【俺メモ】2013/08/23 J1第22節 鹿島アントラーズvs.横浜F・マリノス@県立カシマサッカースタジアム

Pocket
LINEで送る

20130623-kashima-stadium

タイムスケジュール

16:00 一般開場 ※キックオフ3時間前です。
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]県立カシマサッカースタジアム ※2013/8/24 6:00発表
2013/8/24(土)18:00の予報
天気:晴れ
温度:27℃
風 :東南東1m

鹿島アントラーズホームページ

ホームゲームイベント

Jリーグ統一禁止ルールについて
 └ペットボトル:500ml以下のものはキャップを外せば持ち込み可

スタジアムへのアクセス

Weblog

[J’s GOAL]2013 J1 第22節 鹿島 vs 横浜FM(カシマ)

2013/08/21[ニッカン]メッシ斎藤本格復帰!次節3戦ぶり先発へ

 4カ月ぶりに首位に浮上した横浜に、「ハマのメッシ」が戻ってくる。右足首痛で離脱していたFW斎藤学(23)が20日、横浜市内での全体練習に本格合流した。10日鳥栖戦から欠場していたが、次節の24日アウェー鹿島戦で3試合ぶりに先発復帰が濃厚となった。「しっかり準備だけはして、出られればアピールして結果を出したい」と意気込んだ。

 鹿島に対しては、6月30日のナビスコ杯準々決勝の第2戦で、相手選手2人の間を擦り抜ける右足ミドル弾で先制ゴールを決めた。「あれでいいイメージを持てた。あの後、ゴールやアシストも増えた」。この後、代表デビューを飾った7月の東アジア杯を含めて、公式戦2アシスト3ゴールと調子はうなぎ上り。7月13日大宮戦で見せた「4人抜きゴール」は、J1の月間ベストゴールにも選ばれた。再び鹿島のゴールをこじ開け、波に乗りたいところだ。

 前日19日には、バルセロナFWメッシが開幕戦で決めた2ゴールをテレビでチェック。「ミニゲームの感覚で点を取れるのはすごい」と感銘を受けた。本家のイメージも借りて、再び量産態勢に入る。【由本裕貴】

2013/08/23[サンスポ]横浜M・中沢、イチから刺激!首位固めへ気合十分

 野球をあまり知らない横浜Mの元日本代表DF中沢が22日、日米通算4000安打を達成したイチローに言及。「2000本でもすごいのに、その2倍。すごいですね」と大きな刺激を受けていた。24日の鹿島戦(カシマ)に向け約2時間、ミニゲームなどで調整。「優勝するためには完封勝利が必要。相手のFW大迫は危険な選手だが、抑えなくては」と、2戦連続無失点勝利での首位固めへ気合十分だった。 (みなとみらい)

2013/08/24[デイリー]富沢が欠場…首位の横浜Mピンチ

 前節にFC東京を下し、4月26日以来のJ1首位に返り咲いた横浜Mが早くも試練を迎えた。24日の鹿島戦では、ボランチのMF富沢清太郎(31)が右臀部(でんぶ)痛でベンチ入りメンバーから外れることが決まった。中心軸のMF中村俊輔(35)とともに、中盤を形成してきた富沢の欠場で、横浜Mにとっては選手層の厚さを問われる一戦となった。

 FC東京戦で右臀部を負傷した富沢だが、一度は痛みが引き、練習にも合流していた。しかし、試合前日に痛みが再発し、川崎市内の病院で検査を受けた結果、欠場が決定。富沢は「検査に時間がかかった。うーん。痛みはまだあります」と悔しそうな表情を浮かべた。

 不吉なのは開幕6連勝で迎えた4月20日の新潟戦でも、同じように富沢が欠場して連勝がストップしたこと。代役は小椋が有力だが、俊輔、富沢、中町の絶妙なバランスで中盤を支えてきた横浜Mが、鹿島戦でバランスを維持できるか注目される。

2013/08/24[スポニチ]横浜・小椋にチャンス 今季3度目の先発出場へ

 横浜のMF小椋がアウェー鹿島戦で、5月11日の名古屋戦以来今季3度目の先発出場する。

 富沢が17日のFC東京戦で右側臀部(でんぶ)を負傷。遠征メンバーからも外れたため、チャンスが巡ってきた。小椋は昨季は度重なるケガに泣かされたが、今季は調子を取り戻し、最近では勝っている試合の終了間際に“クローザー”的な役割でチームに貢献している。樋口監督は「選手が代わってもチームは変わらない」と首位固めへ自信をのぞかせた。

2013/08/24[スポーツ報知]【横浜M】俊輔、J1新のFK弾17号で首位固めだ!

 横浜MのMF中村俊輔(35)がJ1新記録となる通算17本目のFK弾を決め、首位固めを狙う。鹿島戦前日の23日、神奈川・マリノスタウンで入念にFKとシュート練習を行った背番号25。「FKは決まればラッキーじゃなくて、決めなきゃいけないもの」と強い意欲を口にした。

 俊輔が得点した試合は11年12月17日の天皇杯・松本山雅戦から公式戦16試合不敗。FKは今季もリーグ戦で3本、ナビスコ杯でも6月23日の鹿島戦で決めており、樋口靖洋監督(52)も「セットプレーを生かしたいね」と期待を寄せる。

 ゴール近くで相手ファウルを誘えるドリブラーのFW斎藤学(23)が3試合ぶりに先発復帰するのも好材料だ。Jでは自身初の3試合連発もかかる鹿島戦。俊輔がリーグでは4月27日の甲府戦以来となるFK弾を決め、勝ち点3を奪いにいく。

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る