夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2021/10/21) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2021/10/21(木)最近のトップチームは週休2日ですね(本日オフ )
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2021/10/20 ユース所属 内野航太郎選手U-17日本代表選出のお知らせ | ニュース | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(10/24~28日、J-GREEN堺にて実施されるU-17日本代表国内トレーニングキャンプ)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Instagram

▼2021/10/20の投稿


 
 
▼2021/10/21の投稿


 
  

Webニュースログ

2021/10/20 横浜FM杉本健勇、古巣C大阪戦へ「身が引き締まる思い」逆転優勝を「諦めている人は一人もいない」 : スポーツ報知

 横浜FMは20日、神奈川県内でトレーニング。24日のC大阪戦(ヨドコウ)に向け、ミニゲームなどで約1時間汗を流した。C大阪下部組織出身で、プロとしても7年間在籍したFW杉本健勇が練習後の取材に応じ、「身が引き締まる思い。勝たなくちゃいけない」と必勝を掲げた。

 前節・札幌戦では0―1で迎えた後半39分に同点弾。札幌が試合を優位に進めた中、「粘り強くやったからこその勝ち」と途中出場から劇的な逆転勝利を呼び込んだ。今夏浦和から期限付きで加入した杉本は、ここまで9試合(先発1)3得点。当初はポジショニングのズレなど苦戦する場面も見られたが、攻守において徐々にマリノスのスタイルにもフィットしてきた。

 得点ランク首位(18得点)を走るFW前田大然とも息の合った縦関係を見せるなど、メンバーとも連係を高めている。「やっていて楽しいし、なおさら結果がついてきたら自信にもなる」と表情からは充実度の高さがうかがえた。

 そのうえで、「もっともっと高みに僕もいきたい」「もっと自分の価値を高めたい」と向上心を燃やす。チームは勝ち点9差の川崎を追いかけ、逆転優勝を成し遂げるために一戦も落とすことができない。「チームスタッフ、クラブ、選手が全員そこを向いている」と一体感を感じ、「諦めている人は一人もいない。チームのためにプレーしたいし、優勝させたい気持ちが強い。自分に何ができるか整理して、6試合臨みたい」と残るシーズンを駆け抜ける。

 3連勝を目指して乗り込むのは、生まれ育った大阪。古巣との一戦を見据え、「育ったクラブですし、長く戦ってきたスタジアム、長くいたチームなので、思い入れもある。チーム全員で諦めず戦っていきたい」と気合を込めた。

 
 
2021/10/21 【横浜FM】杉本健勇の感謝×感謝の同点弾。次はC大阪と「身が引き締まる思い」の凱旋マッチ – サッカーマガジンWEB

— 「このチームでやっていて楽しい」

 左からのエウベルのインスイングのクロスを、ヘッドでしっかり当ててゴールへ。杉本健勇は10月16日の第32節北海道コンサドーレ札幌戦で、貴重な同点ゴールを決めた。

 24分に先制されて、札幌のリズムで押し込まれる展開が続いた。その重苦しい雰囲気を吹き飛ばす、起死回生の84分の同点弾だ。試合後には「エウベルとは練習中も話し合っていましたし、先週の練習で(フィーリングが)合っていました。あのようなクロスをくれとも言っていたので、2人で描いたゴールです」と、エウベルのキックへの大きな感謝を口にしていた。

 これこそ、横浜FMの強さだ。杉本の言葉を借りれば「個々の力で勝負できる選手がたくさんいる」ことの象徴的なゴールになった。エウベルも杉本も途中からピッチに入っていて、エウベルのキープと突破とクロス、杉本の嗅覚とポジショニングと高さが見事に組み合わさった一発だった。その4分後には前田大然が逆転ゴール。

 もちろん、そこまでに「(失点を)よく1点で抑えてくれていたなと」と先発メンバーへの感謝の思いも強い。押し込まれながらも我慢を重ねて、絶対的なピンチをゴールラインぎりぎりでクリアして救った岩田智輝らのビッグプレーを称賛しながら、難しい試合を取りこぼさなかったチーム力に胸を張った。

 この連帯感を次にぶつける相手はセレッソ大阪だ。杉本が育ったクラブである。

 ちなみにこの「古巣戦」、過去に5試合に出場していて、3勝2敗1ゴールという戦績だ。大阪でのゲームはすべてヤンマースタジアム長居で戦ってきたので、今回のヨドコウ桜スタジアムでの古巣戦は初めてとなる。

「育ったクラブですし、(アカデミーから)長く戦ってきたスタジアムで、長くやってきたチームと戦うので思い入れもありますし、身が引き締まる思いですね」

 マルコス・ジュニオールが出場停止、天野純が別メニューで欠場濃厚の中、ケヴィン・マスカット監督は、杉本がゴールを決めた札幌戦の組み合わせを採用する可能性も示唆した。前田大然が最前線で、その少し後ろで杉本がボールを引き出す関係性だ。夏に浦和レッズから移籍してきて、どんな役割でもこなす覚悟がある。その思いの中心にあるのが「楽しい」ということ。

「(ケガもあって)復帰してからここまで来ましたけど、このチームでやっていて楽しいですし、結果がついてきたらもっと自信にもなると思う」

 楽しさから自信へ。その大切な道の途中に、杉本はいる。

 
 
2021/10/20 横浜FM渡辺皓太、1か月ぶりの出場目指す「まずは絶対に勝利」24日・C大阪戦 : スポーツ報知

 横浜FMは20日、神奈川県内でトレーニング。3連勝を目指す24日のアウェー・C大阪戦に向け、ミニゲームなどで約1時間汗を流した。練習後にはMF渡辺皓太がオンライン取材に応じ、「試合に出たらまずは絶対に勝利」と意気込んだ。

 約4か月ぶりの先発出場を果たした9月25日の横浜FC戦(2△2)では、闘志を前面に押し出して戦ったが、警告2枚で後半途中に退場。「やってやろうって気持ちはあったけど、試合を読む力、判断のところが全然足りない」と悔しさの残る一戦となった。以来出場はないが「同じ失敗を二度としてはいけない」「反省を生かさないと」と課題と向き合いながらトレーニングに励んできた。17日にはファン感謝祭のイベントもあったが、若手主体のエリートリーグへ出場を志願。実戦機会を得て、来たる出番へ備えている。

 トップ下の主力であるMFマルコスジュニオールは警告累積により出場停止。前節・札幌戦で負傷し、別メニューで調整するMF天野純もマスカット監督によれば「次の試合は難しそう」とのことだ。指揮官は「いつものポジションと違う選手が入ることもオプションとして考えられる」と話したが、渡辺をトップ下で起用する可能性も。ボランチを含めて、どのポジションであろうと「いつ出番がきてもいい準備をして、勝利に貢献することを考えたい」と集中を高めた。

 鬼門とされたC大阪に、4月のホームゲームでは10年ぶりの勝利を収めた。「しっかり守ってくるチーム」と印象を語る渡辺は、前への推進力や抱負な運動量が最大の持ち味。「自分たちがアクションを起こさないといけない。自分たちが動くことで相手を動かせるので、中盤から出ていったり。全員がパスを出して、ってことを繰り返せばいいサッカーができる。積極的にボールに絡みたい」と攻略を見据えた。

 18日には23歳の誕生日を迎えた。勝ち点9差の首位・川崎を追いかける上でも渡辺の力は欠かせない。これまで以上に飛躍の1年とするため、「選手としても人間的にも成長したいと思います。もう若くないので…。頑張ります」とはにかみながらも決意を新たにした。

 
 
2021/10/20 【横浜FM】渡辺皓太「もう若手ではない」23歳の自覚。「怖がらずに、受けて、出して、動いて」C大阪を倒す – サッカーマガジンWEB

— 「失敗は2度と起こしてはいけない」

 マルコス・ジュニオール=累積警告で出場停止
 天野純=別メニューで「次節の出場は難しそう」とケヴィン・マスカット監督

 横浜F・マリノスが次に戦う10月24日のセレッソ大阪戦で、攻撃のコントローラーが2人とも欠場濃厚だ。マスカット監督は「いろいろな考えを持ってメンバーを決めていきたい」と話している。「前田(大然)が前に入って杉本(健勇)が少し下りてくる形でプレーできます」と前節の北海道コンサドーレ札幌戦で交代選手を活用しながら採用した2トップ気味の可能性や、欠場する2人と同じ役割をこなすことができる選手として「渡辺皓太ももちろん(トップ下のポジションで)できる選手です」と明かす。

「出るとしても、トップ下かどうかはわからないけれど」とは、その渡辺。

「積極的に絡んでいきたいですし、前に進んでいくドリブルや守備のときにはスイッチを入れるプレーを見せたいと思います」

 マルコス・ジュニオールとも天野とも違うスタイルを打ち出して、勝利に貢献することを誓うのだった。

 10月18日に23歳の誕生日を迎えたばかり。「選手としても人間としても成長したい」とはにかみつつ、「もう若手ではないと思います」と話すと表情が引き締まる。9月25日の第30節、横浜FCとの「横浜ダービー」で2度の警告を受けて退場処分を受けたことも、背景にある。リーグ戦では5月30日以来の先発で、つまりマスカット監督が指揮を執ってからは初めて先発で起用されたこともあって、特別な思いもあった。

「久しぶりに先発で使ってもらって、やってやろうという気持ちがありました。でも、試合を読む力や判断の部分が全然足りないと思いました」

 その足りない部分が、イエローカードを2度提示されたプレーに結びついてしまったという反省だ。

「失敗は2度と起こしてはいけないので、この前のことを生かさないといけない。気合を出してやるだけではなく、試合の状況を考えながらできればと思います」

 その相手、C大阪と戦う上では、タイトなディフェンスに注意が必要だと感じている。

「しっかり守ってくるチームだというイメージがあるので、全員が運動量を多く動ければ相手も動かなければいけないですから、自分たちから相手を動かしていきたい」

 動かす、が出発点だ。

「リスクはありますけれど、全員が怖がらずにボールを受けて、全員がパスを出して、動いて、を繰り返せば、いいサッカーができると思います」

 受けて、出して、動いて、繰り返して。今季はホームでは1-0で勝っているから、そうやってアウェーでも勝って「ダブル」を目指していく。チームのためでもあるし、渡辺自身の存在証明のためにも。

 
 
2021/10/21 スピードよりシュートポジションのつくり方|【西日本新聞me】

 新型コロナで変わってしまった世の中は、以前のように戻るのだろうか。それはサッカーについても言えるだろう。この2年、サッカー界では選手の交代枠を5人に増やして試合を行うのが普通になった。コロナ感染の不安が小さくなったら、以前のように交代枠は3人に戻るのだろうか。予選を5人交代枠で戦ったのに来年のカタールW杯は3人交代枠になるのだろうか。そうなると戦い方はだいぶ変わるだろう。まあ、そんなことは日本代表がW杯本大会に駒を進めなければ考える必要はないのだが。アジア予選の残り6試合、ポイントを落とすことになれば最悪の事態もあり得る。かなり心配だ。

 内容でいくら試合を優勢に進めても、点を取らなければ痛い目にあう。最近の日本代表と同じような試合が10月16日のJ1第32節にあった。横浜F・マリノス対コンサドーレ札幌の試合だ。試合前の時点で2位のマリノスは、消化試合が1試合多い首位川崎フロンターレとの勝ち点差が12。優勝にたどりつくにはかなり難しい状況ではある。それでも残り試合で差を縮め、最終節の川崎との直接対決に可能性を残したい。対する札幌は11位。

 モチベーションという点では、明確な目標のあるマリノスに分があると思われた。ところが、立ち上がりから主導権を握ったのは札幌だった。前半、何度もCKを獲得するなどマリノスを圧倒した。

 前半24分、先制点が生まれる。左サイドの金子拓郎のショートコーナーを、ペナルティーエリア左角で受けたのは菅大輝。迷うことなく振り抜かれた左足。アウト気味にかかったボールは、ニアポストをかすめてゴールに飛び込んだ。本人がシュートは「まぐれ的なもの」と言った今季初ゴール。だが、それは誰が見てもすごいゴールだった。先制点を奪い、その後も主導権を握る。ただ、優勢のうちに2点目を奪わなければ痛い目に合う。サッカーの普遍的なテーマだ。追いかける側は追加点を許さなければ希望が膨らむ。

 1点は仕方がない。でも2点目は許さない。この日のマリノスは18本ものシュートを浴びながら集中を切らすことなく守り切った。前半29分に札幌の高嶺朋樹のヘディングをセーブしたGK高丘陽平のファインプレー。こぼれ球をクリアした岩田智輝の反応の早さ。後半10分、札幌の小柏剛のGKを破るシュートをはじき出した松原健のカバーリング。大量失点してもおかしくない内容で、自分たちに流れが来るまで最少失点で耐えたのが逆転劇につながった。

 圧倒的に札幌に流れていた風向きが変わったのは残り10分ぐらいから。リズムを変えたのは、後半途中から交代出場した天野純、エウベル、水沼宏太、杉本健勇の攻撃の選手たちだった。

 起点は同じく後半から出場した実藤友紀。後半39分、その縦パスを左サイドで受けたエウベルがゴール前にクロスを送る。そのポイントに走り込んだのが杉本。187センチの長身を躍らせ、DFより頭一つ抜けた高い地点からのヘディングで同点ゴールを突き刺した。

 そして、仕上げは同点から4分後の後半43分、仕留めたのは得点王争いで首位を走る前田大然だった。左サイドからの天野のクロスを右足インサイドボレー。ゴール前にフリーで抜け出して突き刺した。

 J1でのスプリント回数は、ぶっちぎりの1位。驚異的なスピードで知られる前田だが、本当に注目されるのはその「献身」のせいだろう。一度の動きが無駄になっても、新たな動き直しでチャンスをうかがう。この得点場面でも、最初の天野のクロスはDFに引っ掛かった。ボールに合わせるために飛び出しかけた前田は、再びシュートのスペースをあけるためにバックステップ。ゴール前を固める守備陣の大外にコースを見つけると、DFの背後から回り込み、フリーでゴール前のスペースへ。天野の利き足ではない右足のパスにもきっちりと合わせた。

 2位レアンドロダミアンに2点差をつける18ゴール目。前田の最大の良さはスピード以上にシュートポジションに入り込む能力だろう。しかも、両足、頭、どこでも合わせられる。点も入るはずだ。

 得点力不足にあえぐ日本代表に、この能力は必要だ。混戦になればサウジアラビア、オーストラリアとの得失点差の争いになる可能性は高い。確かに大迫勇也はチームに欠かせない存在だが、ポストプレーヤーなので多くのシュートチャンスをつくりだせるわけではない。それなら自らシュートする空間をつくりだせる人材が必要になる。ベトナムや中国という格下相手には、取れるだけゴールを取っておくに越したことはないからだ。

 前田は札幌戦の決勝点についてこう語っている。「純君(天野)がピッチに入ってきたときにGKとCBの間にボールを出してほしいと伝え、伝えたからボールが来たのだと思います」。日本代表の選考や起用は森保一監督次第。ただ、W杯最終予選に前田は招集されていない。Jリーグ得点トップの選手と、海外組がそろう主力選手とのすり合わせが行われていない。その事実は、かなりまずい。後がなくなってからでは遅いのだ。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材は2018年ロシア大会で7大会目。

 
 
2021/10/20 U-22日本代表、期待の逸材5人。最年少は規格外の17歳! AFC U23アジアカップ予選の注目選手たち | フットボールチャンネル※一部抜粋

 U-22日本代表は今月26日と28日に、AFC U23アジアカップ予選でカンボジアと香港と対戦する。パリ五輪世代の第一歩とも言える大会には、冨樫剛一監督が「理想のメンバー」と評価する23人が参加することになった。そこで今回は、19日に発表されたU-22日本代表メンバーの中からAFC U23アジアカップ予選の2試合で活躍が期待される5選手を紹介する。

— アタッキング・フットボールで揉まれる頭脳派DF

角田涼太朗(つのだ・りょうたろう/DF 4)

所属クラブ:横浜F・マリノス
生年月日:1999年6月27日(22歳)
代表歴:U-18、U-19、U-20

 まだ筑波大学の4年生だが、卒業を待たず半年前倒しで横浜F・マリノスとプロ契約を締結。同学年の選手たちに先駆けてプロの世界へと足を踏み入れた。貴重な左利きのセンターバックで、サイドバックとしてプレーできる機動力も備える。

 マリノスではチアゴ・マルチンスら経験豊富な選手たちの後塵を拝して出番を得られていないが、Jエリートリーグを中心に実戦経験を積んでいるところ。左足から繰り出す精度の高いパスでビルドアップに積極的に関わり、アタッキング・フットボールへの高い適性を示してきた。

 今回のAFC U23アジアカップ予選ではパリ五輪世代が中心のチームに“オーバーエイジ”的に招集され、ディフェンスリーダーとしての役割も期待される。大きな国際大会への出場歴はなく、角田自身にとっても国際経験を積む貴重な機会になるはずだ。

 
 
2021/10/18 【前編】マンチェスター・シティの西脇さんと話す、スポンサーシップセールスについて|プラスクラス・スポーツ・インキュベーション +C lab

2021/10/21 【後編】マンチェスター・シティの西脇さんと話す、スポンサーシップセールスについて|プラスクラス・スポーツ・インキュベーション +C lab
 
 

 
 

今日のこけまり

期限付き移籍選手の動向まとめ(2021年9月)/J2リーグ所属選手
期限付き移籍選手の動向まとめ(2021年9月)/J2リーグ所属選手
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」

[Instagram]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり(@kokemari) • Instagram写真と動画

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。
 
 

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る