[期限付き移籍での加入内定を発表]アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオール@サンパウロFC[2014-2015 移籍/新加入/契約更改]

Pocket
LINEで送る

image

ダイジェスト

2015/02/28[横浜F・マリノス]新外国籍選手 期限付き移籍で加入内定のお知らせ
 
 

Webニュースログ

2015/02/28[横浜F・マリノス]新外国籍選手 期限付き移籍で加入内定のお知らせ

この度、サンパウロFC(ブラジル)に所属しているアデミウソン選手の期限付きでの移籍加入が内定しましたので、お知らせいたします。
なお、期限付き移籍期間は2016年1月1日までとなります。

◆ポジション: FW
◆出身/生年月日: ブラジル/1994年1月9日
◆身長/体重/血液型: 176cm/74kg
◆経歴: 2012-2015 サンパウロFC
◆主な代表歴:
2011    ブラジルU-17代表
2012-2013 ブラジルU-20代表
2014    ブラジルU-21代表

2015/02/28[ニッカン]横浜、王国逸材21歳アデミウソン獲得も

 横浜が、世界が注目する王国ブラジルの逸材を獲得する可能性が出てきた。

 27日までに同国の複数メディアが、名門サンパウロのFWアデミウソン(21)が横浜へ期限付き移籍すると報じた。U-21(21歳以下)同国代表の背番号10を背負い、過去には欧州でRマドリードやACミランなど超名門も獲得を狙っていると報じられた世界的タレント。横浜が、提携するマンチェスターCの親会社を通じて接触しているとされる。電撃的加入が実現すれば、ここ数年、停滞気味のJリーグの常識を覆す超大型補強となる。横浜のモンバエルツ監督はこの日「私の方から話すことはない」とだけ口にした。

2015/02/28[スポーツ報知]【横浜M】“ロマリオ2世”アデミウソン獲り!ブラジルU21代表FW

 横浜Mが、ブラジルU―21代表FWアデミウソン(21)=サンパウロ=の獲得に動いていることが27日、分かった。ブラジルのスポーツサイト「グローボ・エスポルテ」が報じた。ロマリオ2世との呼び声が高く、過去にはACミランやRマドリードも獲得に興味を示した逸材だ。

 獲得交渉は、横浜Mが昨年業務提携契約を結んだマンチェスターCなどの運営母体シティフットボールグループが行っている。獲得が決まれば横浜Mにレンタル移籍させるという流れで、将来の欧州移籍を見据えて出場機会に恵まれない南米の金の卵に日本で経験を積ませる狙いがある。移籍金は750万ユーロ(約10億円)とされている。

 横浜Mは外国人枠3枠のうち1つを残しており、獲得に支障はない。昨季得点数リーグ13位だった攻撃陣の起爆剤として期待される。

2015/03/01[カナロコ]FWアデミウソン獲得 ブラジル世代別代表

 J1横浜Mは28日、ブラジルの名門サンパウロに所属し、各年代のブラジル代表歴があるFWアデミウソン(21)=176センチ、74キロ=の獲得が内定したと発表した。期限付き移籍で、期間は2016年1月1日まで。来週中にも来日し、その後に正式契約する。Jリーグデビューは3月14日の第2節、アウェーでのFC東京戦となる見通し。

 アデミウソンは欧州のクラブも注目するサッカー王国の逸材で、16年リオデジャネイロ五輪に臨むU-21(21歳以下)の代表チームで背番号10を担っている。華麗なテクニックと抜群のスピードを持ち、前線のポジションはどこでもこなすアタッカーという。

 横浜Mはトップ下の中村をはじめ、この日の練習試合ではFWラフィーニャが右足首を痛め、松葉づえを使ってクラブハウスを後にするなど攻撃陣に負傷者が続出。得点力不足解消の切り札として期待される。

◆世界規模の情報網生かす

 欧州クラブも一目置くブラジルの若きストライカー、アデミウソンを獲得できた背景には、横浜Mの株主で、イングランドの強豪マンチェスター・シティーを傘下に置くシティー・フットボール・グループ(CFG)とのパイプがある。新指揮官の選考に続いて、提携先のCFGのネットワークを生かした横浜Mの嘉悦社長は「大きなメリット」と明かす。

 MF中村、FW伊藤、FWラフィーニャらけが人が相次いだが、同社長によると、CFGにはほぼ毎週、故障者や試合のパフォーマンスなどの情報を報告。クラブはCFGの獲得候補者リストの提供を受け、代理人と交渉を開始したという。

 「シーズン開幕前、あるいはシーズン途中で予期せぬことが起きた場合は、必要なアクションをすぐに打つという体制がCFGにはある」と同社長。続けて「Jリーグの一チームでなく、CFGの一員としてのマリノスが交渉している。それが付加価値だと思う」とも語った。

 世界規模の情報網を駆使した、これまでのJリーグにはない選手獲得の手法だが、現場も歓迎している。28日に行われた流通経大との練習試合では、主力が出場した1本目で1-1と破壊力のなさをまたも露呈した。

 「ゴール前30メートルで自分たちのスピードを上げ、ラストパスを出し、シュートを決め、スペースをつくれる選手」。モンバエルツ監督もそう絶賛する王国の逸材が不安を吹き飛ばせるか。

2015/03/01[スポニチ]横浜にリオ五輪世代ブラジル代表の逸材 アデミウソン加入内定

 ブラジルの名門サンパウロのFWアデミウソン(21)のJ1横浜加入が内定した。来年1月1日までの期限付き移籍となる。

 16年リオ五輪世代のブラジル代表の10番を背負う逸材で、11年U―17W杯では日本戦で得点も決めている。

 昨年のトゥーロン国際大会では得点ランク2位の3得点。当時、フランス2部ルアーブルを指揮していたモンバエルツ監督は大会を視察しており「クリエーティブな選手でラストパスも出せるし、シュートも決められる」と絶賛した。来週中にも来日して正式契約を結び、デビュー戦は第2節のFC東京戦以降となる見通し。

 
 

Webログ

[Wikipedia]アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオール


[YouTube]Ademilson ● All Goals & Assists – 2013/2014 ● São Paulo

2015/02/26[Jリーグ移籍情報]Jリーグ移籍情報 U-21ブラジル代表アデミウソンがマリノス移籍か

 シティ・フットボール・グループが750万ユーロの買い取りオプションを含むFWアデミウソン(21)の移籍交渉をサンパウロFCと行っており、まとまればグループの提携下で移籍市場の開いている日本の横浜F・マリノスへ年末まで期限付き移籍するとのことです。

 [Blog Bastidores FC]Negociação com grupo do City pode levar atacante do São Paulo para o Japão
  └ Google翻訳⇒日本にストライカーサンパウロを導くことができるシティーグループと交渉

2015/02/26[J論]【情熱の分析家・河治良幸の一言解説】21歳、サンパウロの有望ブラジル人FWアデミウソンがシティと提携の横浜FMへ??

【情熱の分析家・河治良幸の一言解説】

 2011年のU-17W杯を取材した時にも現場で彼を見ているのですが(準々決勝では日本とも対戦)、当時からバイタルエリアでボールを引き出す姿勢が良く、タッチも柔らかいので176cmというサイズ以上に前線のターゲットマンとして機能できる選手です。

 チャンスと見ればディフェンスラインの裏に抜けてGKと1対1のシーンも作れますが、ストライカーとしての売りはシュートの正確性でしょう。小さいスペースからミドルシュートを狙うことができ、右利きですが左足でも正確に枠を捉えることができます。

 最近でもミランやレアル・マドリーが関心を示しているとの報道がありましたが、マンチェスター・シティのホールディング会社であるシティ・フットボール・グループは有望株を他のビッグクラブより早く買い上げ、提携先のマリノスで海外経験を積ませることで、順調に成長した場合に独占的に獲得する狙いなのではないでしょうか。

 シティ・フットボール・グループと横浜FMが資本提携を伴うパートナーシップ契約をしたのは昨年5月。内容はトレーニングのノウハウの共有など多岐にわたるのですが、大きな目的に選手の移籍があることは間違いなく、その具体例が出てきたということです。

 横浜FMにとっても海外のスカウティングに多くの手間がかからず良い選手を獲得でき、リスクも少ないため有意義な移籍と言えるかもしれません。もしもこうしたケースが成功すると、他のビッグクラブもJリーグを南米選手の”養成所”として重視するかもしれませんね。

 こうしたビジネススタイルには賛否両論あるでしょうが、Jリーグに来る外国人選手のレベルアップにつながる可能性は、大いに期待できそうです。

Pocket
LINEで送る