【スタジアム観戦情報まとめ】2018/9/1(土)18:30KO J1第25節 横浜F・マリノスvs.柏レイソル@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2018/9/1(土)18:30KO J1第25節 横浜F・マリノスvs.柏レイソル@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:00 ネンチケ先行開門
16:30 一般開門
18:30 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 
 

天気予報

神奈川県 – 日産スタジアム – Yahoo!天気・災害 ※2018/9/1 4:00発表

2018/9/1(土)18:00の予報
天気:弱雨(1mm/h)
温度:26℃
風 :北東 2m/s

(´-`).o0(昼から雨予報)
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2018 明治安田J1 第25節 vs 柏レイソル ホームゲームイベント | 横浜F・マリノス 公式サイト

発券枚数20,971枚 8/27 10:00現在
発券枚数21,941枚 8/30 10:00現在
発券枚数24,568枚 8/31 17:00現在

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間:9:00~17:00)

アクセス 日産スタジアム

2018/08/30 扇原貴宏選手 J1通算150試合出場記念セレモニープレゼンター募集 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(柏戦当日にエントリー受付)

2018/08/30 【ネンチケ会員先行引換】9/1柏戦「横浜沸騰ユニフォーム」引換に関するご案内 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(試合後30分間を予定)


 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:企業式典
(´-`).o0(関係者のみ)

JRA ウインズ新横浜:札幌2歳ステークス(G III)
 
 

こけまりログ

▼今季の対戦結果

【試合結果まとめ(2●0)】2018/3/2(金)19:30KO J1第2節 柏レイソルvs.横浜F・マリノス@三協フロンテア柏スタジアム

▼昨季の対戦結果

【試合結果まとめ(2○1)】2017/12/23(土)15:00 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 横浜F・マリノスvs.柏レイソル@等々力陸上競技場

【試合結果まとめ(1△1)】2017/9/16(土)19:00 J1リーグ 第26節 横浜F・マリノスvs.柏レイソル@日産スタジアム

【試合結果まとめ(2●0)】2017/4/22(土)15:00 J1リーグ 第8節 柏レイソルvs.横浜F・マリノス@日立柏サッカー場
 
 

Weblog


【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvs柏レイソル 明治安田生命J1リーグ 第25節 2018/9/1 – YouTube

横浜FMvs柏の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2018年9月1日):Jリーグ.jp

–横浜FMが追い抜くか、柏が突き放すか。注目の下位直接対決

いよいよ残り10試合となった今季の明治安田J1。15位の横浜FMは暫定12位の柏をホームの日産スタジアムに迎える。

それぞれ中2日でのリーグ3連戦となる横浜FMは、26日の神戸戦で3試合ぶりの勝利を収めたものの、台風の影響で延期された29日の清水戦は先制しながら1-2で逆転負け。逆転されたあと、先制ゴールを決めたドゥシャンが二度目の警告で退場処分を受けて10人になったあとも、11人の清水を自陣に張りつけにするように猛攻を仕掛けたが、勝点を得るには至らなかった。天野 純は「一人少なくなってからあれだけ押し込めたのに、なんで11人いるときにできなかったのか」と唇をかんだが、「次に向けてやるしかないので、選手たちやサポーターと一緒に頑張りたい」と前を向いた。

清水戦は累積警告により出場停止だった扇原 貴宏が帰ってくるが、その一方でドゥシャンが出場停止に。連戦の中、3バックの陣容を代えざるを得なくなった。左ひざなどの負傷により別メニュー調整が続いている中澤 佑二は柏戦も欠場が濃厚。栗原 勇蔵が再び戻り、3バックの中央に入ることが濃厚だ。そのほかも厳しい連戦の中である程度の入れ替えはあると見られる。

メンバーの変更があったとしても、勝点3が欲しいことに変わりはない。「一人ひとりが責任を持って救っていかないといけないし、みんなで乗り越えていくしかない。誰も助けてくれないし、みんながそういう意識を持たないと越えられない壁だと思う。他人事じゃなく、一人ひとりが救う意識を持ってやっていくべき」と喜田 拓也が話したように、この苦境を乗り越えるには全員の力が必要だ。

一方、柏は前節の長崎戦から中6日と通常のスケジュールで試合を行う。長崎戦は敗れればJ1残留争いに巻き込まれかねなかったが、5-1で大勝。クリスティアーノが2得点を決め、夏の移籍市場で獲得したケニア国籍FWオルンガも加入2試合目でゴールをマーク。今季最多の5得点を挙げたことは終盤戦に向けて明るい材料だろう。中断明けから4連敗したあと、勝利と敗戦が交互に続いている状態だが、前半戦は第2節と開幕直後だったとはいえ、2-0と完封した横浜FMに勝利して今季初の連勝を飾りたい。

順位は横浜FMが15位、柏が暫定12位とやや離れている印象はあるが、勝点差はわずかに『3』。得失点差は現時点で横浜FMが上回っており、横浜FMが勝利すれば順位は入れ替わる。横浜FMにとっては是が非でも欲しいものであり、柏にとっても得られれば残留に向けて大きな前進となる勝点3。下位の対決にはなるが、だからこそ白熱した戦いになることは間違いないだろう。リーグ優勝の経験を持つ両者の意地とプライドが日産スタジアムのピッチでぶつかり合う。

[ 文:菊地 正典 ]

【横浜FM vs 柏】 ウォーミングアップコラム:栗原勇蔵34歳、まだまだやれる! – J’s GOAL

今節出場停止のドゥシャンに代わって、最終ラインの一角に入ると予想されるのが、栗原勇蔵だ。前々節の神戸戦で内転筋を痛めたこともあり、前節の清水戦はベンチに座ったが、J1通算317試合目の出場を迎えると思われる。

栗原にとっての今季リーグ戦は、今月“開幕”した。8月15日の名古屋戦、システムが4バックから3バックに変更されたタイミングで、右CBの位置でスタメンに起用され、初出場を果たす。

リーグ戦に限っていえば、昨年11月のC大阪戦以来、約9か月ぶりの出場。手探りの状態でプレーしたが、「ゲーム感というかそういうところは思ったよりも落ちていなかったと感じた」と、自分のある程度の出来に安堵した。また、久々の先発にも関わらず、後輩からの信頼は厚い。その証拠は、名古屋戦で栗原と同じ右サイドでプレーした松原健の言葉。相手FWジョーが栗原に競り勝ち決めたゴールに言及した際、こう語る。

「僕自身、勇蔵さんに任せすぎた。勇蔵さんなら(競り)勝てるという日頃からの信頼を置いている部分で、任せきっちゃったという悔いはあります。ただ…仕方ないで終わらせてはいけないですけど、勇蔵さんが負けるなら仕方ないんじゃないかなと思ってしまう」

普段の練習でプロが肌でそう感じているなら、かつて日本代表まで昇り詰めた背番号4が元来もつ“強さ”は健在だ。今節のミッション、柏の主砲・クリスティアーノ封じを栗原勇蔵ならやってのけるのではないか。根拠はないが、つい期待してしまう。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2018/08/30 【J試合情報】横浜F・マリノスvs柏レイソル 9月1日 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 ・今カード通算45試合では横浜FMが16勝9分20敗と負け越している。前回対戦では柏が2-0で勝利を挙げた。

 ・横浜FMは柏戦で現在3試合連続未勝利(1分2敗)。今カードではそれ以前の4試合で3勝を挙げていた(1敗)。

 ・横浜FMは今季リーグで唯一、ホームでの全試合で得点を挙げている(11試合20得点)。しかし本拠地で無失点に抑えたのは1試合のみ(4月28日:鹿島戦、11試合23失点)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在、2014年3月~4月以来となる3連敗中。今節でも敗れると、本拠地では2007年9月~11月以来の4連敗となる。

 ・柏は現在20試合連続で引き分けていない。現在進行中の記録としてはリーグ最長。しかし横浜FMのホームで行われる今カード直近5試合のうち3試合は引き分けに終わっている(その他、互いに1勝ずつ)。

 ・柏は前節長崎戦で5得点を挙げた。リーグ戦での5得点は2016年8月の川崎戦以来65試合ぶりのことだった。

 ・中町公祐は出場した柏戦直近4試合で3点に直接関与している(1得点2アシスト)。

 ・伊東純也は今季、江坂任に5アシストを記録している。同一選手に対するアシスト数としてはリーグ最多。

※ファクト内の数字はJ1での成績

2018/08/31 【J1展望】横浜×柏|残留争いで苦しむ両者の対決は打ち合いの予感も | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
今季成績(24節終了時点):15位 勝点26 7勝5分12敗 39得点・42失点

【最新チーム事情】
●加入から7試合連続で先発していたドゥシャンだが、前節の清水戦で二度の警告を受けて退場し、今節は出場停止に。栗原、T・マルチンス、畠中で3バックを形成するか、4バックへの回帰も考えられる。
●扇原が出場停止から復帰する。中澤不在時にキャプテンマークを巻く背番号6が中盤の底からチームを引き締める。
●リーグ戦2試合連続先発中の久保をどのように起用するか。連戦での疲労の色も濃いため、仲川を先発にしてベンチスタートに回る可能性も。

【担当記者の視点】
 横浜は中2日の連戦で、相手の柏は1週間のインターバルがあり、前節・長崎戦は5-1の完勝と勢いがある。厳しい戦いが予想されるが、チーム一丸となって勝利を目指したい。

 出場停止明けの扇原はアンカーで先発予想。長短のパスを巧みに使い分ける技巧派レフティがゲームを組み立てながら、山中と松原の両サイドからの仕掛け、仲川のスピードを生かした中央突破など、多彩な攻撃でゴールを狙う。

 残留争いに巻き込まれているが、及び腰にならず、強気な姿勢で勝利をもぎ取りたい。
 
 
柏レイソル
今季成績(24節終了時):12位 勝点29 9勝2分13敗 29得点・35失点

【最新チーム事情】
●伊東が日本代表、オルンガがケニア代表に選出される。
●前節の長崎戦ではクリスティアーノが12試合ぶりに得点を決める。
●26日に行なわれた関東学院大との練習試合は2-1で勝利。山崎と宮本が得点してアピール。

【担当記者の視点】
 12節の湘南戦以来、ゴールから遠ざかり、22節・FC東京戦と23節・磐田戦ではスタメンから外れたクリスティアーノ。だが、ようやく3試合ぶりに先発復帰を果たした前節の長崎戦で待望の得点が生まれた。

 長崎戦はクリスティアーノの2発を含む大量5ゴールを奪って快勝した。これまでチームの得点力不足もエースの不調と無関係ではなかっただけに、残留争いから脱却を目指すチームにとってクリスティアーノの復調は大きなプラス材料だ。自身も「これからどんどん得点を決めていきたい」と、リーグ戦の残り10試合へ向けてゴール量産を目論む。

2018/08/31 【横浜FMvs柏プレビュー】横浜FMは出場停止明けの扇原が攻守を支える…前節大勝の柏はクリスティアーノが復調 | サッカーキング

■横浜F・マリノス 扇原、喜田、天野がチームの心臓部を担う

【プラス材料】
 中澤佑二不在時にキャプテンマークを巻く扇原貴宏が出場停止から復帰。中盤のアンカー役として攻守に奮闘するレフティーの帰還は心強い。また、扇原不在の清水戦で中盤の底を務めた喜田拓也も好調を維持している。持ち前のボール奪取能力に加えて攻撃にも出て行く走力が光り、攻守両面において欠かせない存在になりつつある。セットプレーのキッカーを務める天野純を含めた3選手がチームの心臓部を担う。

 攻撃面ではここまで5得点を挙げている仲川輝人に期待がかかる。キレのあるドリブル突破や裏への抜け出しで毎試合チャンスを作っており、先発と途中出場のどちらでも存在感を発揮している。

【マイナス材料】
 7試合連続で先発していたセルビア人DFドゥシャンが29日の清水戦で2度の警告を受けて退場処分に。そのため今節は出場停止となる苦しい状況となっている。4バックと3バックのいずれのシステムでもゴール前の門番となっていた選手の不在は大きな痛手だ。左ひざ痛で別メニュー調整を続けている中澤は今節も出場を見送る可能性が高く、柏戦ではチアゴ・マルチンス、栗原勇蔵、畠中槙之輔の3選手が3バックを形成する見込み。

 ここまでリーグワーストタイの失点を喫しているように、守備の不安定さは拭いきれない。対戦相手の柏とは第2節で対戦し、0-2で完敗している。決して相性の良い相手とは言えない。

文:totoONE編集部
 
 
■柏レイソル 代表復帰を果たした伊東のパフォーマンスに注目

【プラス材料】
 長らく無得点が続いたクリスティアーノに、ようやく12試合ぶりにゴールが生まれた。エースの復調によってチームも息を吹き返し、前節は長崎に先制を許したものの、クリスティアーノの2得点を含む今季最多の5得点を奪い、今季初の逆転勝利を収めた。これまで1トップやトップ下を務めていた江坂任を中盤の左サイドに回したことによって左サイドでタメができ、伊東純也と小池龍太の右サイドとの幅のある攻撃も可能になった。

 その伊東は、昨年12月のE-1選手権以来となる日本代表選出を受けた。チームの調子が上がらない間も、出色のパフォーマンスを見せていたとあって、今回の代表選出を受けてさらにモチベーションは高まっているはずだ。

【マイナス材料】
 長崎戦では逆転勝利こそ収めたが、磐田戦に続く早い時間帯での失点は猛省が必要だ。加藤望監督が「試合の入り方に気をつけなければいけない」と言うとおり、集中して試合に入れるかが問われる。

 今回の横浜FM戦は、前節に続き負傷の鎌田次郎の欠場が濃厚だ。それに伴いセンターバックはパク・ジョンスとナタン・ヒベイロの外国籍選手のコンビが予想されるが、前節の失点はラインコントロールの乱れから背後を突かれたため、鎌田不在のディフェンスラインには連携面で不安が残る。

 また、前節同様パク・ジョンス、ナタン、クリスティアーノ、オルンガの4人で外国籍の枠を使うことで、必然的にキム・ボギョンがメンバー外になってしまうのも痛手だ。

文:鈴木潤

2018/08/31 横浜久保「まずは目の前の試合に集中」中2日で柏戦 – J1 : 日刊スポーツ

17歳の横浜F・マリノスMF久保建英が9月1日のホーム柏レイソル戦(日産ス)の必勝を誓った。

29日に清水戦を戦い、中2日での一戦へ向け室内で軽めの調整。柏について「ボールをつなぐ戦術が下部組織の頃から統一されているイメージですが、最近は縦に早くなったかなと思う。いい準備をしていきたい」。柏戦後の2日からU-19日本代表の一員としてメキシコ遠征へ出発する。「まずは目の前の試合に集中して、そのあと考えていけたら」と話した。

2018/09/01 【横浜M】久保、3戦連続先発浮上もお疲れ!?「疲れがたまっているかも」 : スポーツ報知

 U―19日本代表MF久保が、1日の柏戦で先発する可能性が浮上した。アンジェ・ポステコグルー監督(53)が「回復次第ではスタメンの可能性もある」と、J1初先発&初得点した26日の神戸戦から7日間で3戦連続先発を示唆。

 久保は「頭で思った通りに体が動かない。疲れがたまっているかも」とこぼす一方で、「(連係は)良くなっている」と手応えも。低迷するクラブの浮沈の鍵を握る。

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る