夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2016/4/19)

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

『平成28年 熊本地震』義援金募金活動実施について
(´-`).o0(募金先はJリーグ 熊本地震災害に対する義援金募金に)

【会員限定】5月開催試合イベント募集のお知らせ
(´-`).o0(年間チケット会員とか一般会員とか無料会員が入り乱れてわかりにくくなってきてますね。)
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter


 
 

Webニュースログ

2016/04/19[スポニチ]俊輔が口にしたサブ組への感謝 絶妙スルーパスに込められた想い

 左足が放った1本のパスには熱い想いが込められていた。横浜が敵地に乗り込んだ16日の磐田戦。前半41分だった。司令塔のMF中村俊輔は中盤で3選手に囲まれながら巧みなタッチでキープし、前を向いた。次の瞬間、絶妙なスルーパスが相手DF陣の間を抜けた。図ったように抜け出たMF斎藤学がパスを受けると、一気に加速。勝利を決定付ける4点目を決めた。

 試合後、中村の口から出たのは感謝の言葉だった。「ジュビロの最終ラインが高いのは映像で見て分かっていた。練習でも“ジュビロ役”をやってくれる選手たちがストレスの溜まる中でやってくれた。そのおかげ。1点を返されて嫌な雰囲気になっていたし、あの点は大きかった」。

 横浜では試合前、先発組とサブ組に分かれ、試合をシミュレートした練習を実施する。サブ組は相手の陣形、特徴を仮想する。当然、ストレスや悔しい想いがあるはずだ。そんな想いを無駄にはしたくなかった。中村が前を向いた瞬間、斎藤も「オフサイドではない!と思って」すぐに動き出していた。パスの出し手、受け手が同じ絵を描いた。練習の成果だった。

 敵将の名波監督はかつて日本代表の10番を背負ったレフティー。その後「10番」を受け継いだ中村は「サッカーを良く知っている。リーダーでもある。日本代表のときも自然と名波さんの周りには人が集まって来た」と敬意を評していた。その磐田に5―1と快勝。サブ組への感謝を口にした中村はFK、CKを含め3得点に絡む大車輪の活躍だった。最近6戦は4勝2分けと負けなし。トリコロールが上昇気流に乗って来た。 (記者コラム・牧野 真治)

2016/04/19[ニッカン]陽気に誘われ?横浜中村俊輔FKならぬフリースロー

 横浜のMF中村俊輔(37)が、バスケットボールで気分転換した。

 19日、横浜市内で約2時間ほど20日のナビスコ杯ホーム鳥栖戦に向けて練習した。練習から引き揚げる際にはサッカーボールではなく、バスケットボールに触れて笑顔を見せた。

 今季から横浜の練習拠点は、横浜市みなとみらい地区のマリノスタウンから同市港北地区の新横浜公園内の施設に移った。選手は練習後、公園内の球技場と呼ばれるピッチからロッカールームのある日産スタジアムまで歩いて移動する。

 この日、中村は、その途中にあるバスケットコートの前で足を止めると、利用していた男性と握手を交わしてボールを借りた。フリースローラインに立ち、弧を描くようにフリースローを1本投じた。真っすぐ飛んだボールは、惜しくも枠をとらえることが出来なかったが、「昔は10本中10本とも入ったんだから」と楽しそうに笑みを浮かべていた。

 何げない一般人との交流にも見えるが、新拠点になったからこそ見られた光景とも言える。暖かい春の陽気に包まれて、中村の周りも温かな笑顔がいっぱいだった。

 5-1で勝利した16日のアウェー磐田戦でチームトップの12・067キロをマークした中村は、前日18日はピッチに姿を現さず、室内で別メニューの調整だったが、この日はフルメニューをこなした。

2016/04/19[J’s GOAL]【横浜FM vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:“ギンギラ前田”が存在価値を示せるか。

先日、U-23日本代表候補の短期合宿が張られたが、横浜FMから富樫敬真と共に参加したのが、今季新加入の前田直輝だ。
富樫は今季すでにリーグ戦で2得点を記録し、絶賛売出し中。それに対し、前田は無得点。リーグ戦の出場時間は2試合58分に留まっている。

「(合宿に)呼ばれた選手の中には、チームで成功しているヤツもいれば、俺みたいにチームで結果を出せていないヤツもいる。いろんなヤツとしゃべって、勉強になったし、刺激になった。ああいうキャンプは、やっぱりいいものだと思いますね。ただ、その経験をチームに還元するとか言える立場じゃない。自分自身が、まず“どん底”から這い上がることを考えている」

どん底――。前田は昨季、松本でリーグ戦31試合に出場。7月にはU-22日本代表のメンバーにも初選出され、意気揚々とトリコロール軍団の門を叩いた。しかし有能なサイドアタッカーがひしめくチーム内で、もがき、壁にぶち当たっている。
「正直、ここまで上手くいかないことしかない。上手くいっていることが何もない。そんな中、自分がこのチームでの存在価値を示せる場が、ナビスコカップになる」

カップ戦では、これまで2試合とも先発出場。今節・鳥栖戦では、合宿での経験がカンフル剤になるかもしれない。
前田と言えば松本時代、近藤真彦のあの名曲の替え歌がチャントだった。「ギンギラギンのドリブルが~、前田直輝のやり方~♪」。横浜FMでもギンギラの輝きを見せてくれ!

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2016/04/19[ASCII.jp]横浜F・マリノスがInstagramをスポーツで活用

 Jリーグの横浜F・マリノスのホームである日産スタジアムにおいて、試合開催前の観客が入っていない、誰もいない空っぽのスタジアムで撮影するInstagramの“#empty”プロジェクトが2016年4月10日に開催された。

 本企画は閉館日や営業時間外など、誰もいない状態の美術館やスタジアムなどで、通常撮影できないような写真をインスタグラマーたちが撮影できるというものだ。

–空っぽのスタジアムで撮影を楽しむインスタグラマー

 スタジアムという大規模な施設での実施は、日本では初めて。実際に当日は今年のJ1リーグで上位を争う横浜F・マリノスと浦和レッズの注目の1戦が行なわれ、4万人近い観客が訪れた。その試合開始の4時間前、まだ入場していないスタジアムでは横浜を中心に活動するインスタグラマーが、ふだんなかなか撮影できない状況を楽しんでいた。

 実際に撮影された写真は、“#emptyNissanStadium”のハッシュタグがつけられInstagramに投稿された。試合前のピッチ、試合中の選手、監督の座るベンチ、まだ選手の入っていないユニフォームの用意されたロッカールームなど、さまざまな場所で撮影が行なわれていた。

 ロッカールームの撮影では、やはり1番人気だったのが横浜F・マリノスの背番号10番、俺らの誇りウルトラレフティー中村俊輔選手。

 来場者は、ユニフォームの前でいっしょに撮影したり、数々の伝説を残し今期もすでに直接FKで2ゴールを挙げている左足のスパイクと自分のスニーカーを並べて撮影をしていた。

 そのほか、2015年に大学生の強化指定選手として出場し、昨年9月のFC東京戦で劇的な決勝ゴールを挙げてサポーターの心をつかみ、今期もスタメン試合で3ゴールの活躍。8月に開催されるリオ五輪のサッカー日本代表候補合宿にもはじめて呼ばれた、17番の富樫敬真選手の前で撮影するサッカー通なインスタグラマーもいた。

 撮影されたコンテンツは試合前にスタジアム内の大型ビジョンやコンコースのディスプレーに映し出されたり、また公式ハッシュタグの“#fmarinos”で投稿されたサポーターの写真も応援メッセージとして映し出された。

–InstagramのCEOが選手に直撃

 試合は残念ながら引き分けに終わってしまったが、この日はInstagramのケビン・シストロムCEOと、マイク・クリーガーCTOも観戦に訪れて、試合後にスタジアムのミックスゾーンにて選手2名とインスタグラムの活用について語った。

 今年、Jリーグ通算200試合を果たした不動の左サイドバック下平匠選手は、アカウントにカギをかけて利用しているという。これにはケビン・シストロムCEOは、「ファンもフォローしたいと思っているので、アカウントを公開してほしい」と要望。

 2015年は松本山雅でプレーし、東京ヴェルディ1969から移籍してきたMFの前田直輝選手は21歳の若手ならではの使いこなし。インスタが好きでフォロワーは約3000人。お気に入りは15秒から60秒になった動画で、過去の動画を見直して楽しんでいるという。

 またケビン・シストロムCEOはInstagramが日本の市場で伸びていることとスポーツとInstagramの相性について、「ゲームの試合の前後の様子、試合中の様子を伝えて、相互にコミュニケーションをとったり、15秒から60秒にした動画も相性も良い。チームの活動を載せることで、世界に発信していくこともできる。写真は非言語のため、世界共通でメッセージが送れる」としていた。

–Instagramを使った、プロモーションマーケティング

 実際にF・マリノスはタイやベトナム、カンボジアといったアジア各国のチームとの提携や、マンチェスター・シティを運営するシティ・フットボール・クラブとも資本提携するなど、海外戦略を進めている。Instagramの非言語コミュニケーションは、そのような戦略での有効な手段のひとつになるのではないだろうか。取材ではF・マリノスも、Instagramを「試合時の選手写真や各種インフォグラフィックなどを中心に今後も積極的に活用していきたい。選手についてもクラブのアカウントでフォローし、当該選手の写真にはタグ付をすることで、選手の認知度向上にもつなげたいと考えています」と答えてくれた。

 Instagramを使ったプロモーションやマーケティング活用は、飲食店などユーザーの投稿写真を利用して店舗に行ってみたい気持ちにさせる施策などが行なわれている。またユーザーも自発的に写真投稿をテキストやハッシュタグなどで検索して、料理の写真などで行きたいかを決めている。今回の取り組みのように写真を見せて、行ってみたい気持ちにさせることが、ほかのソーシャルアカウントのTwitterやFacebookと違ったInstagramのマーケティング手法として注目されそうだ。

 日産スタジアムは約7万人を収容する、2002年のFIFAワールドカップの決勝にも使われた日本最大のスタジアム。記者のガチ鈴木も横浜F・マリノスのサポーターのひとり、ぜひInstagramの活用でもっと観客を呼びこんで、超満員の日産スタジアムを見てみたい。ほいっしゅ!

2016/04/19[ASEAN PORTAL]横浜 F・マリノスは24日の広島戦でタイ・フェアを開催

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)に加盟する横浜 F・マリノスは、4月24日のサンフレッチェ広島との試合前イベントとして「タイ・フェア」を開催することを発表した。

横浜 F・マリノスは、タイのプレミアリーグ所属チームとの提携を実施していることを記念して、昨年の甲府戦などの際にタイフェアを開催していた。このイベントが好評であったために、今年も同様のイベントを開催することを決定した。

このイベントのプロデュースは、日本とタイを食で繋ぐ活動を展開する「Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN」が実施し、東京や神奈川の人気タイ料理店が手掛けるタイ料理を楽しむ事が出来る。イベントでは、タイの雑貨販売、パクチーなどの調味料の販売も予定されており、タイフルーツカービングの実演や、日本人タイポップ・ロックカバーバンド「Hanuman」がトリコロールランドのステージに登場する予定である。

【イベント概要】
・開催時間 11:00〜13:45 (物販・飲食は10:30~13:45)
・対象試合:2016年4月24日(日) 
1stステージ第8節 横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島
・会場:日産スタジアム

 
 

今日のこけまり

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/20(水)19:30Jリーグヤマザキナビスコカップ 第4節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場 | タイトル
【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/20(水)19:30Jリーグヤマザキナビスコカップ 第4節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る