初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしたら余命を宣告された。

Pocket
LINEで送る

初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしたら余命を宣告された。

 去年(2018年)の秋に桜木町の「CASIO横浜サービスステーション」でG-SHOCKの電池交換をしてきた。で1998年フランスワールドカップ記念モデルのGショックの電池交換を決行。

 その頃から電池がヘタっていた、初代「横浜F・マリノスG-SHOCK」(2010年発売)の電池交換をしてきました。
 
 

バックライトを点けると完全に表示が消える

 通常の表示は大丈夫ですが、
 
 

 バックライトを点けようとすると、完全に表示が消えてしまいます。
 
 

電池交換で裏蓋をあけたら……

 電池交換を行う前に動作確認の行うということで、その作業時間の10分を待つ。

 前回の1998年フランスワールドカップ記念モデルの電池交換の時は、スムーズに「問題なかったので電池交換作業に入ります」となりましたが、今回は裏蓋が開いた状態で持ってこられる。

 時計内部に水が侵入して、裏蓋の一部が錆びていました……

 とりあえず電池交換をすれば、バックライトの点灯も含む通常の動作が行えるが、1回水が入っているので、いつ動作しなくなるか分からないとのこと。

 さらにこのモデルのサポートは終了しており、裏蓋を交換するなどの修理はできないことも告げられる。
 
 「作業終了」にするか「保証はつかなくなるが電池交換を行うか」の二択を迫られ、ロコさぬは迷うことなく後者の「(電池交換を)やっちゃってください」
 
 

無事に電池交換終了

 1時間後、無事に電池交換を終えて手元に戻ってきました。

 雨の日も雪の日も、横浜F・マリノスの試合の日には着けていきます!
 
 

 
 

こけまりログ

2015/11/17 横浜F・マリノスサポーター向けにいいデザインの「G-SHOCK(Gショック)」がありました。 | こけまり

2018/10/20 桜木町の「CASIO横浜サービスステーション」でG-SHOCKの電池交換をしてきた。
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る