【Weblog】2013/03/09 J1第2節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@IAIスタジアム日本平

Pocket
LINEで送る

こけまり

【俺メモ】2013/03/09 J1第2節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@IAIスタジアム日本平

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2013 J1  第2節 横浜F・マリノスvs清水エスパルス
選手コメント:マルキーニョス/榎本哲也/兵藤慎剛

J’s GOAL ゲームサマリー

2013 J1 第2節 清水 vs 横浜FM(アイスタ)
選手コメント:栗原勇蔵/中町公祐

Twitter

YouTube


2013 J1第2節 清水エスパルスvs横浜F・マリノス


中村俊輔プレー集 2013 J1第2節


2013/3/9 J1第2節 清水エスパルス戦@IAIスタジアム日本平

ネットニュース・Weblog

[ゲキサカ]
清水vs横浜FM 試合記録
マルキーニョスのハットなどで清水を粉砕!横浜FMは2試合で9得点と攻撃陣が大爆発!!

[3.9 J1第2節 清水0-5横浜FM アイスタ]

 横浜F・マリノスの攻撃力が爆発した。横浜FMは敵地で清水エスパルスと対戦。FWマルキーニョスのハットトリックなどで、5得点を奪い、5-0で大勝した。4-2で勝利した開幕戦の湘南戦に続く大勝劇を見せた。

 前節大宮戦は2点ビハインドから追いつきドローで終えた清水。左SBに前節、同点FKを決めたDF内田健太を先発で起用。中盤では村松大輔に代えて河井陽介を先発出場させた。
 対する横浜FMは、4-2で勝利した湘南との開幕戦からメンバーを変えずに、この試合に臨んだ。

 横浜FMが早々に試合を動かす。まずは前半3分、左サイドからのCKをMF中村俊輔が蹴ると、ファーサイドでDF栗原勇蔵がドンピシャヘッドで合わせたが、バーを直撃。だが同6分、今度は右サイドからのCKを獲得すると、中村はニアに早いボールを上げる。DF中澤佑二とFWバレーが競り合いながら飛び込むと、ボールは直接ゴールネットに吸い込まれた。当初はバレーをかすめたとしてオウンゴールと判定されたが、試合後、中村のゴールに訂正された。

 さらに勢いづく横浜FMは39分、MF富澤清太郎の縦パスに反応したMF兵藤慎剛が絶妙トラップでボールを受けると、反転し右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 2点のビハインドを背負い、前半を折り返した清水は後半から河井に代えてFW瀬沼優司を投入。局面の打開を図った。

 だが次の得点も横浜FMに生まれる。後半26分、前節も途中出場でゴールを奪ったMF齋藤学が左サイドを突破すると、クロスが混戦の中でこぼれる。これを猛然と走り込んだFWマルキーニョスが押し込む。さらに43分、中村の浮き球パスで抜け出したマルキーニョスがゴール左隅に突き刺し4点目。トドメは45分、マルキーニョスがハットトリックを達成させ、清水に快勝した。

[カナロコ]
横浜M:猛攻5発、マルキーニョスが圧巻ハット

 J史上最強助っ人。そう呼ばれるのも、もはや時間の問題だろう。

 横浜MのFWマルキーニョスが鹿島時代の2010年9月18日大宮戦以来、自身2度目のハットトリック。J1通算得点は124点となり、名古屋、広島などで活躍した得点ランク歴代4位で外国人選手トップのウェズレイに並んだ。

 「1試合で3点決めるのは、なかなか難しい。何よりもチームの勝利がうれしいよ」。ゴール前でいつも落ち着き払ったゴールを決める点取り屋は、言葉もクールに偉業を振り返った。

 2-0の後半26分から、わずか19分間。背番号18の圧巻のゴールラッシュだった。

 ゴール前の混戦で、斎藤のパスを右足でねじ込むと、その17分後にはGKとの1対1を冷静に右足で決めた。締めは試合終了間際の同45分。斎藤のグラウンダーの右クロスに左足で合わせた。

 昨シーズンは、開幕直前の腰痛で戦線を離脱。エースが不在にしている間に、クラブはワーストの7試合連続未勝利という船出を強いられただけに責任を感じていた。

 オフは母国ブラジルでみっちり調整。「今までで一番動いた」という調整を経て来日した。

 外国人選手最多ゴールなんて、もう小さなターゲットだ。「鹿島で得点王を取ったとき(08年の21得点)ぐらいは取りたいね」

 今月23日には37歳になるストライカー。優勝請負人が、マリノスでもう一花を咲かせる。

横浜M:FW斎藤「マルキが決めてくれてよかった」

◆選手ひと言
 MF兵藤 (1-0の前半39分、ループシュートで今季初得点)GKの位置を見極めて、絶対止められないシュートを打てた。

 FW斎藤 (途中出場でマルキーニョスの3点目をアシスト)マルキがフリーなのは分かっていた。そんな簡単なシュートじゃない。決めてくれてよかった。

[スポニチ]
俊輔 5発口火弾はJ通算50得点!

 横浜のエースMF中村が大量点の口火を切った。前半8分の右CK。ゴールに向かう鋭いボールをニアに蹴りネットを揺らした。

 最初の発表はオウンゴールだったが、その後、中村の得点に訂正。プロ入り以来17年連続のFK弾を決めた湘南との開幕戦に続く連発弾は、史上67人目のJ1通算50得点。「(記録には)興味ない」とそっけなかったが「セットプレーで先制すると、その後の展開が楽になる」とゴールそのものには満足げだった。

マルキ ハットで助っ人最多弾!横浜 5発大勝で堅首

 横浜はアウェーで清水に5―0と大勝し、首位をキープした。前半8分にMF中村俊輔(34)がJ1通算50得点目を右CKから直接決めて先制すると、FWマルキーニョス(36)が今季Jリーグ初のハットトリックを達成。通算得点を124とし、名古屋などでプレーしたFWウェズレイの持つ外国人選手の歴代最多得点記録に並んだ。

 ショーの幕開けは2―0の後半26分、斎藤のクロスがゴール前の混戦からこぼれたところを右足で押し込み、まず1点。同43分には中村の浮き球のスルーパスに合わせて抜け出し、GKと1対1となり右足で冷静に叩き込んだ。2分後には斎藤の右クロスに左足を合わせ、10年9月18日の大宮戦以来自身2度目のハットトリックを達成した。

 マルキーニョスは「幸せ。自分の得点でチームがしっかり勝ったことが大事」と端正なマスクを崩した。これでJ1通算得点は124。通算得点記録で歴代4位となり、ウェズレイの外国人最多記録に並んだ。

 01年に初来日して東京Vに加入。当初はスピードはあるが粗削りで、プレーにもムラがあると評判だった。だが03年に左アキレス腱断裂の大ケガを負ったことがきっかけでプレースタイルを変えた。もともと高い技術を持っていたが、確実性を重視し磨きをかけた。この日の3得点も正確なキックで生み出した。

 昨季は腰痛で出遅れ、開幕から8試合欠場。その間チームも勝てなかった。今オフは「今までの中で一番動いた」とトレーニングを積んで開幕から好調をキープ。2試合で5得点の大暴れだ。

 16日の次戦は、そのシーズンで初得点を奪ったチームが降格するという「デスゴール伝説」を持つFW前田が率いる磐田が相手。だが日本代表DF栗原は「調子の良いときに当たれるのは良い。万が一、取られても1年間、緊張感を持ってやれるからいいんじゃない」と意に介さない。今月23日に37歳を迎えるベテランFWにけん引された横浜が、このままの勢いで突っ走る。

 ≪横浜 2戦で9得点≫横浜が5―0の大勝。2日の開幕戦(○4―2湘南)と合わせて2戦9得点。開幕から2試合での通算最多得点は06年川崎Fの13得点(○6―0、○7―2)。横浜では95年の10得点(□4―3鹿島、○6―2V川崎)に次ぐ開幕2戦での量産となった。また、2節終了時での単独首位は2シーズン制時代は3度あるが、1シーズン制になってからは初。

 ≪マルキ 自身2度目のハット≫マルキーニョスが自身2度目、J1通算196度目、横浜としては16度目のハットトリックを達成。J1通算得点をウェズレイに並ぶ歴代4位タイの124得点とした。

[ニッカン]
【横浜】5発快勝!5年ぶり開幕連勝/J1

<J1:清水0-5横浜>◇第2節◇9日◇アイスタ

 横浜のMF兵藤慎剛(27)が今季初得点を決め、5年ぶりの開幕連勝に貢献した。

 前半39分、MF富沢清太郎(30)のスルーパスに抜け出すと、飛び出した相手GKの頭上を越すループシュートでネットを揺らした。試合後、樋口靖洋監督(51)は「前半のうちにきっちり追加点を取れたことが後半につながった」と評価した。

[スポーツ報知]
【横浜M】2戦9発!マルキ、ハットで助っ人最多タイ124得点

◆J1第2節 清水0―5横浜M(9日・IAIスタジアム日本平) F東京のFW渡辺千真(26)が、日本代表入りをアピールした。前半6分の先制点など2得点。ホームで柏に3―0と完勝し、開幕連勝に大きく貢献した。横浜MはFWマルキーニョス(36)がハットトリックするなど清水に5―0で大勝。マルキーニョスは外国人選手のJ1通算最多得点記録(124点)に並んだ。浦和は本拠地で名古屋を下し2連勝。昨季王者の広島は新潟に2―1で辛勝し、初白星を挙げた。

 前半8分、MF中村の1発が横浜Mのゴールラッシュへの号砲だった。右CKに、誰も反応できないままボールは清水GK林の頭を越え、ゴールへ吸い込まれた。開幕戦の湘南戦(2日、日産ス)でのFK弾に続く2戦連発。「ニアサイド狙って、誰か後ろから突っ込んでくればと思っていた。狙ったわけじゃないんだけどね」と、試合後は照れ笑いしたFKの名手は史上67人目のJ1通算50得点を達成した。

 前半39分にMF兵藤のゴールで2―0として折り返すと、後半はFWマルキーニョスの独り舞台だ。後半26分のゴールを手始めに同43分、試合終了直前の後半45分にはMF斎藤からのパスを受け取り左足で3点目。鹿島時代の10年9月18日の大宮戦以来となる2度目のハットトリックでJ通算124得点となり、広島、名古屋で活躍したウェズレイに並び、Jの外国人歴代最多得点に並んだ。

 昨季は開幕7戦未勝利、18チーム中13位の44得点と得点力不足に悩んだチームが開幕戦の4得点に続く大爆発。開幕から2試合で9得点は1995年の10点に次ぐ、クラブ史上2位の記録だ。08年以来の連勝スタートでがっちり首位をキープし、「去年よりFWと中盤、中盤とサイドバックといったコンビネーションがよくなっている。記録より勝ったことが何よりうれしいよ」とマルキーニョスは笑顔を見せた。

 次節はいよいよ、まだ“デスゴール”を決めていないFW前田を擁する磐田をホームで迎え撃つ。前田がリーグ戦初ゴールを奪った相手は6季連続でJ2に降格中だが、DF栗原は「勝っているので余裕を持って対戦できます」と、ニヤリ。2戦5発と絶好調のマルキーニョスに俊輔のFKとセットプレー。この日、完封した守備陣と攻守に力を見せる横浜Mが呪いも打ち破る。

[サンスポ]
横浜M、開幕戦に続く大量5ゴールで2連勝!

 J1第2節(9日、清水0-5横浜M、アイスタ)攻撃が好調な横浜Mは開幕2連勝した。マルキーニョスのハットトリックなどで5点を挙げ、開幕戦の4点に続く大量点となった。

 後半26分から相次いで3得点したFWは「何よりもうれしいのは得点を決めてチームが勝利を収めたこと。去年に比べてコンビネーションが良くなっている」と状態の良さを強調した。

 途中出場で2アシストの斎藤は「マルキがフリーなのが見えた。最後のゴールはマルキのハットトリックも頭にあった」と喜んだ。昨季までの得点力不足を感じさせないが、斎藤は「ここから落ちていくチームはいくらでもある。これを続けていかないといけない」と気を引き締め直した。(共同)

[Jリーグ]2013Jリーグディビジョン1 第2節 マルキーニョス 選手(横浜FM)ハットトリック達成

2013Jリーグディビジョン1 第2節 清水エスパルス vs 横浜F・マリノス(IAIスタジアム日本平/14:03キックオフ)の試合において、マルキーニョス選手(横浜F・マリノス)がハットトリックを達成いたしました。

マルキーニョス選手は、J1リーグ戦 2回目のハットトリック達成、
横浜F・マリノスとしては、J1リーグ戦 16回目のハットトリック達成となります。
このハットトリックは、J1リーグ戦 今季1回目、通算196回目のハットトリックとなります。

[ドメサカ板まとめブログ]
【J1第2節】横浜Mマルキハット達成で夢スコア!開幕2連勝を飾る 他…各チームスレまとめ(その2)

[footballnet]
杉山茂樹「エスパルスは日本のアヤックス」→清水がホームでマリノスに0-5大敗…EUROに続きデスコラムっぷりを見せつける

今週の他会場など

[footballnet]レッズGK加藤がセーブしたら、埼スタの新ビジョンに「Nice Save!!」とアメスポみたいな演出が!(画像あり)
(´-`).o0(ロスタイム表示でカップヌードルが出てくるみたいな)

[フットボール速報]Jクラブ、宮崎以外46都道府県に!“空白県”から続々と名乗り・・・一方、宮崎関係者「キャンプで十分」 ホンダロック「予定なし」
(´-`).o0(神奈川は6つでしたっけ?)
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる

Pocket
LINEで送る