夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2019/12/9) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2019/12/8(月)仲川選手がMVP!)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2019 J.LEAGUE AWARDS 4部門受賞! | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(得点王・優勝監督賞・ベストイレブン・最優秀選手賞)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(none)
 
 

Twitter / Instagram


 
 


 
 

Webニュースログ

2019/12/09 マリノス優勝、百貨店などセールやイベントで盛り上げ: 日本経済新聞

サッカー・J1の横浜F・マリノスが7日に優勝したことを受け、横浜市内の百貨店などでセールや記念イベントが相次いでいる。そごう横浜店は婦人服やインテリアなどを特別価格で購入できる「優勝セール」を15日までの期間限定で実施している。高島屋横浜店も食料品フロアで10日までセールをしている。

京急百貨店は8日午後にシャンパンやスパークリングワインを来店者に無料で配った。特別セールも実施中で、12日からは優勝を決めた7日のFC東京戦の写真を集めたパネル展示も実施する。

金融機関もセール商品を打ち出した。横浜信用金庫は優勝記念の定期預金を10~25日に販売する。預入期間は1年で、固定金利は通常の10倍の0.1%だという。担当者は「15年前の優勝時にも実施した。新規顧客も出てくるだろう」と話す。

2019/12/06 カギは日本人選手と外国人助っ人の「ユニット」。今季のJ1躍進チームに見えた共通項【小宮良之の日本サッカー兵法書】 | サッカーダイジェストWeb

 2019年シーズン、J1は外国人枠の登録に関しては無制限に、試合出場枠も5名に増えた。これによって、各チームが外国人選手を積極的に補強する流れになっている。

 ヴィッセル神戸は、その制度変更を最大限に生かしたチームと言えるだろう。アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、トーマス・フェルマーレン、セルジ・サンペールなど元バルサの選手たちを次々に獲得。他にもルーカス・ポドルスキ、ウェリントン、ダンクレー、ジョアン・オマリなどを擁し、監督がドイツ人だけに、「バベルの塔」になる不安も拭えないが……。

 ともあれ、外国人選手の力がチームの戦いを左右しているのは、まぎれもない事実だろう。横浜F・マリノスが優勝に王手することができたのは、外国人助っ人の活躍が大きい。やはり、有力で経験豊かな外国人選手は、大きな刺激になるのだ。

 日本人とのコンビ、もしくはユニットで外国人を補強できたチームは、大きな成功を収めている。

 例えば、横浜はシーズンMVPにも値するブラジル人CB、チアゴ・マルチンスが同じCBの畠中槙之輔に与えた影響は小さくない。チアゴ・マルチンスは万能なCBで、高さや強さ、うまさだけではなく、周りとの関係性で守れるだけに、畠中と協調した。守りのリズムができたことで、畠中も成長を見せ、一つのコンビとしてチームを強くしたのだ。

 横浜は攻撃力がクローズアップされるチームだが、チアゴ・マルチンスと畠中のCBコンビが、それを支えていたと言える。

 2トップも、そうした例は顕著に表られる。例えば、FC東京のディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑、セレッソ大阪のブルーノ・メンデスと奥埜博亮は、それぞれ相乗効果でチームの躍進に貢献している。

 永井はオリヴェイラのパワーとスピードに触発され、持ち前のスピードやタフネスを生かしたプレーに磨きがかかって、技術的な精度も上がった。奥埜も推進力のあるメンデスと調和することによって、セカンドストライカー的にスペースに入るプレーで面目躍如した。

 鹿島アントラーズでは、レオ・シルバと三竿健斗の二人もボランチとして、プレーを高め合っていた。中盤でお互いが正しいポジションを取って、強度の高いプレーを見せあい、技術を出し切る。そこで阿吽の呼吸が生まれ、切磋琢磨も生まれたのだ。

 上位のクラブでは、こうしたポジティブな現象が起きている。「日本人だけで戦う」。その姿勢も決して悪くない。しかし今シーズンは、外国人選手の力を取りこめたチームが、上位に進出しているのが現実だろう。その点で、王者である川崎フロンターレは苦しんだ。

 チームの中で生きられる外国人選手か、もしくはチームにプラスアルファをもたらせる外国人選手か――。外国人枠は増えたが、能力が高くてもフィットしない場合もある。日本人選手との調和の部分が、来シーズンも補強では重要なポイントとなるはずだ。

文●小宮良之

 
 

今日のこけまり


【Webまとめ】横浜F・マリノス、2019明治安田生命J1リーグ優勝
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る