夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2020/4/23) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2020/4/23(木)タウンニュースで再び、遠藤渓太選手が)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

4月25日(土)新商品発売のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(タオマフは無し(定点 )
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームは活動自粛中)
 
 

Twitter / Instagram


 
 

Webニュースログ

2020/04/23 【担当コラム|横浜】喜田拓也の揺るぎない“チーム愛”、そして仲間を信じる心 | サッカーダイジェストWeb

–「そういう気持ちがあるだけでは意味がない」

 小学生からトリコロール一筋。今季の横浜F・マリノスで、扇原貴宏、マルコス・ジュニオールとともにキャプテンを務める喜田拓也の“チーム愛”は揺るぎない。

 今年の8月で26歳を迎える。サッカー人生のほぼすべてをF・マリノスで過ごしているだけに、「当然、愛着もある」。

 ただし、このクラブが好きだから、という想いだけでF・マリノスにその身を置いているわけではない。「勝つために必要だと思ってもらえるように」常に高みを目指し、自らをアップデートさせている。生え抜きというだけで、厳しいプロの世界で契約を勝ち取れないのは、本人も重々承知している。「この先、どうなるかなんて誰にも分からない」と。

 常に危機感を抱いてはいるが、「ただ……」と言って、喜田はこう続ける。

「この先、何があったとしても、愛があることは間違いない。自分にとって特別なクラブ。それはもう、何ものにも代えられない」

 少なくとも、今はその唯一無二のクラブであるF・マリノスの一員である以上、すべてを捧げる覚悟でいる。「F・マリノスを知る身として、引っ張っていく責任がある」と意気込む。それは「使命」という言葉にも置き換える。

「別に、育成出身だからやらなければいけないっていうこともないけど、育成出身だからこそ、という意味はあるとも思う。新しく入ってくる人も、覚悟を持って来てくれているはず。それでも、各々のパーソナリティもあるし、誰かが引っ張っていかないといけない」

 発する言葉も熱を帯びてくる。「そういう気持ちがあるだけでは意味がない。それを示さないと。結果で表わしていかないと」と表情を引き締める。

 とはいえ、独り善がりになっているわけではない。気力を奮い立たせてはいるが、気負っているわけではない。

「チームを良い方向に導きたい。それは常に考えていることで、誰かが行動を起こさないといけないと思うけど、でもそれは自分ひとりで作れるものではないので。上手くバランスを取りながら、引っ張っていければいい」

–再び、極上の喜びを分かち合うために

 自分が先頭に立って戦うつもりでいる。その自覚はある一方で、すべてのチームメイトにも厚い信頼を寄せている。昨季は15年ぶり4度目のリーグ制覇を成し遂げた。シーズンが開幕したばかりの頃、喜田はこんな風に語っていた。

「チームとして、タイトルという目標は明確に設定されている。そこは、プレーしている選手たち自身がブレてはいけない。本当に、みんなが信じないと成し遂げられない。そんな簡単なものでもないし、甘いものでもない。それ相応の覚悟だったり、気持ちを持たないと、優勝は辿り着けない場所だってことは、みんな分かっていると思う」

 数か月後、銀色に光り輝くシャーレを誇らしげに掲げる喜田の姿があった。確かな成功体験がある。今季も自分を信じ、仲間を信じて、愛すべきF・マリノスのために、再び、タイトルという極上の喜びをファン・サポーターと分かち合うために、喜田は無心に走り続ける。

文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

2020/04/23 【秘蔵フォト裏話】美人妻とのラブラブショットは“逆オファー”で実現! | サッカーダイジェストWeb

–「俺たちも撮ってよ!」と逆オファー

 昨季はシーズン途中の加入ながら、12試合で8ゴールと非凡な決定力を見せ、横浜F・マリノスのリーグ優勝に大きく貢献したFWエリキ。来日初ゴールとなる24節・名古屋戦で決めた鮮やかなバイシクルシュートは、特大のインパクトを放った。

 15年ぶり4度目の歓喜に沸いた最終節のホームFC東京戦後、選手たちを陰ながら支えていたパートナーたちもピッチに登場。弊社カメラマンがチアゴ・マルチンス夫妻のツーショットを撮影していることに気づいたエリキは、夫人を連れ添って「俺たちも撮ってよ!」とノリノリで申し出る。

 通常はカメラマンから声をかけて、目線をもらったり、ポーズをとってもらうことが多いが、この時ばかりは選手からのまさかの“逆オファー”で、幸せいっぱいなふたりが写真におさまった。

2020/04/23 J中断も「最善尽くす」 オンライン活用で遠隔練習 神奈川 – 産経ニュース

 新型コロナウイルスの影響でプロサッカー・明治安田生命J1リーグの公式戦再開の見通しが立たず、活動を制限された各クラブは遠隔練習やミーティングなどにオンラインを活用しており、横浜F・マリノスはウェブでコーチの指示を受けながら自宅で調整する選手の姿を報道陣に公開した。

 主将の喜田拓也選手は「みんなの顔を見られるし、きついメニューもある。こういう状況でも最善は尽くしている」と前向きだ。約1時間半の練習は体幹トレーニングが中心。田中章博コンディショニングコーチが手本を見せ、選手が続いた。

 各選手の動きをチェックした田中コーチは「顔を見てこういうふうにやるんだよというのを発信できる。メニューを渡し、これをやっておいてくださいというのとは違う」と語った。

2020/04/23 横浜F・マリノス 選手が手指消毒をPR メッセージ動画も配信 | 港南区・栄区 | タウンニュース

 横浜F・マリノスは、新型コロナウイルスの感染拡大防止啓発活動の一環として、選手による「正しい手指消毒」の動画を制作し、再開を待ち望むファンに向けた選手からのメッセージとあわせて配信を開始した。

–コロナ予防呼びかけ

 動画はJリーグがヤフー(株)、スポーツナビ(株)と共同で開始した新型コロナウイルスの感染拡大防止啓発活動「STOP!新型コロナウイルス」の一環として制作されたもの。J1所属の18クラブが厚生労働省の協力のもと、正しい消毒や手洗いの仕方、マスクの付け方や咳エチケットなどを動画で紹介し、各クラブの公式サイト、SNS等でも発信している。

 横浜F・マリノスは「正しい消毒液での手指消毒」をテーマにMF遠藤渓太選手が約1分の動画内で手指消毒を実践し、消毒液をすりこむ順番やコツを解説している。市内出身で今季から選手会長に就任した遠藤選手は「感染拡大防止のため、自らできる予防を行っていきましょう」と呼びかける。

 現在Jリーグは、5月27日までに開催予定だった全公式戦の延期を決定し、横浜F・マリノスも現在はトップチームの活動を休止している。

 リーグ戦再開のめどが立たない中、マリノスはクラブの公式ユーチューブチャンネル上で、メッセージ動画を公開し、キャプテンのMF喜田拓也選手とMF扇原貴宏選手が登場。

 喜田選手は「皆さんと触れ合う機会がなく残念です。再開に向け、選手・スタッフ・チームは最高の準備をしています。一緒に頑張っていきましょう」とメッセージを送っている。

2020/04/23 横浜F・マリノス 選手が手指消毒をPR メッセージ動画も配信 | 泉区 | タウンニュース

 サッカーJ1の横浜F・マリノスは、新型コロナ拡大防止啓発活動「STOP!新型コロナウイルス」の一環として、選手による「正しい手指消毒」の動画を制作した=写真。

 この取り組みは、Jリーグとヤフー(株)、スポーツナビ(株)が共同で行っているもの。厚労省の協力のもと、J1所属の18クラブが正しい消毒や手洗いの仕方、マスクの付け方や咳エチケット等の動画を制作。各動画は、スポーツナビ特設ページ等で発信中だ。

 横浜F・マリノスは、「正しい消毒液での手指消毒」をテーマに動画を制作した。MF遠藤渓太選手が約1分の動画内で手指消毒を実践し、消毒液をすりこむ順番を解説。洗い流さないことや手を振って乾かさないことなどの注意点も紹介。

 今シーズンから選手会長に就任した遠藤選手は「感染拡大防止のため、予防をしましょう」と呼びかける。

–再開目指して

 Jリーグは、5月27日までに開催予定だった全公式戦の延期を決定(以降の試合開催は未定/4月12日時点)。マリノスは、クラブの公式ユーチューブチャンネルで、メッセージ動画も公開。登場するのは、キャプテンのMF喜田拓也選手とMF扇原貴宏選手。

 喜田選手は「再開に向け、準備をしています。一緒に頑張っていきましょう」、扇原選手は「みんなでこの状況を乗り越えましょう」とそれぞれ再開を待ち望むファン・サポーターにメッセージを送る。

2020/04/23 選手と過ごす”おうち時間” 横浜FM、オンラインイベント | 港北区 | タウンニュース

 サッカーJ1の横浜F・マリノスは18日、オンラインイベント「Stay Home with F・マリノス」を開催した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛を受け、選手が発案・企画したもの。クラブの公式インスタグラムとユーチューブでライブ配信され、選手はそれぞれの自宅から参加。トークライブやゲーム対決の企画が行われ、ファンとの交流を楽しんだ。

 発案者のひとり、MF大津祐樹選手は「選手として何か貢献できないかと選手全員で話し合い、オンラインイベントの開催を決めた。家にいる時間を選手と共に楽しんでもらえたら嬉しい」とコメントしている。

2020/04/23 横浜F・マリノス、歴代最強外国籍選手5人。Jリーグ初代得点王ディアスから現役最強CBまで | フットボールチャンネル※一部抜粋

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、横浜F・マリノス(横浜マリノス時代も含む)で活躍した外国籍選手を5人紹介する。

–Jリーグ初代得点王

ラモン・ディアス(元アルゼンチン代表)

生年月日:1959年8月29日(60歳)
在籍期間:1993年〜1995年
J通算成績:75試合出場/52得点

 ナポリやインテル、モナコといった欧州クラブで実績を積み重ねてきたアルゼンチン代表FWは、1993年の来日時すでに33歳になっていた。とはいえ得点力にサビつきはなく、Jリーグ開幕の1993シーズンは28ものゴールを奪って初代得点王&ベストイレブンに輝いた。

 ほとんど左足だけでボールを扱ったが、それでもペナルティエリア内では敵なし。2年目の1994年も23得点を挙げる活躍を披露した。Jリーグでは約2年間のみのプレーながら4度のハットトリックを達成している。さらなる貢献が期待された1995年は同胞のホルヘ・ソラーリ新監督と対立し、Jリーグ第5節から第10節までの6試合にだけ出場して横浜マリノスを退団。リーグ初制覇の喜びを味わうことなく、そのまま現役を引退することとなった。
 
 
–Jリーグ初制覇の原動力

ダビド・ビスコンティ(元アルゼンチン代表)

生年月日:1968年9月22日(51歳)
在籍期間:1993年〜1996年
J1通算成績:138試合出場/62得点
J2通算成績:39試合出場/14得点

 アルゼンチンリーグ得点王の経験もあるビスコンティは、1993年にマリノスへ加入すると1年目から主力として攻撃の核を担う。1994年まではラモン・ディアスの相棒的な役回りでゴールをお膳立てすることが多かったが、エースの退団後は自らが高確率でゴールネットを揺らす得点源となった。

 1995年にはリーグ戦で得点ランキング3位となる27得点を挙げ、マリノスの初優勝を引き寄せた。翌年、マリノスを退団した後はチリのウニベルシダ・カトリカ、スペイン2部のCDバダホス、母国アルゼンチンのヒムナシア・デ・フフイに在籍し、2000年に再来日する。2度目のJリーグではアビスパ福岡とサガン鳥栖でプレーし、アルゼンチンへ帰国した。

–GK以外全対応のユーティリティ

ユ・サンチョル(元韓国代表)

生年月日:1971年10月18日(48歳)
在籍期間:1999年〜2000年、2003年〜2004年
J1通算成績:113試合出場/44得点

 蔚山現代FCでプレーしていた柳想鐵がステップアップ先に選んだのが、横浜F・マリノスだった。1999年に来日すると、本職のセントラルMFとしてだけでなくストライカーとしても起用され、2年目の2000年には17得点を挙げる大活躍。ファーストステージ優勝にも貢献した。

 2001年からは西野朗監督(当時)の誘いを受けて柏レイソルに移籍し、ホン・ミョンボやファン・ソンホンと豪華な韓国代表トリオを形成。2002年夏に退団して一度韓国へ戻り、古巣の蔚山現代でプレーしていたところ、1年後に今度はマリノスを率いる岡田武史監督から呼び寄せられた。

 マリノスはブラジル代表のカフーの獲得を検討していたが契約に至らず、柳想鐵を右サイドバックとして獲得。2003年夏に横浜に戻ってきたファイターは、自慢のユーティリティ性で岡田監督の要求に応えてファーストステージとセカンドステージの優勝、さらに完全優勝に大きく貢献した。

 2004年もファーストステージ優勝を支え、浦和レッズとのサントリーチャンピオンシップを制しての2連覇を経験。その後、韓国へ戻って2006年3月に現役引退を表明した。

 引退後は指導者として評価を高めていたが、仁川ユナイテッドの監督を務めていた2019年11月に自身がステージ4のすい臓がんであることを公表。シーズン終了までチームを率いてKリーグ1残留に導いたのちに勇退し、現在は闘病中だ。2020年のJリーグ開幕戦では古巣マリノスの試合に来場し、ファンの前で力強く挨拶して完全復活を誓った。

–38歳で再加入の鉄人サイドバック

ドゥトラ(ブラジル出身)

生年月日:1973年8月11日(46歳)
在籍期間:2001年〜2006年、2012年〜2014年
J1通算成績:213試合出場/9得点

 2001年夏、ブラジルのスポルチ・レシフェからマリノスにやってきた。当初は半年間の期限付き移籍だったため、通算8年もJリーグでプレーすることになると本人も想像できなかっただろう。ラザロニ監督から信頼されたドゥトラはすぐさま左サイドバックのレギュラーに収まり、J2降格の危機に瀕していたマリノスを救った。

 2003年と2004年には不動の左サイドバックとしてマリノスのJリーグ2連覇に貢献し、個人としても2年連続のベストイレブンに輝いた。2006シーズン限りで一度退団することになるが、後半戦のみのプレーだった移籍初年度を除いて全てのシーズンでリーグ戦25試合以上に出場するなど、まさに鉄人のごとき活躍だった。

 2007年からは古巣スポルチ・レシフェへ戻り、ブラジルでプレーしていたが、2012年3月にマリノスへ電撃復帰を果たす。直前に天野貴史が全治8ヶ月の大怪我を負って長期離脱が決まったところでの帰還だった。獲得のきっかけは、その約2ヶ月前に行われた松田直樹氏の追悼メモリアルゲームで見せたエネルギッシュなプレーだったとされる。

 復帰当時38歳になっていたドゥトラだが、プレーは衰え知らずで、以前と変わらない豊富な運動量を披露。左サイドバックのレギュラーをがっちり掴んだ。2014年も契約を更新したが、夏に満了時期を設定してそのまま現役を引退。現在はブラジルに戻って古巣サンタ・クルスでコーチを務めているようだ。

–Jリーグ現役最強センターバック

チアゴ・マルチンス(ブラジル出身)

生年月日:1995年3月17日(25歳)
在籍期間:2018年〜現在
J1通算成績:47試合出場/0得点

 パルメイラスでくすぶっていた有望株は、Jリーグ屈指のセンターバックとしての評価を確立した。2018年夏から1年半の期限付き移籍でマリノスに加入すると、すぐに定位置を確保して存在感を発揮する。そして2019年はマリノスの15年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献し、ベストイレブンも受賞した。

 圧倒的なスピードで広範囲をカバーする能力、強靭なフィジカルを活かした対人能力、攻撃の起点となるビルドアップ能力をバランスよく兼ね備え、非の打ち所がないJリーグの現役最強センターバックと言って差し支えないだろう。

 日本語の勉強にも熱心で、チームメイトたちと積極的にコミュニケーションを図り、簡単な言葉や会話であれば意味を理解できる。日本代表に定着した畠中槙之輔とのコンビネーションは熟練の域で、2020シーズンからは完全移籍に切り替わっていたが、今年3月上旬の練習で右第5中足骨を骨折。現在はブラジルに戻って完全復活を目指しリハビリに励む。

2020/04/23 ユ・サンチョルら元Jリーガーも多数!“コンバート”で成功したKリーガーを一挙紹介|スポーツソウル日本版※一部抜粋

サッカーというスポーツでは、 “コンバート”によって従来のポジションよりもさらなる活躍を披露した選手が数多くいる。

だが、言葉でいうほど簡単なものではない。各ポジションで要求される能力が異なるだけでなく、慣れ親しんだポジションを変更することのリスクも存在するからだ。

今回は、コンバートによって見事成功をつかんだ韓国Kリーグの選手を紹介する。
(中略)
–元Jリーガーはオールラウンダーな活躍を披露

ゴールキーパー以外のすべてのポジションでKリーグのベストイレブンを受賞した選手もいる。キム・ジュソン(54)とユ・サンチョル(48)がその主人公だ。
(中略)
かつて横浜F・マリノスや柏レイソルで活躍したユ・サンチョルもやはり、フィールドプレーヤーのすべてのポジションをこなした選手だ。

ディフェンダーとしては1994年、蔚山現代FCでのデビューシーズンでベストイレブンに名を連ねると、その4年後にはKリーグ得点王に輝き、ベストイレブンにもミッドフィールダーとして選出された。

その後、2002年にはフォワードとしてベストイレブンに選ばれた。

引退後、指導者としてのキャリアを進めたユ・サンチョルは、仁川ユナイテッドFCの監督を務めていた2019年11月にすい臓がんであることを公表。

同年限りで監督を退任し、現在は治療に励んでいる。

 
 

今日のこけまり

【ホームタウン】マリノスを応援してくれているお店を応援しよう!【テイクアウトマップ】
【ホームタウン】マリノスを応援してくれているお店を応援しよう!【テイクアウトマップ】
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る