【俺メモ】2013/10/27 J1第30節 大分トリニータvs.横浜F・マリノス@大分銀行ドーム

Pocket
LINEで送る

【俺メモ】2013/10/27 J1第30節 大分トリニータvs.横浜F・マリノス@大分銀行ドーム | タイトル

タイムスケジュール

14:00 一般開門
16:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]大分銀行ドーム ※2013/10/26 6:00発表
2013/10/27(日)15:00の予報
天気:晴れ
温度:19度
風 :北北東3m

大分トリニータオフィシャルホームページ

10月27日(日)J1第30節 vs 横浜F・マリノス戦 スタジアムイベントのお知らせ

観戦マナー
 └ ペットボトルOK

アクセス
(大分銀行ドーム)

Weblog

[J’s GOAL]2013 J1 第30節 大分 vs 横浜FM(大銀ド)

2013/10/24[スポーツ報知]【横浜M】思わぬ天敵!台風避け大分へ大移動計画

 Jリーグは26、27日に第30節が行われる。首位の横浜Mはアウェーで大分と対戦する。当初は試合前日の26日に飛行機で移動予定も本州への接近が予想される台風27号にクラブは戦々恐々。25日の飛行機移動や新幹線での陸路による移動などを検討。首位を死守する大切な一戦の前にチームが思わぬ対応を迫られることになった。

 首位攻防戦となった19日の広島戦を制し、首位に返り咲いた横浜Mが思わぬピンチに立たされた。27日の試合が行われる大分への移動が台風27号の影響で困難になっているのだ。23日、神奈川・マリノスタウンでの練習後、樋口靖洋監督(52)は「金曜日に移動することも考えている。飛べるうちに飛んだ方がいい」とクラブ初の前々日移動も視野に入れていることを明かした。

 大型で勢力の強い台風27号は今週末に本州に接近する見込み。当初、横浜Mが羽田空港から大分空港へ移動予定だった26日は台風が関東に最も接近するとされている。飛行機が欠航する可能性を考え、出発日を早めることを検討。ところが、25日は九州に台風が接近すると予想されている。そのため、新幹線を使って陸路で7時間近くかけて大分に向かう案など現時点で7パターンも考えている。袴田聖則マネジャー(48)は「新幹線も動かないかもしれない。考えられるプランをすべて検討して、あした(24日)どうするかを決める」と頭を抱えた。

 プロ15年目のDF中沢佑二(35)は「参っちゃう。こんなの初めて。せっかく首位に立って、すごく大事な試合なのに。そう(前々日移動)ならないよう祈ります」と困惑を隠せない。選手が移動でストレスがかかれば、試合への影響も心配される。さらに、25日に移動できたとしても選手、スタッフの宿泊費や食費、練習施設を借りるために、通常より80万円近く経費がかさむ計算。債務超過17億円を抱えるクラブにとっても大きな痛手だ。

 台風というまさかの敵にMF中村俊輔(35)は「どんな状況でも対応しないと。しっかり、準備するだけ」と引き締めた。04年以来9年ぶりの優勝を目指す横浜Mが天災もはね返し、栄冠へと突き進む。

2013/10/24[ニッカン]【横浜】急きょ25日午後に大分入り

 首位の横浜は24日、横浜みなとみらいのマリノスタウンで全体練習を行った。

 次節27日はアウェー大分戦(大銀ド)で、チームは前日26日午後に空路で現地入りする予定だったが、接近中の台風27号の影響で欠航になる恐れがある。そのため、急きょ試合2日前の25日午後に大分入りすることが決まった。

 練習後、樋口靖洋監督(52)は「移動のリスクを考えて、明日移動します。(現地で練習を行う26日は)関東の方が天気が荒れそうですし」と説明していた。

2013/10/24[BLOGOLA][横浜FM]首位・横浜FMに立ちはだかるピッチ外の試練

 27日に大分戦を控えている首位・横浜FMに試練が訪れた。その試練とはピッチ内ではなく、ピッチ外のアクシデントだ。日本列島に接近中の台風27号の影響で、試合前日に予定していた大分への移動が困難な状況となった。

 当初は空路での移動を予定していたが、26日は台風が関東地方に最も接近するため飛行機が離陸困難となり、欠航する恐れがある。移動手段を陸路に変更しても新幹線が無事に動く保証はなく、仮に動いたとしても心身ともに負担が大きい。そのため「リスクを考えて」(樋口靖洋監督)、試合前々日の25日に移動することが決定した。チームは25日の夕方以降に九州入りし、前日の26日は大分県内で最終調整を行う模様だ。

 それでも今週に入ってさまざまなケースを想定していた指揮官は「試合には直接的な影響はないと思う」と冷静に語る。無事に移動を終え、試合に勝利することで、文字通りの“台風一過”にしたいところだ。

2013/10/25[ニッカン]横浜2日前移動で大分へ、温泉休養希望も

 首位の横浜は24日、次節アウェー大分戦(27日、大銀ド)に備え、今日25日の練習後に空路で現地入りする。接近中の台風27号の影響を見込み、試合2日前の移動を決めた。3泊の遠征となることから、選手からは「温泉に入りたい」という要望が出た。空き部屋がなく実現しなかったが、チームは近隣の別府温泉のホテル予約も試みた。DF中沢佑二(35)は「(試合)2日前に飛行機に乗るから、疲れは出ないと思う。近くに温泉があれば入りたい」と万全な状態で臨むつもりだ。

2013/10/25[BLOGOLA][横浜FM]榎本哲也、クラブ新記録の5試合連続無失点に自信

 清水戦(1-0)、仙台戦(0-0)、甲府戦(0-0)、広島戦(1-0)と直近4試合はすべて“クリーンシート”を達成している横浜FM。27日に迎える大分戦でクラブ新記録となるリーグ戦5試合連続無失点に挑む。

 一時期の得点力こそ影を潜めているものの、逆に持ち前の守備力が冴え渡っている。その原動力の一人であるGK榎本哲也は新記録について「え、そうなの? 知らなかった」とどこ吹く風。とはいえ、守備陣の一角としては当然、無失点を狙う。

 大分戦に向けて守護神は「めちゃくちゃ難しい試合になる。でも、いまは守備陣が安定している。(栗原)勇蔵が出場停止だけどファビオはしっかりプレーできるので大丈夫。不意に喫する失点だけ注意したい」と言葉の端々に自信をにじませた。

2013/10/26[サンスポ]横浜M・俊輔、J制覇へ「みんなで狙うよ」

 9年ぶりの優勝へ向けて勝ち点56で首位を走る横浜Mは、27日にアウェーで大分と対戦。無失点ならリーグ戦5試合連続となり、チーム記録を更新する。Jリーグ記録にも「あと1」と迫る快挙へ、元日本代表MF中村俊輔(35)は25日、チーム一丸で挑むことを決意した。

 一致団結して優勝へ。残り5試合に横浜Mがすべてをかける。まずは大分。J2降格が決まった相手をきっちり破って、弾みをつけたい。無失点試合なら5試合連続となり、チーム記録を更新する。

 「みんなで狙うよ」

 キャプテンのMF中村俊が力強く宣言した。昨季5月19日のG大阪戦から6月23日の川崎戦まで続けた4試合連続無失点のチーム記録に並んでいるが、守備の要、センターバックの元日本代表DF中沢は「それはあまり意識しない」と無心で挑む決意を示した。

 この日は、横浜市内でミニゲームなどを行って約1時間の調整。本来なら試合前日の移動が定番だが、台風27号の影響を考慮して、試合2日前に大分へ航空機で移動した。「いろいろなことに対応するだけ。自分たちは準備するだけだから」と俊輔はきっぱり。大分撃破で首位固めへ-。その舞台は十分に整った。(宇賀神隆)

2013/10/26[カナロコ]横浜M:栗原代役はファビオ

 警告の累積で大分戦に出場できない横浜MのDF栗原の代役にDFファビオが指名された。25日の紅白戦では主力組に入り、連係面を確認。7月31日の柏戦以来となる先発に向けて「タイトルが懸かっているし、決勝のようなつもりでプレーする」と意気込んだ。

 5試合連続無失点のクラブ新記録が懸かる次節の大分戦。「できれば記録を作りたいけど、1番は勝つこと。ボンバー(中沢)ともポルトガル語でコミュニケーションが取れている」とファビオ。チームは台風の影響を考慮し、1日前倒しして25日に空路で大分入りした。

2013/10/26[カナロコ]横浜M:栄冠へ気引き締め、J1リーグ残り5試合

2013年のJ1リーグが佳境を迎えている。27日のリーグ第30節を含めて残りは5試合。首位に立つ横浜Mは、名門復活を告げる9年ぶりの頂点を手にできるか。

 3連勝と勢いに乗る6位川崎は上位陣との対決を残し、最後まで目が離せない存在だ。降格圏の16位湘南は、残留圏内の15位甲府を勝ち点差5で必死に追い掛ける。

 最終節のゲーム終了時の笛に笑うか、泣くか。県内3クラブがラストスパートをかける。

◇首位の貫禄見せつける
 横浜Mは前節の広島戦で首位を奪還。2004年以来のリーグ制覇に向けて大きな勝利を手にしたが、樋口監督は気を引き締めている。

 開幕から目標に掲げている勝ち点は「68」。現在56まで積み上げているが、残り5試合で最低でも4勝以上が求められる計算だ。「全勝ち点のうち、3分の2を取ろうと言ってきた。何とか越えられるようにしたい」と指揮官。その先に栄冠があると信じている。

 優勝のためには下位相手の取りこぼしは許されない。次節は降格が決まっている大分戦。第32節には17位の磐田との戦いが控えている。今季はここまで、湘南を含めた下位3チームには3勝1分け。唯一のドローが7月6日の大分戦だった。

 全試合に出場するDF中沢は大分戦の意味をこう説明した。「自分たちが優勝に値するのかどうか。本当に強いチームなら、危なげない試合をする」。首位の貫禄を見せつけたい一戦になる。

 上位陣が直接対決する中、最終節の6位川崎戦まで上位とぶつからないアドバンテージもある。攻守の鍵を握るDF富沢はチームの思いを代弁した。「ここに来て特別なことはない。今までやってきたことを続けて、いつも通り準備して、いつも通り勝つ」

2013/10/26[スポニチ]横浜DFファビオ、クラブ新となる5戦連続完封に意欲

 横浜のDFファビオが新記録達成に意欲を見せた。チームは現在リーグ戦4試合連続完封中で、27日のアウェー大分戦も無失点ならクラブ新記録となる。

 栗原の出場停止により巡ってきたチャンス。空中戦に絶対の自信を持ち、エア・ファビオの異名を持つDFは「失点をしても勝つことが一番大事」としつつも「達成できればクラブには大きい」と闘志を燃やした。母国ブラジルでも中継された7月プレシーズンマッチ、マンチェスターU戦では、後半4分にCKからヘディングでゴール。人口約3万5000人の故郷、マラニョン州ボン・ボンジャージンでは一躍、英雄となった。今度はチームの優勝に貢献してさらに名を上げる。

2013/10/26[スポーツ報知]【横浜M】9年ぶりVへ、今季2度目の非公開練習!

 J1は26、27日に第30節9試合が行われる。26日は1試合が行われ、首位を勝ち点3差で追う3位・広島がホームで仙台と対戦。27日は8試合で、9年ぶりの優勝を狙う首位の横浜Mが敵地で大分と対戦する。首位を勝ち点2差で追う浦和はホームで柏と激突。今季は残り5戦だが、横浜Mから5位の鹿島までが勝ち点差6の間にひしめき合う混戦となっている。

 首位の横浜Mは25日、神奈川・マリノスタウンで練習を行った。26日に移動予定だったが台風27号の影響を考慮し、前倒して選手たちは練習後、羽田空港から空路で27日に試合が行われる大分入り。優勝へ向けて大切な一戦となるため、26日の練習は今季2度目の非公開となることが決まった。

 樋口靖洋監督(52)は「練習会場がどこになるかはまだ正式に決まっていないけれど、公開で練習するほどの大きな場所じゃないと思うからね」と説明。一方で今季開幕戦だった3月2日の湘南戦以来の前日非公開は敵地で練習を行うため、セットプレーなどを見せたくないという理由もある。残り5試合、クラブとしては悪天候から移動も配慮し万全を期して臨む大分戦。最下位チームにきっちり勝ち点3を奪い、9年ぶりの優勝へしっかり歩みを進める。

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る