【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/10(日)14:00KO J1第3節 横浜F・マリノスvs.川崎フロンターレ@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2019/3/10(日)14:00KO J1第3節 横浜F・マリノスvs.川崎フロンターレ@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール(予定)

▼シート貼り
 └ 2019/3/8 ホームゲーム前日のシート張り行為、試合当日の待機列解消に向けた整理券システム実施について | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト

各開場時刻の45分前より確認を進めてまいります。
列整理の時間に間に合わない場合は、各待機列の最後尾に並んでいただくことになります。予めご了承ください。

11:30 ネンチケ先行開門
 └ 列整理 10:45
12:00 一般開門
 └ 列整理 11:15
14:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 
 

天気予報

日産スタジアムの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2019/3/9 4:00発表

2019/3/10(日)14:00の予報
天気:曇り
温度:16℃
風 :南 4m/s
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2019 明治安田J1 第3節 vs川崎フロンターレ | 2019 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト

スタジアム | よくあるご質問 | 横浜F・マリノス 公式サイト
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間 10:00~17:00)

日産スタジアム | スタジアム | チケット | 横浜F・マリノス 公式サイト

・発券枚数推移
 23,111枚(3/1 12:00現在)
 25,497枚(3/4 17:00現在)
 28,753枚(3/8 11:00現在)
 30,823枚(3/9 15:00現在)


 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~
(´-`).o0(男性4人組ヴィジュアル系ロックバンド)
 
 

Webログ

横浜FMvs川崎Fの見どころ(明治安田生命J1リーグ:2019年3月10日):Jリーグ.jp

–横浜FMの力は本物か。成長を証明するための“神奈川ダービー”

この一戦が今季を占うと言っても過言ではない。両チームにとって、今季最初の“神奈川ダービー”は極めて重要な一戦になる。

ホームの横浜FMにとっては真価を試される一戦だ。横浜FMは6日のJリーグYBCルヴァンカップをニッパツ三ツ沢球技場で札幌と戦い、1-1の引き分けに終わったものの、リーグ戦は開幕2連勝。しかも結果だけでなく、内容も相手を圧倒。もっとスコアに差がついていいほどの戦いを展開している。

好スタートを切ったが、今回の対戦相手は同じ神奈川県のライバルであり、リーグを2連覇している川崎F。今季も優勝候補であり、真の強豪と言える相手だ。攻撃的スタイルへの転換1年目だった昨季、横浜FMは1分1敗と勝てなかっただけでなく、内容も圧倒された。昨季から成長しているのか、2連勝がフロックではないかを試される相手だ。言い方を変えれば、自分たちの力が本物だということを証明する格好の舞台とも表現できる。

そんな大一番だが、川崎Fから期限付き移籍している三好 康児が契約上の理由により出場できない。飯倉 大樹が「やっぱり康児の存在が大きい。前を向いて時間を作れるし、中で相手の守備を集中させられる。だからラインアップできるし、自然と分厚い攻撃ができる」と好調の理由に挙げる三好の欠場は痛手以外の何物でもない。ただ、「シーズンを戦っていく中で誰か1人がいなくなったから勝てないのではお話にならない」と飯倉が言うように、三好に代わってスタメンに入るであろう大津 祐樹だけではなく、「一人ひとりが考えてプレーしないといけない」(飯倉)。その中で“対川崎F”を人一倍意識するのが仲川 輝人だ。スクールからU-15、U-18と川崎Fで育ったドリブラーは、「やっぱり負けたくない。自分たちは連勝しているし、その勢いをそのまま持って川崎Fを倒したい。内容も上回れるようにしたい」と力を込めた。仲川だけではなく、「自分の力を試せる最高の相手」と話す高野 遼、「挑戦者という気持ち、リスペクトもありつつ、そういう相手に勝っていかないといけない」と話す飯倉など、選手たちは闘志を燃やしている。

一方の川崎FはFUJI XEROX SUPER CUPで天皇杯王者の浦和を1-0で下したものの、リーグ戦は2試合ともに引き分け。さらに2017年の浦和、2018年の鹿島に続いて頂点に立つことをもくろむAFCチャンピオンズリーグでは終了間際にPKで失点を許して、上海上港に0-1で敗れた。ルヴァンカップでこの試合の欠場が確定している三好を除いて10人を入れ替えた横浜FMに対し、川崎Fはベストメンバーで国外での試合に臨んでいる。コンディション面を考えれば分が悪い。

ただ、ハードスケジュールを強いられるのは強者の証でもある。その逆境を越えてこそ、3年連続のリーグ王者や悲願のアジア王者にふさわしいチーム。浦和戦だけではなくこの3試合、特にリーグ戦2試合は主導権を握り、“今季も川崎F強し”という印象を与えている。ただ、結果が出ないままズルズルいくわけにもいかない。“神奈川ダービー”を上昇気流に乗るきっかけにしたい。

第3節にして迎える大一番。“神奈川ダービー”は3月10日14時に日産スタジアムで熱戦の幕を開ける。

[ 文:菊地 正典 ]

【横浜FM vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:仲川輝人、自身ホーム初の“古巣戦”へ出陣! – J’s GOAL

リーグ戦連勝の立役者、川崎Fから期限付き移籍中の三好康児が今節、契約上の理由で出場できない。正直、残念で仕方ないが、他の選手で補完するまでだ。

そのなかで着目したいのが、かつて川崎Fに在籍していた川崎生まれの仲川輝人である。中学・高校の育成組織時代に籍を置いていたが、エスカレーターに乗れたのはそこまで。専修大を経て、横浜FMでプロの門を叩いた。以前、古巣に未練はないのか聞いた際には、こう答えている。

「そこは気にしないというとちょっとあれですけど、自分がやりたいチームでやってそこで結果を残すことが、自分の中で一番いいと思っていたので、F・マリノスでプロになることを決めました。(育成組織時代は)同じ神奈川県内にいて敵だったので、自分がF・マリノスに入ることは想像もしていなかったですけど(苦笑)」

話を聞いてから約3年半、不動の右ウイングの座を掴んだ。昨年8月5日には神奈川ダービーを等々力で初体験(結果は0-2)。試合前の選手紹介で名前をアナウンスされると、川崎F側応援スタンドが大きな拍手でエールを送ってくれた。

試合後、感慨深げに「自分はやっと、このピッチに立てました。フロンターレをリスペクトしつつも、こういう相手に勝っていかないといけないという責任感を感じました」と振り返った。今や身も心もトリコロールに染まっている。

次は本拠で迎えるダービーマッチ。昨年序盤は成果が出ず、その舞台に立つどころかベンチにも座れなかった。背番号23のスピードスターが今回こそ恩返し弾をお見舞いし、開幕3連勝へ導く覚悟で、古巣戦に臨む。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2019/03/06 【J試合情報】横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ 第3節 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・横浜FM対川崎の通算30試合では、横浜FMが12勝5分13敗とわずかに負け越している。昨季の前回対戦では、川崎が2-0で勝利を挙げた。

 ・横浜FMは川崎戦で現在3試合連続未勝利(1分2敗)。今カードの直近6試合でもわずか1勝しか挙げていない(1分4敗)。それ以前の同カード6試合では4勝を挙げていた(2敗)。

 ・しかし横浜FMはホームでの川崎戦で現在2試合連続無敗であり(1勝1分)、直近12試合でわずか2敗しかしていない(7勝3分)。このうち無得点に終わったのはわずか1試合だけ(計21得点、1試合平均1.8点)。

 ・横浜FMは今季開幕から2連勝。今節でも勝利を挙げると、7位に終わった2014年シーズン以来の開幕3連勝となる。

 ・川崎はアウェイでの直近9試合で3敗(4勝2分)。しかし、それ以前には敵地で17試合連続無敗だった(11勝6分)。

 ・川崎は日曜日開催試合で現在12試合連続無敗(7勝5分)。同試合の直近8試合ではわずか2失点しか喫していない。

 ・小林悠が今季開幕からの2試合で放った枠内シュート数は合計7本。以下の5クラブが今季2試合で記録した枠内シュート数よりも多い(鳥栖:6本、鹿島:6本、C大阪:6本、仙台:5本、広島:4本)。

 ・畠中槙之輔は前節の仙台戦で両チーム最多のパス数(113本)、敵陣パス数(64本)、タッチ数(127回)を記録した。また同節のパス数では、守田英正(118本:鹿島戦)に次いで2番目に多かった。

 ※ファクト内の数字はJ1での成績

2019/03/09 【横浜M】1920日ぶり単独首位へ 川崎との“神奈川ダービー”制す : スポーツ報知

 開幕3連勝を狙うリーグ2位の横浜Mは8日、横浜市内で川崎戦(10日・日産ス)に向けた調整を行った。同じ県内のライバルとの“神奈川ダービー”に向け、先発が確実なFW仲川輝人(26)は「負けたくない気持ちが一番」と語気を強めた。

 得失点差で上をいく首位・名古屋の結果次第では、2013年12月6日以来、実に1920日ぶりに単独首位に立つ可能性がある一戦。MF天野純(27)は「どのチームもフロンターレのことをリスペクトしすぎている。僕たちは真っ向勝負でいく」と昨季リーグ戦得点数で1位(横浜Mは2位)だった強豪との“撃ち合い”も辞さない構え。「川崎だからといって自分たちの(攻撃的)スタイルを崩しても意味がない」と気合を入れた。

2019/03/09 仲川 待ち望んだ古巣対決へ!川崎F下部組織出身もトップチーム上がれず「悔しさ糧に」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 横浜は10日のリーグ戦で、川崎Fとの神奈川ダービーを迎える中、FW仲川が“古巣”対決を待ち望んだ。「楽しみだけど、負けたくない」と力を込めた。

 川崎Fの下部組織出身で、たびたびトップチームの練習にも参加した。当時、トップチームのコーチだった鬼木監督から指導を受けたこともある。その後、専大に進学したが、「自分は(トップチームに)上がれなくて、悔しい気持ちを糧にやってきた。それがあったからこその今がある」と努力を続けてきた。開幕2戦で1得点2アシストを記録し、今や横浜のアタッキングフットボールに欠かせない選手に成長した。

 チームも開幕2連勝と好調で、14年シーズン以来の開幕3連勝も見えてきた。川崎F戦は3試合連続未勝利だが、「去年から積み上げてきたものがやっと形になってきた」と自信は揺るがない。チャンピオンチームとのダービーマッチは自身、そして、チームの現在地を確認する絶好の機会となりそうだ。

2019/03/09 【J1展望】横浜×川崎|「3連勝」か「初白星」か――好調横浜は王者相手に腕試し | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
今季成績(2節終了時):2位 勝点6 2勝0分0敗 5得点・3失点

【最新チーム事情】
●川崎から期限付き移籍で加入した三好は、契約の都合でこの試合には出場できない。代役は6日のルヴァンカップ札幌戦で得点を決めた大津が有力だ。
●その札幌戦ではリーグ2節の仙台戦から先発を10人入れ替えて臨んだ。多くの主力組が休養十分の状態で今節に臨む。
●新加入助っ人のE・ジュニオが開幕からの2試合で計3得点を挙げる大活躍。ゴール前での抜け目ない決定力が光る。

【担当記者の視点】
 G大阪との開幕戦は3-2、続く仙台戦は2-1と連勝スタート。自慢の攻撃力を存分に発揮し、なおかつ1点差のゲームをしっかり競り勝つ勝負強さを見せている。ルヴァンカップの札幌戦は1-1。勝つことはできなかったが、先制される展開も粘り強く追いついてドローに持ち込む。公式戦3試合負けなしと好調をキープしたまま、川崎との神奈川ダービーに挑む。

 完成度を高めつつあるアタッキング・フットボールは、リーグ連覇中の王者にどこまで通用するのか。現在地を推し量るには格好の相手と言えるだろう。臆することなく、最後までアグレッシブな姿勢を貫き、勝点3を手繰り寄せたい。
 
 
川崎フロンターレ
今季成績(2試合終了時):11位 勝点2 0勝2分0敗 1得点・1失点

【最新チーム事情】
●2月16日の富士ゼロックス・スーパーカップで浦和を下して以来、3試合勝利なし。
●システムは4-4-2に変更か? 水曜日にアウェーでACLの初戦、上海上港戦(●0-1)を戦っており、疲労を考慮して小林、中村はベンチスタートが予想される。
●上海上港戦で左足を負傷して途中交代していた馬渡は問題なく出場できそう。

【担当記者の視点】
 リーグ戦は2戦連続ドローで、水曜日のACL上海上港戦は0-1で敗戦。3試合とも内容は悪くないだけに悲観することはないが、リーグ初白星を挙げて落ち着きたい。

 ただ疲労を考慮して小林と中村はベンチスタートが予想され、システムはこれまでの4-2-3-1から4-4-2に変更する見込みだ。知念とL・ダミアンが2トップを組み、左サイドハーフでは登里を先発起用しそうだ。また上海上港戦で負傷した馬渡も問題なくスタメン出場できる予定。総力戦で神奈川ダービーに臨みたい。

 
 

こけまりログ

▼昨季の対戦結果

【試合結果まとめ(2●0)】2018/8/5(日)19:00KO J1第20節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場

【試合結果まとめ(1△1)】2018/4/8(日)16:00KO J1第6節 横浜F・マリノスvs.川崎フロンターレ@日産スタジアム
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る