【試合結果まとめ(1●0)】2014/10/05 J1第27節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@ベストアメニティスタジアム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.J’s GOAL ゲームサマリー
3.Twitter
4.YouTube
5.ブログ
6.Webニュースログ
7.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2014 J1 第27節 横浜F・マリノスvsサガン鳥栖

選手コメント

矢島 卓郎
「自分が入ったときは、とにかくボールをゴール前に入れて、どうにかチャンスをつくってという状況だった。
前半は、風の影響で相手に勢いがあった。逆に、ウチが風上になる後半に、もっと攻められたら良かったと思う。
残り試合も少ないし、もうリーグ戦しかないので、1試合1試合大事に戦っていきたい」

兵藤 慎剛
「失点直前に自分のチャンスがあった。あれを決めないとけないと思う。自分たちのチャンスから、失点するのはあってはいけない。
俺が決めきらなければいけないのが一番ですけど、相手はカウンターしか狙っていないので、その形でやられたのは反省しないといけない」

藤本 淳吾
「ボールを動かすところで、個人個人のレベルを上げなければいけない。一人ひとりが練習して、気を使えるパスというか、次のプレーはこうして欲しいというメッセージがあるパスを出すようにしないといけない。
鳥栖がロングボールで蹴ってくる分、どうしても僕らも中盤を省いてしまう感じになった。特に前半は、風があって押し込まれて、クリアしていう展開で押し込まれた。それはある程度、承知の上だったが、踏ん張れない。踏ん張る力をつけたい」

J’s GOAL ゲームサマリー

2014 J1 第27節 鳥栖 vs 横浜FM(ベアスタ)

選手コメント

●下平匠選手(横浜FM)
「前半、風がかなり強かったので、ゼロで終わりたかったが、結果的にやられてしまった。リスク管理とか、マークの部分が甘かった。後半は相手も疲れてくるだろうから、もっとボールを動かせばよかった。攻撃も2人だけの関係が多くて連動がなかったし、3人目の動きが必要だった」

●佐藤優平選手(横浜FM)
「立ち上がりから行ったり来たりの試合展開で、正直、あのカウンター1本でゲームが決まってしまった。悔しいです。相手に決定的な形を作らせたのは、立ち上がりの1本しかなかった。後半、ウチはロングボールが多すぎた」

●富澤清太郎選手(横浜FM)
「前半、風下の時に無失点で終わらせることで後半は自分たちの展開にしたかったが、失点したことで、相手を勢いづかせて最後まで高い集中力を持続させてしまった。2日間のオフでしっかり切り替えたいと思います」

●伊藤翔選手(横浜FM)
「僕やほかの選手にもチャンスがあって、一発で相手を仕留められればよかったですけど…。失点してしまうとゲームは苦しくなる。1点を取り返せなかったのは攻撃陣のせいですけど、全く攻撃の形になっていない」

Twitter

[ドメサカブログ]
2013/05/04鳥栖のスーパーがFC東京サポ対策にミンチ天を大量仕入れ!グルメバトルの結果は…

2013/05/11【小ネタ】試される新潟サポ
 
 

YouTube


2014 J1 第27節 サガン鳥栖 vs 横浜F・マリノス
 
 

Blog | ロコさぬセレクション powered by FMBH

[ひろあき放浪記]鳥栖アウェイ
(´-`).o0(あ、ひろあきTwitter止めたんだ(遅? )

[Take-2(たけにぃ)の部屋]無事是名馬
(´-`).o0(ベアスタの二駅ぐらい先でしたっけ?<佐賀競馬場)

[ドメサカブログ]【J1第27節 鳥栖×横浜FM】エース豊田の決勝ゴールで鳥栖が連敗ストップ!吉田体制初の完封勝利を収める

こけまりログ

2014/10/04 【スタジアム観戦情報まとめ】2014/10/05 J1第27節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@ベストアメニティスタジアム
 
 

ネットニュース・Weblog

カナロコ

堅守崩せず 攻撃迷走「形ない」/横浜M0-1鳥栖

 「これがわれわれの力」。ここ5試合で1得点の深刻な決定力不足を横浜Mの樋口監督も受け入れるしかない。今季13度目となる無得点で3試合ぶりの黒星を喫した。新たに掲げたアジア・チャンピオンズリーグの出場権獲得という灯は、もはや消えかけている。

 決定機がなかったわけではない。前半37分。MF兵藤が抜け出し、キーパーとの1対1となるもゴールを捉えられない。直後にカウンターから鳥栖のFW豊田に仕留められると、相手はカウンター主体の攻撃を徹底。兵藤が「厳しい流れになってしまった」とうなだれたように、好機を逃した名門に守備網を破るすべはなかった。

 「自分たちのサッカーを貫く」。樋口監督は鼻息荒く言っていたが、今週は鳥栖の最終ラインの裏を狙う練習に時間を割いていた。相手の戦術に合わせるサッカーへとかじを切った影響でピッチ上は混乱し、FW伊藤は「攻撃の形がない」と嘆いた。

 もちろん、離脱者の影響も大きい。主将のMF中村、MF斎藤ら主力級7人が負傷。ただ36歳のレフティーにはいつまでも頼っていられない。

 残り7試合。MF藤本は「チームとしてどう戦うか。見つめ直さないと」と言う。やりたいサッカーが何なのかを示すと同時に、サポーターが掲げた横断幕「根性」もまた見せる必要がある。

スポーツニッポン

横浜 決定力不足深刻に…シュート11本も完封負け

 横浜はシュート11本もゴールにつながらず2連敗。最近5試合はPKによる1点だけと、得点力不足は深刻だ。

 樋口監督は「決定的な形があった中で枠に飛ばない、決めきれない」と嘆いた。中村や斎藤らを故障や体調不良などで欠き、攻撃は単調。選手が連動して相手を崩すシーンが少なく、指揮官は「整理して、残り7試合に向かわないといけない」と厳しい表情だった

ニッカンスポーツ

横浜中沢「悔しい」鳥栖にリーグ2連敗

 主力のけが人続出でベスト布陣を組めなかった横浜が、0-1で鳥栖に今季リーグ2連敗を喫した。

 序盤から気迫を前面に出す鳥栖の激しい前線からのプレスや球際、空中戦にことごとく競り負けた。DF中沢佑二(36)は「悔しい」と言い残し足早にスタジアムを離れた。

サンケイスポーツ

横浜M・樋口監督、ちぐはぐな攻撃に「多くの課題を受けとめる」

 J1第27節(5日、鳥栖1-0横浜M、ベアスタ)横浜Mはちぐはぐな攻撃を繰り返した。樋口監督は「(ゴールの)枠にボールが飛ばない、決めきれない。多くの課題を受けとめ、整理して残り7試合に向かわないといけない」と厳しい表情を浮かべた。

 中村、斎藤と攻撃の核を欠き、連係から崩す場面が少なかった。この5試合の得点はPKによる1点だけ。ワントップの伊藤は「攻撃の形になってない。いい形でボールを受ける回数が少ない」といらだちを隠せない様子だった。(共同)

スポーツ報知

ゲキサカ

鳥栖vs横浜FM 試合記録

鳥栖は約2か月ぶりの完封勝利、横浜FMの得点力不足が深刻

 サガン鳥栖がホームで横浜F・マリノスに1-0で勝利した。鳥栖の連敗は2でストップ。8月2日の名古屋戦以来、約2か月ぶりのクリーンシートで勝ち点を47に伸ばした。

 前半38分の攻防が勝敗を分けた。まずは横浜FM。MF佐藤優平のスルーパスでMF兵藤慎剛が抜ける。しかしGK林彰洋が兵藤との1対1を防ぐと、こぼれ球を押し込んだ佐藤のヘディングシュートもDF丹羽竜平がかき出し、先制点を許さない。

 逆に鳥栖は丹羽のクリアボールからチャンスを拡大。FW池田圭がドリブルで持ち上がると、右サイドのMF水沼宏太に展開。最後は水沼のクロスをFW豊田陽平が頭で押し込む。ピンチの後にチャンスあり。鳥栖が見事なカウンターアタックを決めた。

 MF中村俊輔を体調不良で欠く横浜FMはまたも屈攻が目立ってしまった。前節、スコアレスで終えた甲府戦に続く無得点。ここ5試合でPKによるわずか1得点と、得点力不足が深刻だ。

 
 

今週の他会場など

[ドメサカブログ]FC東京サポに挑戦状を叩きつけた仙台グルメ「ベガかま」…その結果は
(´-`).o0(とうとうマリサポもミンチ天完売。その頃仙台では…)
 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る