【試合結果まとめ(4●2)】2018/5/9(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 ベガルタ仙台vs.横浜F・マリノス@ユアテックスタジアム仙台

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2018 ルヴァンカップ グループステージ 第5節 vs ベガルタ仙台 試合レポート | 横浜F・マリノス 公式サイト

監督コメント

アンジェ ポステコグルー 監督
「まずベガルタ仙台に、おめでとうございますと言いたいです。非常に良いパフォーマンスだったと思います。
自分たちは前半は悪くなかったと思いますけれど、後半、試合を追いかけるという展開になってしまいました。毎試合毎試合、勝利を目指してやっているのですけれども、少しオープンな展開になりました。
そして繰り返しになりますけれども、ベガルタ仙台の勝利そしてパフォーマンスに、おめでとうございますと言いたいです」

選手コメント

ダビド バブンスキー
「結果に関しては、残念です。
自分たちは前半からチャンスをつくっていた中で、自分たちのサッカーをやれた部分はあったんですけど、なかなか決め切れず、逆に失点が今、多いので、そのへんを自分も含めて修正をしなければいけないと思います。そこをしっかり修正しながら、まだグループリーグを突破していないので、そこを突破できるようにしていきたい。もう一度やり直していくしかないです。
遠く仙台まで来てくださったファンの方にも本当に申しわけない結果を見せてしまいましたし、自分たちもすごく残念な結果に終わってしまいました」

下平 匠
「両サイドに振られる展開が多かったけど、前から行くなら全員で連動していかないといけなかった。
後半はいい形で崩せたシーンもありましたけど、相手はブロックをつくって中盤に人数をかけていたし、前の選手も引いて守っていたので難しかった。
今日は厳しい結果になったので修正しなければいけない。ルヴァンは最後ホームで迎えるので、勝ってプレーオフ進出を決めたい」

中町 公祐
「自分たちが攻め込んだあと、ある程度、連動した守備ができないと、今日のように下がらざるを得ない展開が多くなる。相手に自分たちの空いているスペースをうまく使われてしまった。
反省点としては、守備に切り替えたときの選手の配置を考えながらやる必要がある。それを全員でやっていかないといけない」

Jリーグ.jp

仙台vs横浜FMの試合結果・データ(JリーグYBCルヴァンカップ:2018年5月9日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 7,187人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ オリヴィエ ブマル ]
--試合を振り返って。
自分たちにとってはアウェイで厳しい試合でした。先手を取られてしまったことで難しい展開になってしまい、追い付いてもすぐに突き放されてしまったことがもっと難しい展開を招いてしまいました。

--自身のゴールについて。
先週のけがから戻ってきたばかりの試合で決めることができたことについては、うれしく思います。でもそれは個人的な話で、チームとしてはやはり負けてしまったことが悲しいですね。でもリーグ戦はまたすぐ土曜日にやってくるので、いまのチームのやり方を続けていかなければいけません。

 
 

Twitter / Istagram

(´-`).o0(none)
 
 

YouTube


【ハイライト】ベガルタ仙台×横浜F・マリノス「ルヴァンカップ GS第5節」 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

サンケイスポーツ

横浜M、守備機能せず4失点 1次L突破持ち越し/ルヴァン杯 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 YBCルヴァン・カップ1次リーグ第5節(9日、仙台4-2横浜M、ユアス)横浜Mは守備ラインを高く保ってボールを奪う戦術が機能せず、4失点で敗れた。ルヴァン杯はこの試合まで2勝2分けと好調だったが初黒星を喫し、1次リーグ突破は最終節に持ち越しとなった。

 ポステコグルー監督は「後半、追いかける展開になり、苦しかった。仙台はいいパフォーマンスだった」と苦い表情を浮かべた。

ゲキサカ

茂木がハットトリックなど攻守で躍動!仙台が打ち合いを制して横浜FMのGL突破阻止 | ゲキサカ

 ルヴァン杯は9日、グループリーグ第5節を行った。ユアテックスタジアム仙台ではA組のベガルタ仙台と横浜F・マリノスが対戦し、4-2で仙台が勝利した。なお、最終節は16日に行われ、仙台はFC東京、横浜FMは新潟と戦う。

 勝ち点5でA組2位の仙台は、6日のJ1第13節・湘南戦(3-1)からFW野津田岳人を除く10人を変更。GKシュミット・ダニエルは今大会初出場となる。一方、2勝2分の無敗で首位につける横浜FMは、5日のJ1第13節・名古屋戦(1-1)から11人全員を変更し、1試合を残してプレーオフステージ進出確定を狙う。

 仙台は前半31分に決定機。DF板倉滉が右サイドに大きく展開し、MF茂木駿佑がシュート性のクロスを送る。これをPA中央でおさめたFWジャーメイン良が右足を振り抜くが、右ポストを叩く。それでも35分、スルーパスを受けたFW金久保順がPA右へ浮き球パスを送り、MF梁勇基がトラップ。後方から走り込んだ茂木が右足シュートを突き刺し、先制のゴールネットを揺らした。

 今節で突破を決めたい横浜FMが反撃。39分、PA左でパスを受けたFWユン・イルロクはシュートを打てなかったが、茂木のクリアがPA右でフリーのFWオリヴィエ・ブマルにつながる。これをブマルが落ち着いて左足で決め、試合を振り出しに戻した。

 痛恨のミスから追いつかれた仙台。前半41分、PA左へ進入したMF永戸勝也が丁寧にラストパス。野津田が左足を振り抜くが枠を大きく外す。43分には、左サイドの浅い位置からMF富田晋伍がゴール前に放り込み、逆サイドに流れる。これを回収した茂木が縦に仕掛け、PA右深くからシュート性のクロスを供給。GK杉本大地が弾いたボールがゴールに吸い込まれ、2-1で前半を終えた。

 互いに交代なしで後半を迎えた。横浜FMは3分、左サイドからユン・イルロクがカットインして右足を振り抜くが、GKシュミットに止められてしまう。左サイドを中心に攻め込む仙台は6分、金久保を下げてMF中野嘉大を投入する。8分には、永戸が左サイドからGKとDFの間に鋭いクロスを入れると、GK杉本が弾いたボールをジャーメインが左足シュート。しかし、これもGK杉本に止められ、突き放すことはできなかった。

 早く追いつきたい横浜FMは後半15分、MFダビド・バブンスキーに代えてFWウーゴ・ヴィエイラを投入する。だが、仙台がラッキーな形で追加点を奪う。17分、敵陣中央あたりでFKを獲得。キッカーの茂木が右足を振り抜くと、壁に当たってふわっとしたボールがゴール左へ吸い込まれ、3-1。今季ルヴァン杯5試合連続出場も、J1出場なしの茂木がハットトリックを達成した。

 さらに攻め込む仙台は後半19分、左サイド深くでボールをキープしたジャーメインのパスは相手に引っかかってしまうが、こぼれ球を拾った中野がPA左へ進入。相手のタイミングをずらして右足を振り抜くが、クロスバーを叩いた。横浜FMは23分、ユン・イルロクに代えてFW遠藤渓太を投入。すると25分、DF山田康太の縦パスをPA右で受けた遠藤が反転からグラウンダーのクロスを入れる。これをウーゴが右足で合わせ、2-3。1点差に詰め寄った。

 仙台は後半33分、板倉がドリブルで中央を突破。PA内に進入して右足を振り抜くが、左ポストをかすめた。34分には、茂木に代えてDF蜂須賀孝治を投入。37分、右サイドから中野がクロスを上げると、ファーサイドのジャーメインが胸トラップから左足シュート。ニアに突き刺し、4-2と試合を決定づけた。試合はそのままタイムアップ。仙台が勝ち点8とし、横浜FMと勝ち点で並んだ。

 
 

こけまりログ

2018/05/08 【スタジアム観戦情報まとめ】2018/5/9(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 ベガルタ仙台vs.横浜F・マリノス@ユアテックスタジアム仙台
 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る