夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2018/3/9) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2018/3/9(金)ブマル選手合流!)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

3/9 (金) トップチームスケジュール変更のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(大雨で、新横浜公園水没)

お弁当付きビジターサポーターズシート販売のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(アウェイサポもおいでよ日産スタジアム!)

栗原勇蔵選手の負傷について | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(左ハムストリング肉離れ。全治6~8週間)
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter / Istagram


 
 


 
 


 
  

Webニュースログ

2018/03/08 横浜の新助っ人、カメルーン代表MFブマル日本到着 – J1 : 日刊スポーツ

 J1横浜F・マリノスは8日、4日に中国2部、遼寧宏運からの獲得を発表していたカメルーン代表MFオリヴィエ・ブマル(28)が日本に到着したことをクラブ公式ツイッターで明かした。

 ツイートには横浜のタオルマフラーを持ったブマルの写真を添え、来日を報告。ギリシャのクラブチームなどを渡り歩いた経歴を持つブマルはスピードに乗ったドリブルが持ち味のサイドアタッカー。横浜では右ウイングのポジションを務めることが濃厚となっている。

 獲得発表時にはクラブを通じ「いつも日本のサッカーを見てきましたが、F・マリノスに加入を決めた大きな理由は、偉大な歴史を持つクラブだからです。クラブが4度目のJリーグタイトルをとれるよう貢献したいと思います」などとコメントしていた。

2018/03/09 横浜FMに新戦力ブマルが合流&初練習「楽しみで仕方ない。長く日本でプレーしたい」 | フットボールチャンネル

 今月4日に横浜F・マリノス加入合意が発表されたばかりのカメルーン代表MFオリヴィエ・ブマルが来日し、9日の練習でチームに合流した。

 練習後に取材に応じたブマルは「チームは家族のようで、みんな幸せそうに見えた。トレーニングの雰囲気も良くて、みんなが声をかけてくれ、家族の一員のように迎えてくれた。今日が初めてなので、これからどんどん馴染んでいけると思う」と、合流初日から新天地に好感触を得たようだった。

 前所属の遼寧宏運で最後にプレーした昨年11月中旬から約4ヶ月ほど実戦から離れていることもあり、日本での初練習は大半の時間をランニング中心の別メニューに費やした。だが、ボールを使っての調整も行っており、コンディションはさほど悪くないと見られる。

 ロナウジーニョを憧れと語るテクニシャンは「スピードを生かしたプレーや、俊敏性を生かしたドリブルには自信があるし、自分の動きで味方を生かすプレーも好き」と、自身の武器をアピール。さらに「フリーキックでもゴールを決められるし、コーナーキックからアシストも得意だ。まだ完璧ではないと思うけど、試合の中で全力を尽くして成長していきたい」と、日本でのプレーに高いモチベーションで臨んでいる。

 ブマルはすでに横浜FMの動画もチェック済みで「マリノスはビッグクラブだと思う。決断を下すのは簡単だった。楽しみで仕方ない」と笑顔を見せる。自身のことをギリシャ時代から知るアンジェ・ポステコグルー監督とも加入前からコミュニケーションをとっている。「彼は素晴らしいチームだと言っていたし、君を必要としていて、君ならチームを成功に近づけることができると言ってくれた」と指揮官からの信頼も感じている様子だ。

 そのポステコグルー監督は新戦力のカメルーン代表MFについて「まだコンディションなどは練習を見てみないとわからないが、来週には全体練習に合流させるつもり。コンディションが良ければ考え直すこともありえるが、現実的に考えれば、(試合での起用は)おそらく国際Aマッチウィークの後になるだろう」と、調整を急がせず慎重に見極める姿勢を示している。

 攻撃においてゴールに直結する局面で力を発揮することが期待されるブマルのJリーグデビューは、今月31日のJ1第5節・清水エスパルス戦以降か。「素晴らしい国に来たことをすごく誇りに思う。短い時間ではなく、長くこの国でプレーしたい」と意欲に溢れる28歳の完全開花が待たれる。

(取材・文:舩木渉)

2018/03/09 カメルーン代表のオリヴィエ・ブマル、横浜FM合流。起用は31日のJ1第5節・清水戦から? | EL GOLAZO(エルゴラッソ)FLASH NEWS

 横浜FMの新外国人選手、オリヴィエ・ブマルがチームに合流した。

 ブマルが合流初日から鳥かごでは常に笑顔でチームメイトとコミュニケーションを取り、その後はチームから離れてグレゴリー・ジョン・キングフィジカルコーチとパス、ランニングを行った。ランニング中、選手とすれ違う度に笑顔を見せていたのが印象的。選手たちからも、初日ながら「話してみると良いヤツ」という評価を得ている。

 ブマルは「最初の印象は素晴らしい人たちだという印象。家族の一員としてすぐに温かく迎えてもらって、練習の中でもみんなが声を掛けてくれた」とチームメイトの印象について話すと、「監督からは『(横浜FMは)素晴らしいチームだ』、『君を本当に必要としている』と言われた。自分が来た意味をしっかり示したい。このクラブでプレーできることに誇りを持っている。興奮しているのが正直な気持ちで、早くやりたい」と意気込みを語った。

 自信を持っているプレーについては「完璧だとは思っていないし、これからも成長できると思う」としながらも、「スピードのあるプレー、ドリブル、自分が動くことによって味方を生かすプレー。FKやCKからアシストすることも得意としている」と話した。

 また、ポステコグルー監督はブマルについて、「練習を見てみないとコンディションを含めて分からない」と前置きしつつ、「来週から練習に合流させて、現実的に考えると国際Aマッチデーのあとかなと考えているが、コンディションが良ければ考え直すこともある」と、ひとまずは3月31日のJ1第5節・清水戦からの起用を考えているようだ。

 超攻撃的かつ特異な姿を見せながら、アタッキングサードの精度やアイデアに課題を残している今季の横浜FM。ブマルは「アタッキングサードの質を上げてくれる」、「チームの成功に近づける」(ポステコグルー監督)存在になれるか、注目と期待が集まる。

文・写真:菊地正典(エルゴラッソ横浜FM担当)

2018/03/09 横浜F・マリノスユースと横浜FCユースが決勝で激突 | 高校サッカードットコム

 平成29年度 日本工学院八王子専門学校杯 神奈川県クラブユース新人戦の決勝が3月11日に保土谷公園で行われる。決勝の舞台に駒を進めた横浜F・マリノスユースと横浜FCユースが優勝をかけて激突する。
 横浜F・マリノスユースが勝てば2年ぶりの優勝。横浜FCユースが勝利すれば大会連覇となる。

 
 

今日のこけまり

【スタジアム観戦情報まとめ】2018/3/10(土)13:00KO J1第3節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場 | タイトル
【スタジアム観戦情報まとめ】2018/3/10(土)13:00KO J1第3節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る