【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/17(日)16:00KO J1第4節 大分トリニータvs.横浜F・マリノス@昭和電工ドーム大分

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/17(日)16:00KO J1第4節 大分トリニータvs.横浜F・マリノス@昭和電工ドーム大分 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り
試合前日(=3/16)の16:00から
 └ 観戦マナー

14:00 開場
16:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)
 
 

天気予報

大分銀行ドームの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/3/17 4:00発表

2019/3/17(日)16:00の予報
天気:晴れ
温度:13℃
風 :北北西 6m/s
 
 

大分トリニータオフィシャルホームページ

【第2弾】3月17日(日)明治安田生命J1第4節vs 横浜F・マリノス スタジアムイベント開催のお知らせ | 大分トリニータ公式サイト

観戦マナー
 └ ペットボトルOK

アクセス | 大分トリニータ公式サイト(大分銀行ドーム)
 
 

Webログ

大分vs横浜FMの見どころ(明治安田生命J1リーグ:2019年3月17日):Jリーグ.jp

–ともに持ち味は攻撃サッカー。積み上げたスタイルを発揮するのは

10年ぶりの明治安田J1でのホーム勝利をかける大分が、好調の横浜FMを昭和電工ドーム大分に迎える。

今季の昇格組である大分は、アウェイでの開幕戦でアジア王者の鹿島を2-1で下し、大方の予想を裏切る白星スタートを切った。ホーム開幕戦の第2節は同じく今季昇格してきた松本に戦術の要所を封じられて0-1で敗れるが、第3節には再びアウェイで磐田に2-1で勝利。リーグ戦で2勝1敗、4得点を挙げている。

リーグ戦の合間に行われたJリーグYBCルヴァンカップにはメンバーを入れ替えて臨み、C大阪との初戦には勝利したが、続く名古屋には力量差を見せつけられて敗戦。それでも、チームの底上げを進めつつ、手ごたえとしては悪くない感触だ。

大分のスタイルは、片野坂 知宏監督体制になってからの4年間、ブレずに積み上げてきた戦術が浸透するとともに、その戦術にフィットする戦力を的確に補強して築き上げてきたもの。GKを含む後方でボールを回すことで相手を動かし、それによって生まれたスペースを突いて攻めるという、瞬時の判断力と連係が求められる戦い方だ。これにより昨季はJ2最多得点を叩き出している。今季はカテゴリーを上げたが、ここまでの公式戦全試合でその戦い方を貫いており、力量の高い相手に対してもチャレンジする姿勢で臨んでいる。

横浜FMは、リーグ戦で2勝1分。指揮2年目となるアンジェ ポステコグルー監督の哲学の浸透とともに、組織的でスペクタクルな攻撃的チームへと成熟している。ターンオーバーして臨んだルヴァンカップでは1分1敗とまだ勝利がないが、リーグ戦のほうはいまだ負けなし。開幕戦はG大阪に先制を許しながら前半だけで3得点して逆転勝利。第2節は攻撃力を見せつけて2-1で仙台を下し、前節は川崎Fとの“神奈川ダービー”で土壇場に追いついて勝点1を積む粘り強さを見せた。

すでに3得点を叩き出しているエジガル ジュニオを軸に、機動力のある選手たちが流動的に攻めてくる横浜FMの威力に、ここまで毎試合失点している大分の守備がどれだけ対応できるか。だが、一方の横浜FMも、ここまで無失点試合がない。ハイプレスをかわされて大分に良い形でボールを運ばれれば、こちらも3得点と好調の藤本 憲明らにネットを揺らされる可能性がある。大分としては、横浜FMのスピード感に振り回されることなく、自らのスタイルを表現したいところだ。

大分が勝利すれば、J1リーグ戦でのホームでの勝利は2009年の第32節・川崎F戦以来で、10年ぶりとなる。大分はサポーターたちが待ち望む勝利を届けることができるか。また、21日から開催されるチャイナカップ2019に出場するタイ代表メンバーにともに選出された、大分・ティティパンと横浜FM・ティーラトンのJリーグでの初顔合わせも楽しみな話題の1つだ。

[ 文:ひぐらし ひなつ ]

【動画】明治安田生命 Jリーグプレビューショー #4 大分 vs 横浜FM – スポーツナビ「DAZN™」

【J試合情報】大分トリニータvs横浜F・マリノス 第4節 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・大分対横浜FMの通算16試合では、大分が4勝3分9敗と負け越している。2013年の前回対戦では、横浜FMが1-0で勝利を挙げた。

 ・大分は横浜FM戦直近5試合でわずか1勝(1分3敗)。この間、全試合で失点を喫している(1試合平均1.2失点)。

 ・大分はホームでの横浜FM戦通算8試合でわずか1勝(2分5敗)。この間、無失点に抑えたのは勝利を挙げた1試合のみで、1度も複数得点を記録していない(計5得点12失点)。

 ・大分は前回J1に所属していた2013年シーズンを含め、ホーム戦では現在の7連敗を含む、19試合連続未勝利(5分14敗)。2013年シーズンは本拠地での全17試合で1勝も挙げられなかった(4分13敗)。同地で勝利を挙げたのは、2009年11月22日の川崎戦が最後(1-0)。

 ・横浜FMは昨季、昇格クラブとの6試合でわずか1敗(3勝2分)。唯一の敗戦は、2018年8月15日の名古屋戦で喫したもの(1-2)。

 ・横浜FMは今季3試合連続マルチ得点(7:試合平均2.3得点)。これ以前の6試合で記録した得点数よりも多い(6試合6得点)。

 ・後藤優介は前節磐田戦で、自身J1初ゴールを挙げた。この試合では、今季1試合でチーム最多となる6本のシュートを放ち、同最多タイのタックル勝利数を記録した(3/4回)。

 ・仲川輝人は今季リーグの3アシストを記録。昨季同選手が24試合の出場で記録したアシスト数よりも多い(2アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

【J1展望】大分×横浜|先発&控え組の融合と守備の改善で、無敗の敵を打ち負かせるか | サッカーダイジェストWeb

大分トリニータ
今季成績(3節終了時):6位 勝点6 2勝0分1敗 4点・3失点

【最新チーム事情】
●ルヴァンカップ2節は先発を総入れ替え。決定機を決めきれず惜敗。
●今季新加入の伊藤が移籍後初得点、調子は上向き。
●ターンオーバーで主力のコンディション調整は順調。
●好調の先発組に結果を題した控え組が融合すれば層は厚くなる。

【担当記者の視点】
 16日間の5連戦も今節で最後。移動負担のないホームで試合をできるアドバンテージは大きい。リーグ戦とカップ戦でターンオーバー制をとったことでコンディションの不安はない。

 控え組中心のカップ戦で後藤、丸谷、伊藤が得点し、伊佐、馬場もアピールに成功。後藤優介はカップ戦での活躍が認められ、リーグ戦で先発の座を射止めた。今季も対戦相手を考慮した戦略を想定し、適材適所だけでなく適材適時の選手選考となりそうだ。

 これまで公式戦5試合で無失点のない守備は改善の余地あり。今節対戦する横浜は得点力の高いチーム。3バックにウイングバック2枚を加えた最終ラインがどこまで通用するのか、今後に向けた試金石とも言える一戦となる
 
 
横浜F・マリノス
今季成績(3節終了時):3位 勝点7 2勝1分0敗 7得点・5失点

【最新チーム事情】
●高野が右膝前十字靭帯損傷で全治約8か月の重傷を負った。左SBは前節の川崎戦に引き続き、ティーラトンが起用されるだろう。
●その川崎戦は契約の都合で出場できなかった三好(川崎から期限付き移籍中)だが、今節はインサイドハーフで先発する見込み。
●畠中がA代表初選出、遠藤と三好がU-22代表、山田がU-20代表にそれぞれ招集された。
●3月15日、J2琉球からMF中川風希の移籍加入を発表。

【担当記者の視点】
 前節の川崎戦は、1-2で迎えたラストワンプレーのCKで、途中出場の扇原が劇的な同点弾。王者相手に勝点1をもぎ取り、3試合を終えて2勝1分の無敗と好調をキープしている。

 今節で対戦する大分は、スピード感溢れる攻撃がひとつの武器。横浜は最終ラインの背後のリスクマネジメントを怠らず、いつも通りのアタッキング・フットボールで相手をねじ伏せたい。注目は右ウイングの仲川。ここまで1得点・3アシストと多くの得点に関与。大分戦でも決定的な仕事に期待がかかる。

2019/03/17 横浜の新FWエジガル・ジュニオが見せる抜群の順応力 | サカノワ

[J1 4節] 大分 – 横浜FM/2019年3月17日16:00/昭和電工ドーム大分

 ブラジルのECバイーアから横浜F・マリノスに今季期限付き移籍で加入したFWエジガル・ジュニオが、 開幕から高い適応力を見せている。

 開幕から2試合3ゴールを記録し、これまで2勝1分と負けなしのチームを牽引。3節の川崎フロンターレとの「神奈川ダービー」では3戦連発とはならなかったものの、スルーからマルコス・ジュニオールのゴールをお膳立てしている。ウーゴ・ヴィエイラと伊藤翔が退団したことで不安のあった横浜FMの前線にしっかりとハマり、ストライカーとしての嗅覚を最大限に発揮しつつ、周りの特長を引き出している。

 エジガル・ジュニオは、川崎戦でのマルコス・ジュニオールのゴールにつなげたスルーについて、次のように語っていた。

「クロスが来るなと思い中へ入って行ったけれど、少し間に合わないと感じました。ただ、ウチのやり方はチャンスになれば、ボックス内にどんどん人が入って行く形です。必ず後方からマルコス(ジュニオール)のみならず、誰かが入って来ると信じて、スルーをしました。結果、上手くゴールが決まりました」

 その言葉からは、アンジェ・ポステコグルー監督のスタイルを早くも理解し、加えてパフォーマンスにも落し込めていることが分かる。ここからビッグチャンス(得点)につなると、直感で感じ取れていた。

 また川崎と互角に渡り合えたことも自信につながったという。

「王者の川崎は強くて経験抱負な選手が多く、クオリティの高いチームだと感じました。ただ、そんな川崎に簡単にやらせず五分五分の展開に持ち込めました。さらに、僕たちも一つひとつ積み重ねていくことが大切だと感じました」

 そのように手応えを得たエジガル・ジュニオは「積み重ねていくことが大切」と、何度か繰り返し言っていた。

 初めての海外での生活となるが、「不安なんてない。横浜は何でも揃っているし、新しい文化や生活に触れるのはとても楽しみしているよ」と、日本での生活もむしろ満喫している。さまざまな新たな経験を、どんどん吸収しているようだ。

 Jリーグの中でも特殊と言える戦術に、日本の異文化に、柔軟にというより自然と溶け込んでいる。27歳のブラジル人ストライカーが、横浜FMのトリコロールのユニフォームをまとい、日本でブレイクスルーを遂げようとしている。4節はJ1最南端、大分トリニータとのアウェーマッチだ。

文:サカノワ編集グループ

 
 

こけまりログ

▼昨季の対戦結果

(´-`).o0(大分がJ2だっため対戦無し)

→直近の対戦:【試合結果まとめ(0○1)】 2015/10/14(水)19:00 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 大分トリニータvs.横浜F・マリノス@大分銀行ドーム
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る