【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/6(水)19:30 YBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 横浜F・マリノスvs.北海道コンサドーレ札幌@ニッパツ三ッ沢球技場

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/6(水)19:30 YBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 横浜F・マリノスvs.北海道コンサドーレ札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

17:00 ネンチケ先行開門
17:30 一般開門
19:30 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 
 

天気予報

ニッパツ三ツ沢球技場の1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/3/6 4:00発表

2019/3/6(水)19:00の予報
天気:曇り
温度:13℃
風 :南西 2m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2019 ルヴァンカップ グループステージ 第1節 vs北海道コンサドーレ札幌 | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

スタジアム | よくあるご質問 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  ニッパツ三ツ沢球技場(三ツ沢公園管理センター) Tel: 045-548-5147
  (営業時間:8:45~17:15)

ニッパツ三ツ沢球技場 | スタジアム | チケット | 横浜F・マリノス 公式サイト

・発券枚数推移
 8,350枚(3/1 12:00現在)
 8,628枚(3/4 17:00現在)
 

JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージレギュレーション(抜粋)

大会概要:2019JリーグYBCルヴァンカップ:Jリーグ.jp
2019Jリーグ YBC ルヴァンカップ試合実施要項[PDFファイル]

▼大会方式
ACLに出場する4チーム(川崎F、浦和、広島、鹿島)を除くJ1の14チームとJ2の2チーム(前年度J1の17位、18位)の16チームを4グループに分け、各グループで2回戦総当たり(ホーム&アウェイ方式)のリーグ戦を行う。
各グループ上位2チームの8チームがプレーオフステージに進出する。

Aグループ(4チーム): 札幌/横浜FM/湘南/長崎

▼試合エントリー 1チーム18名以内
・J1クラブは外国籍選手5名まで。J2クラブは外国籍選手4名まで
・Jリーグが別途「Jリーグ提携国」として定める国の国籍を有する選手は外国籍選手として取り扱わない。

▼試合出場メンバー
全ての試合において21歳以下の選手を1名以上先発に含める *1

※1 但し、以下の場合は出場義務を負わない
・対象選手1名以上が日本代表試合または日本代表活動(ただしA代表またはU19以上のカテゴリーの日本代表に限る)に招集され、試合日に不在の場合
・対象選手が試合エントリー後の怪我等のやむを得ない理由により出場ができない場合

実施要項より

第5条〔試合出場メンバー〕 (1) 本大会のすべての試合において、2019 年 12 月 31日において満年齢 21 歳以下の日本国籍選手(以下、本条において、「対象選手」という)を1名以上先発出場させなければならない

21歳以下の横浜F・マリノス所属選手

・原田岳 (1998/05/22)
・山田康太(1999/07/10)
・椿直起 (2000/06/23)
 └ 2019/02/22 椿直起選手の負傷について | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
・山谷侑士(2000/06/11)
 
 

Webログ

横浜FMvs札幌の見どころ(JリーグYBCルヴァンカップ:2019年3月6日):Jリーグ.jp

–充実の陣容で臨む横浜FM。リベンジへの第一歩

再びあの舞台、いや今度こそ頂点に立つために。横浜FMにとっては、準優勝というある意味では最も悔しい結果となった昨季の雪辱を果たすべく臨むJリーグYBCルヴァンカップが開幕する。

アンジェ ポステコグルー監督体制2年目の横浜FMは好スタートを切った。明治安田J1では開幕戦でG大阪、第2節で仙台と対戦し、それぞれ3-2、2-1で2連勝。たった2試合ながら連勝したチームは横浜FMと名古屋の2チームだけであり、2位につけている。また、スコアはともに1点差ながら、内容は相手を圧倒。完勝と言える試合を展開した。

大会が変わるルヴァンカップは、リーグ戦の間に行われる連戦。昨季同様、大幅なメンバー変更が予想される。GKも含めて先発総入れ替えとなっても不思議ではない。

ただ、横浜FMは今季、小倉 勉スポーティングダイレクターが「11のポジションに2人ずつ、同じくらいの力の選手を編成した」と話すとおり、現時点のレギュラーと呼べる選手と遜色ないメンバーが控えている。事実、昨季の中心メンバーだったドゥシャン、松原 健、扇原 貴宏はいまだリーグ戦の出場はなく、大津 祐樹、遠藤 渓太は2試合とも出場しているが、ともにベンチスタートとなっている。

さらにベテランの栗原 勇蔵や、昨季はルーキーながらカップ戦だけでなくリーグ戦でも出場機会を得た山田 康太、新加入ではJリーグや日本代表で十分な実績がある李 忠成、J3からの加入ながら練習試合でも横浜FMのGKに必要な足元の技術や飛び出しを高いレベルでこなしている朴 一圭も実力は申し分ない。

キャンプ終盤で負傷した影響で先々週まで別メニューで調整していたティーラトンも、先週の時点で「もう痛みはない。『いけ』と言われれば(仙台戦も)出られる」と話しており、今節で横浜FMデビューとなる可能性は十分にある。また、契約上の理由により、期限付き移籍元の川崎Fと対戦する週末のJ1第3節に出場できない三好 康児がスタメンに入る可能性もある。連戦におけるカップ戦では他クラブがうらやむような陣容で臨めるだろう。もちろん彼らはリーグ戦での出番を得るため、全力でプレーするはずだ。

対する札幌はJ1開幕戦の湘南戦こそ0-2で落としたものの、第2節はペトロヴィッチ監督の古巣である浦和に2-0で快勝。アウェイ2連戦で1勝1敗という数字は上々と言えるだろう。

札幌も大幅にメンバーを替えることが予想されるが、注目はプロデビューが予想される檀崎 竜孔。昨年度の全国高校サッカー選手権大会では決勝で2ゴールを挙げるなど全国制覇に貢献し、3月1日に青森山田高を卒業したばかりの期待のルーキーがデビューを果たすのか、そしてプロの舞台でどんなプレーを見せるのか。

札幌は地元がまだ極寒であることから、リーグ開幕後も熊本でキャンプを続けていたが、この試合を最後に札幌に戻る予定となっている。タイ、沖縄、熊本と約2カ月続いたキャンプ生活の最後を最高の形で締めたい。

両者にとってグループステージ突破に向けた大事な初戦であると同時に、リーグ戦の勢いを削ぐことなく、勢いを増してつなげたい一戦。スタンドとピッチの距離が近く、臨場感あふれるニッパツ三ツ沢球技場で熱い戦いが見られるはずだ。

[ 文:菊地 正典 ]

【横浜FM vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:勝利の味を知る男、李忠成 – J’s GOAL

JリーグYBCルヴァンカップ開幕の札幌戦。そこでゴールに飢えた背番号「20」李忠成(写真)が、スタートからピッチに解き放たれるだろう。

リーグ戦開幕からの2戦は共に終盤から途中出場、無得点。2日の仙台戦後には先頭でミックスゾーンに姿を現し、うつむいたまま足早に通り過ぎようとした。そこで声をかけてコメントを求めた。

「今日はコメントなし!」。完全にシャットアウトされた…。しかし、表情は柔和。隠しきれない“いい人オーラ”が漂っている。そこで続けて質問してみると、案の定、話してくれた。質問は66分の大津のクロスボールを頭で落として、マルコス ジュニオールのシュートを導いた、チャンスシーンについて。

「大津(祐樹)があんなにパスセンスを持っているとは思っていなかった印象がありましたけど(笑)。すごくいいパスがきて、中に三好(康児)か誰かも動き出していたけど、それよりマルコスのほうが(得点の)可能性がありそうだったので、あそこへ出した。いい攻撃パターンかなと。自分らしい動き出しだったと思います」

78分の高野遼が左サイドから打ったドリブルシュートの際にも、李はしっかりゴール前に詰め、フリーだった。仮に高野が李へのパスを選択していたら、決定機が訪れていたに違いない。短い時間のなかでも、得点の匂いを感じされてくれた。

浦和時代には、16年ルヴァンカップ制覇を経験。決勝のG大阪戦では途中、ピッチに立った李が、CKから起死回生の同点弾を奪い、PK戦を制した。昨年、同大会決勝で散った横浜FMにも、本当の勝利の味を教えてほしい。そのためにも、まずは移籍後初得点を!

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2019/03/06 横浜 栗原 “伝説”に並ぶ82戦目出場へ 松田さんに「勝って報告」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 横浜はきょう6日のルヴァン杯1次リーグ札幌戦でDF栗原が今季公式戦初先発を飾ることになりそうだ。試合前日練習では主力組に入ってプレー。試合に出場すれば大会通算82試合となり、故松田直樹さんと並び歴代2位となる。かつてクラブでともにプレーしたレジェンドと肩を並べるだけに「光栄なこと。勝って良い報告がしたい」と活躍を誓った。

 2日のリーグ仙台戦から先発が10人入れ替わる見込み。ここまで出場機会が少なかった選手にとってアピールの場になるが、「相手を上回って楽しい試合にできれば」と話した。

 
 

こけまりログ

▼昨季の対戦結果

【試合結果まとめ(2◯1)】2018/10/5(金)19:30KO J1第29節 横浜F・マリノスvs.北海道コンサドーレ札幌@日産スタジアム

【試合結果まとめ(2●1)】2018/4/25(水)19:00KO J1第10節 北海道コンサドーレ札幌vs.横浜F・マリノス@札幌厚別公園競技場
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る