【試合結果まとめ(1△1:ノックアウトステージ進出)】2018/6/9(土)14:00 YBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦 ヴィッセル神戸vs.横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸

Pocket
LINEで送る


 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2018 ルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦 vs ヴィッセル神戸 試合レポート | 横浜F・マリノス 公式サイト

監督コメント

アンジェ ポステコグルー 監督
「もちろんプレーオフステージを突破できたことは良かったのですけれども、それ以上に試合をかなりコントロールできたことが良かったと思っています。
前半、自分たちの一つのミスから失点してしまったのですけれども、後半は自分たちの方がチャンスをつくれていました。
相手が点を取らなければならない状況の中で、F・マリノスの方がどん欲に点を取りに行ってたのではないかと思います。その点は、選手を褒めたいし非常に良かったと思います。
ここ3、4週間、良い内容と良い結果が出てきていると思います。
中断期間もしっかりとトレーニングをして後期に向けて頑張りたいと思います」

質問:アドバンテージがある中での第2戦、どういうゲームプランを描いて臨みましたか?
「毎試合毎試合、変わることはありません。自分たちのサッカーである、攻撃的なサッカーを行って、良いパフォーマンスを発揮する。そのように、ここまで、ほぼ同じようなサッカーができていると思います」

選手コメント

松原 健
「2戦合計のスコアは関係なく、まずはしっかり今日の試合を勝ちにいくという共通意識は、みんな持っていました。
試合全体を通して僕たちのほうが攻める時間が多かったし、後半は特に数的優位をつくれていた。自分たちの不用意なミスから失点して、結果はもったいない引き分けでした。
(前半戦を振り返ると)シーズン当初だったら、1点を先に取られると、僕たちもサポーターの皆さんも、負けちゃうのかなと思ったでしょうが、今は1点取られても2点、3点取り返せる力がついてきました。
キャンプでさらにスキルアップして、後半戦も自分たちの力を出していきたいです」

大津 祐樹
「(スタートはセンターFW、途中から左のウイングで、そこでウーゴの得点をアシスト)今日はあまり(中央では)スペースがなかったので、どちらかというと左のほうがボールがもらえるなと試合中に考えていました。そうしたら交代のタイミングで左にまわされた。その前から、ウーゴが真ん中というシチュエーションは考えていたし、いい準備ができたかなと思います。
ウーゴは、ああいう動きが得意だし、僕がターンした瞬間は中も見えていました。イメージがぴったり合いました。仲間を信じて良かったです。
今日は暑かったけど、みんな最後まで走り切れて、プレーが連動して一つになっていたと思います。自分としても、すごく自信がつきました」

金井 貢史
「(先に失点したが)それでもチームは慌てずに、絶対に点は取れると思ってやり続けた。
前線からみんな守備を頑張ってくれたので、1点に抑えられてよかったと思います。僕自身、佑二さんがカバーしてくれていたので思い切ってやるだけでした。
自身の出来は全然良くなかったけど、それでもチームが勝てたことが大きい。次につなげる試合ができたと思う。これで後半戦をサポーターがワクワクして迎えられたら嬉しいです」

Jリーグ.jp

神戸vs横浜FMの試合結果・データ(JリーグYBCルヴァンカップ:2018年6月9日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 6,895人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ ウーゴ ヴィエイラ ]
--同点ゴールを振り返って。
大事な得点、キレイなゴールだったと思う。クロスはいつも良いボールを上げてくれているし、うまくかみ合って良かった。次のステージに進めてとてもうれしいです。

--引き分けでも大丈夫な試合だったが、最後まで攻撃的に戦っていた。
最後までオフェンシブにいって、僕も2回くらいチャンスはあったと思いますし、(追加点を)決められたかなと思いますけど、引き分けの得点を決めることができた。そこで相手は(あと)1点ではなく、2点取らないといけなくなった。相手には希望もなくなったと思いますし、すごく大事な得点だったと思います。

 
 

Twitter / Istagram


 
 

YouTube


【ハイライト】ヴィッセル神戸×横浜F・マリノス「ルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦」 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

サンケイスポーツ

横浜M、攻めのサッカーで神戸下し準々決勝進出/ルヴァン杯 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦が9日に行われ、ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが対戦した。

 第1戦は4-2でホームの横浜FMが取っている。神戸が勝ち残るには、最低でも2ゴールが必要だ。スタメンは第1戦から神戸が2名、横浜FMが1名を変更して臨んだ。

 序盤から両チームともに点を取りに行く姿勢を前面に出していく。13分、神戸がカウンターを仕掛け、右寄りの位置からFW渡邉千真がシュート。これは惜しくも左ポストを叩くも、詰めていたMF藤田直之が抑えの効いたキックでゴールを奪った。ホームの神戸が先制。

 追う横浜FMは、FW仲川輝人の積極的な仕掛けやMF天野純らのセットプレーなどで神戸ゴールへ迫っていく。しかし62分、MF扇原貴宏が担架で運び出され負傷交代となってしまう。

 それでも66分、FW大津祐樹が左サイドからグラウンダーのクロスを供給すると、ニアサイドへ走り込んだFWウーゴ・ヴィエイラがうまく合わせてゴールへと流し込んだ。貴重なアウェイゴールで横浜FMが追いつく。

 試合は1-1のドローとなり、2戦合計スコアを5-3として横浜FMがノックアウトステージ進出を決めた。2点のアドバンテージを守りに行くのではなく、点を取りに行く姿勢を貫いたことが奏功した。(Goal.com)

スポーツ報知

【横浜M】神戸とドローでルヴァン杯8強入り…第1戦の4得点生かす : スポーツ報知

 ◆YBCルヴァン杯プレーオフステージ第2戦 神戸1―1横浜M=2戦合計3―5で横浜Mが準々決勝進出=(9日・ノエビアスタジアム神戸)

 横浜Mは敵地で神戸と1―1で引き分け、2戦で1勝1分け合計5―3で準々決勝進出を決めた。

 この日は前半13分に神戸のMF藤田直之に先制ゴールを許した。0―2での敗戦ならアウェーゴール差で敗退だったが、その後は神戸に決定的なチャンスを作らせなかった。そして後半21分にFWビエイラが同点ゴールを決めて、逃げ切った。

 準々決勝はプレーオフ勝者4チームとACLに出場した川崎、鹿島、C大阪、柏を加えた8チームで、9月上旬に行われる。

サッカーダイジェスト

【ルヴァン杯】横浜が2年ぶりにベスト8進出!2戦合計5-3で神戸を撃破 | サッカーダイジェストWeb

–0-1のビハインドを背負うも後半にH・ヴィエイラが同点弾

 6月9日、ルヴァンカップ・プレーオフステージの2戦目が行なわれ、ノエビアスタジアム神戸では神戸と横浜が相まみえた。

 8強入りを懸けたプレーオフステージは、ホーム&アウェーの合計スコアで争われる。そのなかで横浜はホームで戦った1戦目を4-2で勝利。優位な状態で2戦目を迎えた。

 中澤佑二や天野純などの主力を起用して8強入りを目指した横浜だったが、この日はいきなり出端をくじかれる。13分、ゴール前で渡邉千真が放ったシュートがポストに当たると、こぼれ球を藤田直之に決められてしまったのだ。

 しかし、それ以降、横浜は落ち着いたゲーム運びを披露。巧みにパスを繋ぎながら、攻撃を仕掛けていく。最終ラインも中澤を軸に身体を張ったディフェンスで2点目を許さない。

 すると、横浜は0-1で迎えた66分に途中出場のウーゴ・ヴィエイラが値千金の同点弾。貴重なアウェーゴールを奪い、2戦合計5-3として8強入りに前進する。

 終盤は神戸の猛攻に晒されたが、横浜は最後まで高い集中力を維持。そのまま1-1で試合を終わらせ、2戦合計スコア5-3で2年ぶりにノックアウトステージ進出を決めた。

【ルヴァン杯 神戸 1-1 横浜 PHOTO】第2戦を引き分けに持ち込んだ横浜が決勝Tに進出 | サッカーダイジェストWeb

ゲキサカ

イニエスタの今季ルヴァン出場叶わず…神戸は横浜FMに2戦合計3-5で競り負けPO敗退 | ゲキサカ

 ルヴァン杯プレーオフステージ第2戦が9日に行われ、横浜F・マリノスは敵地でヴィッセル神戸と1-1で引き分けた。2試合合計5-3とし、ノックアウトステージ進出が決定。準々決勝は第1戦が9月5日、第2戦が同9日に開催される。

 2日のプレーオフステージ第1戦ではホームの横浜FMが4-2で勝利。第2戦もFW仲川輝人の突破力を生かして優位に進めていたが、先手を取ったのは神戸だった。

 前半13分、高い位置でパスカットしたMF大槻周平がFW渡邉千真につなぎ、渡邉はPA内右から右足でシュート。左ポストに嫌われるも、跳ね返りをPA内中央のMF藤田直之が左足で蹴り込んだ。

 1点ビハインドで折り返した横浜FMは後半7分にFWユン・イルロクを下げ、FWウーゴ・ヴィエイラを投入。すると同21分、PA左のFW大津祐樹からの折り返しにウーゴ・ヴィエイラが飛び込み、右足で決めて2試合合計5-3と突き放した。

 追いかける神戸は後半30分、MF田中順也との交代で高さのあるFWハーフナー・マイクをピッチへ。同37分にはカウンターで抜け出したMF三田啓貴が、前にポジションを取っていたGK飯倉大樹の隙を突いて早めに右足でシュートを放つも、クロスバーの上に外れる。

 神戸は最後まで2点目が遠く、そのままタイムアップ。プレーオフステージ敗退となり、5月24日に加入が発表されたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの今季ルヴァン杯出場はなくなった。

PO勝ち抜けはすべてGL2位のチーム…ACL組参加の決勝T組み合わせ抽選会は7.29に開催 | ゲキサカ

 ルヴァン杯は9日、プレーオフステージ第2戦を行い、決勝トーナメントに進出する8チームが出揃った。

 プレーオフを勝ち抜いたのは、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ガンバ大阪、ヴァンフォーレ甲府の4チーム。いずれもグループリーグ2位からのプレーオフ出場だった。

 決勝トーナメントでは、この4チームに今季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場の鹿島アントラーズ、柏レイソル、川崎フロンターレ、セレッソ大阪が加わり、計8チームでホーム&アウェー方式によるトーナメント戦を行う。

 なお、組み合わせ抽選会は7月29日(日)にお台場フジテレビにて行われる。

こけまりログ

2018/06/08 【スタジアム観戦情報まとめ】2018/6/9(土)14:00 YBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦 ヴィッセル神戸vs.横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸
 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る