夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2020/1/27) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2020/1/27(月)明日、雪やだなー)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagramなど
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2020/01/25 練習試合の結果(vs徳島ヴォルティス) | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(45分×3本。5-2)

トリコロールワン スタジアムショップ2月営業日のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(ユニ受取り対応<2/17,21)
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter / Instagramなど


[フルバージョン]デジっちが行く!横浜F・マリノス編 – YouTube


 
 

Webニュースログ

2020/01/25 【横浜FM】TMで徳島に5発快勝。指揮官「みんながハードワークした」 – サッカーマガジンWEB

–「まずはACLを戦う準備」

 J1王者が攻撃力を見せつけた。宮崎市でキャンプを行なう横浜FMと徳島が45分×3本のトレーニングマッチを実施。横浜FMは1本目にマルコス・ジュニオールとエリキのブラジル人コンビがゴールを奪うと、2、3本目に新加入選手の仙頭啓矢と水沼宏太にも得点が生まれた。その後、練習生も加点し、昨季J1昇格にあと一歩のところまで迫った徳島を一蹴した。

 この日の試合時間はおよそ135分。65分に11人の先発メンバーを総入れ替えした。その狙いについてアンジェ・ポステコグルー監督は「全員を同じ時間で平等に出したかった」と説明。その中で、「この時期はコンディションをしっかり上げていくことが大事。良いプレーも見られたし、みんながハードワークしていた。ケガ人が出なかったことが一番良かった」と、トレーニングマッチを振り返った。

 2月8日に今季初の公式戦となる『FUJIXEROX SUPER CUP 2020』神戸戦を控える。それからわずか4日後の12日には、敵地でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初戦の全北(韓国)戦、さらに19日にはホームでのシドニーFC(オーストラリア)戦を戦う。23日のJ1リーグ開幕を前に、過酷なアジアの戦いが待ち受ける。

「(今季は)ACLがあるし、その後にJリーグが開幕します。それまでに全員がもっと(連係を)深めていければと思います。昨年はチャンピオンになりましたが、今年はまた違った、新しいシーズンになる。まずはACLを戦う準備をしなければいけないので、今はコンディションをしっかり上げることに重点を置きたいです」(ポステコグルー監督)

 2週間後に始まる新たな戦いに向け、日本の王者は着々と準備を進める。

2020/01/25 横浜FM遠藤、「試される後輩力」にタジタジ? ロンドン世代トリオとの同部屋ショットに反響 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

–宮崎キャンプで水沼、大津、扇原と同部屋に…「なんで俺いんのって話」

 昨季のJリーグ王者・横浜F・マリノスのU-23日本代表MF遠藤渓太が24日、自身の公式インスタグラムを更新した。宮崎市で行われているキャンプの様子を投稿し、4人の同部屋メンバーを紹介。一番後輩にあたる遠藤は「なんで俺いんの」「試される後輩力」と、“先輩孝行”にも燃えているようだ。

 遠藤は横浜FMの下部組織から2016年にトップチームへ昇格。生え抜きとしてプレーし、昨季はリーグ戦33試合7得点の活躍で、優勝が懸かった最終節FC東京戦(3-0)でもダメ押し弾を挙げるなど、15年ぶり4度目のJ1リーグ制覇に貢献した。昨年12月にはE-1選手権でA代表デビュー。東京五輪世代としては、今年1月にタイ開催のU-23アジア選手権メンバーにも選出されたが、リーグ戦3試合で出番は回ってこなかった。

 悔しい思いをJリーグで晴らすべく、チームに合流した遠藤は早速キャンプに参加。その様子を公式インスタグラムに更新し、同部屋のメンバーを紹介した。投稿した写真には今季、セレッソ大阪から加入したMF水沼宏太、FW大津祐樹、MF扇原貴宏のロンドン五輪世代トリオと、遠藤が収まっている。先輩3人との同部屋に遠藤は「キャンプ4人部屋」と綴り、「#このメンツの中に」「#なんで俺いんのって話」「#試される後輩力」と、一番年下として“先輩孝行”に燃えているようだ。

 そのなかでも、「#一つだけ言いたいことは」「#ありがたいお話」と、先輩3人から学べる環境に感謝。コメント欄では、「最高なメンバーですね」「修行の場ですね楽しんでください」「愛溢れる先輩達に、沢山試される日々も強みになりそう」「最強メンツだね」「きっと何か意味があるはず!」と、遠藤にエールを送る声が多く届けられた。

 東京五輪イヤーでJ1連覇もかかる勝負の年。キャンプで“後輩力”を磨き、飛躍の1年としたいところだ。

2020/01/26 2020年J1の“注目ルーキー”は?全18クラブのイチ押しタレントを紹介 | THE DIGEST※一部抜粋

◆池田航(横浜ユース→横浜/DF)
2001年7月4日生まれ/神奈川県出身/177センチ・70キロ
「意識的に“偽SB”となりトップチームでの活躍をイメージ」
主戦場は左SB。トップチームでは“偽SB”の動きが基本となるため、ユース時代から意識的に中央寄りにポジションを取るようにしていたという。高い意識と遊び心のあるテクニックでプロの世界に挑む。

2020/01/27 How City Football Group is redefining soccer club ownership – SportsPro Media
 └ Google翻訳
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る