夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2022/2/4) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2022/2/4(金)春季2次キャンプは明日まで。)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2022/02/03 アンデルソン ロペス選手 完全移籍加入のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(まとめ記事→[武漢足球倶楽部からの完全移籍を発表]アンデルソン・ロペス(Anderson Lopes/Anderson José Lopes de Souza))

2022/02/04 興栄工業株式会社 オフィシャルスポンサー決定のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(社長は日産FCのジュニアユース出身とのこと)

2022/02/04 2022開幕記念アンセムジャケット発売のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(今回は、試合当日の販売じゃないのねー。)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(春季二次キャンプ/非公開)
 
 

Twitter / Instagram


 
 

Webニュースログ

2022/02/03 開幕ギリギリでの主力放出も問題なし? 素早く代役を確保したマリノスの手際と既存戦力への期待|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

— 2019年以来の優勝に期待だ

開幕を2週間に前に控えた2022年シーズンのJリーグ。盛んだった移籍報道も一旦静まり、次のシーズンに向けて各クラブがトレーニングに励んでいるが、ここにきて主力の移籍があるようだ。

昨季は川崎フロンターレに一歩及ばず2位でシーズンを終えた横浜F・マリノスが、守備陣の要であるDFチアゴ・マルチンスが移籍を前提とした調整に入り、チームを離脱したと公式サイトで発表している。国内メディアの報道によればメジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティに移籍するようだ。既にクラブ間合意に達しており、メディカルチェックが終われば公式に発表されるという。

ここにきて守備陣の要を奪われてしまったマリノスだが、同日にサガン鳥栖からDFエドゥアルドの獲得を発表している。物凄いスピードで穴埋めを行ったマリノスだが、的確な補強だといえるか。2013年にガイナーレ鳥取に移籍して以降、日本で長くプレイしている選手であり、今季で9シーズン目となる。アメリカへ移籍いたチアゴと比べ一つ格は落ちるかも知れないが、ビルドアップや相手の攻撃を跳ね返す守備は彼の武器であり、新しいディフェンスリーダーとして期待したい。

マリノスの最終ラインといえば、昨季チアゴと共に存在感を発揮したDF畠中慎之輔にも期待が掛かる。畠中もエドゥアルドと同様にビルドアップで輝きながら、守備で強さを見せられる選手であり、2019年には日本代表にも招集されている実力者だ。両者ともに現代型のCBであり、マリノスの攻撃的なサッカーを後方から支えている。

シーズン開幕前のギリギリになって主力を放出するアクシデントに見舞われるも、即戦力の補強と既存戦力で乗り切ることができそうなマリノス。2019年シーズン以降、優勝は川崎に奪われており、今季は王座奪還を目指したい。

 
 
2022/02/04 横浜FMマスカット監督、新加入選手に期待「必ず力になってくれると信じている」 : スポーツ報知

 宮崎キャンプを行っている横浜FMのマスカット監督が4日、オンライン取材に応じた。チームは5日に今季2度目の対外試合となる練習試合を残すのみ。3週間弱にわたるキャンプ活動に一定の手応えを示すとともに、シーズン開幕を見据え、新加入選手にも期待を寄せた。

 先月24日までに5選手の新型コロナウイルス陽性が確認され、5日間ほど全体練習が中止となる期間も。それでも「チャレンジなキャンプになった。残念ながら何人か練習に合流できない選手もいて、練習試合も数試合キャンセルになったが、精神的に自分たちが強くならないと、と試された」。一丸となり、できることに全力を注いだ。

 昨年7月に就任した指揮官は、今シーズンはキャンプからチーム強化に着手。「練習も、移動までも、常に何事も100%でやろう」と選手に呼びかけ、序盤から強度の高い練習メニューを組んだ。「例年よりハード」と充実した表情で話す選手も多くいたが、「マリノスとして作り上げてきたスタイルは確立されている。何かを変えるのではなく、今年はプラスしてよりいいサッカーを目指す。全体的に天気にも恵まれ、素晴らしい環境で活動できた」と一定の手応えをつかんでいるようだった。

 キャンプ途中には、大黒柱として約3年半センターバックの主力を担ったDFチアゴマルチンスが米・ニューヨークシティーへの移籍を前提にチームを離脱した。それに伴い、鳥栖からDFエドゥアルドが加入。3日にはブラジル人FWアンデルソン・ロペスの入団が発表された。日本代表FW前田大然(スコットランド・セルティック)ら昨季までの主力が抜けた今季は、レンタル先から5選手が復帰、新加入が8選手と、チーム編成にも大きく動きがあった。

 「彼らに代わる選手はいない」とマリノスで戦ってきた選手の存在の大きさを語ったと同時に「いい強化もできている。いろんな人が大丈夫かなと思うかもしれないが、また違った良さを持った選手が来てくれた。マリノスのために戦ってくれる気持ちが見える」と自信をのぞかせた。平均年齢は2歳ほど若くなった新チーム。「1日でも早く順応するかは自分たちがやっていかないといけない。必ず力になってくれると信じている。一人一人の特徴を見極めて、フレッシュに、いい形でチームを作り上げたい」と意気込んだ。

 3季ぶりのリーグ制覇、アジア・チャンピオンズリーグにも2季ぶりに挑むシーズンだが、まずは2週間後に迫った開幕戦(19日・対C大阪)での白星をまっすぐに見据える。「とにかくフォーカスしたいのは日々の練習。開幕戦に集中した上で、毎日の練習に取り組みたい」と言い切った。

 
 
2022/02/04 「正直悩んだ」 横浜FM移籍のエドゥアルド、電撃オファーに意欲「いつかプレーしたいと思っていた」 | フットボールゾーン

— チアゴ・マルチンスが移籍を前提とした調整に入り、2月2日に横浜FMへ電撃移籍が決定

 J1横浜F・マリノスは2月2日、サガン鳥栖からブラジル人DFエドゥアルドを完全移籍で獲得した。同日夕方からキャンプに合流したセンターバックは4日にオンライン会見に応じ、「チアゴはクラブに名を残したと思うけど、次は僕の番」と意気込みを語った。

 横浜FMはブラジル人DFチアゴ・マルチンスが、移籍を前提とした調整に入り、チームを離脱。同日、昨季鳥栖でキャプテンを務め、リーグ戦36試合3得点を記録したエドゥアルドの獲得が発表された。

 急なオファーに「正直悩んだ」と明かすエドゥアルドだが、横浜FMに関しては「いつかはプレーしたいと思っていた」という。

「悩みましたが、鳥栖が(金明輝)監督が抜けてゼロからのスタートだったので決断しやすかった部分はあります。あとは(横浜FMが)伝統あるクラブ、魅力的なサッカーをしているから選びました」

 2019年にJリーグベストイレブンに輝くなど、リーグ屈指のセンターバックとして鳴らしたチアゴ・マルチンスの代わりに活躍が期待されるが「僕は鳥栖で2シーズン、好調だったと思います。選手として伸びた2年間。キャプテンも任されていたのでリーダーシップも含めて、鳥栖でやってきたことを見せたいです」と意気込む。

「チアゴの穴に関してですが、僕らは特長が違います。チアゴはクラブに名を残したと思います。次は僕の番。プレスをかける時、かけない時、サイドバックを動かす、あるいはボランチを動かすコミュニケーション、ピルドアップのパス、空中戦の強さ、僕のスタイルをみんなにも見せていきたいですね。新たなチャレンジではありますが、マリノスのようなクラブにはタイトルが必要。ファン・サポーターのために力を合わせていきたい」

 来日10年目を迎えたエドゥアルドが、新天地でどのような活躍を見せるのか注目が集まる。

 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る