今日の横浜F・マリノスの動向が6分5秒ぐらいでわかるWebまとめ「夕刊こけまり」(2024/6/10) #fmarinos


今日の横浜F・マリノスの動向が6分5秒ぐらいでわかるWebまとめ「夕刊こけまり」

(´-`).o0(ユースチームが今年の「日本クラブユース選手権」の出場を決定)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.X(旧Twitter) / Instagramなど
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

(´-`).o0(none)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(非公開練習)


 
 

X(旧Twitter) / Instagramなど


 
 

Webニュースログ

2024/06/09 Jリーグが待望する「ビッグクラブ」候補の横浜M 求められる世界で戦い続ける気概 – 産経ニュース

サッカーJ1の横浜Mにとって、志の高さを問われるシーズンとなる。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝で敗れて深い傷を負っても、波に乗り切れていないJ1を軸とした国内の戦いは続く。横浜MはJリーグが台頭を待ち望んでいる国際的な知名度を誇る「ビッグクラブ」の有力候補。今秋、装い新たに開幕するACL・エリート(ACLE)の出場権獲得に満足することなく、毎年のように世界で戦い続ける気概をみせてほしい。

傷心の敗北だった。アルアイン(アラブ首長国連邦)と対戦したACL決勝は5月11日にホームの第1戦を2-1で制しながら、引き分けでも初のアジア制覇だった25日の第2戦はアウェーで1-5の大敗。2戦計3-6で敗れて千載一遇の機会を逃し、主将の喜田拓也は「力が足りなかった」と繰り返した。

新設された今年のクラブ世界一決定戦「インターコンチネンタル・カップ(杯)」と、来年の「クラブワールドカップ(W杯)」への出場もならず。上島拓巳は29日の柏戦後「引きずっている」とACL敗戦の痛手を口にしつつ、「得た経験は次にいきてくる。ACLに出続けるためにはJ1で上位にいなければいけない」と懸命に前を向いた。

Jリーグは日本サッカー界成長のカギの1つに「国際的な知名度を誇るクラブの育成」を挙げている。スペインのレアル・マドリードやバルセロナ、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、フランスのパリ・サンジェルマンといった一部の強豪が各国リーグの価値を著しく高めているように、Jリーグの価値を高める「ビッグクラブ」の登場を心待ちにしている。

それを後押しするため、J1とJ2のリーグ配分金比率を段階的に2対1から5~6対1へ変え、これまでの均等配分金を中心とした構造から競技成績や人気に応じた配分中心にシフトする方針も打ち出している。狙いは結果を出したクラブが得る利益を拡大し、得た利益をさらなる成長へつなげてもらうことだ。

横浜Mは前身の日産自動車時代から日本サッカー界を引っ張り、1993年のJリーグ開幕以降も5度のリーグ制覇を含めて天皇杯、YBCルヴァン・カップの国内三大タイトルを計7度獲得。鹿島とともにJ2降格経験がなく、4度目のリーグ制覇を果たした2019年以降も魅力的なアタッキングサッカーでコンスタントに上位を維持している。

さらに本拠地を置く神奈川県や横浜市は多くの人口に支えられた経済圏を形成し、ホームの日産スタジアムは日本最大規模となる7万人超の観客収容能力を持つ。横浜Mが積み重ねてきた伝統と実績、ホームタウンのポテンシャルは申し分なく、Jリーグから世界へとはばたく大きな可能性を秘めているのは誰もが認めるところだろう。

ACLで初の8強入りを果たした勢いを駆って決勝まで駒を進め、世界へ挑む足掛かりは築いた。今後の横浜Mに求められるのは、ACLEの出場常連を最低ラインに、毎年開催のインターコンチネンタル杯と4年に1度の開催に変わるクラブW杯にも頻繁に顔を出すことだ。

喜田は「歴史を変えてきた戦いを次へつなげないといけない」と誓った。今季のJ1で求められる最低限のノルマは、25~26年のACLE出場権を確保する3位以上。消化試合数が少ないとはいえ、擁するタレントの質の高さを考えれば、現状の13位に甘んじていていいわけがない。代表活動に伴うリーグ戦中断期間が明ける6月15日の町田戦から、巻き返しを期す。(運動部 奥山次郎)

 
 

【名将】大津祐樹が語るマリノスを優勝に導いたポステコグルー – YouTube
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、Twitterなどにて。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[X(旧Twitter)]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる