夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2019/02/12) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2019/2/12(火)月曜日じゃなかった…)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Instagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

中町公祐選手 ZESCO UNITED FC加入のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(中町選手の新たな挑戦を応援します!)

ユース所属 津久井匠海選手 U-17日本代表チリ遠征メンバー選出のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(あれ?2/5にリリースされていたような)

エンジョイフットボール~横浜F・マリノスフトゥーロ交流戦のお知らせ~ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(フトゥーロの選手とサッカーができるようです。3/3開催)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Instagram


 
 

Webニュースログ

2019/02/11 【J1開幕直前クラブガイド】諸刃の剣から真剣へ…真価問われるポステゴグルー体制2期目の幕開け《横浜F・マリノス》【超ワールドサッカー】

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第7弾は横浜F・マリノスを紹介。

◆主力流出も攻撃に磨きをかけて高みへ《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択

昨季はアンジェ・ポステコグルー監督を招へいし、守備的サッカーから一転、超攻撃的スタイルへの変更に踏み切った横浜FM。慣れ親しんだ堅守速攻を捨て、オーストラリア人指揮官に手を引かれ新境地に足を踏み入れたが、そうは問屋が卸さなかった。未知なるスタイルを前に、トリコロールの戦士たちは右往左往。攻撃の歯車が噛み合った時の爆発力は見応え十分だったものの、その分守備が疎かになり、自慢の堅守は見る影もなかった。

結局、優勝争いを目標にしていた横浜FMは12位という失意の順位に。それでもポステコグルー監督続投を決断。今年こそ攻撃スタイルの確立を目指す。

しかし、今回の補強は成功だったとは言い難い。ポステコグルー監督の寵児だったDF山中亮輔が浦和レッズに引き抜かれ、昨季リーグ戦チーム最多の13得点を挙げたFWウーゴ・ヴィエイラが退団。また、キャリアハイの公式戦17得点を記録したFW伊藤翔も鹿島アントラーズに移籍し、攻撃面で重要な役割を担っていた選手たちが一気に流出。さらに、2002年の加入以降、長きにわたりキャプテンとしてトリコロールを後ろから支えてきたDF中澤佑二が40歳にして引退を決め、チームは精神的支柱を失ってしまった。

そうした中で、新戦力として昨季ヴィッセル神戸でプレーしたDFティーラトンや、浦和FW李忠成を補強。だが、ティーラトンは昨年日本代表に選ばれた山中と比べると見劣りすることは否めないし、実績のある李忠成も33歳という年齢を考えるとフル稼働は見込めない。その他、FWマルコス・ジュニオールとFWエジガル・ジュニオという2人のブラジル人アタッカーを獲得したが、あまりにも未知数で計算に入れられないというのが現実だ。

こうなるとカギを握るのはポステコグルー監督の手腕だ。就任2年目で昨年よりもどこまで自身のスタイルを実現できるか。それは、経験のあるMF扇原貴宏やMF喜田拓也に、今季から背番号10を身に纏うMF天野純に懸かっている。昨季終盤に堅守を見せた守備陣も然り、指揮官の要求にどこまで応えられるかが、今季の順位に繋がることになるだろう。

◆補強動向《C》※最低E〜最高S

【IN】
GKパク・イルギュ(29)←FC琉球/完全
DF広瀬陸斗(23)←徳島ヴォルティス/完全
DF高野遼(24)←ヴァンフォーレ甲府/復帰
DFティーラトン(28)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き
MF椿直起(18)←横浜F・マリノスユース/昇格
MF三好康児(21)←川崎フロンターレ/期限付き
FW山谷侑士(18)←横浜F・マリノスユース/昇格
FW李忠成(33)←浦和レッズ/完全
FWマルコス・ジュニオール(25)←フルミネンセ(ブラジル)/完全
FWエジガル・ジュニオ(27)←バイーア(ブラジル)/期限付き

【OUT】
GK鈴木彩貴(31)→V・ファーレン長崎/完全
DF中澤佑二(40)→引退
DF下平匠(30)→ジェフユナイテッド千葉/完全
DF生駒仁(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き
DF西山大雅(19)→ラインメール青森FC(JFL)/期限付き
DF山中亮輔(25)→浦和レッズ/完全
MFオリヴィエ・ブマル(29)→未定
MF堀研太(19)→ブラウブリッツ秋田/期限付き
MF吉尾海夏(20)→ベガルタ仙台/期限付き
MF中町公祐(33)→ゼスコ・ユナイテッドFC(ザンビア)/完全
FW和田昌士(21)→ブラウブリッツ秋田/期限付き
FWウーゴ・ヴィエイラ(30)→シヴァスシュポル(トルコ)/完全
FW富樫敬真(25)→FC町田ゼルビア/完全
FW伊藤翔(30)→鹿島アントラーズ/完全
FW町野修斗(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き
FW久保建英(17)→FC東京/期限付き満了
FWユン・イルロク(26)→済州ユナイテッドFC(韓国)/期限付き

◆超WS編集部イチオシ選手
MF天野純(27)

注目は新しく背番号「10」を着けることになったMF天野純だ。昨季ポステゴグルー監督の下でリーグ戦全34試合に出場し5ゴール6アシストで攻撃の中心を担ったレフティは、昨年9月11日に日本代表デビューも果たした。ポステゴグルー体制2年目を迎える今季、中村俊輔や山瀬功治も背負った栄えある10番を受け継いだ27歳はどこまでチームを熟成できるか。象徴だった中澤佑二が去った横浜FMで新たなバックボーンに成長することも期待したい。

◆注目の東京五輪世代!
MF三好康児(21)

東京五輪世代で推したい選手は川崎フロンターレから期限付き加入したMF三好康児だ。すでに各世代の日本代表に選ばれ世界を知る21歳の若武者は、昨季はレンタル先の北海道コンサドーレ札幌でリーグ戦26試合に出場し3ゴール5アシストと上々の成果を出した。東京五輪で日本代表を指揮する森保一監督にも認められ、昨年にはU-21で7試合のうち2試合でキャプテンを務めた。持ち前の闘争心と攻撃センス、足元の確かな技術を武器に横浜FMでも活躍できれば、飛び級でサムライブルーに昇進することも夢ではない。

 
 

今日のこけまり

FMBH Awards 2018に参加してきました。そして「最優秀ブログ賞」いただきました!
FMBH Awards 2018に参加してきました。〜平成も終わるというのに、まだブログ書いてるの?
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る