢いに押し込まれる時間帯が増えてしまう。それでも、「自分が引き出して捌こうと思った」というMF山田康太(2年)が攻撃の中心に。下がり目の位置で非常に多くボールに絡んだ2年生MFは相手の圧力に屈することなくボールを振り分けていく。MF佐多秀哉らがリスクを負ってスペースへ動き続けたこともあって青森山田の守りを剥がすことができていた横浜FMは後半に3得点。後半45分に決まった劇的な決勝点はその山田の技ありシュートによるものだった。

 最終ラインから思い切って攻め上がったCB板倉洸(3年)をサポートする形で攻撃に加わった山田は、PAでの混戦からタイミング良く抜け出してGKと1対1に。背番号14が抜け出した右サイドからゴールまでの角度はそれほどなかったように映ったが、「GKが股を広げていたのでその間を狙った」一撃が見事にゴールラインを越えて決勝点となった。

 松橋力蔵監督は山田について「アイツのところにボールが入るとゲーム落ち着きますし、色々な局面変えられますし、雰囲気を変えられる選手。8月はずっとトップにいてそこで成長できた部分が出ている」。今年、練習に10人もの選手が参加するなど、チーム全体的にトップチームに招集される機会の増えた横浜FMユースの選手たちだが、中でもトップチームに呼ばれ続けたのが2年生の山田と10番MF吉尾海夏の2人。山田は「1か月くらいトップにいて感じるものが多かった」。ボランチの位置でゲームをつくり、テンポを変えつつ、切れ込んで、「試合を決める」プレーも実現してしまう山田は今後非常に楽しみな存在だ。

 今年は試合に出れば結果を残していたが、ケガに悩まされるなどなかなかスタメンに定着することができなかった。それでも先発起用された7月のアウェー・青森山田戦でゴールを決めて勝利に貢献し、自信をつけたという山田はクラブユース選手権以降先発を勝ち取った。そしてトップでの成長。「来年は必ずトップに。最初からトップチームに加わるくらいの意識で行く」。この日、絶対に勝たなければならない試合を決めて自信を増したMFがまた成長を加速させる。

(取材・文 吉田太郎)

2016/10/02[ゲキサカ][プレミアリーグEAST]「10番」たちとの差を詰めること。横浜FMユースのレフティー10番、吉尾は勝利貢献も満足せず

 横浜F・マリノスユースの左利きの10番、MF吉尾海夏(3年)はこの日、本職のボランチではなく右サイドでプレー。「ボランチの時よりも前を向いて仕掛ける、相手を抜く意識でやっていた」MFは前半からボールの落ち着きどころとなり、その仕掛けで局面を破ってチャンスに繋げた。

 後半にはクロスバー直撃の左足FK。左足の精度はもちろん、ボールをシンプルに捌きながら、局面で身体を当てられてもグイッと前に出るような、これまで以上に力強いプレーをしていたことも印象的だった。松橋力蔵監督も「大分、力強さが出ている」。チームの中心として存在感を出しながら勝利に貢献。ただし、本人の自己評価は高くなく、「守備の時間帯が長く続いた時に自分が粘り強くやってプレーでチームを引っ張るくらいでやっていました。満足はしていないです。まだ何も勝ち取れた訳ではないので。苦しい時とかに違いを見せれる選手になっていかないといけない」と厳しかった。

 伝統ある横浜FMユースの今年の10番。昨年10番を背負い、トップチームに駆け上がったFW和田昌士は抜群の勝負強さがあった。「昌士くんはチームが苦しい時に点取ってくれるし、収めてくれるし、本当に違いを見せれる選手だった。(同じくトップチームに昇格した遠藤)渓太くんもそうですし、自分はボランチで出ていましたけれど、(ボールを渡せば)何とかしてくれるというのがあった」。決定機に絡みながらもなかなかゴールを奪うことができていない吉尾は、より10番に相応しい存在にならなければならないと感じている。「苦しい時とかに違いを見せれる選手になっていかないといけない」

 現在、吉尾は週2日ペースでトップチームの練習に参加している。同じレフティーであり、トップチームの偉大な10番でもあるMF中村俊輔は少しでも近づきたい存在だ。ボールタッチはトップチームの中でも次元が違うようなレベル。「アイディアとか判断の質とかが全然違う。パス一本にしてもよりゴールに繋がるというか全然違いますね。追い越せるようになっていきたい」。ユース年代とは違う判断力、スピードを要求される中でより自身のレベルを引き上げて、「10番」の先輩たちとの差を詰める。

(取材・文 吉田太郎)

 
 
2016/10/02[カナロコ]「マリノスケ」ら呼び掛け 赤い羽根募金スタート

 赤い羽根共同募金運動が全国一斉にスタートした1日、県内では黒岩祐治知事やサッカーJ1横浜F・マリノスのマスコット「マリノスケ」らが、14団体約70人のボランティアとともにJR横浜駅西口の街頭で募金を呼び掛けた。

 県共同募金会横浜市支会の大場茂美会長は「募金活動を通じ、共同募金の精神を広め、誰もが安心して暮らせるまちづくりに協力してほしい」と話した。


[YouTube]【 #もうひとつのルヴァンカップ 】横浜F・マリノス「横浜名物シウマイ on the ルヴァン」
 
 

今日のこけまり

お父さんが幼稚園/保育園の運動会でクラス全員の子の写真を撮るべき1つの理由
お父さんが幼稚園/保育園の運動会で、クラス全員の子の写真を撮るべき1つの理由(前編)
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る