【試合結果まとめ(2△2)】2018/4/18(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 FC東京vs.横浜F・マリノス@味の素スタジアム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2018 ルヴァンカップ グループステージ 第4節 vs FC東京 試合レポート | 横浜F・マリノス 公式サイト

監督コメント

アンジェ ポステコグルー 監督

「あまりいい試合ではありませんでした。
前半、非常に残念で、受け入れられない内容でした。
後半に関しては、選手たちが良い反応を見せてくれてチャンスもつくれて良かったと思います。
ただ全体的に見ると、非常に後味の悪い試合でした」

質問:二列目の左右を何度かポジションを入れ替えましたが、その狙いは?
「とにかく、いえることは、本当に残念な内容だったということです。ポジションどうこうというよりも、とにかく残念な内容でした。
プレーのテンポも遅かったですし、動きも少なかった。内容はひどかったと思っています」

質問:前半、守備でありあえないようなミスが何度かありましたが、プレースタイルからすると、想定の範囲内ともいえるのではないでしょうか?
「一つのシーンを切り取りとって考えるとか、ハイラインを保っているからそういうミスが起きるのかということではなく、自分たちのテンポがあまりにも遅すぎました。
今日の試合、“取りあえず、何とかなるだろいう”というような入り方でした。
毎試合、1分、1秒、一つひとつのプレーに100%を出し切らなければなりません。サッカーといいうものは、そう簡単にはいかないのです。そこに関しては、もっともっとチームとして成長していかなければいけないと思いますし、そのように成長していくつもりです」

質問:後半のようなサッカーを1試合続けられるようになるには、どのぐらいかかるのでしょうか?
「そこが非常に残念な部分でした。
なぜ後半だったのか?
前半いいプレーをして、後半に動けなくなって、プレーのテンポが遅くなっていくのは起こりうるかもしれませんが…。
そこはメンタルの部分かと思います。もちろん変えていきます。
今日の試合、もし私がサポーターだったら、前半を見て選手たちに失望するでしょうし、監督にも失望していたでしょう。そんな内容でした。
けれども変えていきますし、今までも90分間やり続けた試合もありました。必ずできると思っていますし、だから前半にああいうプレーをしたのが非常に残念です」

質問:後半改善するため、ハーフタイムにどういう指示を与えたのでしょうか?
「間違いなく言えるのは、ハッピーではなかったとうことです。
ミス一つひとつというよりは、自分はこの仕事に関して情熱的な気持ちを持っていますし、選手たちはサッカーに対してはもちろん、このクラブに対する思い入れが強いです。そのような気持ちを出してほしいという伝え方をしました。
そして、もっともっと自分たちはできるのではないか。もっとダイナミックで、もっとワクワクさせて、F・マリノスのサッカーというのはもっとハイテンポでできるはずなのに、そこができなかった。
その部分に関して、メンタルなのかもしれないが、変えていかなければいけないと思っています」

選手コメント

山田 康太
「求められているのはアタッキングフットボールなので、守備のところでファイトして、自分の良さを出す意味でも、良く出来たと思う。
逆転できれば良かったですけど、最低限、勝点1が取れたのは良かったと思います」

ダビド バブンスキー
「前後半を通して、自分たちがほとんどボールを支配できました。
最初は東京の陣形が非常にタイトで、なかなか崩せなかったんですが、後半もう一度やり直そうと臨みました。あきらめずに戦うことができました。
前半はミスから失点しましたが、大事なことは、ミスから何を学ぶかということ。僕たちは負けるために来ているのではなく、勝つためにここに来ている。
ミスを少なくして、最後の1分1秒まであきらめず情熱をもってやっていけば、必ず成果はついてきます」

仲川 輝人
「(初のフルタイム出場で)なんとか身体がもちました。最初から90分出るということを意識せず、前半から飛ばそう、仕掛けようと臨みました。
前半は、なかなか前に行けなかった。後半に入る前のハーフタイムで監督の檄がとんで、このままじゃ終われないぞと思った。
あの勢いでもう1点取って、勝ちたかったです」

Jリーグ.jp

FC東京vs横浜FMの試合結果・データ(JリーグYBCルヴァンカップ:2018年4月18日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 8,320人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ 仲川 輝人 ]
後半に2点取れてもう1点取りたかったけど、最後の選択でもうちょっと良い判断ができれば良かったのかなというのが自分の中である。ペナルティーエリアに入ったときにGKとDFの間に入れるんじゃなくて、マイナスで人に合わせたりとか、そういうことも冷静に判断できれば良かったのかなと思う。

--勝点1とはいえグループステージで首位を守ったが?
負けなかったことは良かったかもしれないし、前半の内容からすると盛り返せたのは良かったと思う。

--今季初のフル出場で体力的にキツかった?
今年初の90分だったけど、90分ということを気にせずに前半から飛ばそうというか、仕掛けようとしていた。その仕掛けが点につながったと思うし、少しは貢献できたのかなと思う。

--あとは自分の結果?
惜しいチャンスはあったので、そこを決めないといけないと思う。そこは課題。

--右サイドでスタートして前半の早い段階で左になって、終盤にまた右に戻ったが?
監督はそういうことをけっこうする人だし、自分にとっては右も左も関係なくできるし対応できるので、そこに結果がついてきたのが良かった。

--特に後半は左で良い崩しができていて、そこで右に行くのかと思ったらクロスから得点につながった。
監督も持っているのかもしれない(笑)。

[ 杉本 大地 ]
--1失点目について。
まだ映像を見ていないので何とも言えないけど、自分の感覚としてはボールがもっと伸びてくるという感じはしたし、ファーストプレーだったしそこまでまだ分からなかった。でも、出て味方同士でクラッシュしてしまうのは一番まずいことなので、もっと声を掛けて、自分が行くなら(西山)大雅をどかして行くべきだったと思う。でもあれはDFも追ってしまう。

ああいう見栄えの悪い失点はこういう戦術でやっている以上、出てくると思うし、どう言われても構わないけど、自分たちの中で解決していくしかない。相手もキックオフであそこに蹴ってくるのは狙いだっただろうし、これから先もああいうことをしてくるチームはあると思う。反省します。

 
 

Twitter / Istagram

悔しい試合でした 熱い声援ありがとうございます #fmarinos

山田 康太 / Kota.Yamadaさん(@y.kota_10)がシェアした投稿 –

 
 
 

YouTube


【公式】ハイライト:FC東京vs横浜F・マリノス JリーグYBCルヴァンカップ GS 第4節 2018/4/18 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

スポーツニッポン

横浜 開始12秒の悲劇…指揮官も苦言「非常に後味の悪い試合」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 ルヴァン杯の1次リーグ第4節が行われ、横浜は敵地でFC東京と対戦し、2―2で引き分けた。

 開始わずか12秒の悲劇だった。最終ラインの裏へのボールに対し、GK杉本とDF西山が連携ミスでクリアできず。横浜からFC東京に期限付き移籍中のFW富樫が無人のゴールに流し込んだ。さらに、38分にも失点。それでも、後半にFW伊藤が2ゴールを挙げ、勝ち点1を拾うことに成功。「ミスで負けたというのは簡単。傷跡を少なくするのが上の選手の仕事。正直、こういう風な雰囲気になるゲームではなかったと思うが、苦しい時に何とか力になれて良かった」と話した。

 試合後はどのような結果でも「選手たちはよくやってくれた」とコメントするポステコグルー監督だが、この日は珍しく「あまりいい試合ではなかった。受け入れられないような前半の内容。非常に後味の悪い試合だった」とこぼした。休む間もなく、中二日でリーグ湘南戦が控える。指揮官は「後半は選手たちがチャンスを作ってくれた。メンタルの部分だと思うが、マリノスはもっとよくなるし、もっと上げていける」と奮起を促した。

横浜 価値あるドローで首位快走 伊藤2発で追いつく― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 8試合が行われ、A組の横浜はFC東京と2―2で引き分け、勝ち点8で首位を守った。C組は浦和がG大阪を下し、名古屋に敗れた広島とともに同7で首位に並んだ。D組首位の神戸は長崎に2―1で逆転勝ち。勝ち点を10に伸ばして同組2位以内が確定し、8強入りを争うプレーオフ進出を決めた。

 横浜は開始12秒で失点するなど前半だけで2点のビハインドを背負ったが、FW伊藤の2ゴールで追いついた。後半22分、ペナルティーエリア内でMF吉尾からのヒールのバックパスに反応。右足を振り抜きネットを揺らすと、同39分にFW仲川の右クロスに合わせた。

 公式戦の連敗を2でストップし、「負けるとチームが壊滅的な雰囲気になるところだった」と振り返った。

ニッカンスポーツ

横浜ポステコグルー監督「受け入れられない前半」 – ルヴァン杯 : 日刊スポーツ

 横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー新監督(52)は、FW伊藤翔(29)の後半22、39分の2ゴールでFC東京と引き分けも、開口一番「あまり、いい試合ではない。非常に残念な、受け入れられないような前半の内容だった」と切り捨てた。さらに「後半は選手たちが、いい反応を見せ、しっかりチャンスも作ったが、全体的には満足できない試合だった」と失望感をあらわにした。

 質疑応答では、各ポジションの選手起用への質問も飛んだが「とにかく、言えることはポジションどうのこうのよりも、内容が悪かったということ。プレーのテンポも遅いですし、動きも少ない。特に内容はひどかった」とまで言った。

 ラインを高く設定し、高い位置からプレスをかける攻撃サッカーを開幕から続けているが、対戦相手に研究され、ハイラインの背後を突かれて失点する場面も少なくない。取材陣から「DF、GKのありえないようなミスで前半は失点し、ピンチもあった。プレースタイルから言って、時々、起こりうるかもしれないが」と質問が飛ぶと「1つのシーンを切り取るとかじゃなく、ハイラインを保っているから(ミスが)起こるとかじゃなく、とにかく自分たちのテンポが、あまりに遅過ぎる。とりあえず試合に出れば、何とかなるだろうという入り方の試合。毎試合、1分、1秒、1こ1このプレーを100%出し切らないと、サッカーは簡単なゲームじゃない」と苦言ばかりが口を突いて出た。

 「後半、ガラッと変わった、いいサッカーを継続するのに必要なことは?」と問われると「残念なのは(良くなったのが)なぜ後半か? ということ。前半が良くて、後半が落ちていくのは分かる。メンタルは変えないといけない。私がサポーターなら監督、選手に失望するだろう。90分(選手が)やり続けた試合だってある。だから残念だと思う」と悔しさを吐露した。

 一方で「自分は、この仕事に関して情熱的な気持ちを持っていますし、選手たち、クラブにも思い入れは強い。選手にも同じ思いを持って欲しいと話をした。もっとマリノスは、ダイナミックでハイテンポなサッカーができるのに…できなかった部分に関して、メンタルかもしれないが、そういった部分を変えていかないといけないと思う」と改善を誓った。【村上幸将】

横浜FW伊藤翔「壊滅的は防げた」2発でチーム救う – ルヴァン杯 : 日刊スポーツ

 横浜F・マリノスFW伊藤翔(29)が、FC東京に開始13秒弾などで2点を先取された苦しい中、後半22、39分に2発決めて、チームを敗戦の危機から救った。

 伊藤は後半22分、途中出場のMF吉尾海夏のパスを右足で豪快に決めると、同39分にはFW仲川輝人の右クロスに反応し、ファーサイドに走り込むと、左足で押し込み同点とした。「今日、あの形でそのまま2-0で負けになったら、チームは壊滅的な雰囲気になった。そこは防げたかな、というのは良かったと思う。欲を言えば、こういうふうになるようなゲームではなかったので勝ちたかった」と振り返った。

 アンジェ・ポステコグルー監督(52)は、試合後の会見で「あまり、いい試合ではない。非常に残念な、受け入れられないような前半の内容だった」と失望をあらわにした。伊藤はハーフタイムでの監督の指示について聞かれると「(前半がダメなのは)もちろん選手は分かっているし、確かに監督も言わなきゃダメだし、言いたくなるのも分かる。特に後ろの方の選手たちは(ハーフタイムに監督から)結構、言われているなと思って見ていましたけど。でもミスのせいで負けたというのは簡単ですけど、傷跡を少なくしてあげるのが上の選手の仕事」と後輩のサポートの必要性も口にした。

 21日には、中2日で湘南ベルマーレとのJ1リーグ戦(ホーム)が控える過密日程だ。伊藤は「もちろん、どの試合でもゴールを取れるのはいいことですし、チームが苦しい時に取ることが出来て良かった。リーグ戦まで、あと2日。(起用は)監督の判断に任せます」と静かに闘志を燃やした。【村上幸将】

フットボールチャンネル

開始12秒でまさかの失点。そのときマリノスに何が起きていたのか? | フットボールチャンネル

–電光石火のゴール。DFとGKが交錯し…

 目を疑った。その瞬間何が起こったかわからず、映像を確認してようやく理解した。記者たちの間でも「あれは何秒のことだったのか」と議論になったほど。最終的に導かれた結論は「開始12秒」でのゴールだったということだ。

 18日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第4節の開始直後にそれは起こった。FC東京のキックオフで試合が始まると、FW富樫敬真がMF品田愛斗を経由して最終ラインにボールを渡す。パスを受けたDF山田将之は前線にロングボールを蹴った。

 そのときである。横浜F・マリノスの最終ラインとGKの間のスペースに向かっていったボールを処理しようとしたDF西山大雅と、飛び出してきたGK杉本大地が交錯。こぼれ球を富樫が古巣のゴールに流し込んでFC東京に先制点が生まれた。

 ここまでで試合開始から12秒である。マリノスは38分にもFC東京のFW梶山陽平にゴールを奪われるが、とにかく前半はリズムが悪いままだった。ビルドアップでミスを連発するなど、最初の失点を引きずるような消極的なプレーが目立った。

 さすがのアンジェ・ポステコグルー監督も、試合後の記者会見で「非常に残念な前半、受け入れられないような前半の内容だった」と失望を隠さなかった。いつもは勝っていても負けていても冷静沈着に試合を振り返る指揮官でさえ、この日はロッカールームでの感情を手に持ったまま会見場にやってきたような様子で、その口から発せられる言葉からは2点差を追いついての2-2という結果以上の後味の悪さが感じられた。

 あの12秒の間に何が起こっていたのだろうか。ゴール前で交錯する決定的なミスを犯した西山も杉本も揃って「試合を壊した原因は自分にある」と語った。

 山田のロングボールの軌道を見た杉本は「難しいボールではあったんですけど、最初は僕の中で(西山)大雅に任せて、ボールがバウンドしちゃいそうな感じがしたので、切り替えて自分が出る判断をした」と振り返った。

–プロ1年目の18歳に襲いかかった試練

 一方、背走する形でロングボールを処理しようとした西山は「周りが見えていなかった。立ち上がりでしたし、中途半端にやるのがいけないと思いました。ボールウォッチャーになって、(杉本)大地くんの声も聞こえなかったので、自分で処理しようと思ったらぶつかってしまった」と自らの判断を悔やんだ。2人が交錯する瞬間、起こってはいけないはずの重大なコミュニケーションミスが起きていた。

 試合を終えて取材エリアに現れた西山は目の周りを真っ赤に腫らし、すでに目の中には涙を溜めていた。話が進むごとに声が震えていき、最後はいまにも涙が目から溢れそうになるほど打ちひしがれていた。

 2失点目の場面も、FC東京の左サイドバック・太田宏介が上げたクロスに対し、西山が梶山との駆け引きに負けてしまった。下部組織からの昇格1年目、プロとしての公式戦2試合目の出場だった若者にとっては、あまりにも重く辛い2失点だった。

「(開始直後の失点の後)自分としては割り切ってやろうと思ったんですけど、ちょっと引きずっちゃったかなと思います。その後の失点も僕のところなので、2失点に絡んで、僕がゲームを壊したという意味では悔しいです。ハーフタイムで交代したのも悔しいですし、練習からもっと改善していきたいと思います」

 西山は懸命に言葉を絞り出し、取材エリアを後にした。ルヴァン杯のグループステージ第3戦・アルビレックス新潟戦で堂々のデビューを果たし、FC東京戦の前日練習後には「今日の練習とかでも、自分の中で、なんとなくですけど、前よりいっぱいいっぱいじゃなくなった感じがある」と自信を語っていただけに、この経験と教訓は西山の心に忘れられないものとして刻まれるはずだ。

–「失望するような内容」だが…

 杉本にしても、同じくルヴァン杯の新潟戦に続いて今季2試合目の公式戦出場だった。その新潟戦では「今のサッカーができるかどうか不安があった」というが、FC東京戦の前日練習を終えて「今回は自信を持って自分のプレーに集中できる。前は自分のプレーで精一杯だったところが、今回は試合の勝ち負けというか、全体にもっと目を配れる気がします」と手応えを感じていた。

 しかし、自らのミスが絡んでの立ち上がりの失点によって「残りの89分、すぐに切り替えることができなかった」。特に前半は不安定なプレーが続き、ポジショニングミスなどであわや失点という場面も作られた。FC東京戦で杉本が見つめ直すことになったのは「自分の弱さ」だった。

 ルヴァン杯では若手やリーグ戦で出場機会の少ない選手たちの底上げが求められる。西山が交代した後半、DF下平匠がセンターバックとしてプレーし、DF金井貢史とともに本来はサイドバックの選手が2人とも中央でプレーしなければならなかった。負傷離脱していたDF栗原勇蔵の復帰が近づいているとはいえ、特にセンターバックは若手の突き上げが選手層の拡充に直結する重要ポジションだ。

 GKもリーグ戦で傑出したパフォーマンスを発揮している飯倉大樹に万が一のことがあったとき、代役を安心して任せられる選手が必要になる。杉本には単なる控えGK以上の役割が期待されている。

 ポステコグルー監督は2-2のドローで終えたFC東京戦を「自分がサポーターだとして、前半を見たら選手たちにも失望するし、監督にも失望するような内容」と表現した。確かにその通りだろう。だが同時に、何人かの選手たちにとっては自らの「弱さ」を克服し、成長につなげるために重要な教訓を得られた試合だったに違いない。

(取材・文:舩木渉)

ゲキサカ

「試合を壊した責任は僕にある」横浜FM杉本大地、痛恨の“12秒先制弾”献上 | ゲキサカ

 キックオフのホイッスルが吹かれてから、わずか12秒後。横浜F・マリノスは先制点を献上することになった。

 キックオフしたFC東京が最終ラインにボールを送ると、DF山田将之が横浜FM最終ライン裏にロングボールを蹴り出す。このボールに反応したのがGK杉本大地とDF西山大雅だった。最後尾からボールを見つめた杉本は、「難しいボールだったけど、僕の中で最初は大雅に任せようと思っていた」ようだ。しかし、「ボールが弾みそうな感じがしたので、切り替えて自分が出ると判断した」とPA外まで飛び出した。

 しかし、ワンバウンドしたボールに飛び込んだ杉本と西山が激しく接触。こぼれたボールに反応したFW富樫敬真に無人のゴールに蹴り込まれて、いきなりスコアを動かされてしまった。

「ワンバウンドして下も濡れていたので、もう少しボールが伸びてくると思ったけど、それは言い訳にはならない。自分が行くと決めたら大雅を跳ね飛ばしてでも、クリアしないといけないボールだった。ああいう(試合の)入りをしてしまったので、試合を壊した責任は僕にある」

 残された時間は89分あったものの、「すぐに切り替えられなかった。そこは自分の弱さ」となかなか気持ちを切り替えられず、前半38分にはMF梶山陽平に追加点を奪われてしまう。しかし、後半に入って攻勢を強めたチームは同22分と同39分にFW伊藤翔がネットを揺らし、2-2のドローに持ち込んだ。「翔くんもそうだけど、皆に感謝しないといけない」と同点に追い付いてくれた仲間に感謝を示しつつ、「しっかり反省して、またチャンスが来たときのためにしっかり準備したい」と続けた。

(取材・文 折戸岳彦)

「あのまま負けたら壊滅的な雰囲気に…」横浜FM伊藤翔がチーム救う2発 | ゲキサカ

 苦しい展開だった。試合開始早々の前半1分に先制点を献上し、同38分には追加点を奪われた。しかし、2点のリードを許して迎えた後半、横浜F・マリノスFW伊藤翔がチームを救う2ゴールを叩き込んだ。

 思うように攻撃の形を作れなかった前半は「相手も良いリズムで守れていて、そこをなかなか突破できなかった」ものの、「後半に入ってオフェンシブの選手が相手の間でボールを受けることができて、徐々に攻められるようになった」と後半に入ると攻撃にリズムが生まれ、相手を押し込む時間帯が続いた。

 そして、後半22分には鮮やかな連係からゴールを陥れる。左サイドのFW仲川輝人からパスを受けたMF中町公祐が縦パスを打ち込むと、MF吉尾海夏がワンタッチで落としたボールに反応した伊藤が豪快に右足シュートで突き刺して、1点差に詰め寄った。「球が来たときに(吉尾)海夏が後ろにいると分かっていたのでスルーしてワンツーしようとして、思い通りにいって良かった。良い所に落としてくれたので打つだけだった」と巧みなタッチで得点をお膳立てした吉尾に感謝を示す。

 さらに後半39分には右サイドを突破した仲川のグラウンダーのクロスがファーサイドまで流れてくると、落ち着いて左足で合わせてネットを揺らし、値千金の同点ゴールを記録。試合は2-2の引き分けに終わったが、リーグ戦で2連敗していたこともあり、「あのまま(0-2のまま)負けていたらチームが壊滅的な雰囲気になりそうだったので、そこは防げたので良かった」と安堵の表情を浮かべつつ、「でも、欲を言えば勝ちたかった」と悔しさを滲ませた。

(取材・文 折戸岳彦)

横浜FMが2点差追いつくドローも指揮官は満足せず「マリノスのサッカーはもっと…」(20枚) | ゲキサカ
GK杉本は激突した横浜FMの18歳ルーキー西山を擁護「あれはDFも追ってしまう」(4枚) | ゲキサカ
開始12秒の“事故”はなぜ起きた?当事者の横浜FM杉本大地が振り返る(4枚) | ゲキサカ
「HTに監督の檄が飛んだ」横浜FM仲川、“このままじゃ終われないぞ”と後半2ゴールに絡む(4枚) | ゲキサカ
ルヴァン杯2戦連続2発で横浜FM救ったFW伊藤翔(4枚) | ゲキサカ

サカノワ

【PHOTO STORY】富樫、梶山、そして伊藤翔…それぞれが見せた「意地」 | サカノワ

こけまりログ

2018/04/17 【スタジアム観戦情報まとめ】2018/4/18(水)19:00KO YBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 FC東京vs.横浜F・マリノス@味の素スタジアム
 
 

今週の他会場など


 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る