【スタジアム観戦情報まとめ】2019/5/26(日)13:00KO J1第13節 横浜F・マリノスvs.ジュビロ磐田@日産スタジアム #横浜FM対磐田

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/5/26(日)13:00KO J1第13節 横浜F・マリノスvs.ジュビロ磐田@日産スタジアム #横浜FM対磐田 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り
 └ 2019ホームゲーム前日のシート張り行為、試合当日の待機列解消に向けた整理券システム実施について | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト

10:30 ネンチケ先行開門
 └ 西・北ゲート:列整理(開門30分前) 10:00
11:00 一般開門
 └ 西・北ゲート:列整理(開門30分前) 10:30
13:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 
 

天気予報

日産スタジアムの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/5/26 4:00発表

2019/5/26(日)13:00の予報
天気:晴れ
温度:30℃
風 :南 4m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2019 明治安田J1 第13節 vsジュビロ磐田 | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

スタジアム | よくあるご質問 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間 10:00~17:00)

日産スタジアム | スタジアム | チケット | 横浜F・マリノス 公式サイト

・発券枚数推移
 15,327枚(4/17 12:00現在)
 16,405枚(5/1 10:00現在)
 18,532枚(5/15 13:00現在)
 22,040枚(5/21 11:00現在)
 24,375枚(5/24 11:00現在)
 25,332枚(5/25 10:00現在)
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念 ~選抜ライブ~(開場16:30/開演18:00)

ウインズ新横浜 JRA:第86回日本ダービー
 
 

Webログ

横浜FMvs磐田の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2019年5月26日):Jリーグ.jp

–ルヴァンカップは悔しい敗退。横浜FM、磐田守備陣を崩し切れるか

見どころを要約すると・・・

・横浜FMはルヴァンカップで敗退が決定。喜田拓也は「しっかりリーグ戦に切り替えたい」と前を向く
・横浜FMは「1対1で負けなければ失点しない」と話す畠中槙之輔を軸に、磐田の速攻を食い止めたい
・磐田はロドリゲスの先発復帰が濃厚。3-1の快勝を収めた昨季のアウェイ戦の再現を果たしたい

AFCチャンピオンズリーグとJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ最終節を終えて迎える今節の明治安田J1。26日13時から行われる一戦は、6位の横浜FMが日産スタジアムに12位の磐田を迎える。

横浜FMは22日に敵地で臨んだJリーグYBCルヴァンカップAグループ最終節で長崎に1-3で敗戦。引き分け以上で他会場の結果に関係なくグループステージ突破が決められる有利な状況だったが、攻撃面では決定機やPKを決められず、守備面では相手の素早いリスタートから失点を重ねた。昨季、17年ぶりの決勝進出を果たし、「今季こそは」と18年ぶりの優勝を目指して臨んだはずの大会から早くも姿を消した。

リーグ戦のメンバーとして戦っている喜田 拓也は、ルヴァンカップは途中出場1試合のみの出場だったが、「去年、ファイナルまで行って悔しい思いをしたし、その悔しさを同じ大会で晴らしたかった。そういう気持ちは間違いなくみんなの中にあった」と3人のキャプテンの1人としてチームの思いを代弁した。また、リーグ戦の主軸でありながらルヴァンカップも3試合連続でフル出場していた畠中 槙之輔は「今年は優勝したいとみんなが思っていたし、敗退のダメージはある」と認めながらも、「自分たちが招いた結果。しっかりリーグ戦に切り替えたい」と前を向く。

リーグ戦に目を移せば、前々節のC大阪戦は自分たちの良さを出せずに0-3で完敗したが、前節の神戸戦は4-1で快勝。しかし、神戸は横浜FMと同様にポゼッションを主体とする比較的与しやすい相手だったことに加え、リーグ戦6連敗中と下降線をたどっていた。一方、磐田はシーズン序盤こそ苦しい戦いが続いたが、ここ3試合で2勝1敗と持ち直している。加えて、勝利した浦和戦は1-0、仙台戦は2-0と無失点であり、第11節のFC東京戦も無敗の首位を相手に0-1と最少得点差だった。

しぶとく耐えてカウンターを狙ってくるチームは、横浜FMが比較的苦手とする相手。昨季の日産スタジアムでの磐田戦もショートカウンターから3失点を喫した。畠中は「自分とチアゴ(マルチンス)が中心になってロングボールもクロスボールもはね返して、1対1で負けなければ失点しない」と気合いを入れる。

一方の磐田は、母の訃報でルクセンブルクに帰国していたロドリゲスのスタメン復帰が見込まれる。ボールを保持される時間は長くなるだろうが、この3試合と同様に守備でしっかりと耐え、ロドリゲス、そして前節の仙台戦で加入後リーグ戦初ゴールを挙げた中山 仁斗、同じくゴールを挙げたアダイウトンらの一発に期待したいところだろう。

ここ数日で急激に気温が上がってきているが、横浜は26日も最高気温が30℃に達すると予想されている。キックオフ時間は13時であり、最高気温の時間帯に試合をすることになる。喜田は気温について「けっこうな敵になりそう」と冗談めかしつつ、すぐに表情を引き締めて「相手も同じなので、そこに言い訳を見いだすつもりはまったくない。勝つためにはハードワークは絶対に必要」と話した。まだ高い気温に慣れ切っていない中、いかに相手より走るか、相手よりハードワークするかという点も勝敗を分けるポイントになりそうだ。

[ 文:菊地 正典 ]

【横浜FM vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:三好康児、感情を揺さぶられた一週間を経て。 – J’s GOAL

前節の神戸戦(4-1)、約20分間の途中出場で圧巻の2ゴールを奪い、ヒーローとなった横浜FM・三好康児。「(2点のうち、どちらが嬉しかったか?)いや、自分はダイレクトあまり得意じゃないんで、1点目ですかね」。いつもはクールな22歳も、囲み取材で自然と笑みがこぼれた。

ところが4日後、表情が一変。長崎に1-3の結果によりYBCルヴァンカップ敗退後、三好の顔は生気を失っていた。とはいえ、常に自分の言葉で丁寧かつ的確に試合を振り返ってくれる三好。この日もそれを期待していたが、さすがにショックを引きずっていた。

「本当に情けないというか、やってはいけない負けかなという感じです。本当に負ける相手ではないですし」。まず心情を口にした。そのあと「まあ…」と弱い声を発したものの、次の言葉が見つかない。一点を見つめながら考え、10秒強の沈黙が続くも待ってみた。しかし、「ちょっと整理できないです」と絞り出すのが精いっぱいだった。

その2日後の24日には、コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーが発表され、自身の目標、A代表に初めて名を連ねた。そして新たな週に入り、今節の磐田戦を迎える。「チームとしても、個人としても、もっと上を目指していくには結果が大事。それは(自分が)スタートから出ようが、途中から出ようが、その思いは変わりません」。感情の振り幅の大きい一週間を過ごしたが、三好康児の芯がブレることはない。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

【J試合情報】横浜F・マリノスvsジュビロ磐田 5月26日 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・横浜FM対磐田の通算50試合では、横浜FMが25勝3分22敗と勝ち越している。昨季の前回対戦では、横浜FMが2-1で勝利を挙げた。

 ・横浜FMは磐田戦直近3試合で2敗(1勝)。今カードのそれ以前の16試合で喫した敗戦数と等しい(11勝3分2敗)。

 ・横浜FMはホームでの磐田戦直近8試合でわずか1敗(6勝1分)。しかし、この1敗は本拠地での今カードの前回対戦で喫したもの(2018年5月2日:1-3)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在、2017年5月~10月以来となる6試合連続無敗(3勝3分、当時11戦無敗)。しかし、本拠地での直近18試合のうち、無失点に抑えたのはわずか1試合のみ(1試合平均1.6失点)。

 ・磐田は直近3試合で2勝(1敗)。それ以前の13試合で挙げた勝利数と同じ(2勝4分7敗)。

 ・磐田はアウェイ戦直近4試合で2勝(2敗)。敵地では、これ以前に13試合連続未勝利だった(7分6敗)。

 ・横浜FMは先制点を奪われた試合数が今季ワースト3位タイ(7試合:松本、磐田と並び)。しかし、この内敗戦を免れた試合数が今季リーグ最多(4試合:2勝2分)。

 ・田口泰士は磐田が横浜FM戦で挙げた直近3得点の内、2点を決めている。この2得点は昨季のアウェイ戦で記録したもの。

※ファクト内の数字はJ1での成績

【J1展望】横浜×磐田|「みんなで頭を捻った」磐田の横浜対策は奏功するか | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
今季成績(12節終了時):6位 勝点21 6勝3分3敗 18得点・16失点

【最新チーム事情】
●前節の神戸戦から中盤の形が変更。今節もM・ジュニオールをトップ下に置き、扇原と喜田がダブルボランチを組む。
●畠中がキリンチャレンジカップ、三好がコパ・アメリカに挑む日本代表に選出。
●22日のルヴァンカップ長崎戦は1-3で敗戦。グループステージ敗退が決まり、リーグ戦と天皇杯でのタイトル獲得に向けてリスタートとなる。

【担当記者の視点】
 前節の神戸戦から、中盤のトライアングルは逆三角形から正三角形に。アンカーからダブルボランチにしたことでミドルゾーンでの守備がより安定し、攻守のバランスも良化した。

 鍵を握るのは、トップ下に入るM・ジュニオール。幅広く動き回りながら要所でプレーに絡み、攻撃を組み立てつつ、自らもフィニッシュに顔を出す。怪我から復帰し、状態を上げてきたCFのE・ジュニオの久々となるゴールにも期待したい。
 
 
ジュビロ磐田
今季成績(12節終了時):12位 勝点12 3勝3分6敗 10得点・11失点

【最新チーム事情】
●前節・仙台戦で中山がリーグ戦初ゴール。
●同試合で荒木がリーグ戦初スタメン。
●水曜日のルヴァンカップ清水戦に敗れ、ダービー4連敗。プレーオフの対戦相手は札幌に。

【担当記者の視点】
 前節は仙台を相手に前半のうちに2得点を挙げて完封。今季ホーム初勝利を挙げ12位に浮上した。先制点を挙げたアダイウトンにキレが戻り、リーグ戦2戦連続で先発し2点目を決めた中山や右ウイングの松本らも好プレー。課題の攻撃が少しずつ好転している。

「特殊な(横浜の)スタイルをどう崩すか。みんなで頭を捻った。どれくらい粘り強く守り、どれくらい相手の背後に出ていくかだと思う」と、今節に向けて名波監督。勝利をステップに、アウェーからも勝点を持ち帰りたい。

 
 

こけまりログ

▼昨シーズンの対戦結果

【試合結果まとめ(1◯2)】2018/9/22(土)16:00KO J1第27節 ジュビロ磐田vs.横浜F・マリノス@ヤマハスタジアム

【試合結果まとめ(1●3)】2018/5/2(水)19:00KO J1第12節 横浜F・マリノスvs.ジュビロ磐田@日産スタジアム
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る