月刊 栗原勇蔵(2018年5月号)

Pocket
LINEで送る

月刊 栗原勇蔵(2018年5月号)

2018/5/28 Google画像検索より

2018J1リーグ 第12節 vs.ジュビロ磐田(2018/5/1)

(´-`).o0(ベンチ外)

2018/05/03 【試合結果まとめ(1●3)】2018/5/2(水)19:00KO J1第12節 横浜F・マリノスvs.ジュビロ磐田@日産スタジアム
 
 

2018J1リーグ 第13節 vs.名古屋グランパス(2018/5/5)

(´-`).o0(サブ:出場無し)

2018/05/06 【試合結果まとめ(1△1)】2018/5/5(土)19:00KO J1第13節 名古屋グランパスvs.横浜F・マリノス@豊田スタジアム
 
 

ルヴァンカップ 予選リーグ 第5節 vs.ベガルタ仙台(2018/5/9)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2018/05/10 【試合結果まとめ(4●2)】2018/5/9(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 ベガルタ仙台vs.横浜F・マリノス@ユアテックスタジアム仙台


 
 

2018J1リーグ 第14節 vs.ガンバ大阪(2018/5/12)

(´-`).o0(サブ:出場無し)

2018/05/13 【試合結果まとめ(1△1)】2018/5/12(土)19:00KO J1第14節 横浜F・マリノスvs.ガンバ大阪@日産スタジアム
 
 

ルヴァンカップ 予選リーグ 第6節 vs.アルビレックス新潟(2018/5/16)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2018/05/17 【試合結果まとめ(2◯1)】2018/5/16(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第6節 横浜F・マリノスvs.アルビレックス新潟@ニッパツ三ッ沢球技場

2018/05/14 [横浜FM]漢・栗原勇蔵が歓迎する“生死”をかけた一戦 « サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA – Jリーグ練習場レポート毎日更新!

 漢(おとこ)の血が騒ぐのか。負傷から復活した栗原勇蔵が“生死”をかけた一戦を歓迎している。
 栗原は自身にとって今季初の公式戦となった3月7日のルヴァンカップ第1節・FC東京戦で負った左ハムストリング肉離れにより離脱を強いられていたが、5月9日のルヴァンカップ第5節・仙台戦で復帰。あらためてその仙台戦を振り返り、「ひさびさの試合だったけど何とか最後までやれたし、第1戦を終えたという感じ」と話した。
 栗原の復帰戦は勝利すれば1試合を残してグループステージ突破を決められる状況だったが、試合は2−4で敗戦。16日に行われるグループステージ最終節の新潟戦が突破か敗退かを決める一戦となったが、栗原は「仙台戦で決められれば、だいぶラクだったとは思う」と言いながらも、次のように続けた。
「こういう大事な試合が1試合でも多いほうが、自分にとってもそうだけど若手にとっていい経験になる。それにリーグ戦では勝てていないけど、ここで勝ち上がっていくことでチームの雰囲気もよくなるし、そういう試合があることをポジティブに捉えている」
 新潟戦のメンバーについてアンジェ・ポステコグルー監督は「連戦の中でルヴァンカップはリーグ戦に出ている選手を休ませないといけないときもあったが、いまは休ませる必要はないと思う。あと2試合ということでいい内容でグループステージを突破してくれるチームを出そうと思っている」とリーグ戦に出場している主力選手中心で臨むことを示唆。ただ、グループステージ序盤は数人の主力選手が出場していた中、ベテランの中澤佑二は今季のルヴァンカップで1試合もメンバー入りをしておらず、栗原が出番を得る可能性も十分にある。
「もちろん出るつもりでいるし、チームのためにできることをやっていかないといけない」。3月前に悔しい思いをした三ツ沢のピッチで漢の闘う姿は見られるか。

 
 

2018J1リーグ 第15節 vs.V・ファーレン長崎(2018/5/19)

(´-`).o0(サブ:出場無し)

2018/05/20 【試合結果まとめ(5○2)】2018/5/19(土)14:00KO J1第15節 横浜F・マリノスvs.V・ファーレン長崎@日産スタジアム


 
 

サッカースペシャルキャラバン(2018/5/28)

2018/05/28 横浜F・マリノス選手が小学生と交流|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA

2018/05/30 プロサッカーの技を学ぼう マリノス3選手が児童指導|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 サッカーJ1横浜F・マリノスの選手が横浜市港北区内の小学校を訪問する「サッカースペシャルキャラバン」が28、29の両日に行われた。子どもたちは国内トップレベルの技術に触れ、サッカーの魅力を感じていた。

 28日は、元日本代表で同市瀬谷区出身の栗原勇蔵選手(34)と、伊藤翔選手(29)、飯倉大樹選手(31)が市立港北小学校(同市港北区)を訪れ、3年生約160人と触れ合った。

 栗原選手らは、足の甲でボールを蹴るインステップキックを指導。練習する子どもたちに「足首を伸ばして蹴って」などとアドバイスした。伊藤選手が実戦さながらのシュートを見せると、子どもたちはボールの速さに驚いていた。

 選手3人が三角形になってパスを回し、各クラスの代表の子どもたちがボールに何回触れられるかを競うゲームも。ボールに触れるたびに子どもたちから歓声が上がった。

 栗原選手は「20~30回訪問し、子どもたちへの接し方も慣れてきた。自分たちも成長させてもらっている」と話していた。

 スペシャルキャラバンは、F・マリノスが2010年から取り組むサッカー普及活動の一環。本拠地・日産スタジアムのある港北区内の小学校に選手を派遣している。

 
 

Webログ

2018/05/21 横浜F・マリノスのトップチームメンバー全31名の着用スパイクリスト | ゲキサカ

 横浜F・マリノスの2018シーズンのトップチームメンバー全31名の着用スパイクを一挙に紹介する。(2018年5月時点での着用スパイク)

 着用スパイクのメーカー毎の内訳は、ナイキ14名、アディダス13名、プーマ2名、ミズノ1名、アスレタ1名、となっている。

 全31名の中での最多着用スパイクは、6名(飯倉、鈴木、西山、生駒、扇原、和田)が着用しているアディダス「プレデター18.1」。

DF 4 栗原勇蔵
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

2018/05/28 まりびと | コラム | 栗原 勇蔵選手 | 横浜F・マリノス 公式サイト

–栗原勇蔵にすべて聞いてきました。あの伝説って本当ですか?
TEXT BY 二宮 寿朗

誰が呼んだか、ハマの番長。

2年前に現役を引退した横浜DeNAベイスターズの三浦大輔さんはリーゼントのヘアスタイルからこのニックネームが生まれたが、栗原勇蔵の背景はまた違う。武闘派エピソード満載ゆえに自然発生した感がある。

ユースから昇格して横浜F・マリノス一筋。堅守を受け継ぐ者として、ストライカーとのタイマン勝負を制してきた。

今年、プロ17年目、34歳になった。血気盛んだった20代前後のころと比べれば随分と落ち着いているようにも思えるが、心の奥底の〝やんちゃマインド〟は健在だ。

若気の至りが「ユウゾウ伝説」となり、尾ひれがついている武闘派エピソードもある。クラブ愛の至りから、残留を決断した熱血派エピソードもある。

現役最終章に向かう彼をしっかりと味わうためにも、本人公認「まとめ」を企画しました。どうぞ笑ってください、どうぞ驚いてください。どうぞ栗原勇蔵の今の思いを知ってください。

――これほどエピソードの多い選手も珍しい。一つひとつ真偽を確かめていきましょうか。

まずプロ2年目の2003年、岡田武史監督が就任してあるとき「お前、ケンカ負けたことないだろ?」と声を掛けられたというのは本当?

番長「本当っすね。東戸塚のグラウンドで岡田さんが近づいてきて『悪いツラしてんなあ、目ツキ悪いなあ』って。まあ確かに、高校卒業してまだガキだったし、何て言うんすか、目をそらしたら負けという感覚をサッカーのほうにも持ち込んでいて、その勢いだったから」

――岡田さんにもガンを飛ばしたとか?

番長「あるわけないでしょ(笑)。だけど岡田さんはジェスチャー付きで言ってくれたよ。『俺も昔はこれ(リーゼント)とこれ(ボンタン)だったんだ』と。俺のことを分かってくれている感じがあったね」

――腕っぷしには相当自信があったんでしょ

番長「まあ、そうっすね」

――中学時代に背筋テストで200㎏以上。何すか、この凄い数字は?
番長「先生に疑われて、5回ぐらいやらされて背筋痛めた苦い記憶がありますね。背筋力は母ちゃんが強くて、同じ中学の最高記録を持っていた。男が俺」

――その太い腕から「マグワイア」(メジャーリーグのホームランバッター)と呼ばれていたというのも本当?

番長「本当。中3にしては太かったというだけだけど。サミー・ソーサとホームラン争いして知っていたし、悪い気はしなかった」

――ゲームセンターのパンチングマシンでこれまた凄い数字を出して、ボクシングジムの人に勧誘された話は、僕も2003年に聞きました。

番長「誘われたというか、声を掛けられた程度だけど。俺の体、大きかったし、日本で重い階級のボクサーって昔は凄く多かったってわけじゃないでしょ。だから本気で誘った感じではなかったけどね。ただ、出した数字にビックリされたことは覚えている。(都筑区の)花形ボクシングジムの人って言ってたね」

――武闘派の顔は味方からも恐れられていきます。

番長「この場を借りて、懺悔したいことが……」

――どうぞ、どうぞ。

番長「2003年のときだったかな。練習前に1つ年上の金子勇樹とふざけて、プロレスやっていたんですよ。アルゼンチンバックブリーカー(かつきあげて背中を痛めつけるプロレス技)の変形でちょっと力を入れすぎたら、金子クンが気絶してしまって……」

――先輩にアルゼンチンバックブリーカーって。

番長「金子クン、気を取り戻したら超テンション、低くて。いや、申し訳なかった(苦笑)」

――試合中でも味方がゴールを決めると、あなたの手荒い祝福が待っていました。伝説になっているのが、2004年5月のACLグループリーグ、アウェーの城南一和戦。ゴールを決めた河合竜二選手に思い切り抱き着いたら、ラリアット(相手の首に腕を叩き込むプロレス技)を決めてしまいました。

番長「うーん、あれは先にホームで負けていたから、竜ちゃんのゴールがメチャクチャうれしかったわけ。竜ちゃんもうれしいから、お互いに浮いて飛びついたら、俺の手がいい角度で先に首に入ってしまった。うれしすぎて結果的にああなっただけ」

――2003年のワールドユースでは、クラブで同期の坂田大輔がゴールを決めた後、馬乗りになっての祝福でした。

番長「サカティがゴールを決めてもちょっとスカしていたんで、もうちょっと喜べやという意味をこめて」

――なるほど、嬉しさ余っての手荒さだ、と。どの祝福が思い出深いですか?

番長「山ちゃん(山瀬幸宏)が大分戦で、ロングシュートをズドンと決めたことがあって(2008年5月、ヤマザキナビスコカップ)。いつもクールで、物静か。その山ちゃんが興奮しすぎて俺のほうに寄ってきたんで、もうもみくちゃに。俺の手荒い祝福以上に、あんなにうれしそうな山ちゃんの表情を見られたことがうれしかった。今でも忘れられないシーンです」

――あと、いろんなイタズラもやってきましたよね。プッと笑えるというよりも、こちらもかなり手荒い。

番長「ん? サロメチール(筋肉疲労に効く薬)をパンツに塗ったこと?」

――手荒いというよりひどい。よくバレなかったですね。

番長「トレーニングパンツってインナーがついていて、色が白。前日に塗り込んでおくと、サロメチールも白だから乾いて同化する。翌日、練習して汗をかくとね、下半身にひっついて痛くなる。ミカさん(三上和良)とか金子勇樹は飛び上がって〝誰がやったんだ!〟って怒るんだけど、名乗り出ない。遠くで見て、笑ってましたよ。フフ、フフフフフ」

――そのアイデアは誰から?

番長「いや、もちろん俺も誰かにやられていて、それも名乗り出ない。ミカさん、金子クンには申し訳ないが、やってみたら面白かった。ちょっと大げさに言うと、当時は真面目が強い人1割、真面目が弱い人9割。だからこんなイタズラ日常茶飯事っす

――うまく言えば、それもコミュニケーションというか。

番長「そうそう、コミュニケーション。先輩とのコミュニケーションです」

――ピッチ上でも武闘派は発揮されます。2003年にはワールドユースの壮行試合で乱闘騒動もありました。F・マリノスでも「やられたらやり返す」くらいの迫力が常にあった。忘れられないのがレッジーナとの親善試合(2004年8月)。セットプレーで相手選手のエルボーを食らい、鼻骨を骨折しました。鼻から血を流しながらその選手を追い掛けていました。

番長「あんな悪質なファウルやったらダメでしょ。俺たちサッカー選手なんだから。コーナーキックのときにパンチ食らっていて〝オイッ〟て服を引っ張った勢いで、鼻にバコーンって入って。前半からレフェリーに文句言ったり、ボールを思い切り蹴り上げたり、イライラしているのは分かっていた。こっちは鼻折られたわけだし、カチンときた。あのラフプレーは許せない。翌日、空港まで行って胸ぐらでもつかまないと気が済まなかった。でもあのとき、ちょっとしたオチがあって……」

――オチ?

番長「怒りが収まらないからベンチに戻って、思い切り蹴り上げたわけ。そうしたらベンチの間に足が挟まって、抜けなくなった。ダッサー、俺、と思ったね」

――日本代表のデビュー戦となった親善試合トリニダード・トバゴ戦ではいきなりの接触プレーで、相手のほうがタンカで運ばれていきました。

番長「ツボさん(坪井慶介)が足つって、出場することになった。サッカー人生で初めて武者震いした。相手はすごくゴツくて、絶対に負けねえって気持ちでいったら、削ったみたいになった。30分ぐらいの出場だったけど、アドレナリンマックスの状態だったね」

――武闘派で鳴らしていますが、あくまでクリーンファイト上でのこと。

番長「25、26歳ぐらいまでは相手に〝なめられたくない〟と思ってやってはいたけど、年齢を重ねるにつれて、変な言い方だけど、相手だってサッカー仲間っちゃ仲間。別に敵じゃないわけだから。自分の抑えも利いてくるし、余計なことをやったことってないから」

――F・マリノス一筋17年目。アクの強い先輩たちもいっぱいいました。選手のキャラクターも昔と今では全然違う?

番長「昔は人間味あふれる感じの人が多かった。前日遅くまで遊んでいても、練習が始まったら全然違う。かっこいいなって思いましたよ。でも今の時代はプロ意識がみんな高いし、サッカーだけを考えるなら今のほうがいい時代なのかもしれない。俺はどちらも知っているから、どちらの良さも分かってるつもり」

――近年はケガが相次ぎ、出場機会が少なくなってきています。それでもこのクラブに居続ける決断をした背景にはどのような思いがあった、と?

番長「一番はこのクラブから離れたくなかった。横浜という町からも。マリノスからオファーがあっただけでもうれしかった。ただ一方で俺のことを思って、いい条件でオファーをくれたクラブもあった。これも嬉しかった。だけど自分なりに考えてみて、ここに居続けるヤツがいてもいいんじゃないかって思った。ここで終われるなら、それが一番いい」

――現状、試合にはなかなか出られていない。

番長「そう、そこは葛藤しているところ。過信はしないけど、自信がないとやっていけない世界。できないと思ったら、そこで引退だろうね。でも同じ年齢のヤツと比べても、俺はまだまだやれるって思っている。ウチのセンターバックはみんな頑丈だし、なかなかチャンスは回ってこないけど、俺は試合に出ていない割には(実力が)落ちていないって感じている。1試合だけってなると難しいけど、1、2戦こなして試合に慣れれば絶対にやれる自信が俺にはある。やれるというか、(相手に)やられる気がしない」

――やり残したことがありそうですね。

番長「ここ2、3年あまり試合に出ていなくても、このチームにいるわけだからこのまま終わりたくはない。出ていないときが無駄じゃなかったんだと思いたい。試合に出ていない今の弱い立場の俺を、応援してくれる人はたくさんいる。すごく心に響くというか、その人たちのためにもとは思う。サッカーはメンタルのスポーツ。数字では表せない存在感ってあると思うんですよ。アイツがいるだけで、何か嫌だなっていう存在感。今までやってきて、やっぱりそこは出せると思うから」

――これからの栗原勇蔵、どうありたい?

番長「何だろうな、難しいな。でも……」

――でも?

番長「言葉にするなら、もうひと花咲かせたい。それだけだね」
 
 
日産フィールド小机は初夏のように、太陽が強く自己主張している。

武闘派のイタズラ好きはインタビューの後、大きく深呼吸して雲ひとつない空に視線を送ってから、歩を進めていく。

もうひと花咲かせたい。

栗原勇蔵の「まとめ」は未完成だ。とびっきりのエピソードは、きっとこの先にある。

 
 

こけまりログ

[旧こけまり]毎月1日発行!「月刊 栗原勇蔵」 2011/4~2012/12
2013年シーズン「月刊 栗原勇蔵」まとめ
【ブログこけまり 2014年まとめ】月刊 栗原勇蔵
【ブログこけまり 2015年まとめ】月刊 栗原勇蔵
【ブログこけまり 2016年まとめ】月刊 栗原勇蔵
【ブログこけまり 2017年まとめ】月刊 栗原勇蔵

 
 

SNS、Wikipediaなど

栗原勇蔵 横浜Fマリノスさん(@yu918zo) • Instagram写真と動画

栗原勇蔵 – Wikipedia

栗原勇蔵 | ゲキサカ[講談社]

栗原勇蔵 選手データ | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~
 
 

個人サイト・ブログ

Take a Walk on the Wild Side
 
yuzojikenbo.net *–栗原勇蔵事件簿–*

+WEC+

マリノス君、マリノスケ 時々 くり
 
 

「俺らの勇蔵」の思い出のアルバムは、ピンタレストにて

[ろこ (kokemari) on Pinterest]Yuzo KURIHARA(栗原勇蔵)
 
 

勇蔵マニアのフォロー待ってます!

[Twitter]orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん
 
 

俺らの勇蔵の契約更改ログ

2008年 1/15
2009年 1/15
2010年 1/28
2011年 1/31
2012年 1/25
2013年 1/10
2014年 1/15
2015年 1/6
2016年 1/10
2017年 1/12

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る