月刊 遠藤渓太」カテゴリーアーカイブ

祝!遠藤渓太(横浜F・マリノス)J1通算50試合出場、勝手イベント「Endo Keita J1 50games party」レポート #EKJ50

 2018/05/16 祝!遠藤渓太(横浜F・マリノス)J1通算50試合出場、勝手イベント「Endo Keita J1 50games party」開催します。 #EKJ50

 日産スタジアム内コンコースN14~N15の「マリサポ アンオフィシャル イベントスペース」にて勝手に開催しましたー
 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2018年5月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

月刊 遠藤渓太(2018年5月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2018/5/28 Google画像検索より

2018J1リーグ 第12節 vs.ジュビロ磐田(2018/5/1)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2018/05/03 【試合結果まとめ(1●3)】2018/5/2(水)19:00KO J1第12節 横浜F・マリノスvs.ジュビロ磐田@日産スタジアム
 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2018年4月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

月刊 遠藤渓太(2018年4月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2018/5/1 Google画像検索より

ルヴァンカップ 予選リーグ 第3節 vs.アルビレックス新潟(2018/4/4)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2018/04/05 【試合結果まとめ(1◯3)】2018/4/4(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 アルビレックス新潟vs.横浜F・マリノス@デンカビッグスワンスタジアム

新潟vs横浜FMの試合結果・データ(JリーグYBCルヴァンカップ:2018年4月4日):Jリーグ.jp

[ イッペイ シノヅカ ]
--前半は難しい展開だったが?
両翼、特に僕がつぶれちゃってボールがうまく回せず、チャンスも作れなかった。でも、ハーフタイムに監督から喝を入れられて、後半は気持ちが入った。

--監督からはどんなことを言われた?
「恐れるな」とか「もっと積極的にいけ」とか。別に怒っているわけではなかったけど、声を少し荒らげるような感じだった。

--ハーフタイムに監督がそういう喝を入れることはこれまでなかった?
なかった。僕としても前半はひどかったので、それも関係していると思う。

--後半も右でスタートしたと思うが、得点シーンの前から左に回っていた。
(遠藤)渓太から言われた。最初は分からなかったけど、監督からの指示だったみたい。僕も左のほうがやりやすい面はある。

 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2018年3月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

月刊 遠藤渓太(2018年3月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2018/4/3 Google画像検索より

2018J1リーグ 第2節 vs.柏レイソル(2018/3/2)

(´-`).o0(スタメン:70分途中交代)

2018/03/03 【試合結果まとめ(2●0)】2018/3/2(金)19:30KO J1第2節 柏レイソルvs.横浜F・マリノス@三協フロンテア柏スタジアム

柏vs横浜FMの試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2018年3月2日):Jリーグ.jp

[ 遠藤 渓太 ]
試合を通して自分が相手のSBに対して自分が主体になって仕掛けられなかった。特に後半はそうだったし、1対2でも勝ち切る力が必要だったと思う。ボールの受け方も良くなかったし、サイドの使い方も良くなかったと思うので、SBやインサイドハーフの選手たちとコミュニケーションを図らないといけなかったけど、最後まで自分のところで手詰まりになっているという感覚はあったので、自分のところで勝ち切れなかったのが敗因の一つだと思う。

--開幕戦と比べて良かったところは?
自分たちのサッカーを貫いてみんなで意思疎通してやれたし、そこは続けないと意味がないと思う。このサッカーを信じてやれたのは良かったことかなと思う。

「今日の自分のプレーは納得できるものではない」敗戦に肩を落とす横浜FM遠藤渓太 | ゲキサカ

 横浜F・マリノスが採用した4-1-2-3の最前線、右ウイングで先発したFW遠藤渓太は、0-2で終わった敗戦を受け止めた。「受け方もよくなかったし、仕掛け方もよくなかった。最後まで自分のところで手詰まりになっている感覚があった。自分のところで勝ちきれなかったところが敗因のひとつ」。

「サイドで張って、仕掛けるのが自分の役割」だという20歳のアタッカーは、「サイドで自分が主体になって仕掛けられなかった。特に後半そうで、そこで1対2でも勝ち切る」と数的不利な状況でも打破できる力の必要性を強調した。

 それでも、チームとしてはボールを支配して押し込む時間を長くつくれた。オーストラリア代表前監督であるアンジェ・ポステコグルー新監督は、「去年に比べてかなりの変化を与え」攻撃的なスタイルへ舵を切った。「前半から自分たちのサッカーを貫いて、みんなで意思疎通できましたし、このサッカーを信じてやれた」。遠藤だけでなく、ほかの選手もポゼッションサッカーへの手応えを語っていたが、それと同時に最後の仕掛けの部分を課題としてあげていた。

 昨季のリーグ戦での先発はわずか3試合だったが、今季は開幕から2試合連続でスタメンに入っている遠藤。「今日の自分のプレーは納得できるものではない」。今季から11番を背負う、東京五輪の主力候補は、自らに成長を課した。

(取材・文 奥山典幸)

 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2018年2月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

月刊 遠藤渓太(2018年2月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2018/2/28 Google画像検索より

宮崎キャンプ(2018/1/31~2/9)

2018/02/01 「(インスタグラムについて)勇蔵くんとは仲良くしています。特に何をしているわけではないですけど(笑)」(下平)他 [宮崎キャンプコメント] | 「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

MF 11 遠藤 渓太

「中国から帰ってきてオフをもらったけど、ベタ休みは4日間くらいでその後はずっと動いていた。でもサッカーをできる環境がなかったので、家の周りを走ったりジムに行ったりしていた。宮崎に来てからは初日からフルメニューをやっていて少しきつい部分はあるけど、今はちょっと無理をしてでも動かないとコンディションが上がっていかない。

(背番号11について)自分で希望して、代表遠征に行った。みんなにイジられるけど(笑)、自分で希望したことなので結果で示さなければいけない。11番がベンチやベンチ外ではいけない。今はとにかく毎日をしっかりやり切ることを意識して取り組んでいきたい」

 
 
続きを読む

月刊 遠藤渓太(2018年1月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

月刊 遠藤渓太(2018年1月号)~瀬谷高校は、トリコローr…緑の樹林~

2018/1/29 Google画像検索より

 
 

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝 vs.セレッソ大阪(2018/1/1)

(´-`).o0(サブ:46分途中出場)

2018/01/02 【試合結果まとめ(1●2)】2018/1/1(土)14:40 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝 セレッソ大阪vs.横浜F・マリノス@埼玉スタジアム2002
 
 
続きを読む