【俺メモ】2013/11/10 J1第31節 横浜F・マリノスvs.名古屋グランパス@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【俺メモ】2013/11/10 J1第31節 横浜F・マリノスvs.名古屋グランパス@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール

10:30 年チケ開門
11:00 一般開場
13:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]日産スタジアム ※2013/11/10 6:00発表
2013/11/10(日)12:00の予報
天気:曇り
温度:20℃
風 :南西11m
(´-`).o0(風強っ!雨予報は夕方から。)

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

ホームゲームイベント | 2013 J1 第31節 横浜F・マリノスvs名古屋グランパス

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」
  Tel: 045-477-5018 (営業時間:9:00~17:00)

アクセス 日産スタジアム

ビジターサポーターの皆様へ(日産スタジアム)

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナミュージックドラゴン LIVE 201315:00開場/16:00開演

JRA ウインズ新横浜:第38回 エリザベス女王杯(GI)/第18回 東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークス(GIII)

サポーター情報

2013/11/08[ビッグフラッグはミンナのキモチをひとつにする]11/10 J1第31節 名古屋戦@日産スタジアムでのビッグフラッグ掲出について|

20130301-hamatra-booth

[NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク]2013年 ホームゲーム開催時のNPOハマトラブース設置について

NPOハマトラブース@東ゲート広場、トリコロールランド
 ・各種アパレルグッズ販売
 ・エコキャップ回収活動
 ・缶バッジ作成コーナー(小学生以下1日1回無料、中学生以上100円​​/展示販売有)
 ・フリーペーパーハマトラ最新号&バックナンバーの配布 など

Weblog

[J’s GOAL ゲームサマリー]2013 J1 第31節 横浜FM vs 名古屋(日産ス)

2013/11/06[ニッカン]【横浜】俊輔、退院メド立たず休養続く

 横浜は6日、横浜みなとみらいのマリノスタウンで全体練習を行った。連休明けの練習日となったが、胆のう炎で先週から入院しているMF中村俊輔(35)は練習に復帰できず、この日も休養した。

 退院のメドは立っていないが、樋口靖洋監督(52)は「順調に回復していると聞いている。症状さえ落ち着けば、合流させたい」と話していた。

2013/11/07[スポニチ]俊輔 10日名古屋戦アウト…胆のう炎から回復間に合わず

 胆のう炎で入院している横浜のMF中村俊輔(35)が、10日のホーム・名古屋戦を欠場することが決定的となった。1日に入院して絶食しながら点滴と抗生剤治療を受け、5日から流動食で食事を開始。順調なら一両日中にも退院する見通しながら、体力回復には数日を要するとみられ、名古屋戦の出場は絶望的だ。

 今後について樋口監督は「ケガではないので退院したら合流できると思う。そこは心配していない」としながらも「体重、筋力がどれぐらい落ちてるか。筋力が落ちている状況でやるとケガが怖い」と慎重だった。中村は今季リーグ戦全試合に先発し、自身初の2桁得点を記録するなど首位の横浜をけん引。今季初めて司令塔抜きで戦う名古屋戦に向け、MF富沢は「勝って戻ってきてもらいたい」と力を込めた。

2013/11/07[カナロコ]横浜M:次節名古屋戦は俊輔不在か

 胆のう炎で入院し、静養しているJ1横浜MのMF中村俊輔(35)が10日のリーグ第31節名古屋戦(午後1時・日産スタジアム)を欠場する可能性が高まっている。クラブによると、体調は順調に回復しているというが、樋口監督は「貢献度を考えれば痛い」と言いながらも「無理はさせられない」と、出場について慎重な姿勢を崩していない。

 中村は6日の練習に姿を見せなかったが、クラブ関係者によると、体調は5日から食事を取れるようになるまで回復。近日中に退院する見込みで、状態次第ではチームに合流するという。

 ただ樋口監督は「数日間絶食し、正直どのくらい筋量が落ちているか」と心配顔。「無理にやって、つまらないけがにつながるのは嫌。できる範囲で合流させると思う」と、練習できるようになっても限定的な参加にとどめる方針だ。

 中村は1日の練習中に腹痛を訴え、そのまま川崎市内の病院に緊急入院した。次節の名古屋戦は、ここまでリーグ戦全30試合で10点を記録する司令塔を今季初めて欠く可能性が高いが、用意もしている。

 3日の湘南との練習試合では、代役に中町を入れるなど中村不在を想定したメンバーで構成。樋口監督は「いないなら、いないで準備をしてやれると思っている。34試合もあれば、どこかの時期でこんなこともある」と話し、MF富沢は「一番走って、一番負担がかかっていたと思う。勝って(中村に)戻ってきてもらいたい」と力を込めた。

2013/11/07[スポーツ報知]【横浜M】俊輔、長期離脱も!胆のう炎の入院長引き10日出場絶望的

 横浜MのMF中村俊輔(35)の名古屋戦(10日・日産ス)出場が6日、絶望的となった。1日に胆のう炎で入院。当初は2、3日で退院予定だったが、樋口靖洋監督(52)は「退院がいつになるかは、まだわからない」とし、名古屋戦は今季、リーグ戦は全試合に先発してきた司令塔抜きで試合に臨むことになる。

 関係者によると、俊輔は1日の入院から4日まで食事は摂取できず、点滴のみで栄養を補給。5日からようやく流動食を取り始めたばかりだという。樋口監督は「順調に回復していると聞いている。けがではないので退院できれば練習はできると思うが、食事がどれぐらい取れるようになるかが大事」と、説明。病院では安静のため体重や筋力が落ちており、退院しても試合に出られる体力、筋力を取り戻すためには最低1週間はかかる見込みだ。

 早ければ近日中に退院予定も、再検査で再び異常が見つかれば長期離脱となる可能性もある。チームは現在首位を走り、残り4節でチームを引っ張ってきた背番号25の離脱は大きな痛手。DF中沢佑二(35)は「大打撃。ぶっちゃけ最悪」と、厳しい表情を見せた。

 指揮官も「(俊輔が)いないことも想定して準備していかないといけない」と、本来ボランチのMF中町公祐(28)をトップ下にすえる練習も急きょ試行した。近日中に退院できれば20日の天皇杯4回戦(対長野)での公式戦復帰が見込めるが、入院が長引けば、23日の磐田戦出場も微妙な状況となる。

2013/11/07[サンスポ]横浜Mピンチ!胆のう炎で入院中の俊輔、名古屋戦欠場へ

 J1で首位に立ち、9年ぶりの優勝を狙う横浜Mが大ピンチだ。胆のう炎で1日に川崎市内の病院に入院した元日本代表MF中村俊輔(35)が、6日になっても退院できず、横浜市内で行われた練習を休んだ。

 今週中には退院できそうだが、当初は2、3日の入院予定だっただけに、樋口靖洋監督は「次は(俊輔の)不在を想定して準備しないといけない」と説明。10日の名古屋戦(日産ス)の欠場は決定的になった。チーム関係者によると入院後は絶食し、前日5日から病院食を取り始めたが、体重は3~4キロ減り、体力や筋力の低下が心配だという。

 DF中沢は「大打撃だし、最悪だ」と俊輔の欠場に危機感を示した。残り4試合。ここまでリーグ戦全30試合に先発出場し、10得点を決めた司令塔の欠場は、あまりにも痛い。 (宇賀神隆)

2013/11/07[カナロコ]横浜M:中村俊が退院、20日の天皇杯で復帰か

 胆のう炎で入院していたJ1横浜MのMF中村俊輔が7日、川崎市内の病院を退院した。クラブハウスを訪れた中村は、集まった報道陣に「修行が終わった」と語り掛けて笑いを誘う一方で「球を蹴るのは週明けくらいかな」と段階を踏んで回復に努める考えを示した。

 中村は1日の練習中に腹痛を訴え、そのまま緊急入院。4日まで食事を取れず、点滴を受けていた。体重の大幅な減少が懸念されていたが、中村は「67(キロ)を切ったくらい。2キロ減かな」と明かした。この日は早速、室内で約1時間軽く体を動かした。

 35歳のベテランはここまでリーグ戦全30試合に出場しているが、10日に行われる第31節の名古屋戦(午後1時・日産スタジアム)は欠場する見通し。中村は「(20日の)天皇杯に少し出て、(23日の)磐田戦からいければベスト」と、復帰への道筋を描いていた。

2013/11/08[BLOGOLA][横浜FM]中村俊輔の出場可否に樋口監督が不敵な笑み

 樋口靖洋監督が10日の名古屋戦に向けて、胆のう炎で離脱していた中村俊輔の起用に含みをもたせた。1日午後に緊急入院し、7日に退院した中村は8日の練習に部分合流。

 紅白戦には参加しなかったが、ウォーミングアップやボール回しを精力的にこなし、時折笑みをこぼしながら楽しそうにプレーした。2日後に控えた名古屋戦の出場可否について報道陣から質問が飛ぶと「さぁ、どうでしょう。あと48時間あるからね」とニヤリ。

 心配された体重も2キロ減と最小限にとどまっており「本当にコンディション次第」(樋口監督)となる。とはいえ休んでいた期間を考えると名古屋戦は欠場濃厚で、最後は真面目に「どこを目標にするかで、しっかりやってくれればいい」と慎重な姿勢を示した。

2013/11/08[チケットぴあ]俊輔不在がどう転ぶ? F・マリノス、Vへの正念場

まさに青天の霹靂である。2004年以来となる、J1リーグ戦制覇へ首位をキープする横浜F・マリノスだが、11月1日・中村俊輔が胆のう炎で緊急入院となった。11月7日に退院したものの、10日(日)の名古屋グランパスとのJ1リーグ戦第31節は大黒柱不在の可能性が高い。

今季の中村は35歳にして、キャリアハイと思わせるほどのキレキレのプレーを見せ付けている。中盤の底から前線、サイドと自由に動き回り、相手に的を絞らせない。ショートパスの交換をしていたかと思えばスルーパスやサイドチェンジをピンポイントで放つなど、相手DFを翻弄する。高精度のプレースキックも健在だ。30節・大分トリニータ戦では、J1最多直接フリーキックゴール数の新記録となる17ゴール目を決めた。しかも、記念すべきゴールは自身初のふたケタゴールとなるおまけ付きであった。横浜FMのすべての攻撃は中村を経由していると言っても過言ではない。

絶対的なエースを欠くことになれば、横浜FMのパフォーマンスに影響は必至だ。ただ、中村の代役はいなくとも、中村の穴を選手全員でカバーすることはできる。横浜FMには、5試合連続完封中の堅守がある。6試合ゴールから遠ざかっているが、マルキーニョスは前線からの激しいプレスを怠らない。スピーディなドリブルでゴール前に侵入する齋藤学もチャンスメイクを連発する。兵藤慎剛は2列目からゴールに絡み、中町公祐は中盤の底から攻撃を組み立てる。セットプレーとなれば、中澤佑二&栗原勇蔵が持ち前の高さを発揮する。もちろん、樋口靖洋監督が大黒柱不在の戦術を練っていないわけがない。

対する名古屋は、中村を警戒する労力をそのまま自分たちのサッカーに注ぎ込むことができる。勝ち点40の12位と低迷している名古屋は『ACL』出場権を獲得する3位以内もJ2降格もない無風状態だが、勝利への渇望を失ってはいない。前節・大宮アルディージャ戦では、ポジションを上げた闘莉王が2ゴールを決め、2か月ぶりの勝点3をもたらした。試合後の闘莉王のセリフがすこぶる良かった。モチベーションの維持について問われ、「自分たちのプライドのため、そしてサポーターのために男気を見せ続ける」とキッパリ。右サイドバック・田中隼磨のクロスを194cmの長身FW・ケネディが落とし、FW・玉田圭司やDF・闘莉王がシュートを放つ。相手が読み切ったとしても対応し切れないのが、名古屋のパワープレーである。

果たして、11月10日(日)・日産スタジアムでの横浜F・マリノス×名古屋グランパスはどんな結末を見るのか。リーグ戦制覇を見据える横浜FMにとっては正念場の戦いとなる。チケット発売中。

2013/11/09[スポニチ]俊輔合流“無言のカツ”V目指すチームの気引き締めた

 横浜のMF中村俊輔(35)が練習に部分合流し“無言のカツ”を入れた。1日に胆のう炎で入院し、7日に退院したばかり。それでも、午前練習では紅白戦以外のメニュー全てを黙々とこなすと、エースの姿を見たチームは10日の名古屋戦に向け気を引き締めた。

 中村は午後は誰もいないピッチで久保田トレーナーと2部練習を敢行。名古屋戦でのベンチ入りについて樋口監督は「あと48時間ある」と含みをもたせたが、現実的には厳しい状況だ。代わりにトップ下に入る中町は「頼んだよ」と中村から声を掛けられたようで「俊さん(中村)がやっていたポジションなんで決定的なプレーをしたい」と力を込めた。クラブは最終戦までの4試合で全選手に特別ボーナスを約束。ボランチで先発する小椋も「集中してやりたい」と気合を入れた。

2013/11/09[カナロコ]横浜M:トップ下にMF中町、10日に名古屋戦

 9年ぶりのリーグ制覇を狙う首位のJ1横浜Mは10日、日産スタジアム(午後1時開始)で名古屋を迎え撃つ。胆のう炎の影響で、ここまで全30試合に出場するMF中村が欠場。この窮地でトップ下に指名されたのがMF中町公祐だ。「この1週間、自分に重圧をかけたし、自分に期待もしている。ここでやるしかないでしょ」。闘争心あふれる28歳は強気に言い放った。

 3日の湘南との練習試合から準備してきた。攻撃を引っ張る、元日本代表の背番号25とは同じ役割はできないのは分かっている。中町は自分を捨てず、ありのままのカラーで勝負する。

 「俺が一番できるのは守備。まずはそこから」。8日のマリノスタウンでの紅白戦でも、守備面での連係を意識。富沢、小椋の両ボランチと話し込む姿もあった。リーグタイの6試合連続無失点を狙う堅守から、流れをつかむイメージを膨らました。

 18歳で湘南に加入。トップ下での才能が認められたが、わずか4年で戦力外に。慶大での2年間でボランチとして、再びプロとしての道を切り開いた。実績を重ね、名門クラブにたどり着いた苦労人。在籍2年目の今季は不動の司令塔が輝くように、陰ながらずっと支えてきた。

 「こんなタイミングで自分の力を試すことになるとは思わなかった。楽しみだけど」。優勝争いの佳境で巡ってきたトップ下の位置。逆境を乗り越えてきた背番号8は必ず成長を示す。

2013/11/09[中日スポーツ]隼磨、首位の古巣倒しチームに自信を

 名古屋グランパスのDF田中隼磨(31)が8日、9年ぶりの優勝が近づいている古巣の横浜Mを全力でたたくと誓った。モチベーションの高い相手との対戦を「チャンス」と捉え、残り4試合で明確な目標が薄れつつあるグランパスに火を付ける。

 古豪と呼ばれつつあった横浜Mの今季の躍進を受け、隼磨は熱い思いを抑えきれなかった。

 「いろんな思い出が詰まったスタジアムだし、ほとんど知っている選手。そういう感情のなかでプレーできる喜びを感じられると思う」。2009年にグランパスに移籍する前は横浜Mに所属。04年には主力として3度目の年間優勝に貢献し、その年で最後となるチャンピオンシップにもフル出場した。再び盛り上がるであろう横浜の地に思いをはせた。

 残り4試合で優勝も降格もなくなったグランパス。チーム全体として消沈ムードは否めないが、自身は常に高い意欲で試合に臨んでいる。相手とのモチベーションの差をかみしめつつも、これを好機と捉える。

 「優勝争いしているマリノスとここでやれるのはチャンスだと思う。勝つか負けるかで残り試合が全然違う」。首位をたたき、優勝戦線を盛り上げることができれば、自信回復にもつながるというわけだ。だから、胆のう炎のため欠場が濃厚となった敵軍の大黒柱でもある元日本代表MF中村についても「俊さんには出てほしい。ベストを尽くせば絶対勝てるから」。隼磨はあえて出場を熱望した。

 最強の相手に全力でぶつかり、勝つ。姿勢だけではなく内容と結果でプロの意地を見せる。 (宮崎厚志)

2013/11/10[スポニチ]斎藤も負傷…横浜 首位陥落のピンチは6連続完封で乗り切るぞ!

 横浜が名古屋戦を翌日に控え、今季最大のピンチに陥った。胆のう炎の影響で欠場する中村に加え、さらに8日に古傷の左足首を痛めた日本代表FW斎藤の先発が微妙となった。攻撃の核となる2人を同時に欠くとなれば今季初。樋口監督は「また違う攻撃の形が見える。逆に楽しみ」と強がったが、不安材料であることには変わりがない。

 斎藤は8日、患部に痛みを訴えて紅白戦を途中で退いた。この日はフルメニューを消化したものの、練習の最後には指揮官、トレーナーと真剣な表情で話し込むなど名古屋戦の先発に関しては予断を許さない状況にある。出場についても指揮官は「あす(10日)の状態を見てから」と慎重な姿勢を最後まで崩さず、11日から日本代表の欧州遠征も控える斎藤も「大事な一戦」としながら、出場については「あすになってどうか」と疑問符を付けた。

 1日に胆のう炎で入院した中村は7日に退院。部分合流した8日に続き、9日はフルメニューを消化した。順調に回復しているが、名古屋戦は無理せずに欠場。「一番重要なのはメンタル。いい順位にいるから、勝ちたいという雰囲気が出てるといい試合ができる」とチームメートにエールを送って後方支援に回る。

 攻撃の主軸同時欠場の可能性も浮上する中、期待されるのが現在、5試合連続完封の守備陣。6試合連続なら93年の清水、96年の横浜Fに並ぶJ1記録を打ち立てる。中沢、栗原の鉄壁センターバックに加え、ボランチの富沢がチームに不可欠なダイナモとして君臨。名古屋戦では中村の代役で中盤の底からトップ下に位置を上げる中町のポジションに守備の職人・小椋も加わる。富沢は「失点しなければ最低でも負けない」と、最大のピンチをチーム一丸で乗り切る覚悟を口にした。

2013/11/10[サンスポ]横浜Mピンチ、斉藤が紅白戦で左足首痛め先発微妙

 首位を走る横浜Mが大ピンチだ。欧州に遠征して16日にオランダ、19日(日本時間20日)にベルギーと戦う日本代表に選出されたFW斎藤が9日、左足首痛で、名古屋戦の先発出場が微妙になった。

 「(出場は)たぶん大丈夫。先発かどうかはわかりませんが…」

 前日8日の紅白戦の最中に激痛が走った。アイシングで患部を固定し、左足を引きずるようにしながら帰宅。この日は練習に参加したが、戦術確認では控え組に入り、居残り練習も見送った。樋口靖洋監督は詳しい症状こそ明かさなかったものの、「まだ痛みはあるみたい。明朝の状態で(先発かどうかを)決める」と説明した。

 胆のう炎で一時入院し、名古屋戦を欠場するMF中村俊輔(35)に続く非常事態。「俊さんもいないし、大事な試合ということはわかっている」と、ハマのメッシは強行出場も辞さないことを明言した。

 残り4試合で勝ち点3差に3チームがひしめく優勝争い。負けは許されないが、斎藤は痛みが引かなければ名古屋戦だけでなく、日本代表への参加も辞退する可能性が出てきた。 (宇賀神隆)

2013/11/10[スポーツ報知]【横浜M】9年ぶりVへ暗雲、斉藤「左足首痛」で欠場も

J1は10日、第31節9試合が各地で行われる。首位の横浜Mはホームで名古屋と対戦する。勝ち点2差で追う2位の浦和は仙台と、同3差で追う3位の広島は柏とともに敵地で激突。ほぼ3チームに絞られた今季の優勝争いが最終局面に入る。17位の磐田は鳥栖戦で引き分け以下か、勝っても甲府が大宮に勝つとJ2降格が決定する。

 リーグ戦で首位に立つ横浜Mが大ピンチに陥った。日本代表MF斎藤学(23)が左足首痛のため10日の名古屋戦(日産ス)での先発が厳しくなった。9日、樋口靖洋監督(52)は「痛みがある状態。出場はあした(10日)の朝の状態を見て決める」とし、最悪、試合を欠場。11日に出発予定の日本代表の欧州遠征も辞退することになる。

 この日、神奈川・マリノスタウンで行われた1時間の全体練習後、ハマのメッシが厳しい表情でクラブハウスへと引き揚げた。通常、全体練習後もランニングやドリブル練習を行うが、この日はすぐに帰宅した。8日の練習で左足首を痛めたという斎藤は「大丈夫だと思うけれど、あした(10日)の状態次第です」と、言葉少なに帰路についた。

 10日の朝、痛みが引いていれば名古屋戦の先発出場の可能性もあるが、痛みがひどくなればベンチ外となる。関係者は「試合に出られない状況ならば当然、代表も辞退することになる」と、ドリブラーがいないザック・ジャパンにとっても大きな痛手となる。

 横浜Mは胆のう炎で入院していた司令塔のMF中村俊輔(35)も7日に退院したばかりで、名古屋戦は今季初めて欠場。斎藤も出場できないとなれば飛車角抜きで戦わなければならない。リーグも残り4試合という大詰めにきて、9年ぶりの優勝を目指す名門に大きな試練が訪れた。

 
 

(´-`).o0(エリザベス女王杯は、枠番で6-5-3(ろこさん)のボックス買い!)

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる

Pocket
LINEで送る