夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2019/06/21) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2019/6/21(金)三好選手が、コパ・アメリカ、ウルグアイ戦で2ゴール&MOM!!!)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

6月 | 2019 | foodsupporter | ファンゾーン | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(第3回:ガパオライス(天野純選手))
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter / Instagram


 
 

Webニュースログ

2019/06/21 海外メディアも三好康児にMOM選出など最高評価。「日本に夢を見させた」【コパ・アメリカ】 | フットボールチャンネル

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第2節のウルグアイ代表対日本代表戦が現地時間20日に行われ、2-2のドローに終わった。2得点を上げたMF三好康児に対しては、海外メディアからも絶賛が集まっている。

 先発で出場した三好は前半25分、カウンターからエリア内右側に抜け出しGKのニアを撃ち抜く先制ゴールを記録。同点に追いつかれたあと59分にもゴール前でのこぼれ球を押し込んで自身2点目を挙げ、勝ち点1獲得の立役者となった。

 アジアサッカー連盟(AFC)は「三好の活躍で日本がウルグアイを抑える」と22歳のMFを称賛。チリ『エル・グラフィコ』も「際立っていた選手は三好康児。ウルグアイを苦しめ日本の望みを繋いだ」と賛辞を送っている。

 フランス『Homme du Match』では三好に両チームを通して最高点となる採点「8」を与えてマン・オブ・ザ・マッチに選出。「この試合で輝き、チャンスが訪れるたびに活かした。それほどボールを供給されたわけではなかったが極めて効率的だった」と決定力の高さを称えた。その他には中島翔哉が「7」、川島永嗣と柴崎岳が「6.5」と高く評価されている。

 イタリア『トゥットメルカートウェブ』でも三好に「7.5」とこの試合で最高の評価を与えた。「この夜の主役だった。日本のサポーターにしばらく夢を見させた。抑えられなかった」と評している。

2019/06/21 ウルグアイ相手に2ゴール!三好の武器は抜群のポジショニングとテクニック…岩本輝雄のDirecto : スポーツ報知

 スアレス(32)=バルセロナ=、カバーニ(32)=パリ・サンジェルマン=を擁する南米の雄・ウルグアイ相手に互角の戦いを見せ、ドローに持ち込んだ森保ジャパン。元日本代表MF岩本輝雄さん(47)は2ゴールを挙げた“ニューヒーロー”MF三好康児(22)=横浜M=の魅力として、「抜群のポジショニングとテクニック」を挙げ、上げ潮の日本の決勝トーナメント進出に期待を寄せた。(構成・中村 健吾)

 ウルグアイ相手のドロー。最後の20分間は押し込まれたけど、非常にいい試合だった。

 あの相手から2点を取った三好は素晴らしいパフォーマンスだった。今日はサイドハーフで出たが、1点目はカウンターから個人技で利き足ではない右足で1人かわしてのシュート。2点目もゴール前に良く詰めての左足。小柄だけど、ボールを受ける時のポジショニングが非常にいい。さらにテクニックがある。

 ボールが入った瞬間に次に何が起きるかが頭の中で描かれている。だから全てがスムーズに行く。本気のウルグアイ相手の2点は大きい。同じポジションに堂安律(21)=フローニンゲン=、久保建英(18)=F東京=もいるので、今後、レギュラー争いは大激戦となるだろう。

 植田直通(24)=セルクル・ブリュージュ=と冨安健洋(20)=シントトロイデン=のセンターバック2人も、スアレス、カバニという今まで対戦した相手とは全く違うレベルのツートップとの戦いから、いろいろなものを感じ取れただろう。これも森保一監督(50)の大きな狙いだったのではないか。チームにとっても、2人にとっても、目つきまで変えて攻めてきたウルグアイとの球際での戦いの経験は大きかったと思う。

 柴崎岳(27)=ヘタフェ=と岡崎慎司(33)=レスター=がいたのも大きい。特に柴崎は攻守に渡って、違いを見せた。

 これでグループステージ突破の可能性も出てきた。ぜひ決勝トーナメントに行ってもらいたい。

2019/06/21 三好瞬時の判断、無警戒右足で「イメージ通り」先制 – 日本代表 : 日刊スポーツ

【ポルトアレグレ(ブラジル)20日(日本時間21日)=岡崎悠利】南米選手権の1次リーグ第2戦で日本は、強豪ウルグアイと2-2で引き分けた。先発したMF三好康児(横浜F・マリノス)が衝撃の2ゴール。1次リーグ突破へ2試合を終え勝ち点1(1分け1敗)とし望みが生まれた。

完全アウェーの大歓声をかき消す先制点は前半25分だった。左サイドでボールを持ったMF柴崎岳から、逆サイドでフリーだった三好へ好パスが入った。三好は「中の状況も見ながら」とドリブルで持ち込む。利き足の左に持ち替えることはせず、縦に切り込んで右足を振り抜いた。角度のないコースから、ネット上部を揺らす難しい1発だった。「序盤からどんどん仕掛けていこうと思っていた」と、冷静に振り返る口調が力強かった。

布石があった。直前に、三好は同じ右サイドからカットインして左足で狙い、枠外へ外した。1度は不発に終わったが、このシュートで左足をDFに意識付けることができた。得点シーンでは「相手が詰めてこなかったので、(左足に)持ち直さなくても打てるなと判断した」。左足を警戒して飛び込んでこないDFを見た瞬時の判断は「イメージ通り」の先制弾だった。

直後にPKで追いつかれたものの、後半14分に今度は左足で、この試合2点目のゴール。ウルグアイを追い詰める2点を左右の両足で奪った。引き分けに終わったが、三好のマルチ弾で、強豪相手に勝ち点1を手にする健闘。東京オリンピック(五輪)世代の主役は「勝ち点3をとれる試合だった。上を目指すことを考えれば、反省しないといけない部分もある」。こう話す姿が頼もしかった。大車輪の活躍で、貴重な勝ち点をつかんだ。

2019/06/21 利き足と逆の右足で先制点!!サプライズ2発の三好康児が明かす伏線 | ゲキサカ

 強豪からの鮮やかな2得点でその名を世界へアピールした。日本代表にはMF三好康児(横浜FM)がいる。フレッシュかつサプライズなプレーでチームに勝ち点1をもたらした。

 まずは前半25分、自陣左サイドからMF柴崎岳が出したロングパスを受けると、ドリブルでPA内右に進入。縦に仕掛けてDFディエゴ・ラクサールをかわし、利き足とは逆の右足でニアサイドを破った。

「相手が前に圧力をかけてきたあとはサイドが空くというイメージがあった。(柴崎)岳くんとうまく合わせてボールを受けることができたので、狙い通りでした」

 右足でのシュートには伏線があった。前半14分、右サイドから中に切れ込んで左足でシュートを打っていたのが効いた。「1本目に中に入って左で打って大きく外したのがあった。あそこで左だったことで、相手も詰めてこなかった」。代表初先発で初ゴール。相手の逆を突き、見事な先制弾につなげた。

 1-1の同点で迎えた後半14分にはDF杉岡大暉の左クロスが相手GKに弾かれたところに詰め、左足で押し込んだ。2-1と再びリードを奪う勝ち越し点。まさに驚きの2得点だった。

 後半21分から途中出場し、A代表デビューを果たした17日のチリ戦(●0-4)でも好機をつくるシーンはあった。初先発となったこの日もその流れを継続。「チリ戦からボールを引き出せるイメージはあったし、引き出してから何をするかはイメージしていた」と胸を張る。

 惜しむらくは2度のリードを生かし切れなかったことだが、0-4と大敗を喫したチリ戦から中2日で修正したことへの手応えはある。「最初は前から行くこと。行きすぎずに相手を止めること。そこからもう一度攻撃に出て行くところ。そのあたりはチームで考えを共有できていた」。2-2の引き分けで勝ち点1を手にしたことについては「最低限」と言った。

「勝ち点3を取れる試合だったと思うので、試合運びは反省しなければいけない。こういう舞台で得点を取れて、勝ち点1を取れたのは自信になるが、もう一つ先を目指していく上では勝てなかった部分を反省しなければいけない」。すぐに24日のエクアドル戦へ気持ちを向けた。

(取材・文 矢内由美子)

2019/06/21 「ミヨシのMOMは偶然じゃない」“本気の”ウルグアイから世界驚かせる2発に称賛 | ゲキサカ

 コパ・アメリカグループリーグ第2節で日本代表は優勝候補ウルグアイ代表と2-2で引き分けた。“本気の”ウルグアイから痺れる2ゴールを奪取したMF三好康児(横浜F・マリノス)がこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 2度のリードを追いつかれたとはいえ、世界を驚かせる2発だった。前半25分に鮮やかなドリブル突破からニアサイドを破り、先制に成功。1-1で迎えた後半12分にも左サイドでDF杉岡大暉がクロスを入れると、FW岡崎慎司がニアで潰れ、GKに弾かれたボールを三好が左足で押し込んだ。

 大会公式スポンサー『Brahma』は公式ツイッターで、「コウジ・ミヨシはインスピレーションを得た。MOMのトロフィーを贈られたのは偶然じゃない」と賛辞を送り、トロフィーを両手で持つ三好の写真をツイートしている。

 アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトは「ミヨシが輝き、日本がウルグアイを抑えた」と活躍ぶりを称え、「ルイス・スアレスのPKとホセ・ヒメネスのヘッドで追いつかれたが、ミヨシは2度日本のリードを奪った」と伝えている。

『opta』によると、「ウルグアイを相手にコパ・アメリカで2ゴールを決めた三好は、2004年大会のFWルシアーノ・フィゲロア(アルゼンチン)以来となる選手」だという。

2019/06/21 東京Vから横浜FM、そして日本代表へ。畠中槙之輔を劇的に成長させた二つの出会い | Goal.com

 日本代表にも選出を果たしたDF畠中槙之輔は、今最も旬なJリーガーのひとりである。昨季、東京ヴェルディから横浜F・マリノスに移籍すると、今季は開幕から全試合にフル出場。対人プレーの強さはもとより、正確なビルドアップも兼ね備えるCBは、いかにして成長を遂げたのか。DAZN(ダゾーン)の『Jリーグプレビューショー』のインタビューで、畠中自身がその要因を語っている。

■数値が物語る驚異のビルドアップ能力

 第15節を終えて4位と好調を維持する横浜FM。攻撃陣の活躍が目立つ一方で、忘れてならないのはディフェンス陣の奮闘だ。なかでも最終ラインからチームを支えるのが、畠中槙之輔だ。

 日本代表にも選出された23歳のCBは、ここまで全15試合にフル出場。守備だけでなく、攻撃センスも備え、攻守両面で絶大な存在感を放っている。ここまでのシーズンについて、畠中は「めちゃめちゃ充実感を感じている」と振り返る。

「持ち味の攻撃参加でチームの助けになれると思いますし、力にもなれているとは思います。でも、やっぱりポジション的にはディフェンスの選手。チームの攻める人数が多い分、守備に割く人数は少ないですけど、そういう時にこそ、自分の強さとかが求められていると思います」

「相手に点を取らせない、仕事をさせないこと」を第一優先に考えているという畠中だが、特筆すべきはやはりそのビルドアップ能力だろう。CBながら、パス本数はリーグ3位の1322本。成功率は90.8%と高い数値を誇る。また前方パス数はリーグトップの587本。その果敢な縦パスが、横浜FMの攻撃の起点となっている。

「チームとしてボールを保持する時間を増やしたいというのがあるので、相手が前からプレッシャーに来ても、しっかりとつないでいこうと意識しています。弱気になって出せなかったシーンもいくつかあったので、もっと強気に、自信を持ってプレーしたい」

■畠中を成長させた二つの出会い

 このプレースタイルの原点は、昨季途中まで所属した東京V時代にあるという。

「おととし、ロティーナ監督が就任して、ポゼッションサッカーになった。それまでも縦パスは入れていましたけど、自分の好きな時に出すだけの自己満なパスが多かった。でもロティーナと出会って、ボールを保持する大切さを知りましたし、後からつなぐ大切さも知った。だからこそ、今があると思っています」

 一方、横浜FMに移籍してからも大きな出会いがあったという。昨季限りで引退した元日本代表の中澤佑二である。

「いるだけでオーラが違いますし、相手も嫌だと思います。ゴール前では絶対に体を投げだすし、リーダーシップの面でも試合中は常に声かけ続けている。見ているだけで学ぶことがたくさんありました」

 日本代表では、かつて中澤がつけていた22番を背負ってプレーした。

「重たかったですね。僕は佑二さんにはなれないけど、そういう偉大な選手になれるように頑張りたい」

 果たして、畠中は偉大なる先輩と同じ道を歩むことができるだろうか。横浜FMは22日にホームで松本山雅FCと対戦する。前節は終了間際の2失点で清水エスパルスに逆転負け。退場者を出した影響があったとはいえ、優勝を目指すには痛恨の敗戦となった。

「チームの戦い方として、防げたシーンもあった。だからこそ悔しかった」

 その悔しさを胸に挑む松本戦に向けては「間違いなく、勝たなければいけない相手。チャレンジャーの気持ちで挑みたいと思います」と意気込みを示す。

 将来的に海外でのプレーを目指す畠中だが、最大の目標は「タイトルを取ること」にある。「絶対に欲しいです。取ってからじゃないと海外も行けないような気がします」と横浜FMで優勝を成し遂げることを掲げている。

 加入2年目にして早くも不動の存在となった畠中が、横浜FMの優勝のカギを握る存在であることは間違いない。

 
 

 
 

今日のこけまり

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/6/22(土)18:00KO J1第16節 横浜F・マリノスvs.松本山雅FC@日産スタジアム #横浜FM対松本 | タイトル
【スタジアム観戦情報まとめ】2019/6/22(土)18:00KO J1第16節 横浜F・マリノスvs.松本山雅FC@日産スタジアム #横浜FM対松本
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る