【試合結果まとめ(1○2)】2015/05/16 J1リーグ 1stステージ 第12節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@IAIスタジアム日本平

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.ブログ
6.Webニュースログ
7.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2015 明治安田J1 1stステージ第12節 横浜F・マリノスvs清水エスパルス

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「今日は非常に激しいハイ・インテンシーのゲームだったと思います。ただ、我々は非常に多くのチャンスをつくりましたので、結果は内容に合ったものだと思います。前半、リードした後に、ちょっと集中力が落ちてしまって、少しミスが増えてしまいました。ハーフタイムで、少し守備のところを修正して、もう一度集中を取り戻して、後半、また我々の流れに持っていけたというゲームでした」

質問:リーグ戦3連勝、チームのどのへんが良くなってきていると感じていますか?
「動きながらの連動したプレーです。これが我々のチームとしての特徴になると思います。今日の中盤の、例えば喜田、中町、三門といったところ、彼らは非常にテクニックがあって、俊敏性・運動量といったところも優れています。彼らの、特徴を生かしたコンビネーションなどが、いま向上していると思います。ただ今日のゲームに関しては、集中力が落ちてしまいました。集中力が落ちてしまうと、簡単なテクニックのミスが出てしまうので、我々の特徴が出なくなってしまうという面があります」

選手コメント

三門 雄大
「学がドリブルから落としてくれたとき、ダイレクトに打とうと思ったが、相手が出てこなかったのでトラップした。ファーに巻いて打とうとも考えましたが、思い切り打てば相手に当たると考え直して打ったたら、そのとおりになりました。
決してキレイなゴールだとは思わないけど、チームにツキを取り戻せたゴールだったと思います。結果的に決勝ゴールとはならなかったけど、あそこで決めていないと、もっと難しい展開になったと思います。
前半はイージーなミスが多かったが、それでも勝点3を取れたのはいいこと。改善点はたくさんあるけど、勝てば素直に反省できる部分もある。
遠くまで応援に来てくれたサポーターに対して、勝つことが何よりのプレゼントだったと思います」

小林 祐三
「ふわっと入ったわけじゃないけど、アウェイで相手に合わせてしまった。自分たちのミスからフィフティ・フィフティのゲームにしてしまい、まさにバタついていましたね。
それでも前半はゼロでしのげたけど、そのツケとして後半、ピンボールみたいな失点をしてしまった。
自分たちのゲーム運び次第では完封できるゲームだったけど、1失点したのは妥当だったのかなと思います。追いつかれてすぐに突き放せたのは、チームのメンタル的にも収穫があったし、自信にもなりました。
決勝点の場面はGKとDFの間にいいボールを入れることを意識して、それがうまくいった。淳吾さんのファーストタッチがすべて。素晴らしいゴールでした」

中澤 佑二
「前半はミスが多かったけれど、いい形で点が取れた。相手は追いついた後、前がかりになってきて後ろにスペースができていた。
清水は、奪われても奪い返してくるし、攻守の切り替えが非常に早いチームなので、割り切ってクリアすることも大事だと思いました。
苦しみながらの3連勝ですけど、勝点を積み重ねていくことが大事」

Jリーグ.jp

1stステージ 第12節 2015年5月16日(土)15:04KO アイスタ
 ├ 入場者数 12,978人
 └ フォトギャラリー
 
 

Twitter / Istagram

JUNGO‼️‼️⚽️🏃⚓️🇫🇷 #fmarinos #マリノス #藤本淳吾 #今季初ゴール Jungo FUJIMOTO scored his first goal in this season. #jungofujimoto #jleague

⚽️横浜F・マリノス【公式】⚽️さん(@yokohamaf.marinos)が投稿した写真 –


 
 

YouTube


【ハイライト】清水エスパルス×横浜F・マリノス「J1リーグ 1st 第12節」


【ベストゴールノミネート】藤本 淳吾(横浜F・マリノス)「J1リーグ 1st 第12節」
 
 

Blog | ロコさぬセレクション powered by FMBH

[Take-2(たけにぃ)の部屋]ウタカ他のチーム

[ドメサカブログ]【J1.1st第12節 清水×横浜FM】横浜FMが清水に競り勝ち今季初3連勝!藤本恩返しゴールが決勝点に

こけまりログ

2015/05/15 【スタジアム観戦情報まとめ】2015/05/16 J1リーグ 1stステージ 第12節 清水エスパルスvs.横浜F・マリノス@IAIスタジアム日本平
 
 

ネットニュース・Weblog

カナロコ

藤本鮮やか決勝弾 5月16日・清水戦

 横浜Mを今季初の3連勝へ導いたのは、元日本代表MFの意地の一撃だった。同点とされた2分後の後半19分に藤本が決勝ゴール。「意識せざるを得ない」というプロ生活をスタートさせた古巣相手に決めた今季初得点に「きょうは本当、結果を出したいと思っていた」と、すがすがしい表情を浮かべた。

 右サイドの広いスペースへDF小林を走らせ、自らもゴール前へ一直線。クロスにワンタッチで相手DFを置き去りにし得意の左足でニアサイドを撃ち抜いた。「イメージできていた」という得点で、チームはこれで清水戦8連勝。自身のゴールも昨年10月の清水戦以来と、相性の良さは健在だった。

 第4節以降はリーグ戦6試合連続で先発落ち。「毎日スタメンかスタメンじゃないか、ずばずば聞いてくる」という小学2年の息子に「(父親の背中を)見せないといけない」と奮起し、先発復帰3戦目で結果を示した。

 中学の途中まで横浜Mの育成組織で育った大和市出身の31歳。移籍1年目の昨季は26試合3得点と本来の輝きを放てたとは言い難いが、まだまだ老け込む年齢ではない。「(首位とは)ちょっと離れているが、可能性がある限り頑張っていく」。最愛の家族へ、サポーターへ、活躍を届けたい人はたくさんいる。

 横浜MのMF三門が自身初の2試合連続ゴール。0-0の前半29分、ペナルティーエリア中央手前で低い弾道の右足シュートを左隅へ突き刺した。

 この日はボランチではなく、小学生以来というトップ下で先発。「チャンスがあれば、どんどん打っていきたいと思っていた。枠を外さず、思いきり振り抜いた結果」と、持ち前の積極性に胸を張っていた。

スポーツニッポン

横浜、藤本の恩返し弾で3連勝!06年から5年間清水に在籍

 横浜は接戦を制し、今季初の3連勝を飾った。1―1とされた直後の後半19分、藤本が右からの折り返しに走り込み、トラップで相手DFをかわして今季初得点。06年から5年間在籍していた古巣に“恩返し”を果たし、喜びを爆発させた。

 「古巣相手にゴールできたので喜ばないと損かな、と。うれしかった」。復調気配のベテランは「勝ち続けて、ファーストステージ優勝へ可能性がある限りやっていきたい」と頼もしかった。

ニッカンスポーツ

横浜3連勝、藤本が古巣に1発今季初ゴール

<J1:清水1-2横浜>◇第12節◇16日◇アイスタ

 横浜はMF藤本淳吾(31)が今季初ゴールを挙げ、チームを3連勝に導いた。

 1-1で迎えた後半19分、右DF小林祐三(29)からパスを受けると、ワントラップして左足でゴール右隅に流し込んだ。今季初ゴールは10年まで在籍した古巣への1発。

 藤本は「素直にうれしかった。攻撃はパスもうまくつながったし、相手よりも動けていた。このまま勝ち続けていきたい」と満足げだった。

サンケイスポーツ

清水、横浜Mに8連敗…大榎監督「たくましさがほしい」

 明治安田J1第1ステージ第12節最終日(16日、清水1-2横浜M、アイスタ)前節に10試合ぶりの白星を挙げた清水の連勝はならず、近年は相性が悪い横浜Mとの公式戦は8連敗となった。J2降格圏での戦いが続く大榎監督は「90分戦える強さ、たくましさがほしい」と悩ましげだ。

 追い付いても、すぐに突き放された。前半に絶好の先制機を逃した大前は「俺が決めていればというのはあるけど、失点が多すぎるのも問題」と、上向かないチーム状態にいら立ちを隠せなかった。(共同)

横浜M・三門
「2試合連発(のゴール)は中学生以来。思い切って右足を振り切った結果、入ってくれた」

横浜M・藤本、古巣撃破!積極的な攻撃参加で決勝点

 明治安田J1第1ステージ第12節最終日(16日、清水1-2横浜M、アイスタ)横浜Mは、苦しみながらも3連勝。「小学生以来」というトップ下に入ったMF三門が、前半29分に先制弾。同点にされた直後の後半19分には、古巣相手に燃えたMF藤本が左足決勝点。今季序盤は出番が少なく、「何とか決めないと」という積極的な攻撃参加で決めた一発だった。モンバエルツ監督は「チャンスを作ったので、結果は内容に合ったものだった」と胸を張った。

スポーツ報知

サッカーキング

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】清水×横浜|怪我人続出の清水に再び暗雲が…※一部抜粋

【試合内容】
 序盤はお互いがゴール前まで迫る一進一退の攻防が続いた。しかし18分、清水にアクシデントが襲う。左のCBを務めた平岡が左足首を負傷し、ピッチを後に。すると清水は動揺からか守備に甘さが生じ、齋藤のドリブル突破から最後は三門にミドルを決められた。

 後半は大前、P・ウタカ、長沢のコンビネーションを軸に攻め立て、62分にはP・ウタカの左足で同点に追いついた清水。しかし、今度は長沢が太もも裏に違和感を訴え、またも選手交代を強いられる。

 再び流れが悪くなると、嫌な予感はすぐさま現実となった。直後の64分に横浜の藤本が抜群のボールスキルを披露。相手に囲まれながら小林にボールを預けると、そのリターンをまたも巧みにコントロールし、左足を一閃。

 結局これが決勝点となり、清水は連勝ならず。逆に横浜はリーグ戦3連勝を飾った。

【チーム採点・寸評】
清水 5.5
序盤から攻撃の形を作ったものの負傷者が相次ぎ、次第にゲームプランが崩壊。終盤のパワープレーも奏功せず。

横浜 6.5
効率良く得点を重ね、3連勝を飾る。2点目以降は余裕のゲーム運びで、清水をまったく寄せ付けなかった。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
失点シーン以外は際どいコースにシュートが飛んでこず、見せ場は少なかった。総じて及第点のパフォーマンス。

DF
13 小林祐三 6
守備では清水の外国人選手ふたりに多少手を焼いていたが、鋭く正確なクロスで決勝点をお膳立てした。

22 中澤佑二 5.5
周囲を鼓舞する精神的支柱としては代えの利かない存在だが、陸空ともに1対1の守備で物足りなさが残った。

5 ファビオ 6
失点シーンは対応が遅れたが、それ以外ではしつこく相手に食らい付く。単にクリアせずつなぐ意識も見て取れた。

23 下平 匠 6
CBとのマークの受け渡しなど、守備のタスクを見失わず。安定感のあるプレー内容で勝利に貢献した。

MF
28 喜田拓也 6.5
神出鬼没な動きで重要なポイントに顔を出し、攻守両面で気の利いたプレー。球際の迫力もあり、MOM級の働きぶりだった。

8 中町公祐 6
カバーリングとポジショニングでセンスを発揮。喜田と分担してこぼれ球を拾いつつ、効果的に攻撃につなげた。

25 藤本淳吾 6.5
時折放つミドルパス以外は見せ場なし、と思いきや、64分に見事なボールコントロールを連発して決勝点を奪ってみせた。

6 三門雄大 6
殊勲の先制点をマークし、トップ下としての役割を果たす。粘り強いファーストディフェンスも機能していた。

11 齋藤 学 6.5
先制点につながったドリブルのほかにも、鋭い突破で相手の脅威に。自陣深くまで守備に戻る献身性も備えていた。

FW
39 アデミウソン 6
周りを使いながらバイタルエリアに入り込む上手さは特筆。決定力が向上すればモンスターになるだろう。

交代出場
MF
7 兵藤慎剛 -
リスクを冒さずに前線で時間を作る。プレー回数は限られたが、大きなミスはなく試合を終わらせた。

MF
27 富澤清太郎 -
ロスタイムに登場。クローザーとしての起用でプレーにはほとんど絡まなかったため、評価の対象となるシーンはなかった。

監督
エリク・モンバエルツ 6
相手にペースを握られた時間帯でも焦れず、粘って勝点3を呼び込む。終盤は3点目を奪うチャンスも作った。

取材・文:増山直樹(サッカーダイジェスト編集部)

J SPORTS

J1第12節 清水×横浜FMマッチレビュー

【J1 1stステージ第12節 清水 vs 横浜FM レビュー】清水、復調の兆しがあっただけにこの黒星がどのように影響するか?

2015明治安田生命J1リーグ1stステージは5月14、16日に第12節を迎え、横浜F・マリノスが清水エスパルスに2-1と競り勝って3連勝を飾った。横浜FMは29分にMF三門雄大の2試合連続得点で先制し、62分に清水のFWピーター ウタカの得点で一度は追い付かれたものの、その2分後にMF藤本淳吾が勝ち越し点を決めた。清水は5試合ぶりの黒星を喫した。

横浜FMは、2005年にプロデビューを果たした古巣から決勝点を奪った、藤本の活躍が素晴らしかった。チームに勝点3をもたらした得点シーンは、見事な身のこなしを連続。まず、中盤で巧みにMFミッチェル デュークと入れ替わり、右サイドを上がったDF小林祐三にパスを出すと一気にゴール前へ。小林のワンタッチの低いクロスに対し、スピードアップしてDF福村貴幸の鼻先でボールにさわって入れ替わり、ニアサイドを選んでシュートを決めた。試合終了直後のJ SPORTSのインタビューに「トラップで入れ替われれば、(相手ディフェンスラインの)裏にスペースがあるのは分かっていた」と藤本。「(小林が)ダイレクトで上げる雰囲気も分かっていた」と話すなど、デュークをかわして前を向いた瞬間に、得点への道筋を描いていたのだろう。「ファー(サイド)へ(シュートを)打とうと思ったが、体勢がきつく、ニアを速いボールで狙った」という瞬時の判断も的確だった。

この他にも視野の広いプレー、糸を引くようなミドルパスでチャンスの起点となり、大いに存在感を見せつけた。今シーズンは開幕から3試合連続フル出場も、その後はベンチを温める試合が続いた。しかし、ここ3試合は再び、右サイドの攻撃的MFに定位置を見いだし、今節は堂々と攻撃を操った。加えて藤本の逆サイドにいるMF齋藤学も縦横無尽のドリブルで躍動し、清水の守備陣を混乱に陥れた。先制点も彼のドリブルから生まれた。左サイドから中央へボールを持ち込み、自らシュートのチャンスがないと見るや、三門にシュートを託した。FWのラフィーニャ、伊藤翔、MF中村俊輔など、攻撃陣の主力選手に負傷が相次ぎ、清水戦は普段はボランチの三門がトップ下。それでも「ボールがないところでの運動量は本当に素晴らしい」(エリク モンバエルツ監督)という持ち味を発揮しながら、前節のアルビレックス新潟戦に続く貴重な得点をマーク。また、限られた駒を適切に配し、スリーバックやフォーバックのフォーメーションを使い分けながら、チームを軌道に乗せる指揮官の采配も評価できるだろう。DF中澤佑二を中心とする守備も堅実で、今後、どこまで首位に迫ることができるかが注目される。

清水は前節のヴィッセル神戸戦で、開幕以来のリーグ戦勝星をつかむなど、4試合連続負けなし(1勝3分)と復調気配にあった。今節は横浜FMに競り負けたが、プレー内容は向上しているといえるだろう。今シーズン新加入のウタカが、チームにフィットするようになったというより、攻撃の軸として不可欠の存在になっている。フィジカルが強く、瞬間的なスピードが強みだ。一度は同点とした得点も、ルーズボールに真っ先に反応。横浜FMのDF陣を振り切って決めた。両サイドに開いてチャンスメーカーとなり、ゴール前でポストプレーもこなす。MF大前元紀らとのコンビネーションに磨きをかければ、復活の原動力となりそうだ。前半には清水らしいパスワークによる崩しを披露するなど、攻撃には自信回復の兆しも見て取れた。

光明が見えつつあるスリーバックのフォーメーションで、残念だったのは今節、次節と続くDFヤコヴィッチの出場停止処分だろう。横浜FMの先制点は、彼がいるべき右サイドのスペースを突かれた。さらに、左のストッパーを務めるDF平岡康裕がFWアデミウソンとの接触で負傷退場。大榎克己監督の「ゲームプランが思い描いているのと違う方向にいってしまう」という不安は、代わった福村が藤本にしてやられ、現実のものとなってしまった。大榎監督は「チームの形はある程度できている」と手応えをつかみながらも、「一瞬の隙をつくらない集中した守備」を今後の改善点に挙げている。2失点はいずれもゴール前での緩い守備から。相手のシュートに対して、2人も3人も体を投げ出して防ごうとする横浜FMの守備が、良いお手本となるだろう。

Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

横浜F・マリノス 2015マッチレポート | 5月16日 vs 清水

ゲキサカ

清水vs横浜FM 試合記録

横浜FMが競り勝ち3連勝、清水は5戦ぶり黒星

 横浜F・マリノスが敵地で清水エスパルスを2-1で下して、3連勝を飾った。対する清水は5戦ぶりの敗戦を喫し、降格圏脱出とはならなかった。

 復調を見せ始めたチーム同士の対戦となったが、前半18分に清水にアクシデントが襲う。アデミウソンと交錯したDF平岡康裕が足首を痛め、途中退場。DF福村貴幸との交代を余儀なくされた。

 すると前半29分、横浜FMに先制点が生まれる。MF齋藤学が真横にドリブル突破を見せると、ゴール前中央でヒールパスでMF三門雄大に預ける。三門はワントラップから右足を一閃。ボールは左ポスト内側を叩きながら、ゴールネットに収まった。

 しかし清水も後半17分、再三好機を演出していたFWピーター・ウタカがFW大前元紀の縦パスに反応。DFのマークに遭いながらも、エリア内からシュートを決めて、試合を振り出しに戻した。

 ただ2分後の後半19分、再び横浜FMが突き放す。右サイドからDF小林祐三がクロスを上げると、MF藤本淳吾がワンタッチでDFと入れ替わるようにして受ける。「トラップで入れ替われば裏にスペースがあることは分かっていた」。あとはGKのニアサイドを抜いて、冷静にゴールを奪い、勝ち点3を呼び込んだ。

 横浜FMは3連勝。勝ち点を20に乗せた。残り5節となった第1ステージで、首位との差はややあるが、優勝の可能性を残すことが出来た。藤本も「可能性がある限り、諦めるわけにいかない」と話した。

 対する前節の神戸戦で、開幕戦以来の白星を挙げていた清水だが、今季初の連勝を飾ることは出来なかった。降格圏を抜け出すチャンスだったが、16位のまま順位が変わることはなかった。「ゲームプランが崩れてしまったかな」と話した大榎克己監督は「ここのところ点は取れてきたなと思うが、失点を減らしていかないと勝ち点は取れない」と反省点を挙げた。

 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



(´-`).o0(LINE@はじめました)'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る